夢を叶えるために留学って必要!?工業高校女子だった私が海外留学を決意した理由とは? | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:留学の準備

夢を叶えるために留学って必要!?工業高校女子だった私が海外留学を決意した理由とは?

公開:2020/05/09 著者:竹下 みづき 360 Views

みなさん『留学』と聞くと、楽しそうなイメージと共に色々なイメージも同時に沸くと思います。具体的には以下のようなもの。

 

・お金がかかる
・人生の一大事
・英語が話せないから怖い
・準備が難しい
・親の承諾

 

未知の世界のため、大変なイメージが沸くのではないでしょうか?

特に学生の立場だと自分一人で留学へ行くこと決めて、「はい、出発!」というわけにもいきません。社会人でも会社での立場やタイミング、年齢のことを考えると行くと決断するまでには、たくさん悩む方も多いと思います。

そこで今回は、高校卒業まで海外とは無縁だった私が留学に行くと決めた理由と、留学のメリット・デメリットについてお話しします。留学に行くかどうか迷っている皆さんに、少しでも参考にして頂けたらと思います。

留学に興味を持ったきっかけ

私が海外に目を向けることになったのは、将来の進路を考えた時に「航空業界で働くお姉さんになりたい!」という夢を持ったことが発端です。

その夢を叶えるためには「英語が不可欠!」と思い、そこから真剣に留学を視野に入れ始めたのは高校2年生になってからでした。

 

当時の私はというと、それまで海外には一度も行ったことがないうえに、工業高校に通っていたため、英語力の自信ほぼゼロ。

 

さらに勉強嫌いで英語の資格など取ったこともなく、留学に興味を持ったはいいが何から手を付けていいかわからずで、「取り敢えず英語検定を受けなきゃ!」と急いで勉強を始めたくらい手探り状態なスタートでした。

こんなドタバタと目の前に急に出てきた『留学』の二文字でしたが、一度留学に行きたいと思った私の気持ちは、そこから一度も変わりませんでした。

私の場合は両親と学校の先生に相談した結果、ホスピタリティを学べる日本の専門学校に留学プログラムがあったので、そこに行くことになりました。今後の記事で詳しくお話しますが、結果的にはこのプログラムのおかげもあり夢を叶えることができました。

 

私の経験から言えることは、多くの情報を集めることや細かい部分までプランの詳細を熟知することをお勧めします。

インターネットで調べるのはもちろん、留学エージェントや留学経験者に聞いたりすると、自分では想像もできなかった留学方法を見つけ出せるかもしれません。

最初の選択肢が多ければ多い方が留学後にあっちにしておけば…という後悔も少なくなりますので、やはり念入りなリサーチは重要です。

 

留学に行くきっかけは人それぞれですが、自分の中に留学に行きたいという思いが芽生えたのなら、それがあなたの人生においての何かのきっかけやサインだと思います。

 

それは、もともと海外が大好きではなくても、今まで全く別の道を歩んでいたとしても、英語力がなくても、留学に行きたいと思った瞬間が人生の転機なのかも知れません。

海外留学は海外旅行とは違いますので、それなりに将来のことを考えての思いが詰まっているはずで、だからこそ人生の転機になりやすいのです。

そんな私の留学は、周囲の協力があって実現することができました。

 

留学を決めた時の周りの反応

「将来の夢を叶えるために留学したい!」と両親、学校の先生、友達に打ち明けた時は、プラスの応援と同時に心配する声もありました。

心配する理由としては、以下のようなものでした。

 

・英語力がないのに大丈夫か?
・今まで行ったこともない海外で生活できるのか?
・ただの思い付きじゃないか?
・帰ってきてからどうするの?

 

これらは、留学を真っ向から否定するものではなく、あくまで私のことを大切に思ってくれているが故の言葉でした。

私にも海外生活が未知数な部分もあったので、その頃の私は「自分の夢を叶えたい!そのためには留学に行く選択が私にとっては適している。」という想いを繰り返し伝えていました。

あくまで、留学が最終目的ではなく、自分の目標達成のために行くということを周囲にも理解してもらいました。

 

費用面でも両親との話し合いが必要だった私は、プログラムの詳細を熟知し初期費用や渡航後のだいたいの出費と収入と計算し、帰国後に自分で費用を返済できる留学プランにしました。

納得してもらうためにはただ両親に頼るだけでなく、自分で金銭的にカバーできる部分を伝えることで本気なのだということを示して行きました。両親をはじめとする周囲の人たちと真剣に話し合い、厳しい意見ももらう中で私の留学への想いはますます膨らんでいました。

これから留学に行きたいと思っている方や留学に興味がある方は、周囲からの意見は一見マイナスに感じ不安が大きくなったり気持ちが暗くなったりするかも知れません。

 

しかし、自分が本当に留学に行きたいのか、行くべきなのかを改めて自分と向き合い、本心を確かめる良い機会になります。

 

これは海外留学に限ったことではないですが、何か決断をするときの周囲の意見は自分の意思を再確認できるタイミングなのだと思います。

 

留学に行くメリットとデメリット

 

周囲の人に話し自分と向き合う中で、留学へのメリットはもちろん、留学することで生じるデメリットも出てきたので正直にお話したいと思います。

 

留学することのメリット

・英語環境で過ごし英語力を上げることができる

・日本と海外の文化や生活の違いを学べる

・今までにない経験を通して自己成長できる

・将来の仕事に繋げられるかもしれない

 

他にもたくさんありますが、当時の私が思っていたメリットはこんな感じでした。

留学に行きたいと思い始めてからは、これからの将来や初めての海外に対するあこがれ、ワクワクが大きかったです。

 

留学することのデメリット

・時間はかけられるが英語力が上がる保証はない

・海外生活が合うとは限らない

・費用がかかるのに帰国後目標を達成できるとは限らない

・学生だと同級生より一年遅れる

・成人式に出られない

 

私の場合はこのような不安やデメリットがありました。

私が留学に行ったのはちょうど20歳の時で、前々から楽しみにしていた一生に一度の成人式に出られないことは私の中では大きかったです。(笑)

しかし、二つを天秤にかけた時に頭に浮かんでくるのは、断然に留学へ行っている自分の姿でした。

 

そして、私の一番の不安でもあり、これから留学する予定の多くの方が抱く不安は、留学した経験を将来に繋げられるのかという漠然としたものでした。

 

「航空業界で働きたい!」という目標を達成するために費用と時間をかけて留学をすることに対し、「達成できなかったらどうしよう…。」というプレッシャーがありました。

「留学に行く = 目標を達成」ではないので、そこにはある程度のリスクやデメリットがあります。しかし、帰国後に目標を達成できるか分からない不安やリスクは、自分の留学目的を常に意識付けるものになると思います。

 

上記で挙げたデメリットからも分かるように、裏を取れば全て自分の考え方次第なのです。例えば、以下のように説明ができます。

 

・時間はかけられるが英語力が上がる保証はない

机に向かって勉強するだけでなく直接肌で本場の英語に触れて、読み書きではない日常で使える英語を習得できました。

 

・海外生活が合うとは限らない

湯船につかるのが好きだったが、意外とシャワーのみの生活でも大丈夫。ここまで我慢したら自分は体調を崩すなど、自分にはどんな生活習慣が合うのか気付き、自ら選択していけました。

 

・費用がかかるのに帰国後目標を達成できるとは限らない

万が一目標達成できなかったとしても、達成に向かう過程で自己成長できその経験自体は今後の私の人生において必ずプラスになると帰国時には思っていました。

そして、留学前より確実に自分のことが好きになりました。結果的に目標も達成しました。

 

・学生だと同級生より一年遅れる

私は休学して海外留学したのですが、2年間という短い専門学校生活の中で学年を越えて、より多くの友達ができました。

 

・成人式に出られない

他の人が経験できないような20歳を海外で迎えることができました。

 


 

このように留学するのに伴うデメリットやリスク、不安は捉え方によっては最高の自己成長のための素材だと思います。

そして、結果的に私にとって留学することはすべてメリットのように感じました。こういった心境になってくると、後は自分の信念に従って突き進むだけなので、現地でも強い気持ちで頑張れます。

 

最終的に留学を決断した決め手とは?

色々考えた中で私が最終的に留学を決断した最大の理由は、当時の私が「留学をする」という決断が自分にとって一番ワクワクするからというシンプルなものでした。

そこにはもちろんこれまで書いたような周囲の反応や、メリットやデメリット、期待や不安、費用や時間…など考えればキリのない細かい事情はあります。

特に両親には、費用面をはじめとする多くのサポートをしてもらい感謝しています。海外留学は、一人で成り立つものではなく周囲のサポートがあったからこそ留学に行く決断ができたのも事実です。

 

しかし、その根端にあった決め手はやはり、留学のことを考えるとワクワクが止まらなかったからです。

 

将来の夢や目標が何もなかった私が、航空業界で働くという目標をきっかけに留学に興味を持ち、その過程を想像するだけでワクワクドキドキしていました。

そして今後の人生で、留学しない道を選んで将来後悔することの方が嫌だったので、もしかしたら失敗していたかもしれないですが、それでも留学する選択が正しかったと思っています。

そのシンプルな気持ちこそが、私の最終的な留学を決断した決め手です。

 

【まとめ】留学に迷いを感じている方へ伝えたいこと

 

現在、留学への一歩に迷いを感じている方へ私が伝えたいことは、留学に興味を持ったその気持ちを大切にしてほしいということです。

様々な目的があって、海外留学を考えているかと思います。

私は夢を叶えるための留学でしたが、本当に夢を叶えるために留学が必要なのかどうかの答えは、正直自分次第なので正解も間違いもありません。

 

そこにワクワクする楽しい気持ちや期待、希望を感じるなら、私はその気持ちを大切にして選択していって欲しいと思います。

 

そしてもちろん、留学の決断は私の人生にとって最高の時間を送るきっかけになりました。今後、私が経験したその全貌をお話していきます!

今回は、私の場合の留学の必要性ときっかけをお話しさせていただきましたが、今後の皆さんの人生の選択肢のヒントになれば良いなと思います。

留学を迷っている皆さん、自分の想いを大切に素敵な人生の選択をしてください!

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(15件)/全投票数(15件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求