海外留学と言えばホームステイ!ホームステイのメリット・デメリットを解説 | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:現地生活情報

海外留学と言えばホームステイ!ホームステイのメリット・デメリットを解説

公開:2020/05/24 著者:吉山 壱正 64 Views

こんにちは、Isseiです!

留学やワーキングホリデーに興味がある方は、色々と調べていく過程の中で1度は「ホームステイ」について聞いたことがある言葉かもしれませんね!

 

留学する前の僕は、「留学と言えばホームステイ!」というイメージがとても強かったです。(笑)

 

きっと、皆さんの中にも僕と同じイメージを抱く方は少なくないと思います。

今日はそんなホームステイのメリットとデメリットについて詳しく解説していきます!

これから留学を考えている方は、是非この記事を読んでメリットとデメリットどちらも知っていただけたらなと思います。

ホームステイとは!?

まずホームステイがどのようなものなのかを説明していきます。

ホームステイとは、留学に参加している留学生が現地の家に泊まる滞在方法の一種です。現地の家族の家に受け入れてもらい、その家族と一緒に生活します。

ホームステイ先の家族のことをホストファミリーと呼び、その家族のお母さんをホストマザー、お父さんをホストファザーと呼ぶのが一般的です。

 

実際に現地の家族と一緒に暮らすことで、その国の生活感がわかることや、必然的に現地の言語を話す環境になります。

 

ご飯に関してはホストファミリーによって様々ですが、朝と夜の2食付きのプランを「ハーフボード」、1日3食付き(朝昼晩)のプランを「フルボード」と表現することもあります。

フルボードのプランでは、お昼ご飯にサンドイッチなどのお昼ご飯を持たされることが多く、ほとんどのホームステイではフルボードが一般的になっています。

気になるホームステイ費用ですが、もちろん地域やファミリーによっても費用は変わりますが、カナダの場合は大体以下を想定しておくと良いでしょう。

 

・1週間: 約35,000円
・1ヶ月: 約100,000円
・3ヶ月: 約300,000円

 

これは、国毎や地域(都市)によって異なるので、自分の行きたいと思う留学先のホームステイ費用を各自で調べてみてください!

期間は1週間の短期から半年、1年などの長期滞在も可能で、週単位で申し込むのが一般的な方法です。

平均的には1ヶ月間(4週間)滞在し、その後にシェアハウスに引っ越しするパターンが一般的です。

 

→ ホームステイの滞在期間は、1ヶ月(4週間)が一般的。

 

ホームステイのメリット

次にホームステイのメリットを見ていきましょう。

 

メリット① 英語を話す環境が作れる

1つ目のメリットは、「英語を話す環境がすぐに作れること」です。

皆さんに質問ですが、「留学先にあなたは友達がいますか?」と聞かれたら、ほとんどの人が「No」と回答するかと思います。

友達がいない国に一人で行き、着いたその日に誰かと友達になることはかなりハードルが高いですよね。

 

語学学校に通う人であれば、通い始めてからすぐに友達を作ることは可能かもしれません。でも語学学校でできる友達は、皆さんと英語力が殆ど変わらない留学生です。

 

友達は会話の相手にはなりますが、英語力アップのことを考えれば、ホストファミリーとコミュニケーションを取るほどの効果は期待できません。

ホームステイをすることによって、到着したその日に必然的に英語環境を作ることができます。
ホストファミリーは到着してすぐの英語の練習相手になるのです。

実は多くの日本人は、英語の義務教育を通してリーディングやリスニングのインプットの作業しか勉強していません。

 

日本人はコミュニケーションを取るために最も肝心な、英語を話すというスピーキング能力が異常なほどに低いのです。

 

また、現地の人が話す英語は、僕たちが日本の教育で学んできた英語のスピードよりも遥かに早いです。

日本の教材は英語を第二言語で学ぶ私たちのために、話すスピードを極端に落としているのです。なので、最初は何を言っているのかさっぱり理解できないのが現実。

ある程度のリーディングはできても、リスニングとスピーキングが全くできないと感じる人が多いはずです。

 

その問題を解決するには、とにかく話す回数を増やしたり、聞く回数を増やしたりするしかありません。

 

現地で生活しているホストファミリーと実際に会話することで、ネイティブが発音する本当の英語の発音や、話す英語のスピード、そして自分自身のスピーキング力向上を期待できる環境を作れることが1つ目のメリットです。

 

メリット② 安心して過ごせる

2つ目のメリットは、「安心して過ごすことができること」です。

先程も話したように、ホームステイではご飯を提供してもらうことができます。

現地に着いてすぐに、スーパーに行って買い物をして、料理を作って…と到着早々に取り組むのもなかなかハードルが高いことです。

 

初めての海外生活であっても、ご飯を提供してもらえることができれば、食生活でそこまで困ることなく過ごすことができますよね。

 

ホームステイ滞在することで、安心感を持って勉強に取り組むことができるのがいい点です。と言うのも、海外生活は本当に刺激的で新しいことの連続です。特に渡航して最初の方は、環境に上手く適応できず、引きこもりになる留学生もいるほどです。

もし仮に、何か海外の生活で不安なことや悩み事があれば、ホストファミリーに相談することもできます。実際、僕も渡航してすぐに不安だらけでホストファミリーに相談しました。

そうすると、本当に親身になって相談に乗ってくれたので、安心して過ごすことができたと思っています。

 

メリット③ 現地での生活をリアルに体験できる

3つ目のメリットは、「現地での生活をリアルに体験できること」です。

ホームステイに受け入れてくれるのは、現地で生活をしている家族です。その国に住んでいる家族の家に泊まらせてもらい、家庭環境に身を置くことで現地のそのままの生活をすることができます。

日本では当たり前だったことが、海外では当たり前ではないし、その逆も然りです。

 

文化的な違いを実際に体験できたり、見ることができたりするのはホームステイの大きなメリットです。

 

日本は狭い国なので、必然的に自分たちの考えも狭くなってしまっているのが現実です。

そんな狭い考え方や価値観から、視野を大きく広げることができるかもしれません!

 

メリット④ 手続きが本当に簡単なこと

4つ目のメリットは、「手続きが本当に簡単なこと」です。

ここまでホームステイの様々なメリットを話してきましたが、「こんなにメリットがあったら、申し込みや手続きも面倒なんでしょ!」と思う人がいるかもしれません。

結論、全くもって大変ではありません。(笑)

 

ホームステイは、留学エージェントにお願いして受け入れ先の家族を決めていただきます。

 

つまり、自分で面倒な手間をかける必要がなく手続きをすることが可能です。

それに加えて、海外に渡航したその日から受け入れをしてもらえるので、スムーズな留学生活を始めることができます。

ホームステイ気になる方は、是非留学ドットコムに相談してみてください!

 

ホームステイのデメリット

ここまでメリットを4つほど上げてきましたが、もちろんデメリットもあります。ここでは、そんなデメリットについても話していきたいと思います。

 

デメリット① シェアハウスよりも費用は割高

1つ目のデメリットは、「費用が割高なこと」です。

 

ホームステイをする場合、1ヶ月でおおよそ10万円ほどの資金が必要になってきます。

3食付きの値段ですが、シェアハウス滞在と比べると少し高い印象があります。

特に自分で料理をするのが好きだったり、得意だったりする方にとっては割高に感じてしまうかもしれません。

 

上記挙げてきたメリットがある反面、コスト面でのデメリットがあるのは否定できませんね。

 

個人の意見としては、最初のうちは必要な投資だと思うのですが…。

そのため、多くの方は最初の1ヶ月間だけホームステイして、その期間で次の滞在先であるシェアハウス探しをするのが一般的な流れになります。

 

デメリット② マイペースな生活ができなくなる可能性がある

2つ目のデメリットは、「マイペースな生活ができなくなる可能性があること」です。

初めにお伝えした通り、ホームステイは僕たち留学生がホストファミリーに受け入れてもらうものです。決してゲストハウスやホステルなどのお客ではありません。

「郷に入っては郷に従え」という言葉があるように、僕たちは現地でのルールやホストファミリー内のルールに従う必要があります。ホームステイでの良くあるルールは以下のようなものです。

 

・シャワーは10分以内!
・部屋の中でお菓子は禁止!
・門限は遅くても11時!
・洗濯は週1回まで!

 

このように詳細に決まっていることもあります。もちろん、このようなルールが無いファミリーもありますが、それは実際に滞在してみないと分かりません。

また、ご飯を食べる時間や帰宅時間などの生活リズムにおいてもホストファミリーに合わせる必要があります。僕の経験談からお話すると、ホストファミリーと一緒に食事を食べる時間帯と、自分のやりたいことの時間が被ってしまうことがしばしばありました。

語学学校に通っていると友達の交流の機会も増えていくので、夕食の時間までに帰宅しないといけないことも徐々に億劫に感じることも。性格的にマイペースな人にとっても、ファミリーのタイムスケジュールに合わせないといけないため、ホームステイは精神的に厳しいと感じることもあるでしょう。

 

デメリット③ 自分でホストファミリーを選ぶことができない

3つ目のデメリットは、「自分でホストファミリーを選ぶことができないこと」です。

自分から「このホストファミリーと一緒に暮らしたい!」ということができないので、運の要素があります。想像以上にルールが厳しいホストファミリーや、性格的に合わないホストファミリーなども実際に存在してしまうのが現実です。

これはどうしようもないことなので受け入れるしかないのですが、なかなか辛いです。

 

ホームステイの体験談を見ていると、「とても良いファミリーに当たった!」という声がある一方で、「自分のファミリーは外れだった…。」という声があるのは、こうした事情があるためです。

 

渡航前に自分の希望をしっかり伝えることで、このようなミスマッチを事前に防ぐことも可能です。

ホームステイ先が合わなかった時のために、渡航後もホームステイ先の変更ができる留学エージェントを選ぶことをオススメします!

 

ホームステイはお客様ではなく家族の一員!

 

最後にホームステイの際に気をつけて欲しい点をお伝えして、この記事を終わろうと思います。

1番大事にして欲しいのは、「自分をお客様と思わないこと」です。私たち留学生はホームステイをするためには、当然お金を払う必要があります。

ですが、同時にホストファミリーは見ず知らずの私たちを受け入れてくれることに感謝するべきです。逆に考えてみてください。

 

「あなたは10万円もらって、見ず知らずの外国人と一緒に暮らす事ができますか?」

 

僕にはできません。見ず知らずの外国人を家に泊めることで、もしかしたら何か事件に巻き込まれたりするリスクもあるわけです。

しかし、彼らは私たち留学生の英語学習や素敵な留学生活を送るために、協力してくれているのです。そのことを私たちは知る必要があります。

たまに、「金払っているんだから、もっと快適に使わせてくれよ!」と言う人もいましたが、そんなお客様精神はもってのほかです。

 

相手にきちんとリスペクトを払って生活することで、初めて信頼関係が生まれて、現地生活が楽しくなっていくものです。

 

家族の一員として受け入れてもらえる環境に感謝してホームステイ生活を楽しんで欲しいなと思います!

とは言え、ホームステイが自分に合うかどうかは運次第なので、長期でホームステイを考えている人も最初は1ヶ月程度で申し込み、実際に住み心地が良ければ延長する方法が良いと思います。

今回の記事についてはYouTubeの方にも詳しく話しているので、興味がある方は是非見てみて下さい!

 

 

もし個人的に質問がある方や、相談したい事がある方はYouTubeの概要欄に貼ってあるSNSリンクからコンタクトを取ってもらっても構いませんよ!

最高な留学を実現する為に、僕で良ければ力をお貸しします!

それではまた次回!

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(1件)/全投票数(1件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求