ワーホリで留学する人はどんなタイプが多い?なぜ、語学留学でなくワーホリだったのかを検証 | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

公開:2018/08/10
カテゴリー:ワーキングホリデー

ワーホリで留学する人はどんなタイプが多い?なぜ、語学留学でなくワーホリだったのかを検証

公開:2018/08/10 著者:道家 有紗 108 Views

学生ビザで語学留学をするか、ワーキングホリデー(ワーホリ)をするか悩みますよね。

ワーホリで有名な人気のある国は、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドといったところでしょうか。次いで、イギリス、アイルランドになります。

 

ワーホリビザは、何と言っても自由度の高さ!「観光」、「就労」、「就学」が自分の好きなようにプランできるのが最大の魅力です。

 

語学留学ではなく、自由度の高いワーホリビザを選ぶ理由はさまざまあります。

私が留学カウンセラーという仕事をやっていて、多くの留学生がどうしてワーホリビザを選んだのか、その理由を紹介したいと思います。

ワーホリ留学を成功させるポイントが見つかるかも知れませんね!

留学の予算が足りない!現地で生活費を稼ぎたい!

留学を計画したいけれども、どうしも1年分の留学費用が足らない場合もありますよね。

 

1年間の語学留学をプランする場合、留学する国によっても変わりますが、学校費用や生活費、航空券代金などで約300~400万円の費用がかかります。

 

300万円以上の金額を日々の生活の中で貯金するのはとても大変です。…かと言って、お金が貯まるまで何年間も留学が実現できなければ、モチベーションが下がってしまいますよね。

 

予算を貯めることができない場合は、留学中にアルバイト収入で留学費用を抑えながら、留学生活を進めていくやり方あります。

 

それができるのがワーホリなんですね!

ワーキングホリデー中はフルタイムで働けば、月12~20万円程度の収入は稼ぐことができます。1カ月の生活費がおよそ12~13万円程度なので、十分に留学費用を補うことができます。

ワーホリ中はアルバイトをしながら学校に通学している方も多くいます。

 

留学中の生活費を数十万しか準備できないので、「ワーホリ開始早々にアルバイトがしたいです!」と要望を頂くことも多々あります。

 

あまりにもギリギリ予算で、ワーホリを開始するのは良くありません。現地入国後すぐにアルバイトが決まらない、体調を崩してしまい仕事ができない、といった問題が起きれば、予算がすぐに底をついて緊急帰国にもなり兼ねません。

また急いでアルバイトを決めると、労働条件が劣悪な「ブラックバイト」にはまってしまう留学生もいます。低賃金や過重労働の酷い条件にも関わらず、生活費を稼ぐために辞めることができない人もいます。

貴重なワーキングホリデー生活を送るためには、最低限の予算は用意しておきましょう。生活費の3カ月分(13万円/月 * 3カ月 = 約40万円)は確実に手元に残しておきましょう。

 

【参考記事】
【必見!】留学資金が貯まらない?留学資金を短期間で貯める方法

留学の目的が曖昧な場合

留学に行ってみたいけど、特別何をしたいといった目的が曖昧、留学中に自分が夢中になれるものを探したい、自分探しの旅に出たい、などの場合もあります。

 

私が見て来たワーホリの方々もそうですが、「英語はある程度話せるようになりたいけど、留学中や留学後のプランはまだ決められない…。」という方は多いのではないでしょうか?

 

そのような場合もワーホリビザでの渡航がおすすめとなります。ワーキングホリデー中は旅行やアルバイト、語学勉強、なんでもできますので、自由に生活をすることができます。日本とは異なる国際色豊かな環境や新しい友人、オープンマインドな考え方、スローライフ、などさまざまなことに触れながら今後の目標を考えていくことができます。

もっと勉強に集中してみたいと思ったら、ワーホリビザから学生ビザへ切り替えることもできます。

1年間のワーホリ生活の中で、現地の大学に進学してホスピタリティーを学びたい、日本語教師になりたい、など目標ができれば柔軟なビザ選択も可能です。

 

憧れの海外生活!頑張った自分へのご褒美

私がワーホリを選んだ理由は、「海外生活をしてみたい、忙しい日本での生活を抜け出したい。」と言ったものでした。

 

海外が大好きで、いつか海外生活をしてみたいと考える人は多いのではないでしょうか?

 

しかし、今の学校や仕事などの環境を捨てて海外留学するのは、ともて大きなハードルです。さまざまな苦悩と決断を経て、留学を決断することになると思います。

留学やワーホリする最初のキッカケは、ぼんやりしていても構いません。ですが、そのまま思いつきで行動を進めて行くのも良くありません。

 

家族内での相談も大事ですし、留学エージェントに行って頼れるカウンセラーを見つけて、しっかりと計画を立てて貰いましょう。

 

いざワーホリ生活がスタートしたら、思う存分に海外生活を楽しみましょう。

ワーキングホリデーは、休暇を楽しむことを前提としたビザです。日本である程度の旅行契約や住む場所を計画していくと、現地到着後スムーズに生活を始めることができます。

 

ワーキングホリデーを楽しむポイント

ワーホリができる国は多民族国化になっている場合が多く、滞在中は異文化に驚くことも多いと思います。生活環境が合わずにストレスを感じる方もいますが、それもまた経験だと受け入れる広い心が大事です。

 

異文化の驚きを味わうこともワーホリを楽しむポイントです。

 

海外旅行している時は、その国の良いところばかりしか見えないものです。海外留学となれば、その国で腰を据えて生活していくことになるので、「悪いところ」も見えてきます。

文化の違いを肌で感じることで、価値観が大きく広がります。その経験は必ず日本に帰国した後に役立ち、その後の人生観を変えてくれるはずです。

そして、その貴重な時間を充実させるには、英語力はやはり不可欠です!

 

ワーキングホリデービザを取得できるのは一生に一度きりです。貴重な出会いと体験を充実させるには、コミュニケーションの柱である英語は必須です!

 

・海外に行けば英語環境だから、自然と英語力はつくでしょ?
・ワーホリの最初に語学学校に入学するから大丈夫!
・外国人の友達を作って生活してれば英語はみにつくはず!

 

このように思われている方は注意が必要です。3~4カ月の学校期間では、英語初心者の場合、英語に慣れた程度であっという間に卒業となります。

 

ワーホリ中に自然と英語会話を楽しめる、海外の友人と冗談を言いながら笑えるようになるには中上級レベルの英語力が必要です。

 

中上級レベルとは、TOEIC700点程度の文法力・単語力があるということです。

 

「英語ができれば、もっとワーキングホリデーを楽しめたのにな…」、と後悔することがないように、今から少しずつ英語の勉強を進めていきましょう。

 

私のおすすめの勉強法は携帯のアプリを利用することや洋楽を聞く、中学文法の復習などです。

 

時間の余裕がある方は、ワーホリ前にフィリピン留学に挑戦するのもお勧めです。

 

フィリピン留学ではマンツーマンで英語スピーキングを行うことができ、確実な英語力向上を得ることができます。またマンツーマン授業を利用して、ワーホリ中に必ず直面するアルバイト面接の練習もできます。

英語での面接と聞いただけで、自信がなくなってしまいますが、面接で聞かれる質問はパターン化しています。繰り返し練習することで、アルバイトにも合格できる確率も上がります。

 

ワーキングホリデー終了後の就活を視野に入れておく

帰国後のキャリアを意識して留学に挑むことはとても大切です。

帰国後どのような仕事をしていたいのか、その仕事をするには、どのくらいのスキルや英語力が必要なのか事前に調べておきましょう。採用条件を事前に確認しておくことで、留学中に意識することや目標にすることができ、帰国後スムーズに就職をすることができます。

留学したことをアピールできる証明、すなわち履歴書に書ける実績作りが重要です。ワーホリ中にTOEICの受験、日本語教師資格を取得する、インターンシップに参加するなど実績を作っておきましょう。

 

英語力証明は就職において重要なので、TOEIC700点以上は取得しておきましょう。

 

TOEIC、IELTS、TOEFL、ケンブリッジ検定、などさまざまな試験がありますが、TOEICが最も攻略が簡単で、日本国内で最も知名度があります。高得点が取得できるよう、留学中に常に意識し、必要に応じて語学学校に通って対策をしましょう。

ちなみに、企業が評価の対象とするレベルは下記の通りです。

 

TOEIC: 785~944
TOEFL: 87~109
IELTS: 5.5~6.5
ケンブリッジ検定: FCE

 

もちろん、これ以上の英語力証明があれば抜群です!

また、TOEIC700点は最低ラインと思った方が良いでしょう。

残念ですが、ワーキングホリデーに行っただけでは、就職活動が有利になることはありません。就職活動で好評価を得るためには「英語ができる人材」になることです。まずは書類選考にパスするため、履歴書に書くことのできる英語力を確実に身に付けましょう。

 

TOEICスコアを最短で取得するためには、前述で紹介したフィリピン留学がお勧めです。

 

フィリピンの語学学校では、集中的な学習ができるので、短期間でTOEIC700点取得が可能です。全く英語力がゼロの状態からでも、しっかり勉強していれば4~6カ月でTOEIC700点の壁を越えられる可能性があります。

留学ドットコムでは留学後の就職サポートも行っています。留学準備、留学、留学後のサポートすべてが揃っていますので、まずはご相談ください!トータルプランをご提案しています。

 

【参考記事】
帰国後の就職活動の際に求められるTOEICスコアと面接対策

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(3件)/全投票数(3件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求