【失敗談】私が2カ国留学で10万円の損をした話!~エージェントの窓口は1つにまとめよう~ | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:留学の準備

【失敗談】私が2カ国留学で10万円の損をした話!~エージェントの窓口は1つにまとめよう~

公開:2019/06/20 著者:塩口 真由佳 544 Views

フィリピンと欧米留学を組み合わせた「2カ国留学」は非常に効率的で、メリットの高い「”美味しいとこ取り”の留学方法」として人気が高まっています。

しかし、2カ国留学(フィリピン+欧米圏)を1つの窓口で対応しているエージェントは、実はとても少ないんです!!

私も2ヶ国留学経験者ですが、利用した留学エージェントでは、2カ国留学は対応しておらず、フィリピン留学はエージェントA、カナダ留学はエージェントBと、それぞれ別のエージェントで手続きを行いました。

 

もし、あなたが2カ国留学を検討しているのであれば、どちらか一方だけではなく「留学する両方の国をしっかり理解」しておかなければいけません。

 

どちらか一方だけではダメなんです!

もし、選んだエージェントが2カ国留学に対応していない場合、ビザのルールがよくわからない状態で申請し、大きな無駄が発生してしまう可能性が高くなります。

 

余分な手間、時間やお金を掛けないためにも、必ず2カ国留学に対応しているエージェントを選びましょう。

 

そこで、このコラムでは、2カ国留学を検討してる・もしかしたらするかも!という方に向けて「留学エージェントの窓口を一本化しておく」ことのメリットをご紹介していきたいと思います♪

専門エージェントと総合エージェントの比較

まずは、専門的なエージェント(1つの国だけ対応)と留学ドットコム(総合エージェント)を比較してみていきましょう!

 

比較ポイント 専門エージェント 留学ドットコム
対応国 1カ国のみ 複数国
情報の種類 現地情報が特に多い 幅広く客観的な情報
カウンセリング 対応している国のメリットが中心 各国のメリット・デメリットをバランス良く提案
ビザサポート サポートしている1カ国のみ(2カ国目のビザは自分で取得) 複数国でのサポート
留学プランの提案 1カ国だけの提案 1カ国のみ、2カ国留学の両方を提案
2カ国目の情報収集 対応国以外は詳しくないため、自分で情報収集 プロから総合的なアドバイスを貰える
現地サポート 対応国のみでのサポート 1カ国目、2カ国目の両方サポート

 

専門エージェントのメリット・デメリット

メリット
取扱している国に対して、専門性が高く、より深い情報・アドバイスを得ることができる。

デメリット
取扱がない国に関しては、サポートしてもらえず、自力で情報収集や手続きをする必要がある。取扱している国の「良い所だけ」を教えて貰いがち。

 

総合エージェントのメリット・デメリット

メリット
幅広い国の情報を中立的な視点で提供してもらえる。複数国に対応できるサポートがあるので、まだ留学先に迷っている方にもおすすめ。

デメリット
複数の留学先を視野に入れて考えるため、迷ってしまう。

 

留学ドットコムでは、専門エージェントがカバーしきれない、2カ国目の留学についても渡航前にカウンセリングし、さらに出発前の仕事探しや帰国後の就職などもサポート。留学プランをトータルで提案しています。

また、2カ国目に関しても、滞在中に何かトラブルや困ったことが起きた場合、随時サポートを利用することができるので安心感が違います!

海外という何が起こるかわからない環境だからこそ、留学エージェントを一本化してトラブルをできるだけ避けれるようにしておきましょう。

 

エージェント選びが原因で約10万円の無駄な費用が発生!?

次に留学ドットコムで実際にあったトラブルケースを元に、2カ国留学をするならエージェントを一本化することの大切さを紹介していきます。

 

* 留学ドットコムとは別のフィリピン留学専門エージェントを利用して2カ国留学したケースです。

 

 

もし、初めから2カ国留学に対応している留学エージェントを利用していたら、出発前にビザに関するアドバイス、サポートを受け取れて、余計な出費(日本への航空券、健康診断費用、病院までの交通費など)を回避することができたのです。

また、一度日本へ帰国して診断結果を待つ3週間の時間、ビザの申請をし直す時間、2件目のエージェントに相談に行く時間など、貴重な時間も無駄になってしまいました…。

こうした貴重な時間もお金も無駄にしないためにも、留学エージェント選びには十分注意しましょう!

 

総合留学エージェントでも「フィリピン留学は案内できないです」と言われる場合がある!?

最後に、私の「留学エージェント選びの思わぬ落とし穴」についての体験談をご紹介します。

冒頭で紹介したように、私は2つの留学エージェントを2カ国留学のために利用しました。しかし、始めは2つもエージェントを使う予定ではなかったんです。

最初に私は2カ国留学ではなく、カナダに1年間留学するつもりで大手の総合留学エージェントを選びました。

 

留学について調べていくうちに、2カ国留学という留学スタイルがあることを知り、調べていくと、スピーキングが苦手な私にぴったりなプランとわかり、すぐに利用していたエージェントに連絡しました。

総合留学エージェントなら、フィリピン留学も可能と思い込んでいた私の元に、こんな返答が返ってきました「当社では、フィリピン留学についてサポートがございません、ご自身でお調べいただいてもよろしいですか?」

この突き放すような回答に驚きつつも、「フィリピン留学もしたい!といきなりわがままを言ったのは私だしな…。」そう思ったのです。

 

そして、仕方なく別のフィリピン専門エージェントにも連絡を取り、また一から自分の留学目的、経緯、英語力などをカウンセラーさんに説明しました。

その際、申し込みに必要な個人情報を入力したり、申込書を改めて書くことに手間取ったり、申し込みの約款(ルール)も会社ごとに違います。

「これはどっちのエージェントのルールだ?」と混乱することも多々ありました…。

 

このように私は、最初のエージェントに7万円近くサポート費用を支払っていたのにも関わらず、結局別のフィリピン専用エージェントでもう1度カウンセリングし直したので、時間も手間も大幅にロスしてしまったのです…。(涙)

 

一口に総合エージェントといっても「留学ドットコム」のように2カ国留学もしっかりサポートしてくれるエージェントもあれば、そうでないところもあります。また、取り扱い国の幅広さのチェックも忘れずに!

まずは、留学エージェント選びの際は、「2カ国留学のサポートがあるか?」という項目は、要チェックポイントの一つです!

 

まとめ

「留学エージェントの窓口を一本化しておく重要性」について、留学ドットコムのお客様、筆者の体験談を交えながら説明してきましたが、いかがだったでしょうか?

2カ国留学に対応しているエージェントであれば、プロから両方の国についてアドバイスを貰えます。

 

しかし、もし1カ国だけの専門エージェントであれば、貰えるアドバイスも当然1つの国だけになるため注意しましょう!

 

1カ国対応のエージェントは、他国の情報は知らないのこともあって、他国のネガティブな部分だけを伝えて、自分の取り扱い国の良い部分だけを強調することがあります。

自身の取り扱い国を絶賛するのは当然と言えば当然なんですが、そうした営業トークが出てきたら警戒して耳を傾けた方が良いでしょう。

今のところ「1カ国だけで留学」を考えている方の場合も、私のように「2カ国留学」に変更する可能性があるかも知れません。

 

留学エージェント選びの段階から選択肢の可能性を絞ることは、あまり良いことでは無いかも知れませんね!

 

一度申し込み手続きをするとキャンセル費用が掛かるケースもあるので、大は小を兼ねると言うように幅広く対応している「2カ国留学に対応している留学エージェント」で申し込むことを強くおすすめします!

留学ドットコムは、複数国を取扱う総合留学エージェントであり、2カ国留学にも対応しております。

カウンセリングも無料で提供しているので、「2カ国留学が気になっている方」は、まずはLINEでぜひお気軽にお問い合わせください♪

 

留学ドットコムへのお問合せ方法

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(10件)/全投票数(10件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求