フィリピン留学で成果を出す人はどんな英語学校を選んでいるのか?成果の出る学校を検証 | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:学校の選び方

フィリピン留学で成果を出す人はどんな英語学校を選んでいるのか?成果の出る学校を検証

公開:2018/08/28 著者:阪本 達郎 135 Views

英語習得目的でフィリピン留学をするのであれば、やはり「成果の出る学校」を希望する方が多いのではないでしょうか?

今回は、セブ島の語学学校で、目立った学習成果を出ている卒業生を多く輩出している3つの学校をピックアップしました。

 

セブエリアで人気のある語学学校

 

各学校スタッフのインタビュー回答をもとに、検証を行っていきたいと思います!

 

学生の成果が出るように日々取り組んでいること

各学校で取り組まれていることや工夫されていることの回答は、以下のように頂きました。

 

学校名 回答内容
TARGET 外部のアカデミック・コンサルタントと提携し、メソッドや教材開発を行なっています。現在開発中のSPEAKING MASTER ver2.0(仮)は、文型を基軸とした総合的な英語コミュニケーション能力を高める教材となっています。帰納的・演繹的と双方向のインタラクションでGlobal English Speakerを目指すことが可能です。
SMEAG 自習室の24時間解放、夜間の追加授業の提供、セキュリティ対策等、生徒様が勉強に集中して頂ける環境作りに注力しております。
English Fella 一般英語、試験対策ともに定期的な講師へのトレーニングを行い、講師の質を保っています。

 

こちらは学校それぞれで意識されているポイントが異なりました。

 

TARGETは、メソッドや教材面の強化。
SMEAGは、快適な生活環境づくり。
English Fellaは、講師のトレーニング。

 

人気の学校でもこれだけ回答に差が出るのは面白いですね!

生活環境や、講師のトレーニングなどはどの学校でも力を入れられている部分でしょう。メソッドや教材開発の話は、学校のコアな部分となりますので、なかなかパンフレットやWEBサイトからは得ることのできない部分でもあります。

いずれも、各学校が重きを置いているポイントは重要ですので、学校選びの際に自分がどの部分に同調できるかで、学校を絞り込んで行くと良いと思います。

 

各学校講師が工夫していること

次の質問では、各学校の講師が授業で工夫していることや、授業中に意識している部分を聞いてみました。

 

学校名 回答内容
TARGET 目的の明確化とフィードバックの習慣です。場当たり的な授業を行わないよう、講師は毎授業の目的を明確にし、授業に臨んでいます。講師査定の項目においても「月曜日に目標を立て、金曜日に目標に対するフィードバックを行う」など、具体的な行動指針のみを査定項目としております。
SMEAG 各キャンパスで試験対策コース受講生は、出席必須の模擬テストを毎週土曜日実施し、翌週のクラスでテストの見直しを行います。これにより講師陣は、常に生徒様の強みと弱点を把握し、強みを活かして学習意欲を継続させつつ、弱点克服のサポートが可能となります。また、講師陣の勤続年数の長さが強みのSMEAGには、教務経験豊富な講師陣が多数在籍しており、生徒さんのタイプに応じて教務方法を常に工夫しています。例えば初級のグループクラスでは、ミニゲームを通して一人一人が均等に発言できるような雰囲気作りをし、中上級クラスでは、インプットとアウトプットのバランスを調整しつつ、ディスカッションを重点的に行うことがあります。マンツーマンクラスでは、個々のスキル強化に焦点を当てて進行していきます。さらに、入学から卒業まで生徒一人一人に担任講師(SA)がついて、毎週1回カウンセリングが行われます。日々、成績の伸びや授業の進捗などをサポートしています。
English Fella 講師それぞれ予習をし、しっかり授業に備えます。生徒さんを励まし、モチベーションを保てるような授業を行うよう努力しています。具体的な取り組みとして、当校の講師は専門のトレーニングを月2回受けています。トレーニングモジュールは5部構成となっており、それぞれ細かくスケジュールが組まれています。ESL、試験対策ともに講師たちの知識を深めるだけでなく、授業のデモンストレーションも行っています。各講師たちはこのトレーニングをもとに、それぞれの生徒さんに合わせたアクティビティを授業の中に取り入れています。当校のヘッドティーチャー、試験対策の講師は、TKTという世界的にも評価されている(日本では英語教員対象文部科学省検定料助成制度にもなっている)英語教授知識認定テストを受験し、優秀な成績を収めています。

 

こちらの回答からは、講師からの目線で学校の特徴を知ることができますね。

TARGETでは、生徒だけでなく講師陣も目標達成に向けて指導を行っています。その達成度についてフィードバックを行うことで、生徒が次の週に向けてモチベーションを高く保てるように工夫されていることが分かります。

SMEAGでは、学生それぞれに担当講師がつくことで英語力がどれくらい伸びたのか、弱点はどこにあるのか、どれくらい頑張れる学生なのかを把握して的確な指導を行っているとのことでした。学生も気軽に相談できる担当講師が身近にいるのは、大変心強い環境です。

English Fellaでは、講師陣が月2回のトレーニングを受け、指導する側の努力を日々されていることが分かります。トレーニングを積んだレベルの高い講師から指導を受けられるのは、授業の安定と安心感につながります。

 

→ TARGETでのマンツーマン授業風景

 

スタッフの方々が工夫・意識していること

学校のスタッフの存在も、大事な要素になってきます。英語を直接習うことは無くても、英語力アップに関して、日々のサポート体制は重要な要素です。

英語力が伸び悩んだ時や、生活面での様々な相談など、節目節目でお世話になる機会があるはずです。各学校側のスタッフは何を心掛けて日々業務にあたっているのかインタビューしてみました。

 

学校名 回答内容
TARGET 学生さんをより良い方向に導けるよう、マネージャー自身が英語力はもちろん、英語学習法や第二言語習得論の知識を高めるよう努力しています。
SMEAG 生徒さんが学業に専念できるようサポートしています。海外留学では、学業面の負担だけでなく生活面の不安も多いかと思います。環境適応にかかる時間には個人差があり、不安材料も様々です。勉強に関する悩みから、時にはプライベートな相談に乗ることもあります。
English Fella 私たちスタッフは生徒さんがストレスを感じることがないよう、食事、ドミトリーなどの生活面を日々改善するよう努めています。

 

TARGETのマネージャーは、ご自身がまだ英語学習者であると自認して、常により高いレベルを目指しているとのことでした。生徒からしても学校スタッフ自身が勉強している姿や背中を見せてくれることは、日々の刺激になるでしょう。

色々とアドバイスを受けることができるのでとてもメリットになると思います。実際にTARGETに通われていた方からも、カウンセリングで的確なアドバイスを貰うことができたというフィードバックも頂いてます。

SMEAGやEnglish Fellaのスタッフは、より生活面でのサポートに力を注いでいるのが伺えますね。まず勉強ができる環境を作る生活面の維持は、一番ベースになる部分です。

生活環境にストレスを感じたり、体調を崩されたりする方は少なくありません。体調を崩してしまうと勉強どころではないですし、学生が勉強に集中できるようサポート体制を強く意識してくれている学校は安心感があります。

 

各学校に在籍するベテラン講師や人気講師の特徴・共通点

各学校には経験豊富なベテラン講師や、学生から多くの指示がある人気講師が所属しています。各学校のベテラン・人気講師の違いや特徴を掘り下げてみたいと思います。

 

学校名 回答内容
TARGET 経験年数にかかわらず、自分の安全地帯(Comfort Zone)から抜け出し、何事にもチャレンジできる講師が伸びます。例えば、自分の得意分野だけを教授するよりも、学生のニーズに合わせて、新しい分野の教授法や知識を勉強し、効果的な授業を提供しようと努力する講師は、総じてパフォーマンスが高い傾向にあります。
SMEAG 明るい国民性で知られるフィリピン人の中でも、底抜けの明るさで生徒さんの不安や悩みも丸ごと受け止める講師達が人気です。また、ベテラン講師は豊富な経験から様々な引き出しを持っており、生徒一人一人の特徴に合わせた授業を展開する力に長けています。
English Fella ベテランの講師、人気講師ともに、とても勉強熱心です。そのため、色々な引き出しを持っていて、授業ごとにさまざまなアプローチができます。

 

各学校、ベテラン講師の方はその経験から幅広い知識で、学生に興味深い指導を行っていることが分かりますね!

講師からすると、何気ない会話をする“フリートーク”で授業時間が過ぎていく方が一番簡単で楽ですが、英語や指導方法について常に研究しているベテラン講師となると、授業にも定評があり人気があるのも納得です。

 

→ SMEAGのマンツーマン授業風景

 

実際に成果が出た生徒さんの印象的なエピソード

「実際、どの程度英語力伸びるのか?」と言う部分は皆さん一番興味のあるところだと思います。各学校のスタッフに「英語力が伸びた生徒さんの印象的なエピソード」をインタビューしてみました。

「留学中に何をすべきか?」のヒントが、各学校スタッフからのコメントで見えてくるはずです。

 

学校名 回答内容
TARGET 現在の英語レベルに関わらず、知的探究心をもってる方は何事も伸びる傾向があります。昨日言えなかったことが今日言えるようになる、小さな成功体験をコツコツ積み重ねる仕組みは、カリキュラムやスクール・アクティビティ、EOP(母国語使用禁止)チャレンジなど、いくつも用意しています。その機会を最大限楽しみ、できないことに落ち込まず、できるようにするには、どうすれば良いかを考える方は本当によく伸びます。また、ここでお話させてもらった内容ができれば、どの学校で勉強しても必ず英語は伸びます。どの学校に留学されるにせよ、留学効果を最大化させるのは学生さんご自身です。せっかくのご留学、たくさん考えて、たくさん楽しんで下さい。
SMEAG 実際にIELTSのスコアを5.0から6.5に上昇させた方の実体験なのですが、この生徒は毎日のリーディングのレビュー、一日最低2個のライティングタスクを書き、また、休みの日には、Youtubeでの英語の発音の練習、ならびに英語のインタビューのリスニングを欠かさず行っていました。最初のうちはスコアの方が伸び悩んでいたのですが、英語の底力がつくと、最後の公式テストでは、無事ご自身のターゲットスコアである6.5(アカデミック)を取得されていました。
English Fella ひとつ例をあげるのは難しいです。留学当初は、お店で何か注文するときも指で差しながら何とか伝えているような状態だった生徒さんが、1ヶ月くらい経つとお店に電話の予約をかけたり、旅行のツアーの段取りを現地の人と英語でやりとりしたりできるようになっていたりと、生徒さんの成長を感じることは多々あります。また、卒業後、カナダやオーストラリアにワーホリに行かれる方も多いですが、2カ国目での入学テストで一番上のクラスだった、ローカルジョブをゲットできたなど嬉しい報告があります。

 

成果の出る学校を選ぶことは重要ですが、それぞれの学校のカラーがあります。同じ英語力を伸ばすという最終ゴールは同じでも、生活環境面のサポート重視、教師のトレーニングシステム重視、授業内容の工夫などあります。

それぞれの好みがあることなので、どの学校のやり方がベストとは言い切れません。今回の学校スタッフのインタビューを参考にして貰って、一番ピンと来た学校が皆さんにとって最適な学校になるはずです。

 

それと同時に「フィリピン留学すれば英語力は自然と伸びる!」といった他力本願では、英語力アップの成果を期待することは難しいことが分かったと思います。

自分自身が日々コツコツと努力し、目標に向かって勉強することが最大のポイントです。語学学校ができることは、皆さんの努力が継続的に行えるサポートになります。

今回の学校インタビューを少しでも学校選びの参考にして貰えれば幸いです!

 

→ English Fellaのマンツーマン授業風景

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
LINEで問い合わせ: 下記バナーをクリック! または @ryugaku.com で検索
問い合わせフォーム
カウンセリングお申し込みフォーム

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(2件)/全投票数(2件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求