【フィリピン留学】バコロドってどんなところ?留学にオススメな特徴を詳しくご紹介します! | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:学校の選び方

【フィリピン留学】バコロドってどんなところ?留学にオススメな特徴を詳しくご紹介します!

公開:2020/01/31 著者:渡瀬 純子 71 Views

バコロドのOKEA日本人マネージャーのジェシカと申します!

フィリピン留学といえば、セブをイメージされる方が多いと思いますが、今バコロドがコスパや治安の面で「フィリピン留学の穴場!」と言われていることをご存知でしょうか?

現在フィリピン留学をお考えの方に、そんなバコロド情報や魅力を現地からたっぷりとご紹介したいと思います!

 

バコロドの場所や気候について

実はフィリピンには、約7,000以上もの島があります。

バコロドがあるネグロス島は、セブ島の隣にあり、フィリピンで4番目に大きな島です。

そしてそのネグロス島西部の州都で、人口は約 45 万人と島内最大の街です!日本でいう、地方都市のイメージが近いと思います。

 

 

日本からマニラは約5時間、マニラからバコロドは飛行機の国内線で約1時間程度のフライト時間です。また、空港から市街地までは20~30分とアクセスも便利です。

 

バコロドの1年の平均気温は約27度で、年間を通して日本の夏のような気候で過ごしやすいです。そして日本のように四季はなく、雨季(6~11月)と乾季(12~5月)があります。

雨季でも、日本のように一日中雨が降る続けることは少なく、朝方と夕方にスコールが降ることが多いのが特徴です。

 

→ 雨上がりには、きれいな虹が見えることもあります。

 

ただ雨量が多いので、まとまった雨が降ると道路が一時的に川のようになることがあります。

そんな時は、どうしてもびしょびしょになってしまうので、現地では高価な靴はオススメしません。(笑)

晴れた日は、真っ青な空とココナッツツリーで、いわゆる南国のリゾートの雰囲気を醸し出しています。そんな異国情緒溢れる景色を、バコロドでは日々楽しめます!

 

スウィートシティ・バコロド

実はバコロドには、2つのスィートがあるんです!

1つ目は、バコロドのあるネグロス島が国内の砂糖生産の半数以上を占めていて、シュガーアイランドと言われていること。

酷道沿いにはサトウキビ畑が広がって、沖縄からの留学生は、「街の雰囲気がまるで沖縄にいるみたいで落ち着く!」と言っていました!空港から市街地までは、とてものどかで穏やかな景色が広がります。

 

→ 街のいたるところでサトウキビ畑を目にすることができます。

 

バコロドの砂糖はマスコバド糖と呼ばれ、サトウキビを丸ごと絞って長時間じっくりと煮詰めて自然乾燥させた黒砂糖です。

マスコバド糖は白砂糖では精製の際になくなってしまう、豊富なミネラルなどの栄養素を含んでいて体に優しいのが特徴です。

くせがなく、すっきりとした味わいの砂糖は、コーヒーとの相性も良く、バコロドのカフェでよくこの砂糖が使われています。

 

こちらのお砂糖はスーパーなどで手軽に購入できるので、バコロドのお土産にもオススメですよ!

 

→ バコロド市内のコーヒーショップにて。

 

2つ目スィートは、地元の人たちです!

これはタクシーの運転手さんが、「バコロドは砂糖の街だから、地元の人もみんなスィートなんだよ!」と教えてくれました。(笑)

 

バコロドは「CITY OF SMILE(微笑みの街)」と呼ばれており、人々が非常にフレンドリーで親切です。

 

バコロドは、セブやマニラのように観光地化されておらず、外国人もまだまだ多くないので、観光客がターゲットにされがちな、タクシーのぼったくりなども少ないです。

 

また、フィリピン政府が行った国民生活満足度の調査「住みやすい街」ランキングで、2008~2019年までの間、過去4度NO.1を受賞しています!

 

実は、バコロドはフィリピン国内では有名な街なのです。

 

そして、治安が他のフィリピンの都市に比べて、とてもいいのが特徴です。

 

いろんなリスクを避けたい留学生にとっては、かなり重要なポイントですよね!

マニラやセブでは、留学生が乗ることを禁止していることもあるジプニー(フィリピンの乗り合いバス)も、ここバコロドでは皆さん普通に利用しています。

ただ治安が良いとは言え、留学中ここは外国であるという意識はお忘れなく!

 

→ バコロドの人たちはボランティアで幸せをシェアするのが当たり前!OKEA生も参加しています。

 

物価・生活のしやすさ

留学する際は、なるべく無駄な出費は抑えたいですよね!

もともと日本の物価が10分の1と言われているフィリピンでも、バコロドはセブやマニラなどの都心部に比べてさらに安いのが特徴的です。

留学中はリゾートに旅行に行ったり、友達との外食に行ったりと、出費がかさみがちなので、これはかなり嬉しいポイントだと思います!

 

また市街地では、日本のような大型ショッピングモールがいくつもあり、生活にとても便利です。

 

モールには、有名な日系レストランの他に、日本でおなじみのファストフード点も多くありますので、食事に困ることはありません。

モール内には、ユニクロ、H&M、フォーエバー21など、ファストファッションのお店もたくさんありますので、気軽に日本同様にストレスなくお買い物を楽しめます!

OKEA周辺にも、ショッピングモールがいくつもありますよ!また、バコロドには、日々の勉強の息抜きにぴったりなオシャレなカフェや、映画館も多いです。

 

→ バコロド市内の大型ショッピングモール。

 

映画は作品にもよりますが、約400円で観ることができますので、日々の自分のリスニングスキルのチェックにもオススメです!

ローカルフードが味わえるダウンタウンも、ショッピングセンターの周辺にあります。

 

バコロドは、いろんな魅力が程よく詰まったコンパクトシティーでもあります!

 

そして片道2時間ほどかければ、まるで小さなハワイのような白浜と青い海が広がる、リゾートビーチも行けてしまうので、週末のプチトリップも十分楽しめます!

こちらのビーチは、セブのように人が多くないので、のんびり楽しみたい方にオススメですよ!

いろんなアクティビティも、現地価格でリーズナブルに楽しめます!

 

→ 透き通る水面が美しいラカワン島は、バコロドから日帰りで楽しめるリゾートです。

 

動物がとても多い!?

フィリピンあるあるかもしれませんが、私がバコロドに来てまず驚いたことが、犬がいたるところにいる!!ということでした。

その多くが野良犬なのですが、学校から市街地に出るまでに軽く10匹ぐらいは目にします。

野良犬といっても、こちらの犬は非常に賢くて、人間との距離感をとても上手にとっています。臆病な犬が多いのも特徴で、近づいてくることは、ほとんどありません。

 

→ こんな所にもわんこが一匹隠れています。

 

現地の人々は、これらの犬を追い払うわけでもなく、いるのが当たり前といった感じで、犬たちは生活に溶け込んでいます。

ボロボロの犬も多くいますが、自由に生きているので、のびのびとしていて、なんだか幸せそうにも見えます。

また牛や豚なども、民家のあちらこちらで飼われています。バコロドはチキンが有名でもあるので、鶏もたくさんいます!

 

ちなみにOKEAでは、定期的に黒やぎたちに会えますよ!こちらのヤギたちは、OKEA周辺で放し飼いにされているのですが、たまにOKEAに遊びに来ます。(笑)

大人しく可愛いヤギなので、留学生たちの癒しにも一役買ってくれています。

何気ない日常の中に動物が自然といる環境なので、動物好きな方にとってはバコロドを留学先の候補に検討してみてくださいね!

 

→ ヤギたちは、ごくごく稀にドミトリー2階まで遊びにきます。(笑)

 

やる気のある留学生が多い

フィリピン留学で圧倒的に人気なのが、やはりセブ地域です。

皆さんは、セブにどのようなイメージをお持ちでしょうか?

観光地として有名で、美しいビーチリゾートが広がっていて、魅力的な遊ぶ場所も多いイメージはありませんか?

 

セブは勉強しながらも、しっかりとビーチリゾートを遊び尽くしたい!という方も多く集まって来ます。

 

そんな中、まだまだ知名度の低いバコロドを選ばれる方は、バコロドにビーチリゾートや遊ぶ場所をイメージする人はいません。

セブに行く学生も勉強目的で行かれるが殆どですが、多くの学生が集まってくるので、どうしてもその中には「勉強そっちのけで遊びに夢中になる人」が紛れているのがネックです。

周囲が楽しく遊んでいたら、誘われたら断りづらい部分もありますし、自分だけ我慢して誘いを断って勉強することにストレスに感じることもあるでしょう。

 

そうした部分においては、バコロドには遊びのイメージはありません。しっかりとした修学が第一の目的で、意識が高い学生たちが集まって来ます。

 

また、日本人だけではなく、他国の留学生たちも同じ理由でバコロドを選んで来ているので、同じ温度感で切磋琢磨して勉強に励むことができるのもメリットです。

フィリピン留学では、基本マンツーマンレッスンですが、周囲の友達の存在は非常に大きいです。やはり良いも悪いも、周囲の空気は感染していきます。バコロドでは、意識の高い友達がたくさんできるので、さらにあなたの学習意欲も高めてくれるはずです!

このように、その学校に集まってくる学生の意識はとても大事で、目的意識をしっかりと持った友達は、非常にいい影響を与えてくれるのです。

 

→ OKEAの学生とフィリピン人先生たち。

 

またバコロドを選ぶ人は、コスパも重視して、しっかりと留学地を選び抜いた上でやってこられる方が多いです。

 

日本人が多くない環境をあえて選ばれて、また個性的な人も多いので、今まで出会うことができなかったような友達ができて、自分の視野が広がるかもしれませんよ!

OKEAを含めてバコロドの語学学校はスパルタ校も少ないので、規則に縛られることなく各自自由に時間を管理できます。各自責任を持って行動することが前提ではありますが、自分のやる気次第でいろんなことにチャレンジできる環境がココにはあります!

大規模な語学学校ではできないような、個人レベルの活動も自由に行えるので、フィリピンで何かチャレンジしてみたいことがある人は、バコロドはオススメかもしれません。

 

【まとめ】 バコロドは勉強に適した穴場の都市!

一般的には「バコロドはのどかな田舎!」と紹介されますが、ただの田舎ではなく、日々の生活に非常に便利で快適な環境が整っています。

 

あまり触れられない部分ですが、真面目で個性的な留学生が、アジア各国から多く集まって来ることも強調したい部分です。

 

遊ぶ誘惑は多くないので、勉強に集中できますが、ちょっと足を伸ばせば美しいビーチリゾートもあります。

そして、フィリピン内でも、コスパが抜群に良い街でもあります。語学学校の費用もリーズナブルです。学生の中には、「ゼブの半額だった!」と言っている子もいましたよ!

 

そして、現地の人々が優しくて、フィリピンの他の地区より治安がとてもいいです。

 

以上がバコロドがフィリピン留学で穴場!と言われる所以です!いいところだらけではないでしょうか?(笑)

私も実際来てみて、治安もいいし生活に便利な街だったので、非常に満足しています。

そして、ここで出会った友達は私の場合国籍を問わず、みんな各々目的を持って頑張っている子達ばかりで、卒業後もお互い連絡を取り合い、いい刺激をもらっています!

 

私もなぜバコロドを選んだかというと、留学エージェントさんの「穴場!」の一言でした!(笑)

 

フィリピンに対して、何も知識がなく、最初は何となくセブに行こうと考えていました。私は留学したいと思った時、ウェブサイトで色々と検索しましたが、結局一番知りたかった正確な費用など、よくわかりませんでした。

留学エージェントさんは、各自の要望に合わせて、ぴったりな留学先や学校を提案してくれるので、カウンセリングをお勧めします。

疑問点もすぐに解決して、なおかつ強引な勧誘など一切なかったので、誰でも気軽に相談できますよ!

 

人それぞれ留学に求めるものは違って来ます。だからこそ、これだけの留学都市があり、多くの語学学校が存在します。

フィリピンで留学も自分の譲れないポイントを押さえつつ、自分にぴったりの地域を選んでいただけたらと思います。

今回のコラムで、少しでもフィリピン留学、バコロドの魅力が伝わりましたら嬉しいです!最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(4件)/全投票数(4件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求