オーストラリアにもスターバックスはある?豪のスタバ事情を紹介! | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:現地生活情報

オーストラリアにもスターバックスはある?豪のスタバ事情を紹介!

公開:2020/10/26 著者:黒須 千咲 58 Views

世界中で大人気のカフェと言えば、スターバックス。

「オーストラリアにはスタバがない!」そんな噂を聞いたことがある人が多いかもしれませんが、実はオーストラリアにもスタバはあります!

 

とは言え、スタバの店舗がひとつもない州があったり、日本と比べると店舗数が圧倒的に少なかったりと、オーストラリアではスタバはちょっとレアな存在なのかもしれません。

 

今回のコラムでは、スタバが大好きな筆者が「オーストラリアのスタバ事情」を詳しく紹介します。

オーストラリアにスターバックスはあるの?

オーストラリア留学やワーホリを検討した人なら、「オーストラリアにはスタバがない!」という噂を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

結論から言うと、オーストラリアにもスタバはあります。

 

ただし、(1)スタバが存在しない州もある、(2)日本と比べると店舗数が圧倒的に少ないというのは本当です。

オーストラリアのスターバックス事情について、もう少し詳しく紹介していきますね。

 

スターバックスの店舗 in オーストラリア

オーストラリアには、スターバックスが54店舗あります。日本国内のスターバックスの店舗数は、1,581店舗ですのでその差に驚きが隠せません!(2020年10月現在)

そして、オーストラリアにある店舗は全国に散らばっているのではなく、3つの州に集中しています。

オーストラリア国内でスターバックスが楽しめるのは、以下の3つの州だけなんです。

 

・ニューサウスウェールズ州(シドニー):24店舗
・クイーンズランド州(ブリスベン・ゴールドコースト):16店舗
・ビクトリア州(メルボルン):14店舗

 

アデレードやパース、タスマニアなどの都市には、スターバックスの店舗がありません。「オーストラリアにはスタバがない!」という噂は、これらの州に留学やワーホリをした人たちから発信されていた可能性が高いですね。

私もオーストラリアのアデレードに旅行で滞在していたときは、スタバが1店舗もなくて、「スタバがない都市なんてあるんだ!」と驚いたのを覚えています。

現在私が生活しているシドニーには、スターバックスの店舗が結構あるので、日本にいたとき以上にスターバックスをよく利用しています。

 

「スターバックスがない生活なんて想像できない!」という人は、シドニーやメルボルンなどを渡航先に選びましょう。(笑)

 

オーストラリアでスターバックスは人気?

 

「オーストラリアにはスターバックスがない。」といった噂と共に、「オーストラリアではスターバックスは人気がない。」という話を耳にした人もいるでしょう。

私も、アデレードに旅行に行ったときは、スターバックスを1店舗も見かけなかったので、「独自のコーヒー文化が根付いているオーストラリアでは、スターバックスは人気がないんだ…。」と思っていました。

でも、オーストラリアの都市の中で一番スターバックスの店舗数が多いシドニーに来てみたら、スターバックスはとても人気があることに気づきました。

 

シドニーCBDのスターバックスはいつも満席に近いですし、フラペチーノを片手に街を歩いている人もたくさん見かけます。

シドニーは国際色がかなり豊かな都市なので、実際にオーストラリア人からどのくらい人気があるのかは分からないですが、「オーストラリアでスターバックスは人気だと思う?」と聞かれたら、私は間違いなく「YES!」と答えます。

私のように「母国でいつもスタバを利用していたから、オーストラリアでも利用している!」という人も多いだろうなと思います。

 

スターバックスとローカルカフェの違い

オーストラリアと言えば、町中に立ち並ぶローカルカフェが人気ですよね。

そこで、スターバックスとオーストラリアのローカルカフェの主な違いをまとめてみました。

 

1. コーヒー1杯の値段

 

オーストラリアは「カフェ大国」と呼ばれるだけあり、街中のいたるところにカフェが建ち並んでいます。

そんなローカルカフェと比べると、スターバックスはコーヒー1杯の値段設定がちょっと高めです。ローカルカフェでコーヒー1杯が、3〜4ドル(225~300円)で買えるところ、スターバックスでは種類にもよりますが、4〜6ドル(300円~450円)します。

出勤前に毎朝コーヒーを1杯飲むような人だと、ローカルカフェを利用した方がお得ですね。

 

2. 営業時間

オーストラリアのローカルカフェは閉店時間がかなり早く、ほとんどのお店は夕方3~4時で営業を終了してしまいます。

一方で、スターバックスは店舗にもよりますが、ほとんどの場合、夜の7時〜9時くらいまで営業しています。(※2020年10月現在、コロナウイルスの影響で営業時間を短縮されているのでご注意ください!)

友だちとディナーを食べた後にカフェを利用したい場合や、夜にカフェで勉強や仕事をしたい場合などは、スターバックスの利用がおすすめですよ。

 

オーストラリアのスターバックスのメニュー

オーストラリアのスターバックスで楽しめるドリンクやフードは、日本のスターバックスとどのような違いがあるのでしょうか?

そこで、オーストラリアのスタバのメニューを紹介していきますね。

 

1. ドリンクメニュー

 

ドリンクメニューに関しては、正直なところ日本とあまり変わりません。値段も日本のスターバックスと変わりがなく、物価の高いオーストラリアで日本と同じ値段でスタバのドリンクが楽しめるのは嬉しいですよね。

オーストラリアで日本と違うところを挙げるとすれば、オーストラリア特有のコーヒーである「ピッコロラテ」と「フラットホワイト」があるくらいでしょうか。

ただし、オーストラリアのスタバでは、日本のように「季節限定ドリンク(フラペチーノなど)」が頻繁に発売されることがありません。

 

2. フードメニュー

 

オーストラリアと日本のスタバのフードメニューは、個人的に結構違うと感じています。

オーストラリアのスタバに初めて来たとき、日本で大好きだった「チョコレートスコーン」と「シナモンロール」がなくて驚きました。

日本のスタバでは見たことのないデザートやサンドイッチがたくさん並んでいるので、オーストラリアのスタバを訪れた際は、ぜひ試してみてくださいね。

 

スタバのオーストラリア限定グッズはお土産におすすめ!

 

「オーストラリアならではのお土産がほしい!」という時は、スタバに足を運ぶのがおすすめです◎日本のスタバでタンブラーやマグカップが売っているように、オーストラリアでもたくさんのスタバグッズが店内で販売されています。

特に、上の画像のスタバのぬいぐるみは日本ではほとんど見かけないので、オーストラリアのお土産におすすめです。オーストラリアならではの、カンガルーやコアラのデザインがとってもかわいいですよね!

「SYDNEY」や「MELBOURNE」など、人気都市のロゴと風景が描かれたマグカップもおすすめですよ。スタバ好きの人は、ぜひオーストラリア限定のスタバグッズをお土産として手に入れましょう。

 

オーストラリアでもスタバを満喫しよう!

「オーストラリアにはスタバがない…。」と思っていた人が多かったかもしれません。

しかし、シドニー、メルボルン、ブリスベン、ゴールドコーストの4都市では、スタバが楽しめます◎

日本でも人気のカフェだからこそ、「日本との違い」や「オーストラリア限定ドリンク・グッズ」が楽しめるので、ぜひ足を運んでみてほしいなと思います。

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(2件)/全投票数(2件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求