【カナダ留学】 カナダでピルを購入したい!どこで手に入れたら良いの? | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:現地生活情報

【カナダ留学】 カナダでピルを購入したい!どこで手に入れたら良いの?

公開:2019/07/06 著者:田中 麻裕 4163 Views

海外に長期滞在する人の中には、内服薬を持っていく人も多いですよね。特に女性の中には、ピルを服用しているという人もいるのではないでしょうか?

1年または1年以上海外に滞在するという場合、途中でピルが足りなくなるという人もいると思います。わざわざ日本にピルを処方してもらうため、帰国するのも大変ですよね。

カナダでもピルを処方してもらうことが可能です。カナダ現地でピルを購入したいという場合、どうしたらよいのでしょうか?今回はカナダでピルを購入する方法を紹介します!

ウォークインクリニックに行こう!

カナダでは日本と異なり、最初から内科、耳鼻科、皮膚科といった専門医には行きません。

まずは、ウォークインクリニックという予約のいらないクリニック(ホームドクター)があって、どんな症状であってもまずはそこに行きます。診断の結果、必要があれば、ウォークインクリニックの医師が専門医を紹介してくれます。

 

ピルに関しては、ウォークインクリニックの医師から処方箋をもらえるので、専門医を紹介してもらう必要はありません。

 

※カナダの病院はウォークインクリニックを含めてとても混雑しているため、待ち時間が長い傾向にあります。2~3時間ほど待つということが多くあるため、時間に十分な余裕をもってクリニックへ行きましょう。また、朝一番で行くと、比較的早く診てもらうことができます。例えば9時開院の場合、8時30分前にはクリニックに着いているのがお勧めです。

 

ピルの処方箋は、どのウォークインクリニックでも手に入れることが可能です。

海外旅行保険の種類によって、指定のクリニックだと保険でカバーされる場合があります。海外旅行保険を利用している人は、指定クリニックの確認を事前に済ませておくとスムーズです。

特段指定の病院がない場合には、学校や仕事場、自宅の側、または知り合いや学校スタッフ、現地スタッフにお勧めを聞いてみましょう。

 

ウォークインクリニックでの流れ

基本的に自分の要望を伝えられる程度の英語力があれば、そんなに心配は要りません。ピルを処方してもらう程度であれば、殆どの方は大丈夫だと思います。しかし、病状が複雑、または過去の経緯の説明が必要な場合もあるでしょう。

ウォークインクリニックは、日本人ドクターのいる病院もあります。英語力に不安がある人は、日本人ドクターのいる病院を利用すると良いでしょう。

以下では、ピルを実際に処方してもらうまでの流れを紹介します。

 

1. 受付で申し込み

どのウォークインクリニックを利用するか決まったら、海外保険証書、パスポートを持ってクリニックへ行きましょう。ほとんどのウォークインクリニックでは事前の予約は要りません。営業時間と自分の予定に合わせて、都合の良いときにクリニックに行って大丈夫です。

ウォークインクリニックに到着したら、まず受付で申し込みをします。日本と同様、必要事項(名前、住所、電話番号など)を記入して、受付に提出しますが、カナダの保険のみを利用している場合には、保険証を提出するだけで書類の記入がいらないこともあります。

申し込み手続きが終わったら、名前が呼ばれるまで受付で待っていましょう!

 

2. 医師との面会

名前が呼ばれたら、看護師さんについて行きましょう。通常個室に通され、そこで医師を待つことになります。医師に会う前に、看護師さんに「今日はどうしたの?」と聞かれますので、「ピルをもらいに来ました。」と伝えましょう。

希望の種類があれば、この際に合わせて伝えると良いでしょう。現在使っているものをそのまま持って行って、見せてもいいですよ。

その後、少ししてから、医師が訪ねてくるので、そのまま個室で待っていましょう。

 

3. 処方箋の受取

医師が到着したら、処方箋を書いてくれます。シート数に希望があれば、医師に合わせて伝えると安心です。

処方箋を受け取ったら、必要があれば受付で支払いを済ませましょう。

保険の種類によっては支払いの必要はないので、受付に寄らず、そのままウォークインクリニックを出て大丈夫です。

 

→ 私が利用しているウォークインクリニック。看板にも「予約なし」との記載あり。

 

ピルをもらいに行こう

処方箋をもらったら、近くのドラッグストアに薬をもらいに行きましょう。日本と同様、処方箋受付をしている薬局であれば、どこでも薬を処方してもらうことができます。

街中で見かけるドラッグストア、Shoppers Drug Mart‎やLondon Drugsでも処方してもらうことができます。

通常、これらのドラッグストアの中に、Prescription(処方薬)と書かれたカウンターがあるので、そこで処方箋を手渡しましょう。

 

1. 処方箋を受付で提出

処方箋を薬剤師の人に手渡したら、薬の準備をしてくれます。この際に、ジェネリック医薬品を薦められることもありますので、希望に沿って決めましょう。

わからないことがあれば、薬剤師の人に相談することも可能です。薬の受取には身分証明書の確認があるので、薬の受取にもパスポートを持っていくといいでしょう。

 

2. ピルを受け取ろう

処方まで時間がかかる場合、「〇分ほどかかりますので待っていてください。」と言われることがあります。

外で時間をつぶして、後程ドラッグストアに戻ってくることも可能です。あとは支払いを済ませて薬を受け取ったら終わりです!

 

→ 薬局「Shoppers」の外観。

 

【まとめ】どのクリニックが良いか周囲に確認しよう!

ピル服用方法に違いはないので、日本で服用している方法と同様に使用しましょう。不安がある際には、薬受取の際に薬剤師に相談するといいでしょう。

また、日本で使用していた種類と異なるピルを使用する場合には、必ず副作用などの症状も確認するようにしてくださいね。

 

上記でも触れましたが、バンクーバーには日本語で対応してくれるウォークインクリニックもあります。自分の英語力に不安な方は、最初はバンクーバーに渡航するのが良いかも知れません。

 

気になるカナダのクリニックの評判ですが、日本と同様にピンからキリまで様々です。インターネットの情報よりも、やはり現地の人からの情報の方が当てになる場合が多いです。

インターネットの情報は、以下のような問題があるため、病院探しの際にはあまり適しません。

 

・インターネットの情報はいつの情報か分からないこと。
・病院関係者がサクラで良い書き込みをしてる場合があること。
・モンスタークレーマーの誹謗中傷コメントで過小評価があること。

 

語学学校に通ってる人は、学校スタッフにオススメを聞く。現地オフィスを利用している人は、現地オフィスのスタッフに聞く。現地に長期滞在してる友達がいる人は、お勧めのクリニックを聞く。

このように、クリニック探しは口コミ情報がとても大事です。1人だけの意見よりも複数の人に聞いて、総合的にどのクリニックが良さそうか目星をつけておくことをお勧めします。

1年近くカナダ滞在するワーホリの人であれば、病院を利用する機会が一度二度あるかも知れません。いざ困ってから調べるのではなく、事前にクリニック情報をリサーチしておいた方が良いでしょう。

 

留学ドットコムへのお問合せ方法

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(6件)/全投票数(6件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求