オーストラリアとカナダで悩んでいる人必見!カナダのトロントに1年間住んでみた率直な感想 | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:留学の準備

オーストラリアとカナダで悩んでいる人必見!カナダのトロントに1年間住んでみた率直な感想

公開:2021/04/18 著者:笹森 遥 99 Views

こんにちは、ハルです!

今トロントは、4月の頭で5度から暖かい日は9度くらいまで上がるようになってきました!やっと春が来たなという感じです。

冬が寒いだけあり、少し暖かくなるだけで大変暖かく感じますね。

 

さて今回は、私がトロントに来てから約1年少しが経ちましたので、住んでみた、働いてみた感想を伝えしようと思います。

とは言っても感じ方は人それぞれですので参考までに!特にワーホリを考えている人は、オーストラリアかカナダかで迷う人は多いと思います。

私はシドニーにワーキングホリデーにて滞在した後のトロントだったので、そこの比較もして行きたいと思います。

金銭事情について

 

ワーキングホリデーですと、働いて生活することを考えて1番気になるのがお金についてかと思います。

トロントは全体的に物価が高いです。家賃も高く、レストランも食品も、なかなか高いです。また、それに加えて税金が高いのがネック。お洋服なんかを買う際にレジに行くと、値札と比べて値段がずいぶん高くなり、始めはビックリするかもしれません。

またレストランではチップを払わなければいけないですから、そもそも高い上に税金が加わり、プラスチップでなかなかきついです。

 

シドニーでもレストランなんかは高かったですが、税金がカナダほど高くないのと、最低時給が高くチップもありません。ですので、カナダに比べるとオーストラリアは、そんなにカツカツになることはなかったですね!

また、トロントのダウンタウン(街の中心部)に住もうと思うと、少し大変かもしれないですね。もちろんどんなお仕事で、どのくらいお給料をもらっているかにもよりますが、トロントは全体的にお高めな傾向にあります。

また、隣町であるオタワやモントリオールまで行くと、ダウンタウンに住んでもお家賃がうんと安くなります。

 

一方で、カナダでは客としてチップを払わなければならない分、自分が接客業で働いているとお給料プラスチップが貰えるのは有難かったですね。

しかし、それもお店によってはチップを設定していないお店、お客さんによっては払わない人もいますし、安定はしないです。

だったら初めから最低時給の高かくチップ無しで働いて、税金も低かったシドニーの方が私は良かったです。

 

治安面での比較

海外に住むとなると気になるのが治安ですよね。日本は安全な国だと言われていますし、街の至る角にホームレスがいるなんてこともないですよね。

一方、トロントはニューヨークとも近いので、住む前は心配していたのですが、意外にも安全です。事件のニュースも少なく、夜も1人で歩いて帰れます。

バックをすられるなんていうのも来る前は聞きましたが、そう言ったこともなかったです。しかし、注意するに越したことはありませんので、そこはしっかりと気をつけましょう。

 

また、バスや電車には少し様子のおかしい人たちもよく乗っています。何かしてきたりはしませんが、一方的に話してきたり、車内をうろついたりと、あまり安全な気分はしなかったです。嫌だなと思ったら、車両を変えましょう。

ダウンタウンの至る所、また公園なんかにも沢山のホームレスがいます。トロントに長く住んでいる方も、ここ数年で大幅に人数が増えたと話していました。

日本で育った私からすると、居心地は良くないです。シドニーと比べてもホームレスの数は大変多いですし、初めてトロントに来た際は衝撃でした。

 

ニューヨークに住んでいた方からすると、個の光景は普通なのかもしれませんね。

カナダには1年間住んでいますが、今のところ何のトラブルにも巻き込まれていないです。

ですから、一般論としてはカナダも治安が良いと言えるかと思います。

 

天気や気候面

 

あまり気にならない方もいるかとは思いますが、私は天気や気候は1番気になります!住む国を決める際は、いつもここからスタートします。(笑)

トロントはお天気がとても良いです!基本的に晴れていますし、曇りが数日続く事もありましたがレアです。雨も少なく、折りたたみ傘もそんなに使った記憶にないです。

ちなみにカナダで傘を買うと高いので、折りたたみ傘は日本から持ってくると良いですよ!コンビニで500円でなんて値段では買えません。

 

夏場は日本(東京)と比べると湿度も低く過ごしやすいですが、シドニーほど快適ではなありません。

私の体感としては以下のような感じです。

 

・湿度: 東京 > トロント > シドニー
・気温: 東京 > シドニー > トロント

 

「あの東京のジメジメと暑く汗が止まらない!」なんてことはないです。シドニーにいた際は湿度が低いので夏でも快適!ただ日差しが強い。

トロントは日差しも湿度もそこそこで汗もかきますし、たまにジメジメします。東京はジメジメで汗拭きシートが手放せない…と言った感じですよね。

トロントの全体的な季節の感じは、東京とかなり似ていると思います。季節の匂いも同じでしたよ!

 

あとは、トロントは何と言っても、冬がとても寒いことでしょうか。雪も沢山降るし寒いです。

でもその分、各お家の構造上、暖かさをキープする仕組み(センターヒーティング)があるので、日本のようにお風呂上がりにブルブル震える事も少ないです。

バスを待っている時が1番寒いです。(笑)トロントに方達はもう慣れっこのようで、雪が降っていてもしっかり歩いてお出かけしますよ!慣れてしまえば、お天気は良いので気持ちいいです。

 

生活の利便性

 

トロントはすごく便利だと思います。私はダウンタウンに住んでいますが、食品を買いに行くのもショッピングに行くのも、100円ショップやカフェ、レストランも徒歩圏内です。また、トラムウェイ(路面電車)が各ストリートを通っているので簡単にどこでもいけます。

「車があったらな!」と思うのは、IKEAに行く際くらいですね。トロントは東京のように地下鉄が張り巡らされているわけではないので、少し郊外に行くとなると電車で1時間かかるのに車だと20分で着く、なんてことがよくあります。

それ以外は大変便利です。かなり多くの日本食レストランやアジアンスーパーなどがダウンタウンにはあるので、日本の食品が欲しい時もあまり困りません。

 

この日本食レストランの多さと質に関しては、シドニーよりもトロントの方が勝っています。トロントでは大体何でも食べられますし、多くの日本人がレストランを経営しています。

ダウンタウンに住んでいれば大体何でも揃います。大きなコンド(高層マンション)の近くには、大きなスーパーマーケットがあります。そこに行くと、少しですがお醤油なんかも売っているので、私はあまりアジアンスーパーに行くことはないですね!

ちなみにコンソメは日本のものが美味しいですし、自炊するなら”だしの素”は持って来るべきです!

 

【まとめ】 トロントは日本に近い住み心地

 

トロントはシドニーと比べると、比較的日本と似ているのかなと思います。もちろん海外ですし文化も違いますが、日本文化を感じやすくあると思います。

国民性も、カナダ人はソーリーを沢山使う人種だと言われていますが、実際その通りで優しい方が多いです。

オーストラリアのサッパリ感があっていた私からすると、「何でそんなことまで気にするの?繊細だな。」と思うこともよくあります。(笑)

 

また、そこが多くの日本人の方が住みやすさを感じる点なのかもしれませんね。もちろん国毎に特性や文化が違ってくるので、とにかく住んでみるのが1番です。

私たちはトロントとはおさらばして、モントリオールに引っ越す予定です。今後は、モントリオールの生活の紹介もできたら良いなと思っております。

私が住んだ年(2020−2021)は感染症の影響で多くのイベントなどが中止されてしまいました。実際イベントなんかがあると、さらにトロントの生活は良いものだと感じるのかも知れません。少しでも参考になれば幸いです。

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

67 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(2件)/全投票数(3件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求