フィリピン入国に必要なeTravelの記入方法をご案内! | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:ニュース

フィリピン入国に必要なeTravelの記入方法をご案内!

更新:2024/05/13(公開:2022/02/18) 著者:中山 大輔 3021 Views

こちらの記事では、フィリピン入国に必要な入国フォーム(eTravel)の記入方法をご案内しています。

※2024年5月13日更新 QRコードの提示が必要となりました。

フィリピンの渡航条件は?

現在のフィリピンの渡航条件、入国条件ですが、ズバリ下記のようになります。

 

・出発72時間以内にeTravel(旧eArrival Card,OneHealthPass)に登録

・フィリピンを出国するチケット所持

・パスポートの有効期限が6ヶ月以上残っている

・eTravelの記入

 

以前はコロナ治療の最低補償額(35,000ドル)がある保険が必須だったり、ワクチンパスポートや陰性証明書が必要でしたが、現在はそうした規制も撤廃されております。

ただ、もし万が一何かあった時には海外旅行保険の加入は安心に繋がりますし、全ての学校で海外旅行保険の加入を推奨していますので治療救援費用がしっかりしたものに加入していきたいですね。

 

 

 

eTravel(旧eArrival Card,旧One Health Pass)の登録方法は?

フィリピンへ入国する人は全員eTravel(旧eArrival Card,旧OneHealthPass)という登録フォームの入力が出発の72時間前から必要になっています。

忘れずに記入をしていきましょう!

 

登録URL: https://etravel.gov.ph/authentication

 

eTravelの個人情報入力ページ

↓(もし下記の確認画面が出ない場合には、次の画面が表示されているはずです)



フライト情報入力画面1

※日本でのご職業が無職の場合で留学する方は「Student」を選択して頂ければ大丈夫です。

フライト情報入力画面2

手荷物申告書の説明画面

申告書2ページ目

宣言画面最終ページ

同行家族、手荷物数についての確認画面

署名画面

登録完了の画面

 

おまけ

もし申告するものがある場合には下記の情報をご参考ください。

申告するものがある場合の署名ページ

 

まとめ

2ヵ国留学、フィリピンへの短期留学で一気に語学力をアップさせたい方は、安心して留学検討ができる状態ですので、気になる方はぜひお気軽にお問合せください。

 

こちらの情報がみなさんのフィリピン留学準備のお役に立てば幸いです。

 

※フィリピン入国の可否については、100%フィリピン入国管理官の判断の下で行われます。記事内容には万全を期しておりますが、フィリピン入国の可否については一切責任が持てないことをご了承くださいませ。

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(25件)/全投票数(25件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求