【フィリピン留学2023】留学に安全性を求める女子必見です! | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:現地生活情報

【フィリピン留学2023】留学に安全性を求める女子必見です!

公開:2023/04/06 著者:佐藤 高史 203 Views

フィリピン彼女を持って予想以上の束縛とSNS調査されているけど、全然めげないEG ACADEMY日本人マネージャーのTAKAです。フィリピン女性は束縛が激しいと聞きますが、これはマジです。

事実、私のフェイスブックやインスタに「イイね」したヒトの中で全女性アカウントをチェックして、私が魅力的かつセクシーな他のフィリピン女子に「イイね」、それ以上のリアクションしたことさえ詮索されて、「何でそんな事をしたのか?」と軽く説教されました。苦しい言い訳をするしかありません。

2023年春休み、クラークエリアにも大学生の留学生が戻ってきており、生徒数はコロナ前の2019年3月比でも約75%まで戻って来ています。慎重派な方でも流石に今夏は海外留学してみようかな…と考えるのではないでしょうか。けど、「ホントに途上国のコロナ後の治安は大丈夫なのかな?」と心配するのもわかります。

 

結論、「コロナ前と変わらず安全なエリアは安全性が高い」です。

 

 

ちなみに、空港ネタと言えば、利用頻度の高いマニラ空港ターミナル3の概容説明したコラムはコチラからどうぞ!

実際に2023年3月にEG ACADEMYへ留学した日本人女子19歳のレビューを聞いてみたので、今夏のフィリピン留学する検討材料としてみてください。

今回も私の言葉は「TK」とし、生徒さんの返答は「HIKARU」とします。それでは早速行ってみましょう!

フィリピン留学の目的は?

 

TK「どもこんちわ!今日はESL4(フィリピン講師マンツーマン×4コマ+フィリピン講師グループ×1コマ+ネイティブ講師グループ×1コマ)を4週間、寮は4人部屋でしたね。早速ですがフィリピン留学の目的を聞かせてください。」

HIKARU「私の将来の夢が空港スタッフとして働く事で、そのためには英語スキルが必須。以前から海外留学したいという気持ちもありましたがコロナになってしまい時期を待ってようやく今春フィリピン留学が実現できました。」

 

TK「CAではなく空港スタッフになりたいという認識でいいのかな?」

HIKARU「そうですね、今のところはCAではなく空港内のグランドスタッフが希望です。」

 

EG ACADEMYを選んだ理由

 

TK「率直に聞きますが、クラークエリアのEG ACADEMYを選んだ理由は何でしょうか?」

HIKARU「まず一番の決め手となったのは、ご飯が美味しいと聞いたので正直その時点でほぼ私の心は決まりましたね!次に日本人が割かし少ないエリアと聞いて英語力を向上させるにはそのような環境下に身を置くのが自分にとってはメリットが大きいのかなと思いました。」

HIKARU「日本人が多い環境だとどうしても日本人と母国語で話す機会が多くなることが想定されました。留学中は極力英語を使いたかったので日本人の少ないクラーク、そして食事の美味しいEGを選びました。」

 

TK「あー、確かにHIKARUは休み時間中によく台湾の生徒と話している場面をよく見かけた!意識していても実行し続けていたのはエクセレント!周りに日本人がいたら日本人を求めてしまうのが人情。(実際TKは留学中に日本人とよく絡んでいました)」

TK「それでは最大の理由は食事ってことですね。食事は大事、滞在期間が長ければ長いほど余計に大事。でも前評判の高かったEGの食事だけど、ぶっちゃけ4週間食べてみて実際味はどうでした?」

HIKARU「私としては毎回全部美味しく食べていました!」

TK「おー、それなら良かった!しかも期間中に唐揚げや蕎麦も出てきたし学食で日本食を堪能出来たね。外食して日本食を選んだら一食合計1,000円くらいかかっちゃう。」

 

※とは言え中には口に合わないという生徒もゼロではありません、現実をしっかりとお伝えしておきます。

 

セブではなくクラークを選んだ理由

 

TK「次に、フィリピン留学と言えばまずセブ島をイメージされる方が大半だと思いますが、それでも何故セブではなくクラークを選んだのですか?」

HIKARU「セブの学校はどこも日本人比率が高いと聞いていましたし、事実私の周りの友人もセブに留学していました。友人がセブ留学の実体験でやはり日本人が多いと聞いたので、やっぱりセブではなくクラークの方が自分にとっては勉強に集中できるし、充実した留学生活を送られるかなと考えました。

TK「確かに日本人多めのセブなら安心感は抱くね。けど、HIKARUの留学目的は日本人の少ない環境下でとにかく英語に触れられる機会が多いエリアを重視した結果、クラークとなった訳ですね。特に2022年の留学再開直後は特に日本人少なかったですから。」

 

放課後や週末の過ごし方は?

 

TK「クラークという認知度の低いエリアだと、留学検討者の方々は週末や放課後の過ごし方がイメージ付きにくいんですが、HIKARUの場合どのように過ごしていましたか?」

HIKARU「放課後は友人が徒歩圏内のカフェに連れて行ってくれたり、スーパーも徒歩圏内にあったので買い物行ったりしていました。週末は外食や遠出もしました。」

 

TK「そう言えば、入学した直後に数人でピナツボ火山にトレッキングに行ってましたね!短期だから外出するチャンスがあったら即決即行動していたのが、これまたエクセレント!英語に自信が無かったり、積極性が無かったりすると、中々これは出来ない!」

HIKARU「あ、あとマニラにも行きました。先生が連れて行ってくれましたー。

TK「え!?それイイね!てか、そんな報告聞いてないんだけど!あとでその先生シバキ上げておくわ!まさか2人じゃないだろうね?!」

 

※EGでは講師と放課後や週末外出可能ですが、遠出の場合は講師がオフィスに報告義務があります。また、スタッフと生徒の異性2人での外出も禁止。

 

HIKARU「あ、やば。言っちゃいけないこと言ってしまいましたかね。けど生徒3人で先生が車で連れて行ってくれました。タガイタイ、BGCとマニラ湾連れて行ってくれたんです。とても楽しかったのでシバかないであげてください。」

 

 

TK「マジかよ!めちゃ良いとこ行ってるじゃん!何気にかなり良い事言ってくれてるんですが、EGは講師と外出可能なんです。しかも今回の場合は先生が運転。このように自由度が高いので、チャンスがあればドシドシ外に出て色んな状況で英語に触れられる。」

TK留学って有限な時間なので1週目とか問わずガンガン自ら行ける時に行ったほうが絶対いい!けど、事前報告を怠った講師は私がシバキあげます。規則ですから!ちなみにクラークで有名なコリアンタウンはどうでした?」

HIKARU「実はコリアンタウンは通過しただけで行ったことないんです。」

 

TK「え!?留学生全員が行くコリアンタウンに4週も滞在していて、1回も試してないってめちゃレアですよ!コリアンタウンで食べずに逆にどこで外食していたんですか?」

HIKARU「SMクラークとかクラークエリアのレストランですね。クラークエリアの方が街並みがキレイだったので多用していました。」

TK「そうそう、厳密に言うとクラークとアンヘレスって隣合わせなんだけど違う街です。クラークは戦時中に米軍が作った街だから、他エリアとは全く異なりアメリカぽい趣で街の造りも違う。そして何よりキレイ。アンヘレスはいわゆる一般的なフィリピンの街の一つなのでフィリピンをイメージする町です。」

 

クラークの治安はどうでした?

 

TK「大学1年生、そして日本女子、街の治安を不安視する女子は多いと思います。特に同世代。実際ここで生活してみてどうでした?」

HIKARU「私も正直最初は怖かったです。親にも1人で歩いたらイカンよって言われていたので、夜間は絶対複数で出歩くようにしていましたけど、昼間の徒歩圏内は1人で歩いていました。何かこの周辺なら大丈夫だって肌で感じました。」

TK「案外大丈夫なんですよね。特にEGは徒歩2分圏内にスーパーマーケット、コンビニ、ファストフード、マッサージショップ、ゴルフ練習場が揃っている。これがEGの強みの1つ!とは言え、外国にいるので生活に慣れても夜間は必ず団体行動、安全第一で!慣れた頃が一番危ないからね、絶対に気を付けて特に女の子!」

 

フィリピン留学のメリットデメリット

 

TK「実際に4週間クラークでフィリピン留学を体験したわけですが、渡航前のイメージと何かギャップは感じましたか?デメリットメリット色々感じたところあるかと思います。ぶっちゃけてくれた方が助かります!まずはデメリットから聞かせてください。」

HIKARU「そんなにデメリットは感じてないのが正直なところで、ただ東南アジアの旅が初めてだったので日本との違いに驚かされることはありましたね。例えば、道端に小さな売店みたいのが沢山並んでいたり、野良猫・犬が思っていた以上に沢山いたり、とにかく色んなところで日本と異なるので、フィリピンってこうゆう国なんだと驚きつつも楽しめました。」

 

TK「いい刺激を受けたようですね、海外を知るって大事。あと今回ドミトリータイプが4人部屋だったけど、共同生活する上で何か不便を感じることはありましたか?」

HIKARU「滞在中のルームメイトは中国と韓国人生徒だったのですが、みんなとても優しくてストレスなく過ごせました。4人部屋で申し込んだのですが、実際過ごしていた期間は満室になることなく3人で過ごしていたんです。」

 

TK「そう!こうゆう事が起きうる!ちなみにEGって1人、2人、4人部屋の寮タイプから選ぶのですが、4人部屋で申し込んでもタイミングが良いと今回みたいに2人で住んだり3人で住むことになったりします。4人部屋に申し込んだからといって、必ずしも期間中ずっと4人になるとは限らない。

HIKARU「そうなんです、だから逆に2人だった時は部屋を広々使えて快適だったりしました。3人で4人部屋を使ったときも十分な広さでしたね。」

 

TK「それでもやはり複数の外国人と生活を共にする訳なので、文化の違いや生活リズムの違いでストレスを感じることはありましたか?」

HIKARU「あまり感じることありませんでした、たぶん韓国と日本は文化が似ているので結構生活スタイルやリズムも似ていましたし、エアコンを付ける時も付けていい?イイよー!みたいな感じだったので全く問題になりませんでした。」

 

 

TK「ん~、何かぶっちゃけのデメリットを聞き出したかったのに、メリットばかりになっちゃいましたね。では、想定した以上に良かったこととかありましたか?」

HIKARU「事前に友人から話も聞いていたので、シェアルームの場合はルームメイト次第で大きく左右される。ルームメイトガチャ次第だと想定していましたし、ホントに今回はルームメイトに恵まれたと強く感じています。」

 

TK「ちなみにフィリピン留学って、5年前や10年前と比較してフィリピンの物価高騰に伴い、フィリピン留学の金額も値上がり傾向にあります。街中でフィリピンの物価についてギャップとか、思っていたより安くないなとか感じるところありましたか?」

HIKARU「結構感じました。例えば、マクドナルドの商品単価を比較したのですが、ほとんど同じ価格でした。サイズも同じように見えましたし、あまり日本と変わらないなーって。むしろポテトはフィリピンのほうが多いくらいでした。」

 

TK「あ~、そのポテトは、きっとバイトが適当に盛り付けているから多いんだよ。私も日本でやってたし。こんくらいかなーみたいな。けど、フィリピンのマクドナルドはバーガーセットの品数はやたら少ないけど、日本には無い謎のチキンとご飯のセットがあるよね。こんなメニュー日本にあったっけ?ってなります。」

TK「ちょっと話は反れますが、今回大学1年生の春休みに留学しましたが、大学生活の中でまだまだ沢山の長期休みがありますが今のところプランはありますか?」

HIKARU「大学3年生になったら就活が始まるので、それまでには最低でももう1回は留学したいなと思っています。現時点ではどこの国、場所などは具体的には決めていませんが、今回初めて留学してみて自分にとってとても貴重な経験になったので、長期休暇の時には必ず留学したいです。」

 

留学前にやっておけば良かった事は?

 

TK「留学前はオンライン英会話の経験は特に無く、英語は大学の授業で学んでいるようですが、留学する前にこれやっておけば良かったなと思うことはありますか?」

HIKARUボキャブラリーは多ければ多い方がいいと実感しています。日本にいる時は単語帳とか最初は取り組んでいたんですが、徐々に飽きてきてやらなくなっていました。けど、今思うと語彙力を付けるというのは一番重要だと感じました。」

 

TK「語彙力って大事ですよね、わかります。私も語彙力が無くて実務が始まった時は大変苦労しました。そういえばHIKARUは英文学科だったよね、英文学科の生徒は単語をどうやって学習しているの?これは留学生目線の質問なんですが、フィリピン留学する方々の多くは英語初心者でそもそも勉強方法がわからない方もいます。特に語彙力をつけるとなると昭和世代からするととにかく根性で書きまくる!だったりするんですが、どう勉強してます?」

HIKARU「私の場合は教科書をまず読んで、わからない所を書き出し、わからなかったリストを作ってそこをひたすら繰り返す。この時にオレンジペンと赤いシートを使って繰り返し読む見るの反復学習です。これなら電車の中でも勉強できるのでスキマ時間を効率的に使えます。」

TK「と言うことは、そのわからないリストを繰り返し見るという行動ですね。私も聞いたことがありますが、とある塾とフィリピン語学学校経営者の方が言っていたのですが、1日に何回も見るという行動の繰り返しが重要なんだと。人間はすぐに忘れてしまう生き物なので、忘れて当然。だけど、繰り返し見ることで記憶量を上げていく勉強方法。」

 

同世代へフィリピン留学のアドバイス

 

TK「最後になりますが、2023年5月21日から成田~クラークの直行便再開が決定しています。フィリピン留学業界と私個人では年内には関空~クラーク直行便も再開するのでは?と予測しています。航空券代もすこぶる安くなると、フィリピン留学がさらに身近になり試してみようかなと思っている方々に一言ください。」

HIKARU「少しでも興味関心があったら是非とも挑戦して欲しいです。先生は勿論優しいし、現地の方々もめちゃくちゃ優しくてサポートしてくれます。思っている以上にフィリピン留学を満喫できると思うので、是非試してほしいです。」

TK「OK!最高!それでは今日は有難うございました!」

 

それではまた!

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(3件)/全投票数(3件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求