【オーストラリア】日本人に優しい街ケアンズの空港・市内情報を紹介 | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:現地生活情報

【オーストラリア】日本人に優しい街ケアンズの空港・市内情報を紹介

公開:2022/01/31 著者:堀川 真由美 151 Views

こんにちは!マユミです!

私は、ダーウィン(Darwin)から船旅を経てケアンズ(Cairns)にやってきました。オーストラリアはクイーンズランド北部に位置する小さな都市ですが、日本からオーストラリアに旅行といえばケアンズ!で、大人気の観光スポットとしてお馴染みです。

シドニーやメルボルンは世界的にも有名で大都市ですが、それに比べるとケアンズはコンパクトで小さな都市となりますが、観光地としての需要は高いため名前は結構知られている都市です。今回は、そんなケアンズの空港や市内情報をお届けします。

ケアンズ基本情報

 

ケアンズはオーストラリアのクイーンズランド 、熱帯エリアに位置しトロピカルな気候を楽しめます。季節は大きく雨季(12月~5月)と乾季(6月~11月)の2つに分けることができ雨季は暑く湿度も高く、乾季は過ごしやすく乾燥しています。年間の平均最高気温は29℃となっています。

日本から近い都市で、時差も殆どありません。日本人観光客が多いことから、日本語の看板はもちろん、日本人経営のお土産屋さんなどあり、個人的にオーストラリアの中では最も日本人に優しい都市という印象を受けました。街自体もキレイに整備されています。

気候も亜熱帯ですし、日本人観光客も多いことから、ハワイに似た空気感を持ちます。日本人観光客をターゲットにしたビジネス(観光・サービス業)も多いため、2020年以降コロナの影響を経済的に受けた方がたくさんいるようです…。

 

ケアンズ空港の様子

 

私はDomestic(国内線)でケアンズ空港を利用しました。空港のターミナルはT1(international:国際線)とT2(domestic:国内線)に分かれています。

ケアンズに降り立った時にすぐ気が付いたのが、空港内にたくさんの日本語の案内表示があることでした。

オーストラリア内の幾つかの空港を利用した事がありますが、過去こんなにも日本語が目につくことがなかったので、驚きと感動を覚えました。

 

→ 国際線の出口案内(参照:Cairns Airport)

 

→ 国内線の出口案内(参照:Cairns Airport)

 

空港から市内までの移動方法

ケアンズ空港から市内までは6.5~7kmほどで、車で15~20分の距離です。

 

→ ケアンズ空港パーキングマップ(参照:Cairns airport)

 

市内までの移動手段は以下の通りです。

 

・タクシー

ケアンズ空港の使用料として、国内線からの送迎2.5ドル・国際線からの送迎5ドルが加算されます。

 

・シャトルバス(CBD・ポートダグラス・ノーザンビーチ)

「Excellence Coaches」という配車サービスは、6:00AM~7:00PMまで毎日運行しています。時間外は電話での対応となります。金額と配車可能かどうかを確認してください。ケアンズ空港からケアンズエスプラナード、またはケアンズCBDまでの料金は以下の通り。(2022年1月現在)

 

【参考サイト】
・Excellence Coaches

 

プライベートでの配車サービス

1~5人: 片道$65/往復$100

6~13人: 片道$80/往復$130

14~20人: 片道$130/往復$210

 

バスのシェア

1人: 片道$35/往復$45

2人: 片道$38/往復$50

3人: 片道$40/往復$55

4人: 片道$45/往復$55

5人: 片道$50/往復$60

6人: 片道$60/往復$80

子ども: 片道$10/往復$18

 

・レンタカー

各レンタカー会社が揃っていますので、お好きなレンタカー会社を選んでください。以下空港サイトより予約も可能です。

 

【参考サイト】
・Book Car Hire

 

・配車サービスアプリ(Uber・Didi)

私はDidiを利用しました。料金も明朗でアプリ内から常時自分の利用する車が今どこにいて、あと何分で到着するのかが分かるのが便利ですよね。支払いも登録したクレジットカードから自動に引き落とされるのでスマート。私の場合は、空港から予約したバックパッカー(CBD)まで11.75ドルでした。

 

・バス利用の場合

長距離移動用のバスGreyhoundのバス到着地は、ケアンズ・エスプラナード・ラグーンの近くです。CBD内で宿泊先への移動もサクサクです。

 

市内の交通情報(バス)

 

自家用車がない場合、ケアンズ市内でのメインの移動手段はバスになるかと思います。

TransLink’sの公共交通バスサービス”Sunbus”は、ケアンズ市内から北部のビーチ・南部の郊外まで運行しています。チケットは紙でバスに乗った時に購入することができ、現金支払いのみでの対応です。

チケットにはいくつか種類があり、料金はケアンズ市内の分割されたゾーンをいくつ跨ぐかによって変わります。運転手に目的地を告げて、目的地までの乗車料金を確認、または公式サイトにてご確認ください。

 

※ちなみに、Go Cardは南東のクイーンズランド州での交通機関用ICカードです。ケアンズでは対応していません。

 

Single(シングル): 片道チケット。2時間の移動時間が含まれます。
Daily(デイリー): ワンデー・チケット。その日の最終サービスまで利用可能。
Weekly(ウィークリー): ウィークリー・チケット。連続した7日間使用可能。

 

→ 路線図ルート・ゾーンマップ(参照:Cairns Regional Council)

 

ケアンズ内は11のゾーンに分かれており、金額は1回の乗車の中でどれだけのゾーンを跨ぐかで計算できます。TransLink Cairnsのウェブサイトより最新のルート・料金などの情報を確認できます。

 

 

 

・タクシー・配車サービスアプリ

ホテルに滞在されているようでしたらホテルに配車をお願いしても良いですし、自分でアプリから配車しても良いですね。

 

・バックパッカーのみんなはどうやって移動している?

ケアンズの街はこじんまりしていると言いつつ、割といろいろと点在しています。散歩がてら徒歩移動でも良いですが、車・スケードボードや自転車を移動手段としている人も多かったです。

 

ケアンズ市内のお出かけスポット

 

・Cairns Esplanade Lagoon(ケアンズ・エスプラナード・ラグーン)

無料のスイミングプール。毎日6:00~21:00解放。エスプラナード・ラグーンの近くにはペリカンの生息地、ズンバのフリーイベントなどが行われる広場・飲食店が広がっています。ラグーンに続く海沿いの遊歩道も整備されていて、ウォーキングなども気持ちいいですよ。

 

・Rusty’s Market(マーケット)

マーケットに並ぶ南国の変わった野菜や果物は、見ているだけでも楽しいものです。オーガニックの生鮮食品も気軽にショッピングできます。手作りのペストリー、コーヒー、新鮮なココナッツジュースなども購入可能。

最終日の日曜日は売り切るために果物野菜がお安く購入できます。金・土は5:00~18:00、日・月は5:00~15:00までの営業時間となっています。

 

・Cairns Night Market(ケアンズ・ナイトマーケット)

カジュアルなフードとドリンク、お土産、アクセサリーなどのショッピング、マッサージが楽しめます。日本人経営のお店もチラホラ。365日年中無休です。(16:30~22:30)

 

・Cairns Botanic Gardens(ケアンズ植物園)

個人的にオススメのスポット。敷地はかなり広く、散歩にも良いですね。熱帯雨林、温室にはたくさんの蝶々が飛んでいます。3回見ると幸せになると言われる鮮やかなブルーの蝶ユリシスも運が良ければ見ることができます。ハイキングトレイル、カフェ、Tanksアートセンター、子ども広場など、グリーンの中でゆっくり癒される近場のリラックスポイントです。

 

・その他

美術館や水族館、たくさんのショッピングモール。個人的にはライブラリーがリラックスプレイスです。(日本語の本や漫画が少し置いてあります…レア!)

 

ケアンズ市内からの観光スポット

 

・Kuranda(キュランダ)

Cairns市内から30kmほど、車で35~40分の距離です。Kuranda Original Rainforest Marketでは素敵なお土産が揃っているだけでなく、日本人が作る和菓子にラーメンが食べられることに幸せを感じます…。雰囲気も自然とヒッピー的なデコレーションがマッチしていて明るい雰囲気です。木曜日から月曜日まで9:30~15:00です。

 

・Port Douglas(ポートダグラス)

Cairns市内から北に向かって65kmほど、車で約1時間の距離です。美しいFour Mile Beach(4マイルビーチ)、Rainforestation Nature Park(レインフォレステーション・ネイチャーパーク)、Butterfly Sanctuary(バタフライ・サンクチュアリ)など見どころたくさんのエリア。

 

・Fitzroy Island(フィッツロイ・アイランド)やGreat Barrier Reef(グレートバリアリーフ)でのウォーターアクティビティ

ケアンズに来たら外せないのがウォーターアクティビティではないでしょうか。インフォメーションセンターで簡単に情報がゲット出来ます。ウミガメと一緒にシュノーケルを楽しむこともできたり、ダイビング、クルージング、セーリング、フライトなど空からの観光ができたりと、たくさんのオプションがあるのでチェックしてみてください。

 

・Palm Cove(パームコーブ)

 

Cairns市内から北に向かって25kmほど、車で30分の距離です。Palm Tree(ヤシの木)がずらりと並ぶビーチ。Cairns市内に比べ落ち着いた雰囲気でカフェやレストラン、ホテルが並ぶちょっとしたリゾートです。スイミングはもちろん、Jetty(桟橋)ではフィッシングにも最適です。

 

・Daintree Rainforest(デインツリー・レインフォレスト)

世界遺産のデインツリー・レインフォレスト。世界最古の熱帯雨林と言われその広さは約9,000平方キロという広大な範囲に及びます。

ガラパゴス諸島よりも多様な生態系があり、アマゾンよりも8,000万年も長い歴史があると言われています。ケアンズのレインフォレストにしか生息しない貴重な動植物が飛び交う美しい場所です。

スカイレールやキュランダ高原鉄道を利用して高い位置から絶景を眺めるもよし、ジップラインに、滝や湖でスイミングを楽しむのもよしです。

 

・Paronella Park(パロネラパーク)

スパニッシュスタイルの建築のお城。自分の城を持つことを夢見たある一人の移民がコツコツと作り上げた彼の王国です。トロピカルな土地柄、深く緑に包まれたその古いお城は幻想的。天空の城ラピュタのモデルにもなったと言われています。

 

・その他

Barron Fallsなどを筆頭にした滝、ジップライン、動物園など自然を最大限に感じられる見どころ・アクティビティがキリのないほどあるのです…。

 

ケアンズは日本人に優しい都市!

 

私のケアンズに着いた時の印象は、「日本人に優しいいいい…。」でした。小さな地方都市にも関わらず、アジアンマーケットには日本製品が充実しており、ショートステイはともかく、住むことを考えるとかなり助かる…。

実際にモールに出かけても、常に日本人グループをチラホラ見かけるので、他都市とは少し雰囲気が違うな…という印象です。

日本からの玄関がケアンズなのは、地理的に近いだけでなく環境面で日本人が少し安心できる要素があるからなのでしょう。もちろん街から気軽にアクセスできる大自然(海も!熱帯雨林も!)は、一番のポイントです。

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(2件)/全投票数(2件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求