留学ドットコムで開催されたモントリオール留学説明会&デモレッスンの模様をレポート! | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:ニュース

留学ドットコムで開催されたモントリオール留学説明会&デモレッスンの模様をレポート!

公開:2019/09/27 著者:三浦 愛香 64 Views

9月に留学ドットコム東京オフィスにて、CLCモントリオールの日本人スタッフ尾沢さんとバイリンガル講師のMelody先生をお招きし、モントリオール留学説明会&無料デモレッスンを行いました。

少人数制で和気あいあいとした雰囲気の中セミナーが開催され、前半は尾沢さんよりモントリオール及びCLCの学校紹介をしていただきました。

モントリオールはまだまだ他都市に比べると知名度も低く、「なぜモントリオールで留学?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際とても魅力的で、ぜひ足を運んでみたいと思える魅力が満載です。

モントリオールについて

モントリオールは、国際都市としてたくさんの人が集まる街です。

カナダ留学の中でもモントリオールと言う都市は、英語圏というよりもフランス語圏というイメージが強い街です。そのため、「ワーホリで渡航して仕事はあるの?」と心配に思われるかもしれませんが、ご安心ください。

モントリオールは確かにフランス語が第一言語ですが、様々な人に働いてほしいという街の願いから、多くの企業・店舗でワークビザを発給するくらい雇用に関して寛大な街です。

 

郊外へ行けばフランス語ばかりのエリアもありますが、一般的に英語を勉強するにあたり差支えはありません。

 

セミナーの中で、尾沢さんはモントリオールの魅力を下記5点に分けて紹介してくださいました。

 

→ 日本人スタッフの尾沢さんがモントリオールとCLCについて説明してくれました。

 

1. 安全性

モントリオールは、女性でも安心して歩ける街です。

夜遅い時間にもバスがあるため、夜でも意外と人はたくさんいるそうです。

また夜に関してはバス停以外のところでも停車してくれるため、居住地の近くでバスを停めて降ろしてもらうということもできます。

 

2. お手頃な価格

バンクーバーやトロントよりすべてのものが安く手に入ります。

家賃は月400~500ドルほどですので、シェアハウスで自炊という生活スタイルであれば留学費用をぐっと抑えることもできます。

 

3. 学生が多い

英語系とフランス語系両方の学校が揃っているため、学生が多く住みやすい環境が整っています。

 

4. カナダの文化の中心地

アートや建造物など、完成を刺激されるようなポイントがたくさんあります。

 

5. オンオフの切り替えができる

基本的に街の表記はフランス語ですが、地域によって英語系の人が多く暮らすエリアとフランス語系の人が多く暮らすエリアと別れているため、同じモントリオールであっても雰囲気が異なります。

また、秋は紅葉、冬はイルミネーションなど、季節の移り変わりを感じることができるのも魅力です。

 

→ 説明会参加されたお客様もモントリオールの理解が深まったようです!

 

CLCモントリオールについて

CLCは「話すこと」に重きを置いたカリキュラムを提供しています。1クラスは最大で8名と少人数制のため、講師の目が行き届きやすく教室で発言しやすい環境となります。学生は20~40代がメインで落ち着いた雰囲気です。

フランス語を学ぶために英語圏からも学生が集まっているため、通常英語圏の語学学校では出会うことができないアメリカ人やイギリス人の学生とも出会う機会があります。

またアクティビティやボランティアも盛んに行われていますので、学んだ言語を実践の場で生かす機会もあります。

 

英語のデモレッスンの模様

そして後半は、留学ドットコムの初の試みである英語のデモレッスンを開催しました。

英語のデモレッスンでは、これから留学をしようと考えている方には欠かせない“Self-introduction”(自己紹介)からスタートです。

My name is ~の基本的なところから始まり、出身地や普段何をしているか、好きなことは何かなど、基本的な文法をしっかり押さえながらレッスンが進められていきます。

 

Melody先生は、重要な文法や生徒が間違えて使っている文法を正して紙に書き取り、それを生徒に見ながら読ませます。次に紙を見ないで言えるようにするという反復練習を用いて、定着力を高めるレッスンをしてくださいました。

「英語初心者でも授業についていけますか?」というお問い合わせをよくいただきますが、Melody先生のレッスンを見ていると、「初心者の方でも安心してくださいね!」と自信を持ってお伝えできると感じました、

レッスンの後半はテキストの一部を用いてゲーム形式で進められました。

 

→ でもレッスンで使用された教材。

 

「Is it Canadian?-Yes or No」ということで、写真に写っている物(人)がカナダ産(カナダ出身)であれば「Yes, ○○ is (are) Canadian」、違う場合は「No, ○○ is (are) not Canadian」と回答します。

一見簡単そうに見えますが、答える内容によって主語やbe動詞を変えないといけないため、英語が苦手な方にとってはつまずいてしまいがちなゲームです。

英語だけでなくカナダについても学ぶことができるゲームで、最初に学んだ自己紹介の文法も交えつつ、良い実践になったと思います。

 

→ 真剣にデモレッスンを受けておりました。

 

→ でもレッスンとは言え、授業は緊張感がありました。

 

セミナーとデモレッスンに参加者の感想

以下、今回のモントリオール留学説明会とでもレッスンに参加されたお客様の中で、アンケートにご協力頂いた2名の感想をご紹介します。

 

CLCのモントリオール校には以前から興味がありました。フランス語圏のケベック州ということで英語を勉強したい私には向いていないと思っていましたが、モントリオールは学生街で学生に優しいというお話や、日本語コースを設立しているお話を伺って、再び興味がわきました。
講師のMelody先生は字も綺麗で分かりやすく、こちらのペースに沿ってレッスンをして下さいました。英語に自信のない私でも受けやすい授業でした。

 

初めてのデモレッスンで緊張しました。モントリオールの気候や文化など説明していただき非常に分かりやすかったです。自分の思っていることや言おうとしてることなど英語で話せないことが多くもどかしく感じました。

 

この「自分で言いたいことが言えなくてもどかしい!」という経験は、すごく大切ですね。

きっとこれからのカナダ留学(ワーホリ)のモチベーションにもつながっていくことと思います。

留学ドットコムでは、今後も継続して学校の説明会やデモレッスンを開催していく予定ですので、皆さんぜひ奮ってご参加くださいね!

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(3件)/全投票数(3件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求