オーストラリア・タスマニア(デボンポート)のファームジョブでやって来ました!デボンポートってどんなところ? | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

  • 留学ドットコム
  • 留学コラム
  • オーストラリア・タスマニア(デボンポート)のファームジョブでやって来ました!デボンポートってどんなところ?
カテゴリー:ワーキングホリデー

オーストラリア・タスマニア(デボンポート)のファームジョブでやって来ました!デボンポートってどんなところ?

公開:2020/01/24 著者:堀川 真由美 307 Views

こんにちは!マユミです!!

セカンドビザ取得に向けたファームジョブのため、12月末にメルボルンからタスマニアへ移動しました。

タスマニアはDevonport(デボンポート)という港街へ。タスマニア島の北部に位置します。

 

タスマニアで第三の規模を持つ街と言われておりますが、こぢんまりとした街です。

 

今回私は飛行機を利用してDevonport空港へ降り立ちましたが、メインランド(オーストラリア本土)からスピリットオブタスマニアというフェリーも出ていますので、そちらを利用してもいいですね。

ちなみに、2~3ヶ月前から予約をしておけば少しお安くなるようです。

今回は、私がファームジョブのために降り立ったデボンポートについてシェアします。

Devonport空港の様子

 

えっと、何もありません…。

到着口には荷物を受け取るレーンが一つ、トイレ、それからレンタカー会社の窓口が並んでいるだけとなっています。

 

→ ひとつひとつ持ち込み荷物のチェックをするビーグル犬、お疲れ様です。

 

タスマニアでは世界で最も厳しいバイオセキュリティがなされております。タスマニアの生態系を守るだけでなく、害虫の侵入は農作物にも多大なる損害をもたらす可能性があるからだそうです。

基本的には生ものの持ち込みが不可と考えておけば大丈夫でしょう。

以下のリンクから持ち込み可能・不可のものをチェックできます。

 

※参照URL: タスマニアバイオセキュリティ(https://dpipwe.tas.gov.au/biosecurity-tasmania/biosecurity/travellers-guide-to-tasmanian-biosecurity-what-you-can-and-cant-bring-into-tasmania)

 

Devonport空港から市内までの移動方法

 

Devonport空港は、残念ながら空港からの公共交通機関はありません。

私はタクシーを呼んで(空港スタッフにタクシー会社の)市内のホステルまで移動しました。市内まで約20ドルほどです。

フェリーでDedvonportに来た場合はバスが通っているそうで、5ドルほどで港から市内まで移動できるようです。

 

Devonport市内の様子

 

こぢんまりとした街ですが、Woolworth、Coles、Kmart等はあり、生活に必要なものは手に入る環境です。

買い物をしているとファームで働いているであろう人をよく見かけます。

Kmartでファームジョブに必要なワークブーツを買い求めたものの、スモールサイズは売り切れていました。既にたくさんのワーカーがいる事が伺えます。

 

→ メインストリートには一通りのお店が揃っており、買い物は問題ありません。

 

メインストリートにはいくつかの服屋、カフェ、レストラン、リカーショップ、銀行などがあります。その他ポストオフィス、図書館、ステーショナリーショップなどなど。

街から少し足を伸ばせば、ビーチやチョコレートファクトリーなどちょっとした観光スポットもちらほらあります。

 

Devonportのファーム状況

 

以下ではDevonportでのファーム関連情報についてご紹介します。

どのようにして仕事を探して登録するのか?宿泊先はどうするのか?

田舎ではありますが、ファームジョブで訪れているワーホリは思った以上に多いので、早め早めに行動しましょう。

 

Costa(コスタ)について

Devonportには大規模なファームで有名なCostaのオフィスがあります。

オンライン上でアプライしたものの中々連絡が無い…という方は直接Costaのオフィスに向かうのも一つの手です。と言うより直接話をつけた方が話は早いです。

タイミングが合えば、その日のインダクションに参加させてもらうことが出来るかもしれません。

 

→ Costaの事務所の外観。

 

求職者への対応時間は、朝の9:00から午後1:00まで。出来れば早めの時間に向かう方がいいでしょう。

私はのんびり12時ごろに向かったところ「今日は閉めるよ!」と門前払いを受けました…無念。諦めずに次の日も向かいましょう。

 

Costaのアクセス方法

Devonport市内からCostaへの最寄りのバス停まで20分ほど。片道3.5ドルです。

その後道に沿って、真っ直ぐ徒歩10分弱で到着します。

 

→ Devonportのバス乗り場はこんな感じ。

 

市内のバス停からCostaへ最寄りのバス停まで行くことが出来ます。メルボルンやシドニーのようにICカードはありません。

乗車の際、運転手に行き先を伝えて現金で支払うスタイルです。Costaまで行きたい事を伝えれば運転手がサポートしてくれます。

早くても7時台のバスからしかないので、仕事が始まれば何らかの方法でドライバーを確保しておく必要はあります。

 

→ Costaのホームページから仕事の申し込みができる。

 

Costaはオーストラリア全土に展開している大規模な優良な農企業で、政府からも信用があるため、セカンドビザの取得を目指しているワーキングホリデー保持者にはうってつけのファームとなっているそうです。

アプライ(申し込み)は下記のCostaのホームページから行う事ができますのでまずはチェックしてみてください。

大まかな地域、仕事内容や開始期間から自分に適した仕事にアプライします。アプライは早いに越したことはないでしょう。(アプライ方法等はまた別の機会に説明したいと思います。)

 

社名 Costa Exchange
住所 211 Brooke St, East Devonport TAS 7310, Australia
URL http://costagroup.com.au

 

CORE STAFF(コアスタッフ)について

 

CORE STAFFというエージェント会社(仕事を紹介してくれる会社)がDevonportのWoolworth正面のにあります。受付にてファームジョブを探していることを伝えて、書類に入力すれば登録は完了。

登録は無料です。Devonportだけでなく他の地域にもあります。ただし、車が無いとなかなか仕事がもらえないとう話も聞きました。

※2019年まではV-macという名前でしたが改名したようです。

 

社名 CORE STAFF
住所 47 BEST ST, Devonport TAS 7310, Australia

 

タスマンバックパッカー

 

Devonportには有名なワーキングホステル(宿泊すると優先的に仕事を紹介してもらう事が出来る)のタスマンバックパッカーもあります。

10月にメールにて12月の宿泊希望を伝えてみたものの、すでに予約で満室。12月末に直接ホステルに宿泊のお願いをしてみた友人がいましたが、やはりベッドの空きはないとの事でした。

宿泊を希望する方は早めに予約した方が良いでしょう。

 

社名 Tasman Backpackers
住所 114, Tasman St, Devonport TAS 7310, Australia
URL http://www.tasmanbackpackers.com.au

 

その他

他にもDevonportのホステルで出会ったワーカーに話を聞いてみると、自力でファームに足を運び、時給制のアップルシーニングのジョブを見つけた子やサーモンファクトリーのTassalで働いていた子など色々話を聞くこともできました。

ちなみに現在1月のDevonport。ファームシーズンを迎え、12月末は空きがあったホステルも今はどこも空きがないようです。

Devonportに来られる方は、ピークより少し前には準備しておいた方がいいでしょう。

 

最後に

 

いかがだったでしょうか。

なかなか小さな街の情報は見つかりにくいと思い、今回はDevonportの情報をシェアさせていただきました!

少しでも皆さんのお役に立てると嬉しいです。

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(2件)/全投票数(2件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求