ニュージーランドのワーキングホリデーで日本から持ってきて本当に良かったモノ!現地調達できたモノ! | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

  • 留学ドットコム
  • 留学コラム
  • ニュージーランドのワーキングホリデーで日本から持ってきて本当に良かったモノ!現地調達できたモノ!
カテゴリー:留学の準備

ニュージーランドのワーキングホリデーで日本から持ってきて本当に良かったモノ!現地調達できたモノ!

公開:2020/05/08 著者:神田 真悠子 89 Views

こんにちは!ニュージーランドにワーホリ中のまゆです。

ニュージーランドに来て、もうすぐで半年が経ちます。

実際、留学やワーキングホリデーで来たからこそ分かることが沢山あります。

 

その1つが、何を持って行くべきか、そして何を持って行かなくても良いのかの荷造り関連だったりします。

 

正直、1年分の荷物なんて持って行くことは不可能です。中には日本から持って行けなかった荷物を、家族に後日郵送して貰う人もいますが、帰る時どうするのでしょうか…。

留学先の気候や生活環境によっても、持って行く荷物の種類は微妙に変わります。私はニュージーランドに滞在中なので、ニュージーランドならではの必要なモノもあります。

今回は実際ニュージーランドにワーホリに来て、持ってきて本当に良かったモノ、逆に要らなかったモノをシェアします!

持ってきて良かったモノ

「これは忘れないように持って来るべき!」と思うモノから紹介します。

 

・ラップトップ(PC)

 

私はMac Book Air を使っているのですが、本当に重宝しています。留学前に買いましたが、安くないので買うのにかなり迷いました。

ワーホリ経験者の記事を見ているとパソコンは人によっては全然使わないかも…と書かれていましたが、実際にはCV(履歴書)の作成やカバーレターの作成によく使いました。

学校に通っていれば学校のパソコンを使えますが、卒業後は図書館等のものを利用するしかありません。特にカバーレターはお店によって文を書き換える必要があるので、頻繁にパソコンを使いました。

 

そして、これは今だから言えることですが、今回のコロナウイルスの自宅待機に関してはパソコンが役に立っています。

 

この留学コラムの記事を書くのはもちろんですが、ロックダウン後も仕事が見つかる保証はないので、オンラインでできる仕事を探しています。

パソコンさえあれば、オンラインで繋がれますし、スマホで操作しづらい部分もきちんとカバーできます。

 

・湯たんぽ

 

ちょっとアナログですが…冷え性の方は南島に来るならあった方がいいと思います。ニュージーランドの12月は夏ですが、寒暖差が激しく夜と朝方はかなり冷えました。

ホストファミリーの家に滞在していた頃は湯たんぽを寒い時は毎日入れてくれましたが、フラットに移ってからは持参したものを使っています。フラットメイトたちは電気毛布みたいなものを使っているのですが、私は末端冷え症なので足さえ暖かければ大丈夫と言うタイプです。(笑)

ちなみに今は4月季節で言うと秋ですが、湯たんぽなしでは寝られません…。今から冬が怖いです!

 

・ダウンジャケット(ユニクロのウルトラライトダウン)

 

アウトドアが盛んな街クイーンズタウンでは、コートを着ている人をあまり見かけません。私はコート大好きなので最初は着ていましたがが、とっても寒いんです…。次第にユニクロのダウンジャケットしか着なくなりました。(笑)

ニュージーランドに来るまで必要ないと言っていましたが、出国の空港で母親が絶対必要だからと買ってくれました。それでも内心はあんまり使わないんじゃないか…と思っていたのですが、今や大活躍です。

ニュージーランドの夏12月から欠かさず使っています。軽いので一つ持っておくと良いですよ!

 

・国際免許証

クイーンズタウンでの運転は本当に気持ちいいです。壮大な自然と羊を見ながらのびのび運転できます。現地で日本の免許証を翻訳して使うこともできますが、友達がやっているのを見ると少し面倒くさそうでした。

日本だと手数料2,400円+証明写真代、待ち時間もほぼ無しで作れて楽でした。ニュージーランドの自然を満喫したい方国際免許はあった方がいいです!

私の場合、幸いにも親切なフラットメイトがどこに行くにも送り迎えしてくれますが、人によっては足がなく、車を買う人もいるので免許自体はあった方がいいですね。

 

・エコバック

 

ニュージーランドでは、ショッピング(スーパーも含む)でビニール袋は基本的にもらえません。有料で買うこともできますが、まず買っている人を見かけないです。

スーパーではみんなダンボールを使って車に積み込んでいます。ちょっとした買い物や車がない時は、エコバックが一つあった方が便利ですよ♪

 

・調味料(出汁、お茶漬け、ふりかけ)

 

ニュージーランドでも手に入りますが、やはり高いです。それにクイーンズタウンのアジアンマートは韓国や中国のものばっかりで、日本のものは種類が少ないです。

聞いたところ輸入するにも日本のものは高いらしく、お店側もあまり多く仕入れるのが難しいそうです…。

水分のある重い調味料は持っていくのは大変ですが、出汁・お茶漬け・ふりかけは持って行った方がいいです。

 

・観光雑誌

 

ワーホリの目的はもちろん勉強…ですが、観光も楽しまないともったいないですよね!今はコロナの影響で難しいですが、車でニュージーランドを横断することを考えていたので、私はこの2冊を持っていきました♪

人によっては、ネットで調べられるし、嵩張るから旅行雑誌は不要と言う人もいます。私は旅行雑誌を手に旅行計画を立て、楽しみたい派です。

 

・がま口財布

 

ニュージーランドはカード社会。ほとんどのお店(少額であっても)でカードが使えます。

私のお財布に入っているのは、日本のクレジットカード、ニュージーランドで開設したANZ銀行のクレジットカード、バスカード、現金少しのみです。

別にがま口財布で良いですが、スリ対策の防止を考えて、折り畳みの財布などポケットに収まるタイプの財布がお勧めです。

 

→ 私が財布に入れているモノ全て。

 

・日差し対策(サングラス、帽子、日焼け止め)

 

ニュージーランドは日差しがとんでもなく強いので、真夏はこれなしでは生活できませんでした!私は敏感肌なので日本の日焼け止めを持っていきましたが、途中で切れてしまったので、現地で調達しました。

個人的には日本の商品の方が肌にあっていて、つけ心地が良かったです。サングラスはお洒落用なのであまり、日差しは避けられなかった気がします。値段はしますが、サングラスは現地で買った方が目は守れるかもしれませんね。

 

持ってくるべきだったもの

ニュージーランド生活が始まって、「日本から持ってきた方が良かったな…。」と後悔したものです。

 

・風邪薬(常備薬)

 

慣れない生活で体調を何度も崩しました。偏頭痛もちなので頭痛薬は多く持っていましたが、風邪薬は1箱(3日分)しか持っていきませんでした。

もちろん現地でも手に入りますが、カプセルの色がカラフルなのと粒が大きくて少し飲み難いのと、海外製品だと効き目がイメージできないのがネックです。

飲み慣れている薬があるようでしたら、日本から多めに持っていくといいと思います。風邪薬の他、胃腸薬や下痢止めや便秘薬、なども普段から使ってる薬があれば一緒に持って行きましょう。

 

・運動靴

 

アウトドアが好きな人は絶対に持って行った方がいいです。もし履き慣れた靴があるようでしたら、日本から持っていくのをオススメします。特にクイーンズタウンに来る方は運動靴があった方が色々なアクティビティを楽しめますよ!

ニュージーランド生活がスタートするまでは、まさかハイキングやトレッキングにハマるなんで思ってもいなかったのでスニーカーしか持っていませんでした。皆さんも実際壮大な自然を目にしたら、ハイキングに行きたくなるはずです♪

私は現地で買いましたが、サイズを探すのに苦労しました…。写真は苦労の末に現地で買った靴ですが、クリアランス(セール)でゲットしました!かなり履きやすくて毎日のランニング・ウォーキングにもこれを愛用しています。

 

・変換プラグ

 

変換プラグは、1つあれば十分かと思っていましたが、全然足りないですね…。最低2つはあった方がいいです。たこ足があればもっと便利です。

変換プラグは、日本では100均で手に入りますが、現地では高いです。何らかのトラブルで壊れてしまうこともあるので、現地に来る前に何個か用意しておいた方がいいです。

上写真の変換プラグは、日本の100均のものです!今のところ壊れていません。

 

要らなかったモノ(現地調達できたモノ)

最後に、実際ニュージーランドに来て要らないと思ったモノを紹介します。

 

・生理用品

 

生理用品は3~4パック持っていったのですが、スーパーで買えるのでそんなに多く持ってこなくても大丈夫でした。

2ヶ月分くらいはもちろん持ってきた方がいいですが、軽いとはいえ、スーツケースのスペースも取るので、最低限で良いと思います。

以下、オーストラリアの生理用品事情の記事ですが、オーストラリアとニュージーランドは売っている商品が殆ど一緒なので、参考にしてみてください。

 

 

・電子辞書

 

辞書機能はスマホでも事が足りるので、荷物になるようだったら持って行かなくてもいいと思います。

日本で既に電子辞書を持っている方は持って来ても良いと思いますが、新たに購入する必要性は無いのかな…と思います。

勉強に集中したい方、特にスマホを見ると通知がきて集中できないと言う人には、電子辞書はあってもいいかもしれませんね。

 

判断が難しい場合は留学エージェントに聞こう!

ニュージーランドで調達できるモノでも、高かったり質が悪かったり、日本と全く同じものが手に入るワケではありません。そのため、現地で手に入るモノであっても、こだわりがあるものやずっと使うモノは、日本から持ってきた方が良いでしょう。

また、留学コラムの記事の中にも色々な方が荷造りの記事を書いていますが、持って来るべきモノと必要ないモノの意見は分かれます。明確な線引きが難しいモノが幾つかあるので、そこは皆さん次第です。

留学コラムの検索窓で「荷造り」で調べてみると、色々な方の意見が参考になるのでお勧めですよ!

 

荷造りをしている中で判断に迷う方は、留学エージェントに聞くのが最も手っ取り早い方法です。

 

これから、ニュージーランドへの留学やワーキングホリデーを考えている方は、ぜひ参考にして頂けたら嬉しいです♪

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

67 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(2件)/全投票数(3件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求