【フィリピン留学】セカンドキャリアとしての大人留学 | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:学校の選び方

【フィリピン留学】セカンドキャリアとしての大人留学

公開:2019/12/30 著者:鈴木 智也 92 Views

子育てがひと段落したから海外で生活してみたい。海外に簡単に行ける時代になったから出かけてみたい。

仕事が落ち着いたから英語の勉強がしたい。セカンドキャリアの選択肢として、海外留学をする方が増えてきているようです。

実際にどのような形で海外留学の決断をされたのか、フィリピン・スービックの語学学校iYES Language Schoolで勉強中のYさんにインタビューをさせていただきました。

 

インタビュイー、Yさんのご紹介

今回インタビューを行ったのは、現在フィリピン・スービックにあるiYES Language Schoolに1週間の短期留学中のYさんです。

 

Yさんプロフィール

・50代女性。

・大学を卒業後、小学校教師として働いた後、出産を機に子育てに専念。

・子育てがひと段落した後、日本語教師の資格を取得し、現在日本語教師としての就職活動中。

 

なぜフィリピン留学を決意したのか?

鈴木
今回は短い滞在期間の間にインタビューを受けてくださり、ありがとうございます!早速ですが、なぜ今回留学に挑戦したいと思われたのでしょうか?

Yさん
今まで海外へは1度旅行に行っただけで、殆ど海外との関わりがありませんでした。今回思い切って旅行ではなく、留学という形で海外に挑戦することにしました。

鈴木
何か挑戦しようと思えるきっかけはあったのでしょうか?

Yさん
子育てがひと段落し、今まで挑戦できなかったことに挑戦したいという思いを持つようになりました。

鈴木
様々な選択肢があった中で、海外あるいは留学を選ばれたのには理由がありますか?

Yさん
子育てが始まって、あっという間に30年程の時間が経っていました。気力や体力があるのはこの10年くらいかなと思っており、仕事を辞めて就職活動中の今、海外留学に挑戦しておきたいと思いました。

鈴木
決断をされた時、ご家族の反応はいかがでしたか?

Yさん
家族は特に反対することはありませんでした。特に娘は積極的に応援してくれましたね。

 

今回の留学の目的

鈴木
今回の留学の目的を教えていただけますか?

Yさん
主な目的は、英語の勉強です。本当は午前中に日本語を外国人の生徒に教える時に必要な英語を勉強し、午後から実際に日本語を教えるインターンシップをしてみたかったのですが、まだそのプログラムが整っていなかったので今回は英語の勉強に集中することにしました。

鈴木
フィリピンでの英語留学というとセブ島やマニラなども選択肢としてあると思いますが、なぜ留学先にスービックを選ばれたのでしょうか?

Yさん
知人の紹介で知りました。治安の良い点が安心で、スービックを選びました。

鈴木
それでは留学の主な目的である、英語の勉強について聞かせてください。現在授業ではどのような勉強をされていますか?

Yさん
海外旅行を題材としたテキストを使って「もう少しゆっくり話してください。」、「スペルを教えてください。」のようなフィリピンの生活と密接した勉強をしています。授業を受けたことで、海外生活への不安が減りました。

 

→ 授業で実際に使用しているテキスト。

 

鈴木
どうして授業で海外生活での不安が減ったのでしょうか?

Yさん

マンツーマンレッスンのため、シチュエーション毎にロールプレイを行ったりします。

その際、空港でのイミグレーションのシーンやホテルでのスタッフとの会話のシーンなど、実戦的で役に立つと思える内容を勉強できているからです。グループレッスンでは、できない授業内容だと思います。

鈴木
マンツーマンレッスンは合っていますか?

Yさん
絶対にマンツーマンレッスンが良いと思いました。同じ値段でグループレッスンを30分、あるいはマンツーマンレッスン15分を選べるのであれば、迷うことなくマンツーマンレッスンを選びます。

鈴木
それはなぜでしょうか?

Yさん
英語を使う量が圧倒的に違うからです。マンツーマンレッスンの方が、モチベーションが上がると思います。年末に家族で海外旅行に行く際に、習った英語を使うのが楽しみです。

鈴木
英語学習のモチベーションが高いのは素晴らしいですね。

Yさん
いえいえ。それ以外にも今回の留学を通じて今後の目標ができました。

鈴木
それはどのようなことでしょうか?

Yさん
日本で知らないところを訪ねてみたいと思っています。日本語教師ということもあり、海外の経験を積んだ今だからこそ、日本のことをさらに知りたいと思いました。日本語のテキストに出てくる忍者やお城などに関連する場所などを巡ってみたいです。

 

フィリピン・スービックでの生活

鈴木
フィリピン・スービックでの食事など生活面はいかがでしょうか?

Yさん
グリーンマンゴージュースを飲んだり、フィリピン料理を食べたり、食事を満喫しています。

 

→ 南国を感じられたグリーンマンゴージュース。

 

鈴木
スービックでは勉強に集中できていますか?

Yさん
はい、そうですね。

鈴木
体調面ではいかがですか?

Yさん
特に大きな問題はありません。休日にはスパなどに行って、リラックスできました。

鈴木
カルチャーショックはありましたか?

Yさん
些細な点ですが正解が丸ではなく、チェックであるとか…。また、マイクロプラスチックへの対応として、発展途上国にも関わらず紙のストローが普通に流通している点には驚きました。

鈴木
治安面はいかがでしょうか?

Yさん
スービック内は、特に気にならないです。歩行者の安全を考えて車も徐行してくれますし、そもそもの車の数が少ないので安心です。言葉も英語が公用語なので、コミュニケーションを取れるのが良いですね。

鈴木
スービックの外には出ましたか?

Yさん
はい。オロンガポというエリアに行きました。

鈴木
そちらはいかがでしたか?

Yさん
急にイメージ通りの東南アジアという感じで、そのギャップに驚きました。沢山の車に、道端での物売りなど、カルチャーショックでした。

 

→ 混沌とした町並みとジプニー(乗り合いのバス)。

 

鈴木
オロンガポのようなところにある語学学校で勉強できますか?

Yさん

海外初心者の私には難しいです。一般的なフィリピンの環境だとは思うのですが…。

スービックで勉強して、オロンガポで実際のフィリピンを感じてみる程度が私には丁度良いと思いました。

鈴木
もしかしたら、海外初心者にスービックはオススメのエリアかもしれませんね。

Yさん
はい。そう思います。

 

→ スービックに入るためのゲート。セキュリティがしっかりしている。

 

まとめ

今回のYさんのお話はいかがでしたか?

興味深いお話の中で特に印象に残っていることが2点あります。

 

1. ご家族に応援されての留学であること

ご家庭がある方の場合、留学などの決心はなかなかつきにくいと思います。

そのような中でも30年以上常にご家族を大事にされてきたYさんだからこそ、ご家族、特に同性のお嬢様からのご理解を得られたのではないかと思います。

改めて日頃の積み重ねの大事さを感じました。

 

2. 挑戦する気概を持ち続けることの重要性

子育てを終えた後、一般的には何か新しいことに挑戦したいと思わないのではないでしょうか?特に海外留学などは金銭面以上に、心理的な負担が大きいと思います。

そのような中でも、あえて海外で新たなチャレンジをすることを選んだYさん。

留学に限らず、私もいつまでもそのような向上心は持ち続けたいと思いました。

 


 

セカンドキャリアとしての留学が広まってきていますが、まだまだ情報は限られていると思います。

今回のYさんとのインタビューは貴重なものだったと思います。

このコラムが今後、海外に挑戦する誰かの背中をそっと押してくれれば嬉しいです。

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(3件)/全投票数(3件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求