2019年度イギリスワーキングホリデービザ(YMS)応募要項が発表! | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

公開:2018/12/03
カテゴリー:ニュース

2019年度イギリスワーキングホリデービザ(YMS)応募要項が発表!

公開:2018/12/03 著者:中川 友康 1188 Views

2019年のイギリスワーキングホリデービザ(YMS: Youth Mobility Scheme)の応募要項が発表されました。

イギリスのワーホリビザは、1月と7月の年2回しか応募できません。

 

年間1,000名の募集となり、そのうち1月の応募では800名の申込者が無作為に選ばれます。

 

7月は残り200名であることを考えると、より抽選に受かる可能性が高い1月に応募しましょう!

以下、イギリスのワーホリビザの募集要項についてまとめました。

2019年の応募要項について

基本的に2018年から変更はありません。

 

・日本国籍者の定員は1,000名。
・1月と7月の2回に分けて抽選が行われます。
・2018年1月の抽選で800名が選ばれます
・申請許可されると英国に最長2年間滞在ができ、就労及び就学が可能。

 

応募時期と応募方法に関して

応募日時
2019年1月14日(月)12時 ~ 2019年1月16日(水)12時 ※日本時間

 

応募方法
応募はメールのみとなります。YMS2019_APPOINTMENT@vfshelpline.com 宛てに1通のみ送ります。メールの題名にはパスポートと同じ表記の申請者氏名、生年月日、パスポート番号を明記します。

例: YAMADA Taro – 31/01/1990 – TH123456789

 

Eメール本文には、英語で応募者の情報を記載します。

 

・Name (名前)
・Date of birth(生年月日)
・Passport Number(パスポート番号)
・Country to submit the application(申請の手続きを行う国 / 例: Japan)
・Home and mobile phone number(電話番号)

 

抽選結果の発表時期

当選結果発表日: 1月23日(水)

 

当選した800名のみにメール送信されます。

また、落選した方には、1月25日(金)に落選通知メールが届きます。

 

当選後の申請手続き期限

2019年3月30日までにワーホリビザのオンライン申請を行います。ビザ申請時の支払いは、クレジットカードによるオンライン決済となります。

期日までに申請料金の支払いが完了されない場合、自動的に当選リストより削除され、当選が取り消されます。

申請料金の支払い後から90日以内に、申請書類の提出が可能です。

 

当選確率どのくらい?落選した人はどうするの?

公式には発表されていませんが、留学業界では20倍前後という意見が多いです。

 

留学ドットコムでサポートした方を見ても、大体20名に1名が当選している体感でしょうか。

 

当選確率は非常に低いですが、応募しないと当たりません。

イギリスのワーホリビザを考えている方は、まずは応募するところからです!

留学時期を先延ばしにできない方は、落選したことを前提に他国の検討も同時に行っておきましょう。

 

イギリスのワーホリビザの魅力は、最大2年間滞在できること。

 

「せっかく海外留学するなら、1年間じゃちょっと物足りないかも…。」と言った意見は多く聞かれます。

英語力アップの1つを考えても、1年よりも2年の方が当然成果は高くなる傾向にあります。

イギリスのワーホリビザが落選した方が、次に考える国の候補は ”オーストラリア” です。

 

オーストラリアは条件を満たせば、最大3年間の滞在が可能です。年間のビザ申請者数の制限もありません。また、オーストラリアはイギリス英語圏の国なので、英語環境に関してもイギリスと遜色ありません。さらに、年中温暖で観光客が年中観光で訪れるため、アルバイト求人もたくさんあります!

 

ワーホリの条件としては、イギリスよりもオーストラリアの方がワーホリにとっての条件が整っています。

イギリスのワーホリが落選した場合は、滑り止めとしてオーストラリアを検討してみることをお勧めします!

例えば、落選した場合は、以下のようなプランも良いかも知れません。

 

取り敢えずオーストラリアにワーホリビザで、最大3年間滞在予定で渡航する。

オーストラリアで英語力をアップして、アルバイトして資金を貯める。

毎年、イギリスのワーホリビザの抽選に応募する。

その間に抽選に当たれば、イギリスにワーホリで渡航する。

 

こんなこともできるので、1回落選したからと言って、めげることはありません!

どんな選択肢があるのかより詳しく知りたい方は、お気軽に留学ドットコムまでご相談ください。

2019年も1人でも多くイギリスのワーホリビザ申請のお手伝いができたらと思ってます。

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
LINEで問い合わせ: 下記バナーをクリック! または @ryugaku.com で検索
問い合わせフォーム
カウンセリングお申し込みフォーム

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(10件)/全投票数(10件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求