オーストラリアならではのモノって何?王道から珍しいモノまで、見つけたら試してみよう! | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:現地生活情報

オーストラリアならではのモノって何?王道から珍しいモノまで、見つけたら試してみよう!

公開:2019/09/16 著者:高島 明季子 497 Views

実際に海外で生活するって、軌道に乗るまでは結構大変です。

英語の勉強はもちろんですが、仕事探しに苦労したり、自分に合うシェアハウスを探し回ったり、注意すべき点は何かなど…様々なことを自分でやらなければならないので不安になることもしばしば。

なので現地で少しでも困らないように、とにかくいろんな情報を収集しますよね…。

 

しかし、情報収集にも息抜きは必要です!

 

難しい情報も大切ですが、大変なことばっかりだと、留学やワーホリするのも億劫になってしまいますよね。もちろん、楽しみだって、た~くさんあります!

 

せっかくオーストラリアに来るんですから、現地のモノを食べてみたり日本では売ってないようなものを使ってみたり試してみたりするのも海外生活の醍醐味!楽しみの一つですよね!

 

なので今回は、私が滞在しているオーストラリアの現地のモノを王道のものからちょっと珍しいモノまでゆる~くご紹介していきたいと思います。

オーストラリアで売ってる食品

オーストラリアでは当たり前に売っていて、日本では見かけない食べ物を紹介します。

 

VEGEMITE(ベジマイト)

言わずと知れたオーストラリアの国民食「ベジマイト」。

 

発酵食品で栄養価が高いため、健康食品としてオーストラリアでは親しまれています。

見た目はチョコレート。そして、ピーナッツバターのようなペースト状なので、一見甘いのかと思いきや…実際は塩っ辛く独特な風味の味がするので、そのギャップにびっくりされる方が多いです。

日本でいう味噌のような感じなので、チョコレートを食べるような感覚でパックっと口にしたらそりゃ塩っ辛いですよね。

 

オーストラリアの人たちは、これをパンやクラッカーに薄~く塗って食べます。

私はバターと一緒にパンに塗って食べましたが丁度いい塩味と独特な風味で一時期ハマってました!

販売されているサイズも大中小とあるので、「せっかくなら!」と試してみたい方も小さいサイズから買うことができます。

 

K-Roo Meat(カンガルー肉)

オーストラリアの動物といえばコアラやカンガルーですよね!動物園でも見れますが、田舎の方へ行けば野生カンガルーが当たり前のようにそこら辺をピョンピョンしています。

しかしそんなカンガルーですが、スーパーへ行くとビーフ・ポーク・チキン・ラムに並びカンガルーの肉(K-Roo meat)も普通に売ってるんですよ!!

正直現地の人たちでも滅多に食べないそうです。

 

赤身のお肉で脂肪分が少なく栄養価が高いことから、ダイエット食材としてはいいと言われています。

 

ただ、独特の臭みがあるためあまり人気ではないみたいですが…。

調理法はステーキのようにミディアムレアくらいに焼いて食べるのが一般的なようです。また、初めからバテや串状になったものも売っているので、せっかくなので興味本位で試してみてもいいですよね!

 

Tim Tam(ティムタム)

オーストラリアのお菓子と言えば、ティムタムは定番中の定番。

最近は日本でも見かけますが、オーストラリアでは味の種類が多く、様々な味を試したくなります。通常$3.2(237円)で売られていますが、頻繁に行われるセールの時には$1.8(133円)になるので、安くなっているとついつい買ってしまいます。

そして、その美味しさに気づくと、あっという間に全部食べてしまった!なんてことも。(これあるあるです!)

 

サクサク食べれてしまいますが、1袋あたりなんと1,000キロカロリーもあります。

 

私はこれをカロリーオバケと呼んでいます。

ダイエット中は控えましょう。(笑)

 

TWININGS(トワイニングス) 紅茶

コーヒー大国のオーストラリアですが、スーパーなどには気軽に買える紅茶もたくさんあります。

「T2」という紅茶専門店は少し値が張りますが、こちらの10パック入りは$2.7ほどで売っているので、お土産にもぴったりなサイズですよね!

とても飲みやすく、味の種類もたくさんあります。日本でもよく紅茶で’English Breakfast’は耳にしますが、それにちなんでかこちらでは’Australian Afternoon’という紅茶があるので是非!

 

Nutellea(ヌテラ)

ヘーゼルナッツが効いたチョコレートのペーストです。日本で売っているジャムやチョコペーストとは違ってとにかく容器のサイズが大きく、とっても甘いです。パンに塗ったりクレープにソースとして使ったりしています。

 

KOMBUCHA(コンブチャ)

スーパーでよく見かけるコンブチャ。乳酸菌や酵素を多く含み、腸内環境を整え美白効果・ダイエット効果があるとされる健康飲料として人気です。味の種類も豊富で、どこのスーパーにも売っているので気軽に買えます。

 

GINGER BEER(ジンジャービア)

名前に’Beer’が入っていますが、ビールではなくアルコールを含んでいません。日本でいうジンジャエールで、日本のものより甘めでジンジャー感がかなり強いです!

 

Pancake Shake(パンケーキ・シェイク)

日本で売っているパンケーキミックスのシェイクバージョンです。

こちらに水を入れてシェイク(振る)だけでパンケーキの元が作れるという何とも便利なアイテムです。

あとはそのまま熱したフライパンに流して焼けばいいだけなので、本当に簡単にパンケーキが作れてしまいます!サイス感も1~2回で使い切ってしまえる量で、$2ほどで売っています。

 

ディップ系

クラッカーなどにディップするものもたくさん置いてあるので、BBQやピクニック、ホームパーティーなどでよく出てきます。

写真のアボカドだけでなく、サワークリームやハムスと言ってひよこ豆のペーストなども売っているので、いろんな味を楽しめますね!

 

ナッツ類

健康に良いとされているナッツ類もアーモンドやカシューナッツ、マカダミアナッツなどたくさん種類がありキロ単位で買うことができます。

 

地ビール

売り上げNo.1であるオーストラリアのビールは、VB(ヴィクトリア・ビター)で緑のパッケージが目印です。XXXX GOLD(フォーエックス・ゴールド)もVBと並ぶほど人気で黄色がイメージカラーになっています。TOOHEYS NEW(トゥーイーズ・ニュ)はシドニーで人気なビールらしく、鹿の角が目印です。

アルコール類はスーパーには置いておらず、日本でいう酒屋に行かないと購入できません。しかし基本的にスーパーの横にBWSなど酒屋が併設してあるのでそこから調達することができます。

またオーストラリアにはたくさんのパブがあり、ビールはタップで注いでくれます。値段はグラス1杯で7~9ドルくらいするので日本に比べると割高ですが、せっかくなら飲み比べして自分のお気に入りを見つけるのもいいですよね!

 

オーストラリアで売ってる日用品

スーパーやドラッグストア等で売ってる日用品の中にも珍しいモノが幾つかあります。

以前の記事で、現地で買える日用品系の紹介もしてますので参考までに。

 

 

Blackmores(ブラックモアズ)サプリメント

オーストラリア最大の自然健康食品ブランドです。高品質で比較的安価なサプリメントとして人気で、スーパーや薬局などに必ず置いてあるほど。

その種類も多様で、ビタミン系だけでも数種類、マグネシュウム、フィッシュオイルなど、とにかくたくさんのサプリメントがあります。

 

→ 陳列棚に並んでいるモノは全てサプリメントです!さすが健康大国!

 

シミ消しクリーム

オーストラリアは日本よりも紫外線が強く、日焼け対策は必須ですが、さらに女性はシミなど気になりますよね。ビタミンEは抗酸化作用があるのでシミに効くと言われています。なので、写真にあるようなシミ消し用のビタミンEクリームが売られていますよ。

先ほど紹介したBlackmoresでもビタミンEクリームが販売されており、値段も50gで$12ほど(890円)です。そのクォリティーは、高級ブランドのクリームにも負けない効果があるとされ、口コミで広がるほど人気があります。

他にもシミに塗るクリームとして、SUPER FADEは60gで$30ほど(2,200円)のものがあります。モノは試しに私も毎日使っています。

 

→ 下の2つがビタミンEクリームです。青色がBlackmores、白色がSUPER FADEです。赤色のものはポーポークリーム(下記参照)になります。

 

LUCAS’ PAPAW OINTMENT(ルーカスポーポークリーム)

PAW PAWとはパパイヤのことで 天然パパイヤ酵素配合の軟膏です。乾燥大国のオーストラリアではかなり重宝されているほど保湿力抜群です。

乾燥、ニキビ、肌荒れ、やけど、虫刺されなど顔や体中に使える他、リップクリームや髪にも塗ることができるという万能塗り薬です。
その歴史は100年以上もあり、さらにTAGという安全や品質管理がしっかりされている商品に与えられる機関に認可もされています。

 

ティーツリーオイル

アボリジニーが何世紀にもわたって使っている伝統的な薬として有名です。

化学製品を使っていない殺菌・除菌効果のある自然成分オイルで安全性も高く、怪我やニキビ、鼻や喉の調子が悪い時、虫除けなどにも使えます。

またすっきりとした香りでアロマとしても使えるので、集中力を高めたいときやリフレッシュしたい時などにも有効です。

 

オーストラリアで見かける有名店の紹介

ここでは、オーストラリアの街を歩いていると良く見かける有名店を紹介します。

 

BOOST(ブースト)

スムージー屋として有名なのがBOOST。ショッピングモールや街中でよく見かけることができます。

人気の97%FAT FREEで、フルーツとヨーグルトを合わせたスムージーやフレッシュジュース、プロテイン・エナジー系のものが入ったドリンクもあります。

野菜やフルーツがたっぷり使われていて、美容にもいいとされているのでオススメです。

 

Pie Face

こちらはミートパイのお店になります。オージービーフやフィッシュ&チップスに並びミートパイもオーストラリアでは有名な食べ物ではないでしょうか。

パイ生地の中にお肉とグレービーソースが入っています。中身の具もいろんなタイプのものがありますよ。

 

Cotton On

こちらは日本未上陸のファッションブランドのお店になります。

オーストラリアのファッションブランドのお店としては、店舗数や認知度がトップレベルで絶大な人気を誇るため、どこの街でもショッピングモールでもよく見かけるお店です。

値段設定は、オーストラリアの中でも比較的お手頃。レディースだけではなくメンズ、キッズ、ベイビー用の服も置いてますし、下着やルームウェア、旅行グッズ、小物類など服以外の種類がたくさんあるのも人気の理由の一つですね!

 

せっかくオーストラリアに来たら、どんどん試してみよう!

いかがでしたか?食品に関しては、健康や美容にいいヘルシーなものからカロリーの塊のモノまで様々ですね!

 

オーストラリアはオーガニック大国でもあるので、日用品系は品質にこだわっている商品や、あまり化学製品を使わず天然素材を好んだ商品が多い気がします。

 

店舗系もせっかくなら日本未上陸のお店を試してみたいものですよね!

せっかくオーストラリアに滞在するなら、現地ならではのモノにたくさん触れ、満喫しましょう~♪

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(4件)/全投票数(4件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求