【ニュージーランド留学】病気になると高額!風邪薬やサプリメントの買い方を紹介 | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:現地生活情報

【ニュージーランド留学】病気になると高額!風邪薬やサプリメントの買い方を紹介

公開:2022/07/28 著者:神田 真悠子 58 Views

こんにちは。ニュージーランド在住のまゆです。

楽しみにしていた海外生活、慣れない環境や気温の変化などで体調を崩すこともあるかと思います。飲み慣れた風邪薬や生理痛薬、サプリメントなど日本から持って来た場合でも長期滞在になると薬を使い切ってしまいますよね。

今回は、日本人の私たちでも飲める、ニュージーランドで買える風邪薬とサプリメントについてご紹介します。

ニュージーランドの病院でかかる費用

留学先で病院に行ったら、とんでもなくお金が高かったという話を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

ニュージーランドの病院は大体日本の2倍くらいの金額で診てもらえるので、決して払えない額ではないです。ですが、学生さんやアルバイトをしているだけだと結構痛い出費になります。

下記は、私が診察してもらったクイーンズタウンの病院の費用を参考にしています。

 

・ニュージーランド市民、永住者の診療費

大人: 約NZ$60~100

6~13歳: 約NZ$86~ ※保険適用で無料の可能性あり

6歳以下: 約NZ$65~ ※保険適用で無料の可能性あり

 

・旅行者の診療費

大人: 約NZ$120~180

14歳以下: 約NZ$180~保険適用で無料の可能性あり

休日と診療時間外の診察: 約NZ$45

 

※2年以上滞在している人の場合は永住者と同じ金額で診療してくれる病院もあるそうです。
※ニュージーランドの病院では初診時に登録をすると次回の診察が少し安くなります。
※上記はクイーンズタウンの病院の場合です。
※海外保険に入っている人により値段は変わる場合もあります。

 

詳しいニュージーランドの病院事情の記事は以下の記事でも確認いただけます。

 

 

ニュージーランドの風邪薬

海外で買う薬って、自分の体に合うかどうかちょっと心配ですよね。色もカラフルで粒も大きくて、成分が日本のより強いのではないか、薬を買う時に商品に何て書いてあるかわからなくて不安なものです。どこで買った方が安いのかなどニュージーランドに来る前は色々な不安がありましたが、実際は思ったより簡単で困ることなく薬を買うことができました。

薬は日本と同じようにスーパーや薬局で処方箋なしで購入することができます。薬局ではお店の方に症状を伝えると薬を選んでくれます。心配な場合は翻訳アプリを入れておくと便利だと思います。

私はニュージーランドに来たばかりの頃は英語に自信がなかったので、グーグル翻訳のアプリをダウンロードしておきました。薬の箱に携帯をかざすとその場で自動翻訳してくれます。完璧な翻訳ではありませんが大体の内容は理解できるようにできています。下記ではニュージーランドのポピュラーな薬を紹介します。

 

・Panadol

パナドールやパラセタモールと言われていて、日本でいうカロナールのような薬で解熱鎮痛剤です。ニュージーランド人、誰でも知っている万能薬で、生理痛や頭痛、怪我した時の痛み止め等、とにかくなんでも使えます。

安全性が高く、妊娠中やコロナワクチン後の副反応に飲んでも大丈夫と言われています。病院に行くとどんな症状でもとりあえずパナドールは処方されます。(笑)市販でも買えるので、風邪の場合は病院に行ってもどうせパナドール出されるから薬局でパナドールと他の薬を買って済ませるという人が多いらしいです。

私が体調を崩して病院に行った時は、パナドール100錠処方されて驚きました…。(笑)日本だとこんな大量に薬を処方されることないですよね!ちなみに、パナドールはオーストラリアでもメジャーで簡単に手に入ります。

 

・総合風邪薬(NUROFEN)

 

色々な風邪の症状がある場合は総合風邪薬役がおすすめです。鼻水、咳の症状はもちろん、鎮痛剤の作用も含まれているので解熱や痛み止めにもなります。

 

・LEMSIP

(出典: https://www.lemsip.co.nz/)

 

ニュージーランドで定番の風邪薬と言ったら『レムシップ』が有名です。お湯に溶かして飲む薬になっており、レモン味なので風邪の引き始めでビタミン不足かなという時にもおすすめです。

錠剤や咳に特化した商品も売っているので、症状に合わせて買ってみてはいかがでしょうか。

 

・Kurols

 

のど飴は『Strepsils』や『Vicks Vapodrops』という商品が有名で、私も今までは買っていましたが、つい最近ニュージーランド人におすすめされた『Kurols』という商品が個人的にはとても合いました。

他の商品に比べてミント感が強く、大きめの飴です。風邪をひくと喉の痛みがひどい人にとっては特におすすめで、私にはよく効いたので何度もリピート買いしています。

 

ニュージーランドのサプリメント

日本でサプリメントを飲んでいる人も多いのではないのでしょうか。

私はニュージーランドに来てからビタミンC系のサプリを飲むようになったのですが、色々なブランドがあって最初はどれを選んでいいかわかりませんでした。

下記では、ニュージーランド内で有名なブランドを3つ紹介します。健康維持の為に私も実際に飲んでいるサプリメントです。

 

・GO Healthy

(出典: https://gohealthy.co.nz/)

 

どのサイトを見ても口コミが良く、薬局やウェブショッピングサイトのどこにでもあります。パッケージが目立つので、どこに行ってもこのブランドのものは目につきますね。このブランドからマヌカハニーやプロポリスも出ています。

私はこのブランドから出ているウーマンヘルスのサプリメントとマヌカハニーを2年以上飲んでいます!粒も大きすぎず飲みやすいです。

 

・Nutra-Life

(出典: https://www.nutralife.co.nz/)

 

日用品を取り揃えているケミストウェアハウスというウェブサイトで、サプリメントをよく買うのですが、『Nutra Life』というブランドの商品は他のブランドに比べて安く、セールになっている時もあるので、よく買っています。

私はこのブランドのビタミンCサプリを愛用中です。飴みたいに舐めるタイプのもので、味も美味しいので長続きできています♪

 

・Berocca

(出典: https://www.berocca.co.nz/)

 

タブレットを水に溶かして飲む商品で、ニュージーランド人の友達におすすめされました!職場でも聞いてみたら飲んでいる人が多く、友達曰く風邪ひきそうだと思った時によく飲むよとのことでした。

 

ニュージーランドの健康食品

ニュージーランドならではの美味しくて健康に良い食べ物もあります!

 

・マヌカハニー

 

私がいつも愛用しているマヌカハニーです。『Mother Earth』や『Manuka health』 という会社のものが有名でどのお店でも目にします。マヌカハニーを売っている会社はたくさんあり、写真の背後でもわかるようにたくさんの商品がスーパーには並んでいます。このブランドの商品は比較的手が出しやすい値段です。(それでも普通の蜂蜜に比べたら高いですが…。)

マヌカハニーはニュージーランドに自生するマヌカの木から取れるハチミツで、喉の痛みや感染症などに良いと言われています。私は毎日。風邪予防にマヌカハニーをスプーン1杯舐めています♪味は普通の蜂蜜より少しクセがありますが、濃厚で美味しいです。マヌカの木は基本的にニュージーランドにしか生えていないと言われていて、さらに収穫期間が約1ヶ月間と限られていることもあり、貴重なマヌカハニーのお値段は普通の蜂蜜より高いです。

商品のパッケージにUMFやMGOという表示がしてあるのですが、これは数値が高くなるにつれて効果も高まり金額も高くなります。普段使う用としてはUMF5で、風邪を引いた時にはUMF10を飲むのがおすすめです!

 

UMF 5 ・ MGO 83
UMF 10 ・ MGO 263
UMF 12 ・ MGO 356
UMF 15 ・ MGO 514
※商品のパッケージに上記のような数字が記載されているので、これを参考に買ってみてくださいね!

 

・ゴールドキウイ

 

ニュージーランドと言ったら、キウイフルーツを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか!キウイのシーズン中にはたくさんのゴールドキウイがお店に並びます。ゴールドキウイは皮が薄く、グリーンキウイの様に毛が生えていません。

色も黄色く味は酸味が少なく甘くてジューシーでとっても美味しいです♪シーズン中はゴールドキウイがスーパーで安く買えます。私の友達はキウイ農園で働いていたので、毎日キウイ食べ放題だったと言っていました。

ゴールドキウイ1個で1日に必要なビタミンが取れるらしく、食物繊維も含んでいるので便秘改善にもなります。

 

健康に楽しく留学生活を送ろう!

ニュージーランドは日本と同じく四季がありますが、日本と比べて1日の中での温度差が激しく、昼間と夜では気温が大きく違います。冬でも昼間は太陽の日差しが強い日もあり、夜にはマイナスに落ちることもあります。

ニュージーランドに来て今年で3年目ですが、気をつけていても1年に2~3回は今でも体調を崩してしまいます…。私はニュージーランドの薬を飲んでも問題ありませんでしたが、心配な人は日本から多めに飲み慣れた薬を持ってきたり、足りなくなったら日本から送ってもらったりという手もあります。

持病がある方やアレルギーがある方などは、海外に行く前に事前にかかりつけのお医者さんに相談しておくのも忘れずに!海外に行く前に現地の病院や薬について調べておくと、健康に楽しく海外生活が送れること間違いなしです。

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

0 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(0件)/全投票数(0件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求