【2020年版】看護師専用のワーホリプラン-アシスタントナースの資格が取れる学校をご紹介! | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:各種コースの紹介

【2020年版】看護師専用のワーホリプラン-アシスタントナースの資格が取れる学校をご紹介!

更新:2020/02/12(公開:2019/09/06) 著者:神谷 歩実 5635 Views

最近看護師の方の留学がとても人気ですが、看護師にしかできない留学プランがあるのはご存知ですか?

 

日本で看護職についている方であれば、1年間のワーホリ期間内でアシスタントナースという資格を取得し、就労経験をゲット。さらには、ちゃんとしたお給料までゲットできてしまうんです!

 

今回のコラムでは、そんな「アシスタントナース」の資格を取得して、お仕事紹介までしてくれるシドニーの学校をご紹介していきます!

普通の語学留学やワーホリでも十分有意義な留学にできますが、せっかくなら帰国後の再就職をふまえて、キャリアにつながる充実した1年間にしませんか?

アシスタントナースとは?

アシスタントナースとは、日本でいう看護師とは少し違う仕事で、主に介護施設などで活躍する職業です。

バイタルサイン(血圧・体温・脈拍・呼吸数)測定や意識レベルの観察など、基礎的な看護業務だけでなく、病院・施設利用者の日常生活の動作をサポートする業務もあります。

 

そのため、介護施設(ナーシングホーム)に勤務すると、どちらかというと日本でいう介護士のような仕事が中心です。

 

基本的に、看護師経験のない方がアシスタントナースの資格を取る場合、TAFEという公立の職業訓練学校に半年~1年ほど通うことになります。

しかし、一部の私立などの学校では、日本の看護資格を持っている方であれば、もう少し短いコースで取得できることもあります。

学校に入学するためには中級レベル(IELTS5.5程度・TOEIC800点程度)必要ですが、学校によっては一定期間語学学校に通えばエスカレーター式に入学できる所もあります。

 

アシスタントナースの時給は25~30ドルほどですが、オーストラリアでは夜勤や休日の割増賃金が非常に高いため、祝日などにシフトが入ると時給は50ドルほどまで上がります。

 

看護師とは少し異なる職業ではありますが、1年間のワーホリ期間内で少しでも「キャリアアップにつなげたい!」という方にとって、就学も仕事も両方経験できるお得なプランです!

 

アシスタントナースの資格が取れる学校紹介

今回紹介する学校は、 Charter Australia という学校です。

Charter Australiaはオーストラリア・シドニーの中心部から電車で10分ほどの場所にキャンパスがある学校です。

中心地の中にあるわけではないので、そこまで人が多くなくリラックスできると同時に、10分で中心地へも行ける便利さも兼ね備えたロケーションです。

 

Charter Australiaの特徴は、1クラス約15名ほどの学生が在籍しており、同じ目的を持った仲間と一緒に頑張れる点です。

実際に卒業生からは、「講師のサポートがすごく充実していた。」、「とてもフレンドリーで優しい講師陣!」といった声を頂いています!

看護実習でも、各チーム7人が最大なので、しっかり学ぶことができますよ!

 

 

看護師向けアシスタントナースプログラムの概要

このプログラムでは、アシスタントナースの資格を取得するコースと、医療英語コースを同時に学ぶことができちゃいます!

そしてさらに、プログラム終了後に無料で仕事の紹介が受けられるので、卒業後の仕事探しもサポートしてもらえるプログラムです!

 

プログラム期間

学習期間: 16週間

就業期間: 最大36週間

※計12か月のプログラム

 

実はこの「16週間」という期間は、アシスタントナースのプログラムとしては短めになっているんです。

通常、アシスタントナースの資格は、TAFE(職業訓練学校)で半年~場合によっては1年間のコースを受ける必要があります。

しかし、TAFEのプログラムは、これから初めて医療について・看護について学び始める方達向けになっているため、すでに看護職の経験がある方には時間がもったいないんです。

 

Charter Australiaのプログラムでは、看護師免許と実務経験を入学条件にすることで、たった4か月間の就学を可能にしています!

 

授業内容

① アシスタントナースの資格コース

アシスタントナースとして働くためには。Certificate III in Health Services Assistance(Acute care/Aged care/Health facilities など)という資格が必要です。

この資格を取ると病院や介護施設で就職し、アシスタントナース(看護助手)として働くことができます。

また、座学だけでなく実習もあるため、ただ学ぶだけはなく、実践を踏まえたカリキュラムになっています。

 

→ 普通の語学留学ではできない技能の授業ももちろんあります!

 

② English for healthcare nursing(医療英語コース)

プログラムにはアシスタントナースの資格が取れる授業だけでなく、医療現場でリアルに使える、専門的な英語力が身につくコースも含まれています。

もともと日本で看護職についていた方向けのプログラムですので、技術面での不安よりも語学面での不安の方が大きい方も多いと思います。

きっと「自分が果たして英語で専門学校の勉強なんてできるのかなぁ…。」心配する方も多いのではないでしょうか?

 

でも、その部分もご安心ください!

実は、Charter Australiaには日本人スタッフも在籍し学校からもサポートも受けられますし、クラスメイトに必ず日本人がいるくらいの大人気コースになっていますので、クラスメイトと日本人ならではの悩みなどもお互いに相談しながら、一緒に資格取得を目指して頑張れますよ!

さらに、これら2つのコース(資格と医療コース)に加えて、オプションで無料のアクティビティや補修の授業もありますので、授業で学び足りなかったり、不安な方は課外でもしっかり勉強出来ます。

 

特に人気の無料アクティビティとして、「地元の急性期病院での研修」があります。

このアクティビティでは、オーストラリア現地の病院内(ICU/CCU、小児科、産科病棟、リハビリ室など)の見学や、オーストラリアの医療・保険システムなどを学ぶことができるものになっています。

オーストラリアの医療現場を自分の目で見られる機会はとても貴重な機会ですので、このアクティビティには参加者も特に多いんですよ!

 

また、上記の病院研修に加えて「卒業後の就職に備えた履歴書や面接対策が受けられる」というアクティビティも人気です。

この2つがCharter Australiaでも特に人気のアクティビティとなっています。

Charter Australiaでは授業に加えて、こうした学校外での研修やアクティビティにも参加できるので、卒業後のお仕事につく自信が少しずつ身につけていけるんですね。

 

→ 座学で医療英語もみっちり勉強出来ます!

 

→ 授業以外にも他の生徒さんと交流♪

 

③ 無料のお仕事紹介

本プログラム修了後には、アシスタントナースとして現地で働くためのお仕事を無料で紹介してもらうことができます!

Charter Australiaから紹介してもらえる仕事は、シフト制とオンコール制の2種類あります。オンコール制というのは、専門の派遣会社に登録しておいて、急遽人手が必要になった病院や介護施設から要請があった時に働く勤務形態です。

必要な時に派遣会社から電話がかかってきてシフトが決定する形のため、オンコールナースと呼ばれています。

 

一見するとなかなか働けず収入が不安定な気がしますが、その分時給も高くなっているので、Charter Australiaさんが紹介してくれる派遣会社の場合は、シフト制よりも稼げることも多いです。

そのため、シフト制よりもオンコール制の方を希望する学生さんが多いようです。

いずれにせよ、無料で仕事を紹介してもらえれば、卒業後のワーホリ生活も安心なので、とても魅力的なプログラムと言えます!

 

入学条件

・IELTS4.5(中級レベルの英語力・TOEIC換算で480点ほど) もしくは、学校が指定するオンラインテストに合格する。

・看護師免許を持っていて、6か月以上看護職としての実務経験がある。

・就業態度やモラルについて最低限のマナーが守れる。

 

ちなみに入学条件のIELTS4.5は、医療系のプログラムの中ではとてもハードルが低く、チャレンジしやすいレベルです!

 

看護師の方は筆者の私よりも断然強く認識されていると思いますが、医療現場で働くということは命を扱う仕事です。そのため、いくらネイティブではないといっても、言葉の勘違いによる医療ミスなどは絶対に許されません。

なので、例えば外国人がオーストラリアの大学で医療系の学部へ進学する時にも、他学部に比べて求められる英語力がより高いのです。

一般的に医療系のプログラムは、数ある留学プログラムの中でも特に高い英語力が参加時に求められてしまいます。

 

しかし、当校のプログラムでは、入学時に求められる英語力が比較的低く設定されています。

そして、入学後には資格取得のための授業だけではなく、医療英語の授業も受けられますので、しっかり英語力をつけることができます。

特に医療現場で働くために必要な英語力を身に付けてからインターンに臨むことができます!

 

プログラム費用

授業料: $7,500
入学費: $200
教材費: $300
==============================
合計: $8,000(※日本円で約640,000円)

 

留学生がアシスタントナースの資格が取れる学校としては、とっても安いお値段になっています。

他プログラムと比較している記事もあるので、そちらもチェックしてみてください!

 

看護留学を充実させるには2か国留学がオススメ!

このプログラムは英語力の面や期間の面で、「正看護師に比べてハードルが低いよ!」ということをお伝えしました。

ただ、それでも入学には中級以上の英語力が必要なので、「中学や高校などで英語はあまり勉強してこなかったなぁ…。」という方には少し難しい英語レベルだと思います。

そしてもしスコアを取れたとしても、いざ実際に英語で授業を受けたり、英語で働いたりするとなれば、もう少し高い英語力・特に英語を「使いこなす」スキルが欲しいところです。

 

そこでおすすめなのが、フィリピンとの2か国留学です!

オーストラリアの語学学校に通うのもいいのですが、実はオーストラリアのワーホリビザで学校に通えるのは最大4か月と決まっています。

Charter Australiaのプログラムでは、その4か月をまるまる使ってしまいます。

 

そのため、オーストラリアに渡航する前にフィリピン留学で英語の基礎をマスターしてしまうのがスムーズですよ!

 

さらにフィリピンで語学学校に通うメリットはたくさんあります。欧米圏の語学学校と比べると、フィリピンの語学学校の特徴は大きくこの3つです。

 

・1日当たりの授業時間が長い
・マンツーマン授業が受けられる
・費用が安い

 

フィリピン留学では1日約8時間みっちり授業があり、これは欧米圏の5時間ほどの授業と比べるとかなり長いです。

そして、1クラス10人ほどのグループ授業がメインの欧米圏とは違い、マンツーマン授業が中心のフィリピンでは、周りを気にせずしっかりスピーキングの練習ができちゃいます!

フィリピンと欧米圏の語学学校の、平日のスケジュールはこんな感じです。

 

 

このように、フィリピン留学は欧米圏留学よりも授業を受ける時間が長いんです!一見自由時間がとても少ないように見えるかもしれませんが、フィリピン留学ではほとんどの場合語学学校に寮が併設され、ご飯も出てきますし洗濯や掃除も学校がやってくれます。

そのため通学や家事に時間を使う必要がないため、それほど時間に追われることもなく、自分の目標に向けて心に余裕を持って勉強することができます。

英語力に自信がない方、現時点でスコアが取れない方は、ぜひフィリピンとの2か国留学を検討してみてください!

 

まとめ

日本で看護師をしている方におすすめのプログラムをご紹介してきました。

看護師にしかできない留学プログラム。特にワーホリの方にはとってもおすすめです!

興味のある方は是非、お気軽にお問い合わせください!

 

※このコラムでご紹介しているプログラムはオーストラリア政府から認定された学校コースとなり、下記の名称となります。
Study and Work Program=English for Healthcare and Nursing (CRICOS code: 0100821)&CHC33015 Certificate Ⅲ in Individual Support (CRICOS code: 094669

 

オーストラリアで取得できる看護師資格についてもっと知りたい方はこちら!

 

 

留学エージェントによって、看護留学の費用がこんなにも違うの?!

他社の看護留学プランの費用と比べてみました!

 

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(4件)/全投票数(4件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求