イギリス留学希望者は必見!ロンドンをお勧めする5つのポイントを紹介 | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

公開:2019/01/28
カテゴリー:学校の選び方

イギリス留学希望者は必見!ロンドンをお勧めする5つのポイントを紹介

公開:2019/01/28 著者:水野 瞳 26 Views

イギリス留学と聞いて思い浮かべるのは何でしょうか?

象徴的なユニオンジャック、赤い2階建バス、ビックベン、ロイヤルファミリー?

特に赤い2階建バスとビックベンが一緒の光景は、見たことがない人はいないのではないかというくらいよく出てくる構図ですよね。これはロンドンを象徴する有名な光景の一つです。

 

イギリス留学を希望される方の多くは、ロンドンを中心に留学生活を検討されています。

 

私もはじめてイギリス留学を体験されるには、ロンドンがオススメです。

イギリスはワーキングホリデー制度もありますが、ワーホリの方にとってもロンドンが良いです。

その理由を5つのポイントから紹介していきます。

ポイント1: ロンドンの魅力的な街並み

はるか昔から「世界の中心はロンドン」と言われ、現在でもその影響力の大きさは変わることがありません。それだけ魅力的な都市ということになります。

 

日本の都市戦略研究所が発表している世界の都市総合力ランキングでは、5年連続でロンドンが1位を獲得しています。

 

世界のアメリカと自負するアメリカの大都市ニューヨークは、ロンドンに次いで2位です。

ロンドンはその中心部に昔からの歴史的建物が豊富に残っており、その多くが現在もロンドンの生活の中に息づいています。その一方で、金融やビジネスの中心という役割も果たすため、近代的なビルも建設されています。

ロンドンは、古き良き姿と現代の姿がうまく融合している都市なのです。そうした街の風景は、誰もがワクワクする光景ではないでしょうか。

 

また、ロンドン市内には、以下4つもの世界遺産もあります。

 

・キュー王立植物園
・ロンドン塔
・ウエストミンスター宮殿、ウエストミンスター大寺院及び聖マーガレット教会
・マリタイム・グリニッジ

 

全てロンドン市内にあるため、4つ全部を1日で巡ることも可能です。

他にもあまりにも世界的に有名すぎる大英博物館やビックベンを有する国会議事堂、バッキンガム宮殿、レオナルド・ダ・ヴィンチやラフェエロを所有するナショナルギャラリーなど、観光名所だけでも数え切れないほど存在しています。

常に観光客で溢れる街ですが、音楽やアート、ファッションも最先端をゆくロンドンには世界中からアーティストも集まります。常に多くの刺激に溢れている街なのです。これらの多様な魅力は、世界各地から多くの留学生も呼び寄せています。

 

魅力的な建物、施設、アートなどの造られたものだけがロンドンの魅力ではありません。

世界遺産の広大なキュー王立植物園が代表するようにガーデニングを愛するロンドンには緑豊かな公園が多く存在しています。

住宅街にいけば、美しく整えられたガーデニングも楽しめます。大都会でありながら、多くの自然に触れることができるのもまたロンドンの魅力の一つです。

 

ポイント2: 多彩なエンターテインメント

大英博物館では、世界中からの価値ある遺産が多く展示されています。その広さは1日で回ることができないくらい。他にも恐竜や地球の歴史を見ることができる自然史博物館、数多くの名画がならぶビクトリア&アルバート博物館など本当に多くのミュージアムがあります。

 

これらのミュージアムはどれも無料で入れる!

 

これがロンドン観光で一番うれしいポイントです。どんなに素晴らしい作品も無料で楽しむことができます。無料ではありますが、本当は寄付制です。留学当時、私は貧乏留学生でしたので、無料で楽しむ気で行っていましたが、その素晴らしさに感動して寄付しました。

ロンドンといえば、「マンマミーア」「キャッツ」「レ・ミゼラブル」などのミュージカルも忘れてはならない楽しみの一つです。ミュージカルはブロードウェイが有名ですが、実はロンドンでもロングランされており、人気が高いのです。

シェイクスピア生誕の国でもありますので、演劇も人気があります。

 

他にも世界中で人気になったハリーポッター世界観が味わえるテーマパーク「ハリーポッターザワールド」やヨーロッパで一番大きな観覧車ロンドンアイ、映画の舞台にもなり有名なコヴェントガーデンなど楽しみは数え切れません。

お金を使わずとも楽しめる場所もたくさんあるので、滞在期間中は退屈とは無縁な日々を過ごせることでしょう。

 

ポイント3: コンパクトで便利な街

ビックベンからバッキンガム宮殿、トラファルガー広場、大英博物館などこれら主要な観光地は実は歩いてみることも可能です。もちろんバスもありますが、街並みを眺めながら歩いていると自然と次の目標地点まで着いてしまうなんてことがよくあります。(笑)

街中には飲食店や商店なども多くあります。郊外に広い店舗をもつスーパーも市内用の小さな店舗をいくつもオープンさせているので、気軽に立ち寄れて便利です。

これらの中には24時間営業の店舗もあり、日本で言えばコンビニの役割をこれらのスーパーが果たしています。

 

日系企業も進出しているロンドンでは、日本人も多く生活しているため、日本食材店や日本食レストランもあります。

 

また本格的な和食レストランも豊富で、日本食が恋しくなった時も安心です。

有名な観光地が徒歩圏内にあるため、語学学校が終わった後に十分観光を楽しむことができます。これは特に短期留学の方には、うれしいポイントです。

 

ポイント4: 交通アクセスが便利

ロンドンからエディンバラやダブリンなどの遠い都市以外は、列車での移動がオススメです。

イギリスにはサッカーで有名なマンチェスター、ピーターラビットで知られる湖水地方など多くの観光地が点在しています。これらの都市には列車や長距離バスが運行されているので、気軽に旅行することができます。

 

ロンドンから地方都市への主な移動方法

列車 2,500以上の駅が国内にあり、民間鉄道会社が運営している。ロンドンを中心に放射線状に主要線路が延びているため、非常に便利。
長距離バス 数多くの路線が走っていて、一番安く旅行ができる。
レンタカーなどで自由に行動できる。
飛行機 一番早い方法だが、コストがかかるため、エディンバラなどの遠隔地がオススメ。

 

ロンドン市内には、チューブと呼ばれる地下鉄があり、郊外にも列車で行けます。

 

ロンドン市内での主な移動手段

地下鉄 チューブとも呼ばれ、市内に張り巡らされている。主要観光地は地下鉄の駅近くなので観光にも便利。
バス 有名な赤い2階建バスに乗れるが、常に渋滞しているため時間に余裕を持つ必要がある。24時間運行のものもある。
渋滞が多く、駐車も困難。渋滞税がかかる地域・時間帯などもあるため観光ではオススメしない。
自転車 街中にレンタサイクルのターミナルが増えてきている。日本と違い車道を必ず走る必要があるため、危険度が高い。

 

さらにロンドンには世界一忙しい空港と呼ばれるヒースロー空港があり、そこから世界各地に飛ぶことができます。

また、ヨーロッパ大陸に渡るユーロスターがあるので、ロンドンから直接フランスのパリへ行くことが可能です。

イギリス同様ヨーロッパ内も列車が発達しているので、ロンドンから乗り継いで、気軽にヨーロッパ周遊が楽しめます。

 

ポイント5: 語学学校が多くバラエティー豊富

ロンドンは世界中から留学生が集まる都市であるため、語学学校の数が非常に多いのが特徴的です。流石、英語留学の本場と言われるだけあります!

 

英語を学ぶ一般英語コースの他、ビジネス英語やファッションやメイク、アートに関連したコースなどコースの種類も多彩です。

 

さらに、イギリスで有名なガーデニングや紅茶に興味のある方には、短期間のおけいこ留学もあります。また、本場であるフットボールも本格的に学ぶフットボール留学(サッカー留学)もあります。

ロンドンにはこのようなバラエティー豊かなコースを売りにする学校や、専門性を極めた学校があります。その中には、他校との差をつけるため費用が格安であることをアピールする学校もあります。

 

ロンドンには格安校と言われる学校でも、経営システムに工夫を凝らし、授業の質を下げることなく運営している学校もたくさんあります。

 

穴場的な学校をちゃんと探すことで安くロンドンで学ぶことができるのは、資金が限られているワーキングホリデーの方にも嬉しい環境です。

ワーキングホリデーの方は、アルバイトを前提とした予算を考えてる方も多いと思います。大都市ロンドンであれば、アルバイト求人数も多いので、語学学校が終わった放課後にアルバイトもできるでしょう。

イギリスに半年以上の長期語学留学を考えてる方にとっては、トータルコストが気になるところです。学校の数が多く競争が激しいロンドンでは、幅広い選択肢があるのも留学生にとってポイント高いですよね。

 

英語学習だけでない欧州文化を堪能できるロンドン

いかがでしょうか。ロンドンの魅力が伝わりましたでしょうか?

魅力がたくさんのロンドン。日本からは遠く、なかなか簡単には旅行することもできない土地なので、留学期間でイギリスを満喫するのがオススメです。

 

海外留学は英語学習がメインだから、誘惑が多そうなロンドンは避けようと考える方もいらっしゃるかもしれません。

 

もちろん、それも一つの考え方です。

ただ、興味深いものがロンドンには多くあるので、自分の興味が向く場所を見つけ、そこを満喫するために英語を頑張るというのも方法の一つだとも思います。

興味があるものに関連して学習すると意欲は必然的に高まりますし、勉強が楽しいものにもなるからです。

 

英語習得の目的の一つは、世界の人と英語でコミュニケーションをとり、交流を深めることです。

 

ロンドンには多くの人が集まり、たくさんの交流の機会があります。習得した英語を元に国際交流をはかるのにこれほど適した都市も少ないと思います。

ぜひ、本場のクィーンズイングリッシュに触れて、英語学習とロンドンの魅力を満喫してください。

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(1件)/全投票数(1件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求