英語学習はコスパが良すぎる!メリットがあまりにも大きすぎる3つの理由を解説! | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:勉強方法のコツ

英語学習はコスパが良すぎる!メリットがあまりにも大きすぎる3つの理由を解説!

公開:2020/06/10 著者:吉山 壱正 1315 Views

こんにちは、Isseiです。

急ですが、「比較的暇な時間があるから何か新しいことを始めたい!」と考えている人はいませんか?せっかく新しいことを始めるなら、何か自分の人生で役立ちそうなことを始めたいですよね。

プログラミング、ブログ運営、Webライティング、DIY、など選択肢はたくさんあると思います。

 

まだ何をすべきか迷っている方に向けて、僕は「英語の勉強」をすることを心の底からオススメします!

 

正直なことを言うと、英語学習をすることのメリットがあまりにも大きすぎるのです!

なので、今日は英語学習をすることのメリットを3つ紹介しようと思います。

是非、少しでも英語学習をするモチベーションのきっかけになれば幸いです!

メリット① 得られる情報が格段に増える

 

まず初めに、英語を学ぶことのメリット1つ目は、「得られる情報が格段に増えること」です。

2019年4月にInternet World Statsという機関が発表した情報によると、世界中のインターネットで最も使われている言語は英語という結果が出ました。

 

インターネット上で英語を使うユーザーは11億500万人にも登り、圧倒的1位になっています。これは全体の約44億ユーザーに対して、25%の割合を占めていることになります。

 

一方、英語に対してインターネット上の言語で日本語を使うユーザーは1億1800万です。これは全体の約44億ユーザーに対して、わずか2.7%の割合しか占めていません。

要するに日本語しか使えない日本国民は、世界中の2.7%の情報しか得られていない状況にあります。この時点で、日本語だけで得られる情報は、桁違いに少ないことがはっきりと分かると思います。

逆に言えば、英語を学ぶことで世界の約4分の1以上の情報を得ることができることになります。

 

「情報、情報ってさっきから言っているけど、どうして得られる情報が多い方がいいの?」と感じている人も、もしかしたらいるかもしれません。

 

世界中からより多くの情報を得られることは、これから私たちがグローバルな世界を生きていく上で大きな武器になると思っているからです。

むしろこれからの社会は、情報弱者が非常に生きづらい世界になるとさえ思っています。

「日本語でしか得られない限定的な情報」と「世界中のいろんな角度から見た情報」を比べた時にどちらの方が良いという訳ではありません。しかし、それらを比較することで本当の世界の状況が見えてくるのは間違いありません。

 

幅広い情報を手にすることで、「私たちは次に何をしたら良いのか!?」という未来を予測して行動できる可能性が広がるのです。

 

世界の共通言語は英語であることは、誰もが理解しているはずです。

基本的に世界的な最新情報は英語で発信されて、それらが日本語に翻訳されて我々の耳に入ってくることになりますが、翻訳されるまでにもある程度の時間を要します。

日本語に変換されてから私たちの耳に入ってくる頃には、その情報は既に古い情報になっている可能性もある訳です。

 

「英語を話せるようにならないといけないの?それこそ長期間掛かるんじゃないの?」と考える人もいるかもしれません。

 

留学する前の、昔の僕もそう考えていました。

ただ実際のところは、英語を話せなくても読めるだけで十分役に立つので想像以上の時間はかかりません。インターネットの情報は、動画や文字媒体のものが多いと思います。

急にネイティブが話す英語を全て聞き取れと言われても、それは確かにハードルが高いです。その業界に関する専門用語などが出てきた時には、1年間留学した僕にさえハードルが高いことに感じます。(笑)

 

つまり、最新情報は文字媒体から情報を得れば良いのです!

 

新聞や英語のネットニュースであれば、理解するまで自分のペースで読むことができるので、確実に最新の情報を仕入れることが出来ます。

世界の技術や産業は、日本よりも進んでいるものが大半です。英語での情報は金融や経済情報などのビジネスに関するものだけではありません。

私たちが普段の生活で直面する疑問や不安なども、英語で調べることで解決策を得ることができるかもしれません。

 

実際にあった話を例に挙げると、友人との旅行の際にトラブルがあり外資の航空会社に電話をしないといけない状況がありました。

私は旅行の代替案を考えて、その電話を友人に任せたのですが、友人はなかなか電話番号を見つけることが出来ずに10分ほど苦戦していました。

どうやら日本語でずっと検索していたらしいようで、私がGoogleで英語検索すると一発で電話番号の確認ができました。(笑)

 

身近な一例に過ぎませんが、このように日本語で得られる情報と英語で得られる情報は格段に違います。

 

常に世界中の最新情報を得られること、それによって未来を予測できる可能性を得られることは、英語を学ぶ大きなメリットではないでしょうか?

 

メリット② 海外を視野に入れられること

 

次に、英語を学ぶことのメリット2つ目は、「海外を視野に入れられること」です。

中には、「海外大学に留学したい!」と思っている人もいるのではないでしょうか?みなさん一度は海外大学に憧れたことがあるかもしれません。

当然のことですが、海外の大学に進学するとなると、現地の言語を話せる必要があります。

 

この言語は国によって異なってきますが、英語が世界で最も使用されている言語なので、当然英語で授業を行う教育機関が最も多いのが実情です。

 

また、ドイツやオランダなどのヨーロッパ諸国の大学は非英語圏にも関わらず、無償で英語の授業を受けられるコースを用意しているほどです。

海外の大学に通い、自分の学びたい専攻を英語で学ぶことで、より専門的で最先端の知識を学ぶことが出来ます。

ただ、授業を理解するためにも、現地の学生として活動していくにも、英語を使いこなせるというのは最低条件でしかありません。

 

さらに長期スパンで考えてみると、「将来は海外に住みたい!移住したい!」と思っている人も多いと思います。

海外に移住するとなると、国によっては特定の英語資格が必要な国もあります。英語圏であれば、IELTSという英語資格のスコアを求められるケースが非常に多いです。
どの国にもそれぞれの言語が存在しますが、大半の国は英語でコミュニケーションを取ることが可能です。

 

物価の安い東南アジアなどに住むとしても、英語ができると大抵のことは解決します。

 

実際に僕が東南アジアに旅行しに行った時は、英語が話せるというだけで行動範囲をかなり広げることができました。

極端な話をすると、将来的に日本に住むことが出来なくなる未来もやってくるかもしれません。皆さんご存知の通り、日本は災害の多い国です。

世界と比較した時に災害がとても多いことから、災害大国なんて呼ばれることもあります。地震、台風、豪雨、多くの災害を受けていますが、いつか日本が危機的な状況に陥り、住めなくなる日がやってくることも可能性として頭の片隅に入れておいても良いのではないでしょうか?

 

もちろん、災害の面だけではなく、経済面でも様々なリスクが考えられます。

 

少子高齢化の日本において、将来的に経済が衰退していくことは避けられません。私たちの未来の生活を考えた際、多少なりとも制限がかかってしまう可能性は十分あり得るでしょう。

そんな時に、英語を出来ているのとそうでないのでは、天と地ほどの差が生まれくると思っています。英語ができれば、日本から他国に逃れることだって選択肢の1つに入れられます。

「英語ができなくて日本にしか住むことが出来ない日本国民」と「英語も日本語も出来て、どこにいても生きていける日本国民」では、どちらの方が選択の幅を広く持って生きていけるでしょうか?答えは自ずと分かるはずです。

 

英語ができることは、海外を選択できるリスクヘッジにもなり得るのです。

 

英語ができることで、海外を視野に入れることができ、結果的に行動や選択肢の幅が広がります。これは英語を学習する大きなメリットではないでしょうか。

 

メリット③ 出会える人の幅が広がる

 

最後に英語を学ぶことのメリット3つ目は、「出会える人の幅が広がる」ことです。

以下のデータを見てください。

 

 

こちらのデータは、世界で最も話されている言語ランキングです。

1位が英語、2位が中国語、3位がヒンドゥーごとなっているのですが、1位の英語を話す人は世界中に約12億6800万人も存在します。

日本の人口は約1億2600万人なので、日本語のみを話せる時と比較すると約12倍の人と会話をすることが出来る計算となります。

 

英語ができることによって、出会える人の幅が格段に広がるのは当然のことですよね!

 

皆さん今まで日本で生活してきた中で、色んな人に会ってきたと思います。年齢だけに限らず、様々な仕事をしている方もいたことでしょう。

その方々と関わっていく中で、一人一人によって異なる価値観やバックグラウンドが存在することに気付いた方もいるのではないでしょうか。

僕自身も留学前には日本語しか扱えなかった状態でも、たくさんの方と出会い様々なバックグラウンドや価値観に触れることが既に日本国内で出来ていました。正直なところ、それだけでも十分だと思い込んでいた自分もいました。

 

しかし、留学先でもっと多くの人と関わることができるようになり、さらに自分自身の価値観や考え方を変えることができたと感じています。

 

英語を話せる海外の人たちは、今まで関わってきた日本人と全く異なるバックグラウンドを持つ人ばかりです。1つ例を挙げると、僕が実際にカナダ留学先で出会ったブラジル人がいました。

彼は世界の大学ランキング上位に推移するトロント大学の大学院に通っていたのですが、彼には信じられないバックグラウンドがありました。実は彼はブラジルのスラム街出身で、幼少期の頃から恵まれない環境で育ってきたそうです。

そんな環境で育ったので、銃で打たれて人が死んでいるところも、見た事があると言っていました。僕たち日本人にはドラマや映画でしか見たことのないシーンですよね。その他、食生活の違い、文化の違い、宗教の違い、教育の違い、例を挙げるとキリがありません。

 

生まれ育った環境が全く違う人たちと関わり、コミュニケーションを取ることで初めて自分がいかに閉鎖的な思考を持っていたのかを知ることができます。

 

日本は海に囲まれる島国です。そんな島国に住んでいる私たちの思考は無意識のうちに凝り固まり、閉鎖的になっているのが現実です。私たち国民一人一人が他国とリアリティを持って関わる機会がないので、当然のことと言えるでしょう。

そんな凝り固まって閉鎖的になっている我々の思考を変えてくれるきっかけとなるのが、他国の人と関わることであり、英語だと僕は感じています。

出会える人の幅が広がることは、同じように自分の人生の選択肢も広げることに繋がります。これは、私たちが生きていく人生の中でもかなり重要なことではないでしょうか。

 

【まとめ】 英語ができることで多くの影響や変化が起きる!

 

英語学習をすることで、多くの影響や変化が起こるということが伝われば幸いです!

英語ができることのメリットは、今回ご紹介した以外にもまだまだたくさんあるはずです。正直なところ、英語の必要性が分かってさえいれば、そんなに難しく考える必要はないと思います。

純粋に「英語話せるのってかっこいいよね!憧れる!」といったキッカケでもいいです!僕はかっこいいと思ったので勉強しようと思いましたし、興味を持ったなら、「まずはやってみる!もし目的があるならそれに向かって頑張ってみる!」ことをお勧めします。

 

結局のところ、やらされる勉強と自ら取り組む勉強を比較すると、成長率もそれに対する質も努力量も全てが変わってきます。

 

是非、自分なりの英語学習の目的を考えて取り組んでみてください!

もし、この記事を読んでくれている方が、人生を変えたい人であればこう伝えたいです。

 

「自分の人生を変えるのに最もコストパフォーマンスが高いのは英語です。」

 

全てが劇的に変わります。実際に経験した僕が保証します。

今回の記事についてはYouTubeの方にも詳しく話しているので、興味がある方は是非見てみて下さい!

 

 

もし個人的に質問がある方や相談したい事がある方は、YouTubeの概要欄に貼ってあるSNSリンクからコンタクトを取ってもらっても構いません!

最高な留学を実現するためには留学ドットコムを頼るのがベストですし、もし僕でも良ければ力をお貸ししますよ!

それでは、また次回!

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(3件)/全投票数(3件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求