フィリピンのスーパーでお買い物!どんなものが売っているのか潜入報告!【後編】 | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:エンタメ・イベント

フィリピンのスーパーでお買い物!どんなものが売っているのか潜入報告!【後編】

公開:2020/02/09 著者:小谷 真一朗 147 Views

皆さん、こんにちは!

突然ですが、前回の記事を覚えているでしょうか?

そうです、前回はバコロド市に実在するショッピングモールに入り、簡単なショッピングモールの説明も、主にスーパーでの買い物をお送りしていきました。

 

 

「フィリピンは発展途上国だから、どんなモノが売っているのか不安…。」と思っている方も正直多いのではないでしょうか?

 

日本ほどではないにしろ、発展途上国のフィリピンあっても、必要最低限のモノは揃いますし、そんなに著しくクォリティが落ちるようなこともありません。

そこで、今回も前回に引き続き、フィリピンのスーパーで売っているモノの紹介をゆる〜くお送りします。今回の買い物は、僕の好きな物などがメインになっています。

それでは、みなさん遅れないようにしっかりついてきてくださいね!

フィリピンで売っているお菓子

まずは、お菓子コーナーから紹介します。

今回は、お菓子や食べ物、飲み物をメインで買っていきます。

 

夜に小腹が空いた時や、食事が口に合わずに食事量が少なかった時など、お菓子を常備していると便利ですよね。

 

 

こちら、僕がフィリピンに来て初めて手に取ったお菓子なのですが、僕がとても好きなタイプのお菓子で、Moshi-Moshiというスナック菓子です。中は20袋入りです。何と言っても、一杯入っているのが魅力です。

ポテトチップスとかと比べると少し柔らかく、小さな子供でも食べやすいような感じになっているかと思います。

そして、こちらなんと18.5ペソ(約40円)です。20袋入っていてこの値段!1袋あたり1ペソ(約2円)切っており、めちゃくちゃお得です!

 

 

そしてもう1種類お気に入りがあって、これはSAFARIというお菓子です。10袋入りで、上記で記したお菓子よりは少し少な目ですが、これがかなり美味しいんです。

袋に入っているお菓子全部まとめ買いで、このお値段なのでかなりお得かと思います。個包装なので、1度に食べなければならないわけでもありません。ちょっと小腹が空いた時なんかに便利で、それもまたいい所だと思います。

こちらは10袋入っており、この袋の値段が17.25ペソ(約37円)で購入できます。これらも購入しました。

 

 

そして、次に購入したのが日本でもお馴染みのこちらの「かっぱえびせん」です。フィリピンでは、Prawn Crackersという名前で売られています。

フィリピンでは、このOishiというメーカーがとても有名です。そして、こちらのメーカーのお菓子はかなり美味しいです。このメーカーは、これ以外にもいろんな種類のお菓子を販売しています。

そして、本当にOishiはその名の通りかなり美味しいので、是非食べてみてください!

 

ちなみに、こちらは購入しませんでした。(笑)一番小さい袋でも、だいたい10ペソ(約21円)前後で買えます。

以前に食べた事がありますが、まさに日本の「かっぱえびせん」と同じような味です。

では、次に移動していきますね!

 

 

日本でも売っているPringlesですが、フィリピンでも購入できます。

フィリピンの食べ物が口に合わない方も中にはいると思いますが、こうして日本で売っているポテトチップスやかっぱえびせんといった、同じような味の物もあったりしますので大丈夫ですよ。

もちろん、それ以外のポテトチップスも売っています。

 

 

こちらは、Farmerというお菓子です。こちらも1袋ずつ購入しました。

フィリピンでは、ポテトチップスは他のスナックより少しだけ高めの傾向にあります。こちら右側(SALT&VINEGAR)1袋25.5ペソ(約54円)、左側の小さい方は12ペソ(約25円)です。

メーカーにもよったりしますが、日本でも売っているビックパックなどは、だいたいどれも日本と同じくらいの値段ですね。

 

 

コチラは、「バターココナッツ」というお菓子。日本語でも書いてあります。僕個人としては、日本でも見かける機会は少ないのですが、日本で見かけたこともあります。

ちなみに、僕が訪れたフィリピンのスーパーでは、どの店にも置いてありました。

こちらチョコがかかっているタイプなのですが、日本で見た事がないタイプの味で美味しそうなので購入してみました。

 

こちらは1袋に5枚入っているもので、9.7ペソ(約20円)で購入できます。

チョコが乗ってない普通のココナッツバターよりは高いですが、このチョコがかかっているタイプはかなり美味しいです。

バターココナッツが好きな方は特にチャレンジしてほしい1品です。

 

 

これらは、大きい缶にお菓子が入っているタイプの物ですね。

僕は購入した事がありませんが、安い物で300ペソ(約637円)くらいから購入できると思います。

たぶんクッキーです。

 

 

そして、次に購入したのがこちらのQUAKEです。甘いものが欲しい時に購入してよく食べています。

こちらは、56.95ペソ(約121円)で購入できました。

これ本当に僕は好きなので、甘い物が好きな方やチョコレート好きな方は是非挑戦してみてもらいたいですね!

 

 

そして、みなさん気になっているであろう商品、ドライマンゴーです。

フィリピンのスーパー、コンビニなどで置いてない店はないといっても過言ではないくらいどこのお店にも置いています。

メーカーにもよりますがだいたい100~200ペソ(約212~425円)くらいで購入が可能です。

 

ドライマンゴーにも種類があります。パイナップルとマンゴーが混じったタイプのやつは少し安く購入が可能です。他にもゼリーやソフトキャンディみたいな物もあります。

ドライマンゴーは、お土産としても大活躍間違いなしです。

フィリピンにお越しの際は、是非ご覧くださいね!

 

小腹が好きた時のためにパンを購入!

 

お菓子コーナーを抜けて、次は食パンのコーナーです。フィリピンでは、このように1袋がかなり大きいです。おおそよ100ペソ(約212円)前後で購入できます。

普通の食パンだけではなく、レーズン入りやチョコ入りの食パンも売っています。同じ学校の友達は週1回1袋購入し、1週間かけて食べていると言ってました。

大人数ピクニックに行ったりする時などにも便利ですし、僕の友達のように1週間かけて食べたりと食べ方は様々です。日本語で書かれた食パンもありました。

 

 

僕は初めて見るメーカーでしたが日本でも売ってるんでしょうか…?

こちらは、まだチャレンジした事がないのですが、フィリピンでは購入してる方をちらほら見かけるので、たぶんフィリピンでは有名なメーカーなのかと思います。

 

 

そして、こちらは食パンに塗る用のチョコスプレッド(ヌテラ)です。フィリピンだけじゃなく、日本含め世界中で売っているので安心して購入できますね!

もちろん、ジャムやバターなども売っていますが、今回は購入していません。

では、次は飲み物を見ていきます。

 

ドリンク類も充実している

 

最初に目に入ってきたのは、エナジードリンクです。商品名は、REDBULLにリポビタンです。値段も見えるかと思いますが、REDBULLが33.75ペソ(約72円)、リポビタンが33.25ペソ(約71円)です。

REDBULLに関しては日本では缶の物が有名かと思います。ここで売っている物は150mlと少な目ですが僕はちょうどいいサイズかなと思います。そして値段も安いという印象です。

エナジードリンクに関しての話ですが、この瓶タイプの商品だけではありません。他のお店では、日本よりも大きいサイズのMonsterが売っていますので、小さいサイズで満足できない方はそちらも探してみてください。

 

 

日本でもお馴染みのMinute Maidですね。こちらは200mlで7.75ペソ(約16円)です。

かなり安いかと思います。こちらも購入します。

 

 

コチラは、ROYALと言う商品で、日本で言うところのファンタですね。こちらは330mlで25.20ペソ(約53円)です。

こちらもかなり安いので、こちらも購入します。

 

 

こちらは、アイスティーのコーナーですが、フィリピンでは日本より多くアイスティーが売ってあります。

レストランに行っても、アイスティーが複数置いてあったりもします。

 

 

今回はこちらのMinute Maidを購入しました。330mlで22.50ペソ(約48円)です。

アイスティーではありませんが、フィリピンならではのテイストなので購入しました。

このようにフィリピンのドリンクは日本より安い傾向にあります。

 

 

こちらは、アサヒスーパードライ。こちらは、67ペソ(約142円)で売っています。
以外にも日本より安かったりするんじゃないでしょうか?

ですが、現地のビールはこれより安いものが多いです。特にフィリピンのビールは、缶より瓶の方が安いです。

ちなみに、こちらのビールは購入しませんでした。

 

レジに向かいお会計

とまあ…今回はこんな感じで買い物は終了しようかと思います。

買い物かごの中は、こんな感じです。

 

 

では、レジで購入を…とその前に一つ。

フィリピンのスーパーでは、商品の値段が分からない時のために、このような機械が置いてあります。

 

 

お店によって形状は全然違います。

まずは、値段を知りたい商品のバーコードを探します。

 

 

そして、バーコードをかざします。

 

 

先ほどの赤いランプの所に当てます。

 

 

すると、このように商品の値段が表示されます。

もし値段がわからずに不安な場合は、このように確認をしましょう。店員さんもよく機械を使って値段を確認したりしています。

これはこのお店の機械なので、他のお店では形状が全然違う可能性があるかも知れません。日本にもこのような機械が存在すれば、少し買い物が便利になりますよね。

 

 

それでは、レジに並んでいきます。

 

 

レジ手前です。日本と違う所はカゴの中身を全て自分で出す仕組みになっています。そして、出した物を店員さんかレジ打ちしてくれる仕組みで、全てのレジ打ちが終わったらお会計です。

今回は、このように僕が購入したものとダビンくんの物を分けて購入するために、僕の物だけを先に出しました。

あ、ダビンくんとは、前編でちらっとお話しました今回一緒にお買い物に来た僕の友達です。

 

 

購入した商品は、もう一人いる店員さんが詰めて行ってくれます。

フィリピンのスーパーでは、1つのレジに2人の店員さんがついている事が多く、レジ打ち係と商品を袋に入れる係に分かれているパターンが多いです。

今回は、たまたま袋入れをしてくれる店員さんが2人いました。そして、支払いをします。この銀の台の上にお金を置きます。

 

 

支払いが終わると買い物終了ですが、最後に一つ日本と違うところが!

買い物が終わってゲートを出る際は、レシートを警備員に見せる必要があります。

そして、購入した商品の簡単なチェックを受け、レシートにチェックしてもらうと終了です。

 

ガイサノモール内の人気カフェで休憩

 

今回は、買い物終わりにガイサノモール内のカフェに寄りました。

THE PASTRY SHOP OF BOB’Sというカフェになります。

ここは、パンが美味しいことで有名なお店です。

 

 

このようにたくさんのパンが置いてあります。

今回は、クロワッサンとコーヒーを注文。

 

 

フィリピンでは、番号札をもらい席で待つスタイルが多いです。

ちなみにこの日のお会計コーヒーとパンで111ペソでした。しかも番号札11番でした。店員さんも苦笑い。

ダビン君も購入し、2人で少し休憩しました。

 

 

ダビン君は左のパン、僕は右のパンを食べました。

ちなみに、クロワッサンは日本の物と似たような味でした。とても美味しかったので、こちらのお店にお越しの際は是非!

そしてこのお店ではコーヒーに砂糖が2袋付いてきました。フィリピン人は甘い物がすごく好きなので、多めについてくるんだと思います!

 

大抵のモノが安価に手に入る!

 

はい。ということで前回、今回と2回に分けてバコロドにあるショッピングモールの簡単な紹介と、その中にあるスーパーをメインにご紹介していきました。

今回はこんな感じで僕の好みの物ばかり購入してしまいましたが、フィリピンの語学学校では食事が3食提供されるので、生徒の多くが購入する商品は似たような感じです。

また、何か面白そうな物見つけたら、今度はモノで特集を組んでみたいと思います。

 

さて、ご覧いただいてお分かりの通り、日本のスーパーよりも基本的に値段が半分またはそれ以下の印象だと思います。

 

大体のモノは売っていますから、フィリピン留学しても基本的に心配要らないですよ!

今回記事内で紹介した商品の金額は、こちらのスーパーでの金額ですので、もちろん留学する地域や他のお店に行かれた場合、多少値段が上下しますので、その辺はご理解ください。

そして、ダビン君ありがとう!

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(5件)/全投票数(5件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求