フランス文化の名残があるカナダの街、モントリオールをご紹介! | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:現地生活情報

フランス文化の名残があるカナダの街、モントリオールをご紹介!

公開:2020/12/03 著者:笹森 遥 72 Views

こんにちは!ハルです。

トロントでは、本日(2020/11/22)は朝から雪が降り続いております!この時期はもう暖かい日と寒い日の寒暖差すごく風邪をひきますね…。皆さんも暖かくお過ごしください。

さて、今回ご紹介させていただくのはカナダのトロントと、私のコラムでも紹介させていただいたケベックシティの間にある街、モントオリオールです!

 

フランス語を話す街?

モントリオールは、ケベックシティと同じ州であるケベック州に属します。

前回のケベックについてのコラムでもご紹介したように、ケベックシティでは第一言語がフランス語です。

「同じ州に属しているから、こちらのモントリオールもフランス語ばかり話すのかな?」と思いきや、モントリオールでは英語とフランス語ハーフハーフなんです。

 

多くの人がフランス語も話せて英語もペラペラと言った感じです。お店などに行くと、大体「ボンジュール!」と言われますが、英語を話すと皆さんペラペラな英語で返してくれました。

ケベックシティでは観光地や若い年代の方たちは英語を話せましたが、フランス語を話せないと厳しいシチュエーションもありました。

それに比べ、モントリオールでは大体どなたも英語を話し、かつネイティブスピーカー(英語が第一言語の方たち)のように話されていました。

 

実際モントリオールではイングリッシュオンリーの学校が多くあるのと、家族がもう英語とフランス語を話すため、第一言語として英語を習い、その後フランス語を習うことが多いようです。

とは言え、家族がどちらも話せたら幼い頃から2つの言語を習うのは自然なことかもしれませんね。

それとは逆にケベックシティ(またはその周辺)での高校以下の学校で英語オンリーは中々なく、フランス語が基本で家族も英語を話せないことも多いのでこう言った違いが出てくるのだと思います。

 

空港に着いた際も、「ボンジュール!ウェルカム!」と両方の言葉で迎えてくれましたよ!また、大体どこのお店にも英語のメニューがあったのでそこも安心ポイントかと思います。

ただ、住むとなるとお仕事をゲットしなければですよね。そうなってくると英語とフランス語両方話せた方が大変有利かと思います。

その点では、フランス語を学びに行く場合はとても良い街かもしれませんね。

 

モントリオールの街並み

 

モントリオールはトロントとケベックシティの間にあるということもあります。

 

そのため、ケベックシティのようなフランス文化の残ったヨーロッパのような街並みに加え、トロントのような現代的な建物との融合となっています。

 

とは言え、トロントにも多くのレンガ調の建物が残っているように、ヨーロッパとは真逆の国で育った私にとってはどの景色も、ああ外国にいるんだなと思わせてくれるような街でした。

また私が訪れた際は12月頭だったのですが、お店などはクリスマス仕様になっていましたよ!

 

 

こんなに大きなリースを飾っているのは私にとっては珍しく興奮していたのですが、ケベック出身の彼からすると普通だったようです…。(笑)

 

 

この時期は雪も降っているので、ああカナダにいるんだなという実感がすごく湧きました。

 

 

この写真のように、アパートメントの外側に2階までの階段がついており、どんなに雪が降っても中に入れるようになっています。とても珍しいですよね。

これはケベックシティでも見かけず、トロントにもないのでぜひ注目していただきたいです!

レンガ調のアパートメントが並んでいるのさえ私には新しく、雪も加わり大変素敵に見えました。大通も良いですが小道に入って、日本ではみられないようなお家たちを見るのもまたいいですよ。

 

 

雪が夜の間にももちろん沢山降るので、朝車に乗る際はまず写真のように前と後ろの雪をはらってから乗り込みます。これも寒いので大変ですが、上着を脱いで車に乗り込み、車内が暖かくなるのを待つまでの間もなかなか寒いんです…。

彼曰く、冬場に車を持っているのは本当に大変だとのこと。ただ外でバスを待つのも寒いので、どちらにせよ雪国での暮らしは大変です。

知っている方も多いかもしれませんが、新しい車なんかだと遠隔操作でエンジンをかけられるものもあります。それだと車内が暖まってから乗り込めるのでお勧めだそうです。そんな車が実用的なのはミッションインポッシブル(アクション映画)の世界だけかと思っていました。(笑)

 

モントリオールのオススメスポット

モントリオールで、私が実際に行ってきたオススメ観光スポットをご紹介します!

 

St-Viateur Bagel & Café Mont-Royal

 

絶対に訪れてほしいベーグルレストラン!
St-Viateur Bagel & Café Mont-Royal
1127 Avenue du Mont-Royal E, Montréal, QC H2J 1X9
(514) 528-6361

 

 

こちらは中心の繁華街からほんの少しだけ外れたところのモン=ロワイヤル通り東(Avenue du Mont-Royal E)にある有名なベーグルショップです!

店内にはいくつかテーブルがあり室内で食べられます。ひとつ注意なのがこのショップは他のロケーションにもあるのですが、そちらはテイクアウトにみですのでこちらの店舗がオススメです。

ベーグルの種類もたくさんあり、シンプルにクリームチーズを塗ったものからサーモンが入ったもの(オススメです!)、ナスを唐辛子で炒めたものをベーグルで挟んだものなど。

 

ドリンクも含めてたくさんのメニューがあります!今の時期は、ホットチョコレートは体に染みますよ。

またお値段もCA$10ほどで、お手軽ですごいボリュームで出てきます!本当にオススメのレストランです。

早く食べに戻るのが待ちきれません!

 

illumi(イルミ)

 

冬限定!イルミネーションランド
illumi par Cavalia
2805 Boulevard du Souvenir, Laval, QC H7V

 

 

こちらは毎年開催されるイルミネーションランドです!日本でもたくさん見るようなイルミネーションの祭典で、日本との違いは屋台です!ホットワインやソーセージ、ホットチョコレート、ケベック名物プーティーン、ハンバーガーなどもありました。

なかなか綺麗でしたよ!ただ、こちらは夜に楽しむものなので本当に本当に寒いです。

中に着込み、持っている中で一番暖かい上着を着て行ったのですがフードを待っている最中なんかは手足が凍りました…。いつも以上に防寒していくことをオススメします。

 

 

アクセスもあまり良くなく、近くのパーキングに車を止めて、専用のバス(スクールバスでした!人生初の黄色いスクールバス)に乗って5分ほどで到着します。

とにかく寒いですが一度行ってみても良いかもしれませんね。

 

Place Ville Marie

 

ビルの中にある展望台!
Place Ville Marie(プラス・ヴィル・マリー)
1 Place Ville Marie, Montreal, Quebec H3B 2C4
(514) 861-5217

 

 

こちらはプラス・ヴィル・マリーというショッピングモール/オフィスビルの中に受付があり、そこから入り口になりエレベーターで上がって行きます。

なかなかここについて紹介しているサイトが少ないので分かりにくいですが、雪景色が綺麗なのでぜひ行ってみていただきたいです。

またこの他にも木のみでできたローラーコースターのある遊園地ラ・ロンド・アムーズメントパークや、オリンピックドームなどもあるのでケベックシティよりかは見どころ満載です!

 

英語とフランス語が飛び交う特別な雰囲気!

今回は、モントリオールをざっくりとご紹介させていただきました!やはり、完全なる英語圏の都市とは異なり、フランス語も公用語の都市なので雰囲気も異なります。

カナダ留学やワーホリで来たら、一度は訪れてみたい都市だと思います。また、なかなか冬に訪れる方も少ないと思うので、ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです!

また、隣の町、オタワについてもご紹介できたらと思っております!

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(2件)/全投票数(2件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求