【英語初心者留学】フィリピン留学2022オススメのクラーク! | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:学校の選び方

【英語初心者留学】フィリピン留学2022オススメのクラーク!

公開:2022/09/10 著者:佐藤 高史 70 Views

こんにちは!スピードラーニング1年、英会話のイーオン2年やっても英文が作れなかったフィリピン歴5年目のEG ACADEMY日本人マネージャーTAKAです!

コロナも全世界的に見ると落ち着いて来ており、諸外国では外出中にマスク無しでみんな歩き回っていますね。日本も9月7日以降、日本への帰国予定者で3回のワクチン接種が完了している方は陰性証明書の提示が不要となりました。

日本も着実にコロナに関する規制が徐々に緩和されてきているのは海外渡航者にとって大変嬉しく、海外に出てみようという気持ちに拍車がかかりますね。

 

今夏のフィリピン留学はピークシーズンを過ぎ、既に今秋から2023年の申し込みも入り始めているのが現状です。大半の方にとって今夏はまだ留学が早いと感じるのは当然で、日本人が留学を本格的に再開する気持ちになるのは年末あたりだろうと予測している留学エージェントは少なくありません。

そして現地視察するエージェントさんも増加傾向中で、当校は私が校内を案内して留学業界の商況を話しているとセブやバギオの大型校に生徒は申し込みがちということがわかってきました。

また、エージェントさんはフィリピンを視察する場合、大概セブとバギオの二カ所を訪れ、そして最後にクラーク経由してマニラ空港に向かい帰国という流れが一般的。この流れで視察に来るエージェントさんがクラークに抱く第一印象というのが…。

 

「海外初心者とワーホリ、二か国留学予定の方に最適!」

 

 

これは特にEG ACADEMYの事になってしまいますので詳細は後述します、いずれにしてもセブはとにかくイメージ通り夜中も暑い、バギオは長袖を着ないと寒い、クラークは位置的にも中間のせいか気温も暑すぎず寒すぎず薄着でエアコン無しで夜寝られるので快適に過ごせます。

案外知られていないクラークという住み心地の良いエリア。今回は死ぬまでクラークに住み続ける意気込みの私がクラークの特徴と学校の特徴についてお伝えします。

クラークってこんな街&位置

 

コロナ前には成田空港と関空からLCCの直行便があり約4時間でクラーク国際空港に到着します。しかし、パンデミックになってから各航空会社も減便や路線減少し、この2路線も未だに就航再開待ちです。

とは言ってもセブやバギオに行くにもマニラ空港着となっており、セブなら国内線に乗り換え、バギオだとマニラからバスで約7時間は要します。

 

クラークの場合だとマニラから陸路で約2時間という他2エリアと比較すると断然アクセスが良いです!

 

ちなみに、航空券代ですがマニラを使う場合と韓国のインチョン経由だと対照的なポイントがあります。

 

 

~マニラ着とインチョン経由クラーク着の比較~

・マニラ着の場合
片道4時間だが、往復航空券が18万円以上する。

・インチョン経由クラーク着の場合
片道12.5時間(インチョンで7時間待ち)だが、往復航空券が6万円!マニラ利用の半額以下!

 

しかもマニラ空港の送迎を利用すると片道1万円は追加でかかります、その反面クラーク空港の送迎だと2,000円程度で済みます。

インチョン空港では7時間と待つことになりますが快適に過ごせるのでこの件に関する詳細は以下の記事を参考にしてください。

 

 

お金を取るか時間を取るかはアナタ次第!

次にクラークの街についてですが、大きく2つの特徴があります。

 

 

~フィリピン最大のコリアンタウンの存在~

 

EG ACADEMYからタクシーで10分程度走ると道の両サイドにずらーっと韓国レストランやカフェが立ち並ぶ光景が目に入ってきます。クラークエリアは韓国人にとっては一つの観光名所になっているので韓国資本がコロナ中でもバンバン投下されていて今でも成長中です!

そしてどこの飲食店も観光客向けとなっているため基本ハズレはないので週末の外食に困ったらとりあえずコリアンタウンに行けば間違いありません。ちなみに近隣にはフィリピン最大の歓楽街も存在しますが、その存在の影響で留学に支障を来たすという懸念を抱く無知な方が多くいます。

マネージャーとして多くの生徒を見てきていますが、環境は確かに重要ですが囲まれるヒトの影響の方が大きく歓楽街にハマる留学生は極少数。体感で約1%の生徒はハマりますが大半の生徒は至って他エリアの留学生と同じモチベーションです。

 

~多国籍の外国人が居住するエリア~

 

クラーク空港周辺は元々アメリカ軍基地であったため今でもその名残が残っていて街の造りもフィリピンとは一変します。また退役した欧米人は勿論住んでいますが中央アジアの人々もクラークに働きに来ているので生活していると様々な国の外国人に遭遇します。

ちなみに私が通っているジムにはインド人、韓国、中国、欧米人をよく見かけます。大きな公園に行けば定期的にサッカーもやっているので以前私も参加しており、国籍はジム同様に多国籍。

希望すれば私が案内するので他エリアでは体験できないサッカーを体験して欲しいですね!マジで楽しいです!

 

格安の欧米講師マンツーマン

 

先にも述べた通り、欧米の方々が多く住み着いているので、他エリアと比較してネイティブスピーカーが圧倒的に多いのがクラークの大きな特徴です!

よって、クラークエリアにある語学学校の売りとしてはネイティブ講師が在籍しているというポイント。セブでもネイティブ講師のクラスを受講できる学校もあります。

この機会に検索したのですが正直言って、「セブ留学 ネイティブ 料金」で検索してもすんなり出て来ませんでした。

 

30分くらい検索しましたが、学校名は出てきても知りたい料金やカリキュラムがわかりにくくギブアップです。

検索エンジンを使ってもフィリピン留学でネイティブ講師のクラスを受けられるのは多くは無く、存在してもネイティブクラスを受けると料金が高くなるのは必然。

いきなりカナダやオーストラリアの学校に通うとなるとざっくり3倍高くなると捉えて間違いありません。カナダ留学1か月分の料金がフィリピン留学だと2~3か月相当という感じです。

 

 

しかし、クラークエリアの学校だとネイティブグループクラスが基本入ってきます。私がバコロドで留学していた時にはネイティブマンツーマンも組み込んだコースを受けていましたがやはりネイティブ講師の英語は早く、いわゆる洋画で聴くような英語。

フィリピン講師の英語は発音が聞き取りやすく英語ビギナーでも1か月すれば聞き取れるようになるのですが、私はネイティブ講師のクラスを4か月受けましたが3~4割しか理解できず終わり、他生徒も同様の所感を抱いていました。

このことから、ワーホリや二か国留学を予定している方はクラークエリアの学校でネイティブ講師のクラスを割安で受けてから渡航すると現地に着いてから大きなギャップを埋められます。

 

便利なアクセス&周辺環境

 

これは多くの学校を視察したエージェントさんだからこそ気づく点で、EG ACADEMYほど徒歩圏内にファストフード店、コンビニ、スーパー、カフェ、バーが揃っているのは他校では見たことがないと。

住んでいるエリアの便利な周辺環境が当たり前だと何も感じなくなってしまうのですがセブの学校でも買い出しに行くにはタクシーを使ったりするのが一般的だそうです。

 

 

EG周辺だけでなく、ショッピングモールも車で20分圏内に4か所とコリアンタウン、週末の買い物でも選択肢は複数あるため2か月以上の中長期留学でも生活に飽きることはありませんね。

徒歩圏内で日用品が購入できる、ショッピングモールも近くにあるということは海外初心者には安心材料の一つと言えます!

 

充実した学食メニュー

 

『食』というのは生活していくうえで重要ポイントの一つ。特に海外で一定期間過ごすとなると食が合わなかったりしたら思っている以上にストレスになります。

私がロシアへ10日間の旅したときに西ロシアの食が旨くなくて後半の旅が全く楽しめなかった経験があります。

それほど食というのはヒトに影響するもので、フィリピン留学では韓国資本の学校は比較的辛い料理が出てきがちです。EG ACADEMYも韓国資本ですが、国籍比率に比例した食事が提供されます。

 

当校の日本食では、「そば、天ぷら、かつ丼、唐揚げ」など海外生活していると欲してくる日本食が学食で提供されます!

 

これも留学経験者やエージェントさんからするとスゴイことなんです!

しかもレシピは日本人マネージャー(私や過去のマネージャー)が教えているので日本と変わらない味が堪能できます。さらには4週間毎に献立は変わるので飽きることもありませんし、一週間の献立も掲示されているため小さな楽しみにもなります。

 

 

勉強とは別なのですが、留学とは現地で生活するので食を侮るなかれです。実際にエージェントさんが視察して学食を食べると評価は高いですね。

特に留学先でソバ、シチュー、ハヤシライスが食べられるのってレアですよ!

 

フィリピン唯一の英語+ゴルフ

 

日本のゴルフ参入者はコロナ直後から著しく増加しており、特にゴルフ女子やゴルフを始めている女性タレントの多さが顕著。

特に今夏の韓国ファミリー留学を俯瞰していると子供が授業受けている最中、もしくは授業後に隣接のEG GOLFに通っている姿が多いです。韓国も同様にコロナ直後にゴルフ参入者が増加しており、ゴルフを趣味としているのが一つのステータスのようになっていますね。

確かに日本国内にいるとゴルフってやっぱりちょっとお高いイメージが定着していますが、最近ではビギナー向けに安いゴルフクラブセットも販売されていますし、ゴルフスクールも月額の料金が1万円以下とお手頃になってきているので比較的誰でも始められ易くなってきているんです。

 

さらに、フィリピンのクラークはゴルフが有名で年間通して韓国人ゴルファーがプレーしに渡航しています。

…というのもクラークには国際空港がありますし、空港周辺の30分圏内には6カ所のゴルフコースがあるのがとっても魅力的!

留学前は特にゴルフに興味が無くてもすぐ隣に練習場があるので試しにやってみると案外楽しいもので今夏の大学生たちも結構ハマって遊びに行っていますね。

 

 

何より手ぶらで練習出来て、一球あたり3円未満という安さなのでお金を気にせず練習出来るのが大きいです。ちなみに、ゴルフ留学コースについては以下の記事に詳しく載っています。

 

 

ヒトにもよりますが、ゴルフ留学でなくても通常コースで留学中、放課後に週4ペースで2か月ほどマンツーマンのゴルフレッスンを受けるとコースデビューできるほどまで急成長しますよ!

さらにゴルフに集中した留学したいという方にはGOLF SPECIALコースもありこれは期間中に4回のマンツーマンフィールドレッスンが組み込まれています。

ゴルフ初心者からすると、実際にコースに出て直接指導してくれるコーチの存在ってめちゃくちゃ大きく、傾斜のシチュエーションや30ヤード先に木があるシチュエーションではこのように打つべきだとか具体的な考え方を一打一打教えてくれます。

 

 

この画像はフィールドレッスンですが私のコースデビュー戦でいきなり105という直ぐにでも100切りできそうなスコアはマンツーマンで教えてくれたからです!日付を見ると、コロナ直後でも留学再開に向けて虎視眈々と準備していた何よりの証拠です。

私もこのフィールドレッスンでコースでの考え方を学び、1人ではどのように考えながら回っていけばいいのか、とにかく学びがとても多かったので是非とも私のようなゴルフ初心者にはこのフィールドレッスン付きのプログラムを試していただきたいです!

私は現地スタッフとして可能な限り経験をした上で生徒にお伝えしています。モノ、コトを営業するには販売者の経験が基礎だと営業職の時に身をもって経験したからです。英語、ゴルフ初心者、ワーホリ予定の方は是非クラークというエリアを検討してみたらいかがでしょうか。それではまた!

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(1件)/全投票数(1件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求