【フィリピン留学】留学生の強い味方!?フードデリバリーサーピスについてご紹介します! | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:現地生活情報

【フィリピン留学】留学生の強い味方!?フードデリバリーサーピスについてご紹介します!

公開:2020/03/27 著者:渡瀬 純子 81 Views

みなさん、こんにちは!

バコロドにあるOKEAで日本人マネージャーをしておりますジェシカと申します。

バコロドでは現在全学生と65歳以上の市民に対して、全日の外出禁止措置が出されているのですが、3月23日(月)より市内全域がロックダウン(封鎖)されることになりました。

 

ついに来たか…という感じですが、2週間とまだ短期間(?)の設定だったので、少し安心しました。

現地のフィリピン人たちも、「コロナウイルスの封じ込めのためには、みんなで協力しないといけない!」という感じで、前向きに捉えている方が多いようにも感じます。

地元の方のSNSにも、「大変だけどがんばろう!」とお互い励ましあっている投稿が散見されました。

 

先日OKEAでも学生たちを連れて、ロックダウン直前の買い出しに、みんなで出かけたところです。

今バコロドのショピングモールは、どこもまとめ買いのお客さんでレジが長蛇の列になっています。

本校のスタッフも近郊のショッピングモールに行った際、レジが2時間待ちだったそうです!

 

→ 人が多いとショッピングセンター外での入場制限もあります。

 

現在バコロドでは、コロナウイルスの感染者は、イギリスからの帰国後に発症が確認された方1人だけに留まっています。

今回は2週間のロックダウン措置とのことで、この期間に新たな感染者が現れないことを願うばかりです。

そういった状況で、多くのレストランやカフェなどは、テイクアウト販売のみを行っています。

 

しかし、バコロドでは全学生に対して外出禁止令が出ているので、留学生たちはテイクアウトも購入するのが難しい状況です。

 

そうするとバコロドの安くて美味しい外食や、スイーツ、ファストフード、ドリンクなどがどんどん恋しくなってきます…。

フィリピン留学では学校で食事が提供されるため、基本的に自炊はできません。学校の食事以外のモノを食べたいと思ったら、基本的に外食する形となります。

 

→ ショッピングセンターはレジ待ちの人で溢れています。

 

そんな時に役に立つのが、フードのデリバリーサービスです!

 

日本でも最近はお馴染みかと思いますが、フィリピンでもかなりポピュラーな存在で、ここバコロドでは、「グラブフード」や「フードパンダ」などがとても人気です。

街中でもよくドライバーさんたちを見かけますよ!

そんな数あるデリバリーサービスの中でも、今回の私のコラムでは、「フードパンダ」についてご紹介させていただきたいと思います!

 

「フードパンダ」って何?

タイなどアジアを多く旅行される方は、ご存知の方も多いかもしれませんが、「フードパンダ」とは、様々なレストランやカフェなどから注文できるデリバリーサービスのことです。

本社はドイツのベルリンにあり2012年に設立されました。現在アジアや東欧 の全13ヶ国で、デリバリーサービスが提供されています。

そして、フィリピンには2014年に上陸したようです。名前の通り、かわいいピンクのパンダがトレードマークの会社です。

 

ちなみに「フードパンダ」には、デリバリーサービスとピックアップサービスがあります。ピックアップサービスというのは、事前に頼んでおいた食べ物を、お店まで自分で取りに行くというものです。

事前に注文することで、待つ時間なく出来立ての食事をすぐに買うことが出来きるので便利ですよね。こちらは、日本でも最近よく導入されているシステムです。

ではここからは、具体的に「フードパンダ」の利用方法についてご紹介していきたいと思います!

 

注文方法について

「フードパンダ」を使って何か注文するためには、最初にサイトからの会員登録が必要です。会員登録と聞いて面倒かも…と思われた方も多いかもしれませんが、これが想像以上にとても簡単です!

まずは「フードパンダ」の公式ホームページから、もしくは無料の公式アプリをスマホにダウンロードして、そこから必要事項を入力していきます。

最初に住所を入力します。この住所がフードデリバリーの配達先です。

 

この情報はとても大切なので、絶対に間違わないように注意しましょう。こちらは後から修正ができて、配達先をいくつか追加で登録することも可能です。

そして電話番号を入力します。「フードパンダ」を利用する場合は、フィリピンの携帯電話番号が必要です。

フィリピンの電話番号は、ショッピングモールなどの携帯ショップで格安SIMを購入すると、簡単にゲットできますよ!SIMの価格もバコロドでは、約100円程度でかなり安いです。

 

現地のザービスを受ける上で、電話番号があった方が留学生活で何かと便利な場合がありますので、みなさんもぜひ購入の検討をしてみてくださいね。

電話番号の入力が終われば、メールアドレスを登録するだけです!その他、フェイスブックと連携させて、もっと簡単にログインする方法もあるようです。

登録後に現在地情報をチェックすると、現在地から約3~5Km圏内のレストランを表示してくれて、配達時間の目安などを確認することができます!

 

→ 食事からデザートまで、幅広いラインアップから選ぶことができます。

 

あとは好きなレストランや、カフェを選択してメニューをひたすらチェックしましょう!

現在バコロドのフードパンダでは、配送料が無料のレストランがとても多いです!こういったキャンペーンが定期的に開催されているようです。配送料無料はとてもありがたいですよね!

注文はネットショッピングの要領で、カートに好きな商品を追加していくだけです。あとは画面に従って、注文を進めるだけで大丈夫です。

 

→ バコロドの美味しいチキンもオーダー可能です!

 

注文が完了すると、配達ドライバーの現在地位置がマップ上に表示されます。その際に、到着予定が表示されますが、あくまで目安なので多少前後することがあります。

交通事情等にもよるかもしれませんが、バコロドでは大抵目安時間に配達されている印象です。

そして、配達ドライバーから、出発時や到着時に電話で確認の連絡が来ます。フィリピン人のドライバーさんは、外国人に対しては簡単な英語で話してくれるので、現地の言葉がわからなくても安心です。

 

ちなみに支払い方法は、インターネット上でのクレジットカード決済、Paypal、またはデリバリーの際に現金払いが可能です。

個人的には、クレジットカード情報など登録せずに、到着時現金支払いが一番安全でオススメかなと思います。

やはり、海外サイトでセキュリティーレベルも分かりませんので、何かあった場合の時を考えると、クレジットカードの登録は極力控えたいところです。

 

フィリピンあるあるですが、現金払いの際は配達ドライバーが細かいお金を持っていない可能性が高いので、できるだけお釣りがないように、きっちりと支払い準備をしておくと安心です。

 

商品を受け取る際は、あくまで個人の判断になりますが、ほんの気持ちでもチップをドライバーさんに渡すと喜ばれます。

 

デリバリーサービスまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

現在コロナウイルスの影響で、行動制限がかかっているバコロドの留学生たちにとって、「フードパンダ」は救世主のような役割を果たしており、大変有難いと日々感謝しております!

 

「フードパンダ」のおかげで、みんな大好きな美味しいタピオカミルクティーも、手軽に入手できます。ちなみにバコロドではラージサイズのタピオカミルクティーが、何と日本の約3分の1の価格で購入できます!

もちろん今のようなコロナウイルスによる特別な状況ではなくても、「フードパンダ」等のフードデリバリーサービスは大変便利で、以前からOKEAの生徒も先生と一緒にまとめて注文をしたりして楽しんでいます。

学内でのちょっとしたパーティーなんかにも、ぴったりですね!「フードパンダ」は留学生でも気軽に利用できるので、フィリピン留学の際は、ぜひ利用してみてくださいね!一度その便利さを味わうと、病みつきになってしまうかもしれません!(笑)

 

また旅行の際でも、所在地を入力すればホテル等にも届けてくれるので、「遅い時間に夜出歩くのは、治安がちょっと心配だなー。」という時にも、地元の美味しいレストランの料理を、プライベートスペースで安心して楽しむことができます!

 

みなさんも現地の便利なザービスは、ぜひ積極的に利用してみてくださいね!

みなさんのフィリピン留学生活が、より充実したものになるよう心から願っております。

最後までこちらのコラムを読んでいただき、ありがとうございました!

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(3件)/全投票数(3件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求