【フィリピン留学】ジュラシックパークの世界観!ピナツボ火山に行ってきた! | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:エンタメ・イベント

【フィリピン留学】ジュラシックパークの世界観!ピナツボ火山に行ってきた!

公開:2020/02/18 著者:近藤 菜穂 87 Views

こんにちは。

突然ですがみなさん、映画のジュラシックパーク、見たことありますか!?一本くらい絶対あるはず!(笑)

2018年公開の「ジュラシックワールド炎の王国」が最新作かなと思いますが、私は2015年公開の「ジュラシックワールド」が好きなんです。恐竜と人間との絆が垣間見えるラストシーンで泣きました…。

 

どの作品も大自然の壮大なスケールで描かれていて大好きなんですが、そのジュラシックパークの世界観が体感できる場所が、なんとフィリピンのルソン島にあるんです!

 

映画館で観る4Dどころではない、現実の世界ですよ!これは大げさではなく、マジです!

フィリピンと言えば、キレイなビーチを思い浮かべているそこの皆さーん!海もいいですが、決して山も忘れないで下さい!今日は、フィリピンでも有名な火山、ピナツボ火山の素晴らしいすぎる大自然と冒険の旅をご紹介します!

私が自信を持っておすすめするベスト観光スポットです!厳選した写真付きで、観光ブックよりもリアルな情報をお届けできると思うので、今回もよろしくお願いします!

ピナツボ火山とは?

まずは、ピナツボ火山について少しだけご説明します。

フィリピンの首都マニラから約90Km離れた北西に位置する活火山で、1991年に大噴火したことで有名です。

事前の避難勧告により周辺地域の人々は避難していましたが、その噴火による影響は凄まじく、火山灰や火山泥によって、集落や街は埋没し、100万人以上が被害にあったそうです。

 

また噴火により、地球全体の気温が下がるなどの影響もでたそう。

私もフィリピンに留学していた時に、街の資料館に行き、映像でその噴火の様子を見ました。物凄い爆音と地響きで、一瞬の内に街が消え、真っ暗な世界に包まれていました。

そんな悲惨な出来事をもたらした恐ろしい活火山ではありますが、その大噴火によって山頂にカルデラができ、雨がたまって湖と化したその場所が何とも幻想的で、今では人気の観光スポットになっています!

 

最近フィリピンでは、ピナツボとはまた別の活火山、タール火山噴火のニュースが話題になりましたね。

現在オーストラリアにいる私ですが、タール火山の噴火があった時は安否確認や状況を知るため、フィリピン留学時の先生に連絡しました。

自分が留学する前は、海外の自然災害を耳にしてもどこか現実味がなく、ただただテレビから流れるニュースを見るのみでした。

 

しかし、留学を通じて生活してみると、その国の現状や生活が様々な過去の自然災害と結びついていることを学び、留学は単に英語だけでなく歴史も学ぶことにもつながるなと感じています。

 

ピナツボ火山訪問のスケジュール

さて、前置きはこの辺にして、まずは私の旅スケジュールをご紹介します!

 

時刻 詳細内容
5:00 EG Academy (学校)を出発
6:00 ターラックに到着(ここに簡易的なツアーの事務所があり、バンからjeep に乗り換えます!)
7:00 Jeepに乗り、ピナツボ火山の麓までレッツゴー!
8:00 ピナツボ火山の麓に到着&登山開始!
9:30 絶景のカルデラ湖をバックに写真撮影
11:00 下山
12:30 Jeep にて、ターラックの出発地まで戻る
13:30 EG Academy (学校)へ向けてバンに乗り換え出発
15:00 EG Academy 到着

 

ざっくりとこんな感じです!

登山は朝がとっても早いので、その分夕方には学校に帰って来ました!でも、とってもヘトヘトになったので、この日は夕方から昼寝したのを覚えています。(笑)

 

興奮するJeepでの暴走!

この旅で1番ワクワクしたのが、Jeepでの往復2時間にもわたる爆走です!

 

窓無しの四輪駆動車のJeepに乗って、大自然の中を駆け巡るのは初めての体験で、めちゃくちゃ興奮しました!これもぜひぜひ皆さんにも体験してほしーい!

日本ではこんなに危ない乗り物、絶対許可されないと思いますし。(笑)大自然があり、フィリピンという良い意味で大らかな国だからこそ、許される乗り物だと思います!

では、写真付きでより詳しく説明していきます!早朝、これからの冒険の旅に連れ出してくれるJeepがズラっと並んでいます。

 

 

出発前に契約書にサインをするのですが、「このツアーで何かあっても自己責任です。」という内容の書類だと思われます。(笑)

 

 

さぁ出発です!!窓無しで大自然を駆け回るので、砂ぼこりがすごくマスク必須と言われました。

 

 

岩がゴロゴロのデコボコ道、川の中もジャブジャブ進みます!

 

 

途中で、休憩&記念撮影!

青い空と、鮮やかな緑の山に囲まれた所で、記念撮影のためドライバーさんが止まってくれました!

そして、ここでは先住民アエタ族の子供たちに会いました。

 

 

Jeepに乗りながら、こんな光景も目にします。おじさんに手を振りながら、何てのどかなんでしょう…って思いました。

 

トレッキングを開始!

 

そして、やっとメインのトレッキングがスタートします。

登山する前にみんなでパチリ。

まだまだ元気ー!と思いきや、この時にはJeepにて散々叫びまくり、体力をだいぶ消耗してしまっていました。序盤に興奮しすぎて、はしゃいだ自分に後悔しました…。(笑)

 

 

しかし、ここまできたからには登るしかありません。

さぁ、がんばろう!と思った矢先、ガイドさんが、「ビーチサンダルに履き替えてー。」と一言。

「え???今から登るのに?」戸惑う私たちをよそに、なんとガイドさんは裸足です。ちなみにガイドさんは、足の筋肉がとても綺麗な現地のバリバリベテランのおじさんでした。

 

そのガイドさんが言うなら…とスニーカーからビーチサンダルに履き替え、トレッキングがスタートしました。(笑)

ビーチサンダルで登って大丈夫なのかと思っていたら、始まって早々に、川が目のに!

だから、「ビーチサンダルに履き替えさせたのね!」と納得したはいいものの、これを自分の足で渡ると言うことです。

最初は抵抗ありありでしたが、ベテランガイドさんが1人ずつに手を差し伸べて助けしてくれるので大丈夫です。

トレッキングの道中ですが、高低差は激しくなく、ゆっくりゆっくり登っているという感じです。ですが、手付かずの自然の中を行くので、道はあるようでありません。ガイドさんを信じてついて行くのみです。

トレッキングの最中に天気が悪くなってきて、カッパを着ながらの登山という場面もありました。

 

 

そして、登り始めて約1時間半、ようやく山頂に到着です!

山頂もあいにくの曇りだったのですが、登ってきた達成感と大自然にとっても癒されました。

 

 

山頂には、屋根付きの小屋があるので、そこで、持参したお弁当を食べることができます。また、小さめのお土産屋さんがあり、記念のキーホルダーやお菓子やジュースなどを買うことができます。

お土産さんの隣にマンゴーの木があり、「まだ緑だったので食べられないねー。」なんて話をしていたら、近くにいたお兄さんが、「これはグリーンマンゴーだから、もう食べられるよ!」と言って、その場でジャンプしてもぎ取り、「はい。フリーマンゴー。」って言いながら渡してくれました。(笑)

後で学校に帰ってから、おいしくいただきました。こういう、ちょっとした出会いも忘れられない思い出です。

 

初心者でも楽しめる登山に行ってみよう!

こんな憩いの時間の後は、また1時間半かけて下山します!そして、山の麓にはJeepが待ってくれています!

帰りは、行きとはまた別のドライバーさんで、Jeepを飛ばしまくり!(笑)

「俺たちが1番早いぜ!」なんて言いながら、前に別の車が見えるとすぐに追い抜きにかかる、めちゃめちゃ危ない運転だったので、最後の最後までヘトヘトになりましたが、無事に全員笑顔で帰還しました!

 

ぜひ、フィリピンに行く方にはピナツボ火山のトレッキングとJeepの暴走運転は、体験してもらいたいアクティビティです!

 

ヘトヘトとは言いつつも、今までに登山の経験もなく、運動もそんなにしてこなかった私がビーチサンダル挑んだトレッキングです。

そんなに過酷な登山ではないので、その辺はご安心を!

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(1件)/全投票数(1件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求