【オーストラリア】ワーホリの生活費をタダに! HelpXでワークエクスチェンジ | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:ワーキングホリデー

【オーストラリア】ワーホリの生活費をタダに! HelpXでワークエクスチェンジ

公開:2022/04/23 著者:小林 龍輝 45 Views

こんにちは!オーストラリアに滞在中のコバヤシです。

ワーキングホリデーの準備を進める上で、現地の滞在費と食費などの金銭面が気がかりではないでしょうか?

一人暮らしをするには滞在費や食費はもちろん、水道光熱費といったその他諸々の出費も考える必要がありますし、ホームステイをするにはホームステイ代が必要です。

 

今回、僕がこの記事でお伝えする滞在方法を活用することで、ワーキングホリデー中にかかる生活費をタダにすることができるだけでなく、英語環境での生活を味わうことも可能です。

 

実際にこの滞在方法を使って、オーストラリアで生活している僕がお伝えしていきます。

生活費がタダになるワークエクスチェンジとは?

 

ワーキングホリデーで滞在費をタダにするには、「ワークエクスチェンジ」を活用すればいいのです。

ワークエクスチェンジとは、自分の労働力(ヘルパー)とホストの提供する宿や食事を交換するシステムです。つまり、ヘルパーとして住むことになった家の手伝いをすることで、家主であるホストが無料で宿と食事を提供してくれます。

宿と食事を対価として受け取るため、金銭が発生しないというのが大きな特徴です。

 

おすすめはHelpX

ワークエクスチェンジができるサービスはいくつかありますが、その中でも「HelpX」というサイトをおすすめします。HelpXとはHelp Exchangeの省略です。「滞在先を提供してもらう代わりに、滞在する人はその提供者を手伝う」という上記のシステムと同じ内容で成り立っており、ホストが求める手伝いをすることで滞在費や食費をタダにすることができます。

サイトには世界各国のホストの情報が掲載されており、オーガニックファームやファームステイ、ホームステイ、バックパッカーズホテルなどがよく募集されています。

手伝う時間はホストの要望によって様々ですが、2時間だけの仕事なら滞在費のみ無料、4~6時間以上の仕事なら家賃に加えて食費も無料になることが多いようです。また、風呂や洗濯、Wi-Fiなどを無料で提供してもらえることが多いです。(ホスト情報を要確認!)

 

HelpXをおすすめする理由は、滞在条件の選択肢が幅広い上に、利用するための登録料が安い点にあります。

 

他のワークエクスチェンジでは、オーガニックファームやファームステイ限定の募集だったりするのですが、HelpXだとより多くの滞在条件が掲載されているので自分に合う滞在先を見つけやすいです。

また他のワークエクスチェンジと比較して、半額ぐらいの値段で登録できるため、初心者の方でも始めやすいです。

 

Help Xのはじめ方

HelpXへの登録方法は2つに分かれており、滞在先を提供する人は「ホスト」、滞在先を探す人は「ヘルパー」として登録する必要があります。

ヘルパーとして滞在先を見つけるには、2つの方法があります。

1つ目はホストから勧誘のメッセージがくる場合があるので、その連絡を待つ方法。2つ目はヘルパー自身がホストの一覧から希望の滞在先を見つけて、メッセージを送る方法。

 

ホストの情報を見るだけなら無料でできますが、自分からホストにメッセージを送ったり滞在先のヘルパーが書いたホストのレビューを読んだりするには、プレミア会員になる必要があります。

プレミア会員になるためには、登録料(20ユーロ: 約2,600円)が必要ですが、登録料を払えば2年間利用できるのでぜひ活用しましょう。

HelpXは英語圏以外の国も多く登録されていますが、サイト上の使用言語は基本的に英語のみです。英語の読み書きが苦手だという方でも、パソコンからブラウザを使用すれば、英語から日本語に翻訳してくれるため簡単に利用できるはずです。

 

自分に合うホストを見つけるために

ヘルパーとして登録したら、以下の3つのポイントを抑えましょう。

 

① 自分のプロフィールを充実
② 自分の顔写真を登録すること
③ ホストのレビューをチェックする

 

① 自分のプロフィールを充実

まずは、自分のプロフィールを充実させましょう。自分のプロフィールを記入しておくことは、ホストがヘルパーの採用を決めるための重要な判断基準となります。

主に記載した方がいいのは、自分の身分(学生・社会人など)、出身国、いつから手伝えるのか、自分のできることなどです。

また、最初はホストからのレビューがなくて当然なので、「HelpXの利用は初めて」という一文を、自分のプロフィール欄に書いておくといいかもしれません。

 

② 自分の顔写真を登録すること

HelpXには、写真を2枚掲載することができるので、自分の顔写真をなるべく載せましょう。

顔写真を掲載するときに顔を加工したりせずに、あなたの雰囲気を伝えられるような写真を選ぶほうが、ホストが一緒に生活するイメージを持ちやすいはずです。

実際に顔写真を掲載しないで登録していたら、「顔写真を見せてくれませんか?」といったメッセージを2件もいただいたことがあります。

 

③ ホストのレビューをチェックする

最後に今までに滞在したヘルパーが残したホストのレビューを読んでおきましょう。ホストの人柄や手伝う時間、充実した生活を送れたかなどを書いてくれています。そのレビューを書いた方のプロフィールまで確認すれば、信頼できるレビューであるか判断できます。

レビューを書いたヘルパーに対して、そのホストからの返信メッセージが確認できれば、彼らは共同生活を経て、良い関係性が築けていたといえるでしょう。

ヘルパーだけでなく、ホストも見知らぬ人と生活を共にするにはそれなりの不安があるはずです。ホストの立場をイメージして、どうすれば受け入れてもらえるかを考えることも大事です。

 

HelpXの体験談

ここからは実際に、僕がオーストラリアでのワーキングホリデー中にお世話になった素敵な滞在先について紹介します。

僕の場合は、約1ヶ月の間に2組のお宅に滞在することができました。また今後も、シドニーに2週間滞在することが決まっています。

HelpXを活用する時に手伝う内容や時間、どういった環境で生活していたのかを参考にしていただければと思います。

 

体験談①: ケアンズでの滞在

 

僕が最初にHelpXで出会ったホストは、ケアンズに広大な土地を持つご夫婦でした。自宅でガーデンニングをしており、その手助けとしてヘルパーが必要だったようで、ホームステイとして募集をしていました。

コミュニケーションがうまく取れない時には、ジェスチャーをしてくれたり、実演して見せてくれたりしたため、手伝う中で不安はなかったです。こちらのご夫婦は、プロフィール欄に「ヘルパーとのコミュニケーションを大事にしている」と書かれていました。

僕がヘルパーとして手伝う時間以外は、車を使ってケアンズを紹介してくれました。他にも、僕が行きたいツアーがあるとツアー会社に電話してくれたり、作業の合間にクッキーを食べながらホストと会話をしたりもしました。最後の滞在日には、ビストロで食事をして、とても楽しい時間を過ごすことができました。

 

滞在条件

滞在日数は5日間でした。1日5時間/4日間の庭のガーデニングと家の掃除をする代わりに、5日間の個室と食事、おやつ、風呂、洗濯機、Wi-Fi、市内観光を提供していただきました。

 

仕事内容

・庭のガーデニング(雑草を抜く、草花を間引く、苗を植える、など)

・家の掃除(家の外壁を洗う、窓ガラスを磨く、落ち葉を拾う、など)

 

体験談②: メルボルンでの滞在

次にお世話になったホストは、メルボルン近郊にデザイナーズハウスをお待ちの方でした。家の手入れが大変だったそうで、ホームステイとしてヘルパーを募集していました。

この方は料理がとても上手で、毎朝マーケットから購入してくるオーストラリア産の食材を使って、中華からイタリアンまで世界各国の料理を振る舞っていただきました。

また、息子さんのお子さんの誕生1ヶ月前記念にも参加することができました。近くの公園に大勢の人を呼んで、ピクニックのような楽しげな雰囲気でした。

 

滞在条件

滞在日数は11日間でした。午前9時ぐらいから午後13時すぎぐらいまで、手伝いをしていました。1日4.5時間/週7日の家の掃除をする代わりに、11日間の個室と食事、風呂、洗濯機、Wi-Fi、自転車の貸し出しを提供していただきました。

 

仕事内容

家の掃除全般(床を掃除機がけ、床をモップで磨く、窓ガラスを磨く、洗面所を洗う、トイレを洗う、庭の落ち葉を拾う、など)

 

ワークエクスチェンジは生活費が掛からないホームステイ

ワークエクスチェンジを活用すれば、生活費を抑えることができるのはもちろん、現地の人と同じ環境で生活させてもらえることが分かってもらえたでしょうか?

ワーキングホリデー中は様々な滞在方法がありますが、こうした滞在方法もあることを知っておくと役に立つと思います。

この滞在方法を使うことで単なるアルバイトやホームステイ以上の多くの経験ができると思うので、興味を持たれた方はぜひHelpXのサイトを見てみてください。

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(3件)/全投票数(3件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求