【ロサンゼルス留学】どこに住む?エリア別の特徴を紹介 | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:現地生活情報

【ロサンゼルス留学】どこに住む?エリア別の特徴を紹介

公開:2019/10/31 著者:渡鍋 萌 354 Views

「ロサンゼルスに留学をする!」と決めたら、まず住む場所を決めないといけません。

実際に行ったことがない場所だと、それぞれのエリアにはどんな特徴があるのか全く分からないですよね。

そこで今回は、ロサンゼルスに実際に留学をした経験から、ロサンゼルスのエリア別の特徴をまとめます。

ロサンゼルスに住む場合、どんなエリアがあるの?

ロサンゼルスというと、どんな場所を思い浮かべますか?

おそらく、サンタモニカやビバリーヒルズ、ハリウッドといった場所ではないでしょうか。

ロサンゼルスの中心エリアとしては、以下のような場所があります。

 

ビバリーヒルズ: 言わずとも知れた高級住宅街。
サンタモニカ: メイン通りのサードストリートから離れると住宅街が広がる。
ブレントウッド: 高級住宅が並ぶ閑静な住宅街。
ウェストウッド: UCLAがあることから学生が多く住むエリア。
カルバーシティ: 閑静な住宅街が広がるエリア。オフィスやショッピングモールも充実。
ハリウッド: 住むならウェストハリウッドやノースハリウッドがおすすめ。
ベニス: 場所によって治安が大きく左右される場所。

 

今回は私が住んでいた場所を含め、それぞれのエリアにはどのような特徴があるのかを詳しく紹介します。

 

私が住んでいたエリアはココ!

私はウェストウッドというエリアに住んでいました。ウェストウッドは、UCLA(カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校)があります。

 

ウェストウッドの特徴は、学生が多いことと、高級住宅街が多いこともあって治安はとても良いことです。

 

また、スーパーやホームセンター、レストランのお数も充実しています。スーパーは以下の4つのスーパーがあるので、買いたいものに合わせて選べますよ。

 

・ラルフス(Ralphs): 値段が安く、質も良いスーパー
・トレーダージョーズ(Trader Joe’s): 中間の価格帯のスーパーで、エコバッグが可愛い
・ホールフーズ(Whole Foods) / ブリストルファーム(Bristol Farms): 高級スーパー、デリが充実

 

家賃相場は、ルームシェアで10万円からとなります。シェアハウスでも個室にトイレとバスが付いている部屋だと、15万円を超えることが多いです。また、通常のルームシェアでも、新しい物件の場合20万円を超えることも珍しくありません。

私が住んでいたのは、「Westwood Hall」という留学生が多く集まる寮です。個室と3食の食事付きで月17万円ほどかかりました。

この寮はUCLAの目の前にあり、同じヒルガードアベニューには、アパートメントやソロリティハウス(Sorority House)と呼ばれる女子学生用の寮があります。

 

ソロリティハウスというと、あまり具体的なイメージがわかないかもしれません

。例を挙げると、映画「キューティー・ブロンド」のエルが大学時代に住んでいた寮をイメージしてもらうと分かりやすいと思います。

ウェストウッドは、サンタモニカ方面へ向かうビッグブルーバスと、ハリウッド方面へ向かうメトロのバスが使いやすいエリアのため、移動には困らないでしょう。

 

ビバリーヒルズ

ビバリーヒルズといえば、高級ブランドや高級ホテルが並ぶエリアとして有名です。治安も良くショッピングにも最適な場所なので、住みやすいといえるでしょう。

しかし、治安の良さと住みやすさに比例して家賃も高くなります。

家賃はルームシェアで、15万円くらいから住めます。

 

サンタモニカ

サンタモニカのサードストリートプロムナード(3rd Street Promenade)は、有名な観光地です。そこから、フォースストリート、フィフスストリートと道路の番号が上がっていくにつれて、閑静な住宅街になっていきます。

また、サンタモニカのモンタナアベニューの方も住宅街の多いエリアです。モンタナアベニューには、コスメショップやアパレルショップが並ぶ通りがあります。

サンタモニカはやはり、海に近くなるほど家賃が高くなります。特にサードストリートプロムナード近くの新しいアパートメントなどは、家賃は月30万円以上です。しかし、海から少し離れた場所のルームシェアであれば、10万円ほどで住むことができます。

 

スーパーやアパレルショップなどのお店が充実しているため、基本的には不便を感じることはないでしょう。しかし、ホームセンターのようなお店が周辺にないので、まとめて日用品や寝具といったものを買いたい時には、少し不便を感じることがあるかもしれません。

交通手段はバスや電車があります。電車を使えばダウンタウンまで行くことができるので、とても便利です。ビーチが好きならサンタモニカに住むのがおすすめです。

ただし、意外かもしれませんがサンタモニカは、犯罪率が少し高めです。また、夜はビーチが真っ暗になるので危険です。夜に出歩かないことや、夜のビーチに近づかないことを守れば比較的安全なエリアだといえます。

 

→ サンタモニカの犯罪発生率マップ(出典: Trulia / https://www.trulia.com/n/ca/santa-monica/downtown-third-street-promenade/81641/)

 

ブレントウッド

ブレントウッドはサンタモニカとウェストウッドの中間に位置する高級住宅街エリアです。

おしゃれなレストランやカフェがあり、近くに住んでいる人たちが訪れます。また、セレブご用達のエリアとしても有名です。

留学中、ブレントウッドに住んでいる人とウーバーで乗り合わせた時に、家賃について話したことがありました。家賃はルームシェアで月20万円とのこと。

 

私は最初ブレントウッドがどんな場所か知りませんでした。しかし、友人に話したところ、超高級住宅街だと知り驚きました。

家賃がとにかく高いので、学生が住むにはあまり現実的ではないエリアだと言えるでしょう。

しかし、ブレントウッドはおしゃれな観光地として知られているので、一度足を運んでみると良いですね。

 

カルバーシティ

カルバーシティは、カルバーホテルと呼ばれる4つ星ホテルがあるエリアです。サンタモニカやブレントウッドなどと比べると、それほど華やかなエリアではありません。

しかし、ショッピングモールやスーパー、レストランなどが充実しているので、生活するには便利なエリアだと言えます。

カルバーシティから10分ほどのプラヤ・ビスタという地区には、かなり大型のホールフーズがあります。

 

カルバーシティだと、ルームシェアであれば20万円以下で住むことができます。中には10万円以下の物件もありますが、あまりにも他と比べて安すぎる物件はおすすめしません。

カルバーシティはサンタモニカと同じように、バスや電車が使えます。そのため、移動手段には困らないでしょう。

 

ベニス

ベニスはサンタモニカの隣に位置するエリアで、サンタモニカのビーチにある遊歩道から歩いて行くことも可能です。ベニスは治安が悪かったエリアといわれていますが、現在は改善しつつあります。

特にアボットキニー通り(Abbot Kinney Boulevard)は、おしゃれなセレクトショップやレストラン、カフェなどが立ち並ぶエリアです。日本のガイドブックでもよく紹介されていますよね。

治安が改善されているとはいえ、現在でもベニスビーチでは軽犯罪に注意をした方が良いでしょう。特に夜のベニスビーチはあまり治安が良いとは言えません。しかし、ベニスの中でも、マリーナ・デルレイというヨットハーバーエリアに近いところは、比較的治安が良いです。ベニスエリアはルームシェアで、10万円くらいから部屋を借りることができます。

 

ハリウッド

ハリウッドはハリウッドサインやユニバーサルスタジオ、グリフィス天文台など様々な観光地があります。また、映画のイベントなどもやっていることがあるので、住んでみたいという人は多いのではないでしょうか。

しかし、チャイニーズシアターなどがあるハリウッドのメイン通りの近くは、あまり治安が良くありません。そのため、住むのであればウェストハリウッドやノースハリウッドがおすすめです。

ウェストハリウッドは高級住宅街に分類されるので、ルームシェアで15万円くらいです。また、ノースハリウッドの場合はルームシェアで10万円くらいから住むことができます。

 

ロサンゼルスのエリアの特徴をおさえて部屋探しをしよう!

一口にロサンゼルスと言っても、エリアごとに雰囲気が全く違います。そのため、自分がどのような雰囲気の街に住みたいのか考えて、部屋を決めることがとても重要です。

ロサンゼルスではワンルームに住むとなると、家賃がかなり高くなってしまうことがほとんどです。このことから、希望のエリアに住むためには、ルームシェアがおすすめです。

是非、自分の住みたいエリアを見つけて、留学に向けて準備をしてくださいね。

 

参考資料

・Trulia(https://www.trulia.com/rent/)

・Roomies.com(https://www.roomies.com/)

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(2件)/全投票数(2件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求