超有名ビーチリゾートのゴールドコーストでお勧めビーチスポット5選を紹介! | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:エンタメ・イベント

超有名ビーチリゾートのゴールドコーストでお勧めビーチスポット5選を紹介!

公開:2020/02/09 著者:和中 美樹 89 Views

ゴールドコーストと言われて、思い浮かぶのはビーチの方が多いと思います。

その通り、ゴールドコーストには数多くのビーチがあります。その中にもそれぞれのビーチがそれぞれの魅力を持っています。

 

ビーチはもちろんですが、ビーチ周辺にも数多くのオススメスポットが存在します。

 

ゴールドコーストに留学やワーキングホリデーする人は、留学目的の中にゴールドコーストのビーチは必ず条件に入っているはず。

ブリスベンからも車で約1時間なので、ブリスベンに留学する方も殆どの人がゴールドコーストには足を運ぶ超有名観光地になります。

今回は、そのオススメのビーチとビーチ周辺のスポット5選を紹介していきたいと思います。

Surfers Paradise(サーファーズパラダイス)

言わずとも知れたゴールドコーストの超有名ビーチと言えば、サーファーズパラダイスですよね!

オーストラリアに行ったことが無くても、オーストラリアのことをあまり知らなくても、「サーファーズパラダイス」という名前は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

サーファーズパラダイスは、ゴールドコーストを代表するリゾート地です!

 

ゴールドコーストに旅行に行く方で、ここに行かない人はいないでしょう。そのため、ゴールドコーストと言えば、サーファーズパラダイスという方も少なくないと思います。

サーファーズパラダイスはトラムに乗っていくことができ、サーファーズパラダイスという駅で降りるのではなく、Cavill Avenue (カビルアベニュー)という駅で下車します。

サーファーズパラダイスには、サーファーズパラダイスビーチという大きなビーチが広がっています。筆者自身もゴールドコーストで最初に行った場所がサーファーズパラダイスでした。

 

初めて見た時、どこまでも続く白い砂浜と青く美しい海に感動しました!周辺には飲食店や雑貨屋、洋服屋さんなどたくさんのお店もあり、昼夜ともに賑わっているイメージでした。飲食店では、サーファーズを眺めながら頂けるお店もあります。

サーファーズパラダイスは世界的にも有名であるため、現地の人が楽しむローカルビーチというより、比較的観光客がとても多いイメージです。

しかし、夜になるとサーファーズパラダイスにはたくさんのクラブやバーが周辺にあるので、地元の若者で賑わいます。

 

そのため、週末の夜は特に多くの人で賑わっていて、とても楽しい海外独特の雰囲気を味わえると思います!

 

その中には酔っ払って騒いでいる人もたまにいるので、注意してくださいね。

このようにサーファーズパラダイスは昼夜ともに賑わっていますが、昼と夜とでは、また違った雰囲気を味わうことができるのでオススメです!

 

また、サーファーズパラダイスにはSKY POINT (スカイポイント)というゴースコーストの景色を一望できる場所があります。

 

ゴールドコーストのビーチを一望できる他に、運河などゴールドコーストの面白い地形を見ることもできます。

ゴールドコーストは来た際には、スカイポイントに一度は行ってみることをオススメします。

 

→ サーファーズパラダイスのスカイポイントから撮影。

 

 

Burleigh Heads(バーレイヘッズ)

バーレイヘッズへは、トラムに乗って終点のブロードビーチで降りた後に、さらにバスに乗り換えてバーレイヘッズというバス停で下車すれば行くことができます。

 

先ほどのサーファーズパラダイスは観光客が多いといいましたが、バーレイヘッズはローカルの人々でにぎわう人気スポットです。

 

バーレイヘッズもサーファーズパラダイス同様に大きな砂浜と美しいビーチが広がっています。バーレイヘッズは真っ白な砂浜と国立公園に近くにある岩場など人気があり、さらに比較的他のビーチに比べて波があまり高くないので泳ぐにはとても適しています。

そのため、ビーチではいつも大勢の人々が泳いでいます。サーファーズパラダイスに比べて多くのお店はありませんが、ビーチを眺めながらご飯を楽しめるお店が、いくつか存在します。

また、周辺には丘のようになった芝生もあり、そこでピクニックをするなど、くつろいでいる人がたくさんいるのでゴールドコーストののんびりと景色を楽しむことができます。

 

→ 芝生がありくつろいでいる人が多い。

 

そして、その近くにはBurleigh Heads National Park(バーレイーヘッズ国立公園)があります!

 

そこは芝生の丘をお散歩コースに沿って登って行くと到着します。

そこでは3つのコースが選ぶことができ、山中コース、海側コース、レインフォレストコースを選ぶことができます。

 

筆者自身は山中コースを体験しましたが、若干ハードではありますが、上まで登ると綺麗な眺めを見ることができるのでとてもオススメです!

 

→ バーレイヘッズある山中コースの頂上から撮影。

 

筆者の友人によると、海側は海を眺めながら歩くことができるのでオススメです!

バーレイヘッズは市街からは少し遠いですが、砂浜での飲食は禁止ということで綺麗な砂浜が特徴的です。透明な海と公園がマッチしていて、とても美しいスポットなので行ってみることをオススメします!

こちらも無料のシャワーや足洗い場などの設備があるので便利です。

 

 

Broad beach(ブロードビーチ)

ゴールドコーストのトラムの終点駅でもあるブロードビーチは、ビーチのみならず、人気のショッピングエリアでもあります。

 

ブロードビーチの駅を降りると、そこから徒歩3分ほどのところに大型ショッピングセンター「Pacific Fair(パシフィックフェア)」があります!

 

→ 大型ショッピングセンターのパシフィックフェア(出典: Facebook

 

パシフィックフェアにはたくさんのショップが立ち並び、初めて行くと迷子になるくらい広いです。

ユニクロやH&Mからオーストラリアのアパレルショップの他にGUCCIやTiffany&Coなど高級ブランドも存在し、様々なブランドがあるので幅広い年齢層が楽しめるショッピングモールになっています。

さらにショッピングモールの中にはゆったりできるスペースやチェスや卓球などゲームができるスペースもあるので子供も楽しめるでしょう!

 

→ パシフィックフェア内は、子供たちが遊ぶスペースもある。

 

また、ブロードビーチの近くには公園があり、その公園ではバーベキュー台が設置されているので、スーパーで食材などを購入すれば、気軽にバーベキューを楽しむことができます。

さらに、周辺には遊具もあるので子供達も楽しむことができます。ブロードビーチにはサーファーズパラダイスやバーレイヘッズほどの人はいないので、静かに波の音を楽しむことができるでしょう!

 

 

Winders Park Currumbin(ウィンダーズパーク・カランビン)

こちらもバーレイヘッズ同様にブロードビーチまでトラムに乗り、その後バスに乗り継ぎます。

カランビンと聞けば、動物園のイメージの人が多いと思いますが、その他にも楽しめるスポットがあります!

 

Winders Park Currumbinが他のビーチと違うところは、運河のようになっており、波がないところです。

 

また、白い砂と透明な海で綺麗なので地元の人々にも大人気です。

こちらではペダルボート、またはカヌーに乗ることができます!

 

お値段は1時間半で20ドルなので、比較的アクティビティとしても安い値段で体験できるのでとてもオススメです!

 

→ ウィンダーズパークは波がないところが特徴的です!

 

筆者自身もペダルボートを体験しましたが、波がないため簡単に立つことができ、一度もこけることもありませんでした。

人の数も多すぎるわけではないので、ゆっくりとアクティビティを楽しめる他、危険も少ないので安心です。

さらに、近くに橋があるので、地元の子供達や若者はそこから飛び降りて楽しんでいて、地元の雰囲気に混ざることができ、とても楽しいです。

 

このビーチは他のビーチの雰囲気とは少し違うため、新たなゴールドコーストの海の楽しみ方を知ることができるのでオススメです。

 

また、上記でも述べたように徒歩20分ほどの場所にカランビン動物園もあるので海で泳いだ後などでも十分に楽しむことができます。

 

 

Broad Water Park Land(ブロードウォーターパークランド)

こちらはSouth Port(サウスポート)という駅から徒歩10分ほどで行くことができます。

こちらには海の前にとても大きな広場があります。この広場では地元の学生が遊んでいたり、ドッグランをしていたり、地元の人が散歩していたりしています。

 

この広場はとても広いので、クリスマスやオーストラリアデイなどの記念日などにイベントが開かれたりもしています。

 

近くにはカフェとレストランがあり、そこでご飯を食べるなど、ドリンクを購入して広場で楽しむことができます。サウスポートは学校が多い学生街で学生にとって便利な場所にあり、さらに少し歩くとオーストラリアフェアというショッピングモールや飲食店がたくさんあります。

さらに周辺には水上アスレチックや、小さい子供たちが楽しめるような小さいプールや噴水や遊具もあります。また、こちらにもバーベキュー台が設置してあるので、バーベキューをいつでも楽しむことができます。

筆者も学校からあまり遠くないというのもあって、学校終わりにクラスのメンバーとそこでバーベキューをしたりしました。

 

しかし、ここで注意していただきたいのが、こちらの海では泳いでもいい範囲が柵で決められています。その理由はサメが出る可能性があるからです!

 

そのため、ブロードウォーターパークランドでは、決められた区域のみで泳ぐように注意してくださいね。

 

→ ブロードウォーターパークランドの風景。

 

 

世界を代表する有名ビーチに行ってみよう!

いかがでしたでしょうか。

ゴールドコーストには上記で述べた以外にも美しいビーチやスポットがたくさん存在します。

その中には観光客がよく足を運ぶところ、ローカルの人々がよく集まるとことでも雰囲気が全然違っていて、その場その場のビーチの魅力にたくさん気づくことができます。

 

ゴールドコーストやブリスベンなどのクィーンズランド州に留学やワーキングホリデーで訪れる人はもちろん、他都市に留学される方も留学中に訪れたいスポットの1つがゴールドコーストのビーチです。

 

今回ご紹介したように、ゴールドコーストはサーファーズパラダイスだけではないので、幾つかのビーチに足を運んでみると、それぞれのビーチの違いや良さも分かります。

ゴールドコーストを訪れた際には、たくさんのビーチに行ってみることをオススメします!

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(4件)/全投票数(4件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求