【オーストラリア留学】ブリスベンへ遊びに行ってきました! ~Central編~ | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:エンタメ・イベント

【オーストラリア留学】ブリスベンへ遊びに行ってきました! ~Central編~

公開:2019/09/16 著者:熊本 千夏 210 Views

大学準備コース1つ目が終わり、無事合格した私は、先日、クラスメイトの中国人とブリスベンへ行ってきました。

ブリスベンへ行って驚いたのは、日本食をはじめ、韓国や中華料理屋がとても多かったことです。通り過ぎる人もアジア人がとてもたくさんいました。

この度の目的は、日本食を食べることとショッピングでしたので、観光地についてはご紹介できませんが、ブリスベンの街並みについて少しでもシェアできたらと思います。

今回の旅の日程

07:30 大学からバスで駅へ

08:00 電車でブリスベンへ

09:30 ブリスベンに到着し、街を探索

12:00 日本食レストランでランチ

13:00 タピオカ専門店でタピオカミルクティーを飲む

14:00 アジアンフードショップとダイソーでお買い物

15:00 電車でサンシャインコーストへ帰る

 

サンシャインコーストからブリスベンへの行き方

まず、私が住んでいるサンシャインコーストのシッピーダウン(Sippy Downs)から、ブリスベン中心地までの行き方を時間と金額を合わせてご紹介します。

ブリスベンの中心地であるCentral Stationに行くには、電車に乗る必要があるのですが、私の住んでいるところは海辺で電車がありません。オーストラリアの海側には電車があまり通っていないそうです。

 

そのため、サンシャインコースト大学のバス停から20分かけてLandsborough Stationまで行きます。片道3ドルです。Go Card(オーストラリアのICカード)を持っているかどうか、ピーク時かどうかで多少値段が変わります。

駅に着くと、改札はなく、ホームの出入り口にICカードをタッチするところがあるのでタッチします。ICカードを持っていない人は、有人窓口で切符を購入可能です。

オーストラリアの電車事情をよく知りませんでしたが、ちゃんと時間通りに電車が来て驚きました。ちなみに、バスは基本遅れます…。(悲)

 

電車の運賃は、片道8ドルくらいです。こちらもバス同様、Go Card(オーストラリアのICカード)を持っているかどうか、ピーク時かどうかで多少値段が変わります。

電車は5両くらいあったので、十分シートに座れました。電車に乗ってからが長く、ブリスベンまでは1時間半ほどかかります。ひたすら森の中を走り続けます。たまに動物が見えましたが、電車が速すぎて何の動物かは分かりません…。

サンシャインコーストからバスと電車を利用して、片道合計11ドルで所要時間は2時間でした。交通費ですが、平日だったらもっと高いと思います。鳥取県の田舎から出てきた私にとっては、片道1,000円くらいの運賃で、所要時間2時間でそれなりの都会に行けるのはとても嬉しいです。(笑)

 

→ Landsborough Stationの様子。シンプルな駅です。

 

ブリスベンの街中を探索

駅に到着したら、まずブリスベンの街を歩きました。近代的なビルと英国風の建物が共存していて、ただ歩くだけでも楽しかったです。現地の人にとってはなんでもない建物かもしれませんが、日本ではなかなか見ることができないので感動しました。

 

→ 近代的なビルが立ち並ぶ。

 

→ サンシャインコーストとは違って都会の雰囲気が強い。

 

街中を歩いていて驚いたのは、シェアスクーターが走っていたことです。観光地での公共交通機関以外の移動手段にシェアバイク(自転車)があると思いますが、ブリスベンではシェアスクーターが走っていました。

もちろん、スクーターと一緒にヘルメットもついていました。道路のいたるところにスクーターが置いてあって、結構な人が利用していました。たまにシェアバイクも見かけましたが。

さすが中心街というのもあり、通り過ぎる人たちはオージー(オーストラリア人)の他にもアジア人やヨーロッパ人など様々な国の人たちで溢れていました!

 

途中、City Hopperというフェリーに乗ってSouth Brisbaneへ。ここには人工ビーチがあってみなさんプール感覚で泳いでいました。オーストラリアのビーチには、ライフセーバーが必ずいるんですが、ここにもちゃんとライフセーバーもいて驚きました。

ビーチから見えるブリスベンのビルはとてもきれいでした。

他にも子どもも遊べるように水あそび場があったり、アスレチックがあったりととてもいい所でした。

 

→ South Brisbaneにある人工ビーチの風景。

 

この場所には、ショッピングモールがありますし観覧車もあります。また、この日はマーケットも開催していて、大変にぎわっていました。

 

日本食レストランで昼食

ブリスベンに来て驚いたことの1つが、日本食レストランをはじめとするアジアンフードレストランの多さです。道路沿いにあるお店がほとんど日本食か中華料理、韓国料理屋なんです!とくにお寿司屋さんやタピオカ店はどこもにぎわっていましたね。

今回の旅で行った日本食レストランは、「KOTO SANPO(古都 散歩)」というお店です。従業員さんはほとんどが日本人でした。お店の人に聞いたところ、ホールは全員日本人でキッチンには韓国人もいるそうです。

 

スタッフが日本人と言っても、もちろん接客は英語で行われていました。「いらっしゃいませ。」や「ありがとうございました。」などは、日本語で言っている人もいました。

スタッフのみなさん、インカムを通じて日本語でやり取りしているんですが、結構大きい声で話してるので会話が筒抜け…。なんか落ち着かなかったです。

お客さんは半分がアジア人でした。日本人のお客さんも結構いましたよ。

 

メニューは以下の通り
・うどん
・定食(〇〇Bentoという名前で、唐揚げやチキン南蛮、ウナギのかば焼き)
・カレーライス
・オムライス
・ハンバーガー
・抹茶を使ったスイーツ(パフェ、パンケーキ、フロートなど)

 

私が今回オーダーしたのはオムライスでした。友達はウナギのかば焼き弁当を頼んでいました。味のクオリティーがとても高くて驚きました。

と言うのも、オーストラリアの日本食レストランは、あまり日本の味を再現できていないと聞いていたからです。

こちらの日本食レストランは、日本で食べるのと変わらないレベルの美味しさでした!

 

→ 今回オーダーしたオムライス。

 

友達のメニューについてた味噌汁を飲んだ時に、たぶん普通の味なんでしょうが、2か月半ぶりの味噌汁にとても感動してしまいました。オーストラリアに来てからのこの2か月間、特に「味噌汁飲みたいな~。」と思ったことはなかったんですけどね。

よく留学経験者からは、日本からインスタント味噌汁を持ってくると良いという話を聞きますが、確かに必要だなと思いました。

このあと、アジアンフードショップに行った時に、迷わず味噌を買ってしまいました。

 

ランチの後は、CoCo Fresh Tea & Juiceというお店でタピオカミルクティーを購入し、みんなで飲みました。タピオカ専門店といえばGong Chaですが、中国人の友達曰くどこのタピオカも同じだと。(笑)

ちなみにすぐ近くにGong Chaもありましたが、結構並んでいました。日本の東京や大阪で見るような行列とまではいかなかったですが。(笑)

 

オーストラリアのダイソーにも行ってみた!

まったくリサーチしていなかったんですが、ふらっと寄ったショッピングモールの中にダイソーがあったので、行ってきました。

店内や商品のラインナップは日本のダイソーと全く同じで、商品は日本語のままでとても驚きました。

日本では100円均一ですが、ここでは2.8ドル均一です。日本円だと200円くらいです。オーストラリアで買うと2倍の値段ですが、異国の地で日本クオリティーの商品を2.8ドルで買えるのはとてもお得です。

 

→ オーストラリアのダイソーで売ってる商品は、日本で売ってるそのまま。

 

とても嬉しくて、BOXとかデュフューザーなど生活に必要なものを大量に買ってしまいました。

中国人の友達も「この店は私をダメにする。私の購買意欲をとてもくすぐってくるから。」と言って、たくさん買っていました。

ダイソーで大量買いしてしまうのは、どこの国でも同じみたいです。(笑)

 

オーストラリアで日本を堪能してしまった!

今回はブリスベンの中心地のみのミニ旅行のレポートでした。

日本食レストランに行って、アジアンフードショップで味噌買って、ダイソーでたくさん物を購入して、オーストラリアにいながら日本を堪能してしまいました。

 

ただひたすら、日本ってやっぱりステキな国だなと感じました。

 

実はこの日、ジャパンフェスタをSouth Brisbaneでやっていて、夜に花火大会などを行っていたのです。

しかし、そのことを知らなくて夜になる前に帰ってしまいました。ちゃんとチェックしておけばよかったと反省…。

親日家が多いためなのか、頻繁にジャパンフェスタみたいなものは行われています。

 

それから、今回分かったことは、「オーストラリアで買えないものはない!」ということです。

 

オーストラリアに来る時にいろんなものを持ってきたり、途中家から荷物を送ってもらったりしましたが、よほどお気に入りの何か出ない限りオーストラリアで代替品を買うことはできます!

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(2件)/全投票数(2件)
この記事は参考になりましたか?
この記事を書いた人
留学・ワーホリ経験者
熊本 千夏(CHINATSU KUMAMOTO)

鳥取県出身。化学の実験が好きで、高専物質工学科に進学。化学の専門性だけでなく、英語力があれば将来有利になることから、高専卒業後に留学を決意。オーストラリアのサンシャインコースト大学に正規留学。留学先をオーストラリアに選んだ理由は、日本で通っていた英会話スクールの先生がオーストラリアが好きだったことから影響を受けました。(笑)元々4歳の頃から英会話スクールに通っていて、英語は得意科目だったこともあり、高専5年生になってからの約1年間、IELTSを独学で勉強してOverall5.0を取得。

オーストラリアの語学学校で大学進学英語コースを経て、大学本科へ進学。オーストラリアの大学では、化学、特に生物化学を専攻。将来的には、化学者または研究者になるが夢。趣味はハンドボール、バレーボール、音楽を聴くこと、アニメを観ること、百人一首と多趣味。The日本人ですが、洋画を観るのも好きです。これからオーストラリアに留学を考えている人や悩んでいる人のために少しでも役立つように、私の留学生活や現地の最新情報を発信していきます。

こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求