留学は10代・20代・30代~、いつするのが最適?!留学の適齢期を考察してみた | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:留学の準備

留学は10代・20代・30代~、いつするのが最適?!留学の適齢期を考察してみた

公開:2019/08/07 著者:小松 久里子 2669 Views

留学をしたい方と話をしている時、年齢の話も出てくることがあります。

語学学習は若い時の方が良いと言う考えもありますが、小中高校留学、大学留学、大学を卒業してからの留学、社会人になってからの留学、そして最近では定年後に留学される方もいらっしゃいます。

今や本当に幅広い海外留学の選択肢があります。

 

留学時期は色々ありますが。いったいいつ留学するのが良いのでしょうか?!

 

留学の種類にもよるかと思いますが、私は10代(フランス、イギリス)、20代(フランス、イギリス)、30代(イギリス、フランス)と留学経験をしています。

主な留学先はイギリスとフランスですが、どちらも一度その国を離れて改めて留学をしています。

また、イギリスではロンドンの語学学校のマーケテイングの仕事と、イギリスの他都市の語学学校での中高生のグループリーダーをしていたので、多くの日本人学生さんに出会ってきました。その間語学学校では10代~60代までの生徒さんにお会いしてきました。

 

留学をしたい方と話をしている時に「もっと若かったら…。」という声も耳にしたことがあります。

 

語学学習は若い時の方が良いと言う考えもありますが、留学はいつでもできます。

最近では定年後に時間ができたからと留学される方もいらっしゃいます。語学学校でもそいった年配の方にも数人お会いしました。

今回は、皆さんのご参考になるように、年齢別の留学についてご紹介したいと思います。

10代前半、中高生の留学

10代前半となると、中学生から高校1年生くらいを想定した留学です。

私は以前仕事で中高生のイギリス短期語学学校のグループリーダーという仕事をしていたことがあります。グループリーダーが必要となるのは、中学生~高校1年生までが対象となります。

今までに延べ40人ほどの中高生の子達とも関わってきており、その時の経験と自分の経験を元に考えていきます。

 

この年代ですと、ご本人の留学と言うよりはこのくらいの年代のお子様をお持ちのご両親が「ウチの子供を留学させようか…。」と悩まれる年代かと思います。

私は自分の意思で語学留学をしたのですが、年齢も年齢だったので、頭も柔軟で、外国人、外国語に対しては物怖じしなった憶えがあります。

ちなみに、私はイギリスの語学学校に中学3年生の時に行きました。

 

言語学習的考察

私の英語はまだ話せるレベルにも到達しておらず、身振り手振り、辞書を使って話していました。

年齢的にコミュニケーションを取るということが怖くなく、とにかく相手に通じれば良と思っていました。

「間違えたらどうしよう。」と言う気持ちはなく、とりあえず言いたいことを伝える、相手の言いたいことを理解するということで精一杯でした。

 

私は中学3年生にしてはちょっと長期で、4週間の語学学校留学をしていました。通常、中高生の短期語学研修は、10日~2週間ほどのものが多いです。

その留学期間を考えても、語学力が伸びると言う点ではまだまだではありますが、留学の最初の一歩としてはいい経験になると思います。

それは私もそうですが、グループリーダーをしていた時に一緒だった中高生の生徒さんにとっても同じだと思います。

 

中高生の留学は有効か?

言語学習的には、2~3週間の留学では成人の留学でもそこまで語学力の向上は、目に見えて分かるものでもありません。

ですが、幼い時期の語学短期留学は、その先の「英語をもっと頑張ろう」という気持ちにも繋がりますし、自分への自信にもなります。

私が面倒を見ていた中高生の子達も、その後の彼らの将来に大きく影響をしていたと思います。

 

年齢が小さい分、柔軟性もありますし、色んなことを吸収して、固定観念なく色んな文化や生活様式も学べます。

 

大人になってからだと、異文化に触れた時に戸惑うことが多いかもしれません。ただし、色々我慢強く、頑張れるのはある程度年齢を重ねててからの方が良いかもしれませんし、年齢的にはホームシックになる子もいます。

ですが、うまく馴染んで楽しい時間を過ごすことができれば、ホームシックで泣きだすような子はいませんでした。最初は長く感じるようですが、最後は皆「あっと言う間だった。」と言って日本に帰って行きました。

個人的な留学体験でも同じですが、最初は時間も長く感じました。しかし、周りと仲良くなって、楽しい日々が続くと、そんなことも忘れて、最後はあっと言う間に時間が過ぎた感覚だったのを覚えています。

 

10代前半の留学は有意義か?

個人的にも短期留学経験はその後の将来にもつながっており、私もその後イギリスの大学に正規留学しました。

「可愛い子には旅させよ!」ではないですが、どんな問題にぶちあったっても、それが最後には良い経験になり、その後の進路にも大きく影響していくようです。

ただし、短期語学留学に行く子達は、もちろん元々留学や英語に興味があった子が多かったということもあると思います。

 

留学、語学への関心を深めるための第一歩としては。有意義経験ができるでしょう。

 

10代後半の留学、高校生の留学、大学生の留学

10代後半だと高校2・3年生の留学、もしくは大学に入ってからの留学を想定してください。

私は中学生でイギリスに短期語学留学をした時に、語学がちゃんとできなかった悔しさがありました。そこで英語をちゃんとできるようにしようと、高校2年生、3年生の夏休みにもイギリスに短期語学留学をしました。

実は中学の時の留学の際には、小さな学校に行ったこともありますが、もう一人日本人の子と二人で行ったため、二人で時間を過ごすことも多く、日本語を話す機会が少なくなかったのも事実です。

 

そこで、高校2年生で留学した時には、日本人の人とは一緒にいないと決めて、なるべく他の外国人の友達を作って一緒に過ごしていました。

ただ、語学学校では中高生用のコースに入らない限り、大抵18歳以上の学生が多く、自分が他の生徒よりもちょっと年齢が低くなってしまい孤立する可能性もあります。

そういう意味ではちゃんと18歳以下のコースを設けている学校に行くほうが良いかと思います。

 

英語力に関して

既に中学校の英語を修了していたことと、高校の英語は多少読解なども入ってきて文法も複雑になるため、中学校の時よりはコミュニケーションがとりやすくなっていました。

確かに、私が面倒を見ていた中高生も、中学生はコミュニケーションにまだまだたどたどしい場面も多く、一方で高校生の方がコミュニケーションを取りやすいイメージがありました。

 

ただし、実は会話の試験がある時に、必ずしも高校生が上のクラスに入るということもないようです。

 

高校生になると「間違えて話したらいけない。」という気持ちが出てくるからです。

実際、高校生の方が英語力は上ですし、読み書きのレベルも中学生よりも上であっても、会話の試験があると中学生の方が物怖じせずコミュニケーションを取ろうとする姿勢が上の場合があるのです。

 

高校生・大学生で留学するメリット

10代前半の留学よりは、やはり自由が多かった気がします。

夜も遊びに行けたり、高校生の時もお酒は飲みませんでしたが、他の子とPUBに行ったり、24時間を有意義に語学の勉強ができました。

 

そういう点では、あまり小さい頃に留学をするよりは、多少大きくなってからの方が良いかもしれません。

 

もちろん、最近はで高校や大学が主催する語学研修などもあるので、高校、大学からの短期留学もそういう意味では有効です。

ただし、こういった短期留学や語学研修に参加すると、そのグル―プで行動することが多く、外国人の学生と一緒になれる可能性が少なくなります。

そういう意味では、団体で留学するプランよりも個人での語学留学をお勧めします。

 

高校生の留学はその先の進路にも影響する

個人的な経験ですが、高校生でイギリス短期留学した後、もっとちゃんと英語の勉強をしたいと思い、高校を卒業してからイギリスの大学に正規留学を決めました。そういう意味では、高校生の時の短期留学がその後の進路に大きく影響したと言えます。

また、日本の大学から短期研修と言う形で、海外に来た子達と出会ったことがあります。彼らの中にもその後1年間大学を休学したり、大学からの交換留学制度に応募したり、1年間の留学やワーキングホリデーと言う形で海外に飛び出した子達もいました。

また、中高生の語学研修の際にも、私と同じ学校に同じ留学エージェントから来た大学生の子も参加していました。その方も、短期留学後に大学を休学して、再度同じ学校に1年間留学をしていました。

 

10代後半の若いうちの短期語学留学は、その後の長期留学や語学への関心につながると言えるでしょう。ただし、それが全員に当てはまると言うことではないと思います。

 

20代前半の留学

20代にもなると、やはりお酒も飲めるようになりますし、色んな制限は更になくなり、自由に行動できるようになります。

日本でも同じだと思いますが、大学に行くために地方から親元を離れて独立し始めるのもこの年齢かと思います。そういう意味では一番色んなことができる年齢になるので、留学の時間を有効に使えるのもこの年齢です。

私も、イギリスの大学に入ってから、休み中にフランスやスペインの語学学校に短期留学をしたりしていました。その際は、実は語学学校の授業よりも、その後に学校の友達と出掛けて、皆で飲みに行ったり、遊びに行ったりした事の方が鮮明に覚えています。

 

言語習得の面からはどうか?

大学生にもなれば最低でも6年間英語の勉強は終わっていることになり、大学受験もしていればそれなりのベースの語学力があると想定できます。そういう意味ではこの位の年代の留学も有効だと思います。

また、自己責任力も更に問われることになりますが、学校の友達と夜まで一緒に遊び、学習言語を一緒に話し、語学の上達にも影響しました。そういう事ができるようになったのはやはり20歳を超えてからだったと言えるでしょう。

大学生、20歳以上にもなると、滞在様式にもよりますが、自炊をしたり、スーパーに自分で買い物に行ったり、自分の生活も見ながら、勉強もしながら、遊びながら、と色々できたので、日常生活の中でも、生活が自立することにより、語学(英語)を使う頻度が多くなる気もします。

 

語学に有益な環境は留学形態にもよる

語学に有益となる生活環境は、留学形態や滞在携帯によります。ホームステイだったりすれば食事もついてきますし、逆に家族と話す機会が増えるのかもしれません。

また、先ほども述べたように大学からの語学研修などで留学をしてしまうと、自分のグループ内での滞在が多くなります。そのため、他の学生に出会う機会が少なくなり、語学(英語)を話す機会はクラスの中だけというケースもあります。

自由ということを考えると、やはりこのくらいの年代での留学は有効です。時に学校だけではなく、夜や週末も友達と出掛けやすいかったのはこの年代でした。週末に友達と遠出ができるようになるのも、20代になってからでした。

 

そういう意味で、語学だけではない色んなことを学べるようになるのは、20代に入ってからでしょう。

 

20代後半の留学 – 社会人留学

 

私は大学正規留学もしましたが、その留学を終え、一度日本に帰って仕事をし、お金を貯めて再度イギリスに留学しました。

その際、実はロンドンの語学学校勤務を経験しています。20代後半となると他の方も大学を卒業してから、もしくは一度社会人になってから留学をするケーズが一般手かと思います。

イギリスは学生もアルバイトが可能な国です。実は私の2度目のイギリス留学では、日本での社会人経験があったので、仕事やアルバイトも直ぐに見つけることができました。

 

日本で仕事をした経験は、他国でも仕事も見つけやすかったです。ただし、それは留学先の国や町にもよると思います。

 

語学上達に関して

20代後半になると、通常で考えると、一度社会人になってから留学すると、語学から一度離れて留学する方や、日本で語学スクールなどに行き、もっとちゃんと勉強したいという理由から留学する方もいます。

短期留学の場合は、語学の勉強だけではなく、旅の延長的な目的がある方もいるでしょう。

旅でも、「暮らすように旅をする。」というコンセプトもありますが、短期留学は普通の旅と違い、自分の好きな国に暮らすような時間を過ごせるというメリットもあると思います。

社会人をしていると、休みも1週間くらいしか取れないなんてこともありますが、実は留学は1週間からも可能です。

 

20代後半の留学はキャリアチェンジ

この年齢の場合は仕事を辞めて、ある程度長期で留学する方もいらっしゃると思います。

そうなると留学が語学だけではなく、他の目的があり、キャリアチェンジなどもお考えの方も多いかもしれません。

日本では社会人になってから2~3週間の休みを取ることは、ほぼ不可能かと思います。そうなると、仕事を辞めてから留学される方も少なくないでしょう。

 

そういう意味では、学生のようにこの先の進路に影響するというよりは、この先の人生の進路をある程度決めて留学される方も多いのではないでしょうか?

私は20代後半で大学院留学をしたので、実はこの時に普通の就職というのは諦めていました。

一般的に20代後半の留学は、この先の進路を見据えて留学する方も多いと思います。語学を勉強して、語学を使った仕事をしたい、その国で何か専門の勉強をして、その後のキャリアにつなげたい、そういう留学も多いかと思います。

 

30代~からの留学

最初の留学ではないのですが、私は30代に入ってからイギリスとフランスに留学経験をしています。

私の場合は大学院への留学だったのですが、実はイギリスもフランスの大学院でも20代、30代、40代と色んな年齢の方がいらっしゃいます。

また、イギリスではロンドンの語学学校関係での仕事中でも10~60代までの生徒さんにお会いしてきました。日本からも定年退職をされた方を対象にした、『60代からの留学』というツアーもあります。

 

30代の留学で良かったこと

私も30代でフランスの大学院に留学しました。30代で留学して良かったことは、日本での職業経験もあり、その時のコネクションで日本からの仕事がいくつかできたことです。

「もしフランスにいるなら…。」と色々御声が掛かることもあり、そのお陰もあって仕事を頂くこともありました。

20代後半~30代ですと、日本でも5年以上の職業経験がある方も多いと思います。その職種にもよりますが、海外に行っても別の形でその仕事を継続していけるパターンもあります。

 

今で言うノマド的なお仕事をされている方だと、海外に出てもそのまま仕事が継続できることがあります。

 

雑誌社やマスコミ関係でお仕事をされていた方だと、海外に来てからもその関係のお仕事で雑誌のコーデイネーターなどでお仕事を継続できる方もいらっしゃいました。

会社で経理をされたいた方は、フランス留学をして、フランスの日系企業で経理の仕事を得ていた方もいました。

そういう意味では社会人経験をある程度して来てから留学をすると、国によっては仕事(アルバイト)ができる国もあるので、そういう点では利点だと思います。

 

30代の方は目標が異なるケースもある

私も30代で大学院留学をしたのですが、他に出会った30代の方で、最初は会社の有給などを使って1週間から10日の留学をし、その後会社を辞めて1年間の予定でフランスに留学された方に会いました。

彼女はその後、フランス人の彼氏さんができて、留学を延長、その後結婚されました。年齢的にと言うことではないですが、留学で来ても、そのまま定住してしまう方もいます。

もちろん、それは30代だからという事ではないですが、大学生、20代前半の若い方の留学に比べると、学校が終わったら必ずしも帰国とはならない人も。一度仕事をして辞めて来られた方の中には、その後日本に帰国して仕事を探すのではなくて、現地で仕事を探す方もいます。

 

語学学校に行ってから、大学に行くケースも

こちらも、どちらかと言うと30代くらいの方が語学学校へ留学し、その後の進路のために専門学校や大学に進学される方もいます。就職後、キャリアアップやキャリアチェンジで来られる方にもお会いしました。

元々そういう目的でなく、語学留学をされた方でも、留学をした後にやりたいことが見つかって、そのまま正規留学にシフトチェンジするパターンです。数年勉強された後に、日本での就職や現地での就職をされる方もいます。

また、語学留学ではなく、元々大学院などに直接留学されるのも30代以上の方が多い気がします。また別のケースにはなりますが、大学の先生などは研究者枠で海外留学に行けるチャンスも多く、数週間~数年で海外の大学に留学されるケースもあります。

 

40代以降の留学

もちろん、40代、50代で留学されている方もいらっしゃいます。しかし、先ほど述べた大学からの研究者の方の留学以外だと、一番留学人口が少ない年代かもしれません。

と言うのは、結婚し、家庭を持ち、子供の面倒もあり一番自分一人の時間がない年代かもしれません。

 

たまに稀なケースも

仕事面でもある程度の経験があり、役職もついて、ここから留学をしようという方は少なるのかもしれません。

ただ、恐らく40代か50代だったかと思いますが、お子様も大学生というお母様が、現役大学生をされていて、ご自身の大学から1年間交換留学に来られていた方にお会いしたことがあります。けれど、そのケースは結構稀なケースかもしれません。

 

50代後半~60代からの留学

家庭を持ち、子育ても終わって落ち着くと、昔からしたかったということで留学されるケースがあります。

お一人で語学学校にいらしている方もいらっしゃいますし、ツアーでの参加で他の皆さんと一緒に語学の勉強をし、様々な課外活動を一緒にされるようなケースもあります。

 

定年退職後の長期留学

これはちょっと稀なケースかと思いますが、私の友人のお父様は定年退職後、1年間中国の大学に語学留学をされていました。その後、大学からのお誘いで、大学で日本語や日本文化を教える先生として、数年中国に滞在されていました。

もちろん、私の友達も既に家を出ており、家にはお母様お一人ではあったのですが、ご家族皆マイペースな方々だったので、お母様も「家に迷惑が掛からないなら良いんじゃない?」と快くお父様を中国に送り出されていたようです。

何にせよ、留学には年齢制限がないという事です。

 

留学適齢期は自分が行きたい時

今回は、私の周りにいる様々な年齢の方や個人的な経験を元にしてお送りしました。

どの年代が一番良いということもないかと思います。

 

個人的には一番目色々吸収できたのは、10代後半の留学でした。一番語学にも興味があり、語学力もかなり向上しました。

 

また、色々な意味で楽だったのは、社会人経験後20代後半、30代でしょうか。

勉強も大変ですが、やはり社会人経験があると他国でも仕事もできますし、それもまた違った経験ができます。一度仕事をしてから留学すると、その後その国に定住していく方もいます。

留学をする最適な年齢がいつという事はないのですが、その年齢ごとに利点も欠点もあるかと思います。

 

やはり自分が留学をしたいと思った時。これが留学のタイミングだと思います。

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(3件)/全投票数(3件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求