フィリピン留学で多くの人が利用する「マニラ空港」をご紹介! | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:留学の準備

フィリピン留学で多くの人が利用する「マニラ空港」をご紹介!

公開:2020/03/08 著者:小谷 真一朗 49 Views

みなさんこんにちは。

フィリピンのマニラにある空港をご存知ですか?

フィリピンでは一番大きい空港です。そして主要空港です。

 

フィリピンに来る方の大半はマニラを経由するかと思います。特に地方都市に留学する方の多くは、マニラ空港を利用することになると思います。

 

そこで今回は、マニラ空港の説明をしていこうと思います!マニラ空港だけでなく、フィリピンの空港を利用する際の注意点なども説明していこうと思います。

最初に補足させていただきますが、僕はマニラでの滞在経験はありません。日本からマニラ、マニラからバコロドというルートとその逆の経験しかありません。

ですが、経由便の時間を潰すためにマニラ空港で長時間滞在を経験しています。空港内で過ごす時間もたくさんあったのでいろいろ写真撮影してきました。では、早速説明していきます。

マニラ空港について

まず、最初にマニラ空港の正式名称ですが、ニノイアキノ国際空港(Ninoy Aquino International Airport)です。

 

出典: Wikipedia

 

まず、ニノイアキノ空港には、第1ターミナルから第4ターミナルまで、4つのターミナルが存在します。

それぞれの空港が少し離れています。そのため、ターミナルを行き来するのにバスやタクシーなどに乗り、別にお金を支払う必要があります。

国内線や国際線、航空会社などによってターミナルが分かれています。

 

フィリピンでは、フィリピン航空かセブパシフィック航空がメインで使われます。

 

もしニノイアキノ空港での乗り換えがある場合、ターミナルの移動がないかの確認も忘れないようにしましょう。

乗り継ぎ便が同じ航空会社であれば、通常は同じターミナルだと思いますが、それでも確認はしてくださいね。

同じターミナルの方が便利ですし、必要以上に移動時間やコストがかからないのでオススメです!

 

空港での空港利用税について

みなさんは空港利用税というものをご存知ですか?

フィリピンでは空港を利用する際に支払う必要があります。

こちらは、直接空港で支払う必要がありました。

 

しかし、2019年9月から、制度が変わり航空券を買う際に空港利用税が含まれるようになりました。

 

ですがここで注意点も。

フィリピン国内の空港によっては、航空券に空港利用税が含まれていない空港もあるそうです。

また、LCCで格安航空券の場合、たまに空港利用税が含まれていないケースもあるようです。その場合は、空港で直接ペソを支払う必要があります。

 

ですので、こちらも航空券を購入する際、しっかりと確認してください。

たまに支払う必要がないのに支払う必要があるから払えと言ってくるような人もいるそうです。

なので、損をしないように、まずはしっかりと確認をしましょう!

 

マニラ空港のターミナルについて

ニノイアキノ空港には4つのターミナルがあります。これは、航空会社や国内線、国際線などによっても変わってきます。

4つのターミナルの中で、一番大きく安全なのは「第3ターミナル」です。

僕の滞在も第3ターミナルでしたので、第3ターミナルをご紹介していきます。

 

第3ターミナルの4階

第3ターミナルには多くのお店があります。特に4階には多くのお店があります。

そこで、第3ターミナル内のお店について説明していきます。

 

 

まずはフードホール。こちらのフードホールは4階の隅の方にあります。

こちらは、様々な種類のお店があるエリアになります。

 

 

こちらはカフェですね。何かご飯を食べなくても、コーヒー1杯頼んでゆっくり過ごせます。

 

 

日本でもお馴染みのケンタッキーフライドチキン。

 

 

そして、このような日本食レストランまで!

フードホールはこのような感じです。こちらのフードホールに関しては、24時間営業と書かれた看板などを見かけることはできませんでした。

つまり、夜中や早朝に滞在する場合は、こちらのエリアは利用できないと思っておいた方が良いでしょう。

 

 

 

そして、フードホール以外にも飲食店はありました。このような感じで飲食店が並んでいます。

カフェやコンビニなどもありますので、何かあればすぐに購入する事が可能です。

そして、フードホール以外のお店は、24時間営業のお店も多くなります。

 

 

こちらのマクドナルドの看板には、とてもわかりやすく24時間営業の標示がありました。

 

 

夜中滞在の場合や疲れた時、仮眠できるスペースを提供するサービスもあります。

僕は入った事はありませんが、カプセルホテルのような感じかと思われます。写真にもあるように、価格もそんなに高くないので、滞在時間が長い方や夜中滞在の方はこちらで休むのも1つの手かと思います。

コチラではマッサージを受ける事も可能です。フィリピンのマッサージ店は日本と比べるとどこも格安です。空港で時間ある方や、空港以外の街中などでもフィリピンのマッサージをぜひ体験してみてください。

 

 

こちらは。土産屋や服などいろいろなお店が並んだ通りです。

お土産や衣服などを売っており、飲食店も並びます。いろいろなものを売っていますので、是非見てみてはいかがでしょうか?

このあたりのお店も営業時間に関しては何も書いていませんでしたが、24時間営業しているかと思います。

 

 

次はこちらのベンチです。

LCCの場合、夜を空港で過ごす方もおられるかと思います。夜を空港で過ごす方は、こちらで寝たり、時間を潰したりする方が多い印象です。

この近辺にも警備員さんはいますので、ニノイアキノ空港からの国内線や日本に帰る際、ここでゆっくりするのもいいですね。

 

第3ターミナルの3階

次は3階です。3階は乗り口になっています。出発準備を終えたら、3階の乗り場へ向かうようにしましょう!

少しわかりにくくなっているかもしれませんが安心してください。セキュリティの人やガードマンのような人がいろいろな場所に立っていて、教えてくれます。

ニノイアキノ空港から飛行機に乗る場合はまずこちらのフロアにまずは行きましょう。

 

第3ターミナルの1階

2階に関しては割愛します。特に必要に感じるものはありませんでした。

1階にはSIMカードを売っているお店、飲食店、換金所(両替所)が多く並びます。

空港内の換金所に関しては、どこもレートは同じでした。

 

そして、僕が了解した日だけかもしれませんが、空港のレートは悪くなかったです。

これはこの日がたまたまよかっただけかもしれませんので、注意が必要です。

空港のレートが毎日いいのかと言われるとわかりませんので…。

 

 

そして1階にある飲食店です。

日本でもお馴染みのバーガーキングもあります。

 

 

こちらは、フィリピンでお馴染みジョリビー。1階だけでなく4階にもあります。

1階の飲食店は、ほとんどのお店が24時間営業です。

夜を過ごす場合、飲食店内なら外よりは安全かと思います。

 

そして、SIMカード。街中やショッピングモールなどでは40ペソ(約84円)で購入する事ができます。

ですが、空港ではSIMカードが無料でゲットできます。

自分の携帯がSIMフリーであれば、SIMカードを入れ替え、そこからプリペイドカードを購入し、アクティベート(使用できるように設定)する事で準備は完了です!

 

他にもWi-Fiの契約や、現地で携帯を購入するいろいろ方法はあります。

あまりに長期滞在でない場合や、数ヶ月間のフィリピン留学であれば、SIMフリー携帯を日本から持ってきてSIMカードを入れ替えれば十分です。

また、インターネットを頻繁に利用したい方は、Wi-Fiをレンタルするケースもあるでしょう。

 

プリペイドカードも100ペソ(約208円)から購入が可能です。

そして、フィリピンで大手携帯会社はSMARTとglobeです。空港にもこの2つの会社の広告が出ています。

SIMカードは空港であれば、無料で貰う事ができますので、是非こちらを有効活用してみてください。

 

第3ターミナル周辺の様子

最後に空港外の景色を少しご紹介します!

 

 

 

このような感じになっています。マニラは治安が良くないといろんなところで聞きますが、空港周りに関しては普通でした。

ちなみに僕がいたバコロドでは現地の方に「ニノイアキノ国際空港の外には出るな。かなり危険だ。」と言われ続けてきました。

ですが、そのような雰囲気はなく、外でもSIMカードを売っていたり、タクシーや車が待っていたりと、日本の駅周りと変わらないような雰囲気でした。

 

日本でも、地方では「東京は危険なところだ!」と大げさに言う人もいますよね。あれと同じことなんじゃないかな…と思います。(笑)

 

【まとめ】 マニラ空港に行ったら内部探索してみよう!

いかがだったでしょうか?

今回はニノイアキノ国際空港の第3ターミナルを主にご紹介していきました。

ニノイアキノ国際空港はフィリピンの主要空港ですので、それなりに広くてお店もたくさんあります。

 

せっかくですので、お立ち寄りの際はぜひ空港内を楽しんでください!

それではみなさん、フィリピンライフをエンジョイしてくださいね。

また次回の記事でお会いしましょう!

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(6件)/全投票数(6件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求