留学中のホームシックが不安な方へ!ホームシックの原因、時期、期間、対策、知りたくないですか? | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:留学の準備

留学中のホームシックが不安な方へ!ホームシックの原因、時期、期間、対策、知りたくないですか?

公開:2019/01/31 著者:塩口 真由佳 2652 Views

留学を考えた時に「ホームシックになったらどうしよう…。」と不安になったことはないですか?

 

実際、私たちが大学生にアンケートを行った結果でも、治安や費用面に並んで「ホームシックになるのが不安!」という意見が多くありました。

 

今まで家族や友人と離れて暮らしたことがなかったり、海外に1度も行ったことがなかったりすると、やっぱりどうしても不安になりますよね。

でも実は…ホームシックの正体って「どんな人にでも必ず出てくる、当たり前の気持ち」なのです!

このコラムでは、ホームシックが起こる原因、大体いつごろからかかるのか、解決までの期間、ホームシックにかからないようにする対策などをご紹介しています。

「ホームシック」とは?&その症状

日本国語大辞典で調べてみると、ホームシックとは「故郷や家族から離れている人が、それらを恋しく思って悩む精神状態。」と定義されています。

 

一言で言うと、「寂しい、故郷(家)へ帰りたい!と強く思ってしまう状態」のことです。

 

では、具体的にどのような症状が表れるのでしょうか?代表的な症状として以下の4つがあります。

 

1. 寂しさやイライラ
2. 意味もなく涙が出てくる
3. 強いストレスを感じて食欲がなくなる
4. 人と合うのが嫌だと感じる

 

しかし、私はこの4つの症状は留学中でなくても日常生活で「とてもよくある当たり前の感情」だと思います。

例えば、なんとなく人と会いたくない日、家から一歩も出たくない日ってたまにありませんか?私はなんとなく気合が入らない日が定期的にあります。(笑)

あと、好きな人がいる時も胸が苦しくて食欲がなくなるってよく聞きますよね?あれもある意味ストレスなのです。恋をするとアドレナリンにドーパミンが含まれるようになり、そのドーパミンが食欲に関係する中枢神経に働きかけるので食欲がなくなってしまいます。

 

さらに、賃貸物件情報サイト「Cariruno(キャリルーノ)」編集部が行った調査によると、1人暮らしをしたことがある女性の2人1人以上がホームシックにかかった経験があると答えたそうです!

 

つまり、ホームシックの正体は「誰もが経験したことがある不安や寂しさからくるごく自然な感情」であり、「留学に限らず、日本でも普通に起こりうるもの」であることがわかりました。

 

ホームシックとは、家族や友人と離れて慣れない環境に行ったからこそ感じる成長痛のようなものと考えることができます。

 

ホームシックになる主な要因は何だろう?

小児科専門誌『Pediatrics』のホームシックに関する論文によると、ホームシックになってしまう人にはある4つの要因が関係あるようです。

 

① 経験

多くの人にとって馴染みのない環境に身を置くことは、大きなストレスを感じます。特に今まで家族と離れて暮らした経験がない人は、家族をより恋しいと感じるかもしれません。

「馴染みのない」という感覚に今までどれだけ遭遇してきたかがホームシックになるかを左右します。

つまり、「初めてやる事」、「未経験」だと、よりホームシックになりやすいという事です。

 

② 態度

ホームシックは時として自分の思い込みが招くものです。「居心地が悪いから馴染むことは無理」と決めつけてしまうと、実際にそうなっていってしまいます。

つまり、「自分はホームシックなんだ。」、「自分は環境に慣れてないんだ。」と思ってしまう事が、よりホームシックに繋がってしまうんですね。

 

③ 性格

この論文によると、初対面の人とすぐに仲良くなれる人の方がホームシックにかかり難いそうです。

新しい人や環境に警戒するのはごく自然なことですが、引っ込み思案すぎると新しい友人を作るのに苦戦し、環境に慣れるまで時間がかかってしまうかもしれません。

つまり、「ホームシックになりやすい人」と「そうでない人」がいるという事です。性格は対策をしてすぐに変えるのは難しいので、ここはあまり気にしなくても良いでしょう。

 

④ 外的要因

「自分自身が決めて、納得した選択肢であったか」がホームシックにかかるかに影響を与えます。

自分で決めた選択肢であればホームシックにかかり難く、人に言われたり強制的にやらされたりといった思いがあるとホームシックにかかりやすくなるようです。

つまり、留学で言えば、「自分で留学したいから留学してるんだ!」と思っている人の方がホームシックにならないという事ですね。

 


 

ここまでホームシックになる要因について解説しました。

まずはホームシックになってしまう要因を客観的に知っておけば、対処方法もより見つけやすくなるはずです!

そして、自分の感情に向き合ってその気持ちに対処できたら、自信がついてこの先の人生でも無敵になれると思いました。

 

ホームシックにかかる時期&いつ治るのか?

出典: Cariruno(キャリルーノ)

 

賃貸物件情報サイトCariruno(キャリルーノ)編集部が一人暮らし経験のある20~39歳の男女1,240名に行った調査によると、家族から離れてホームシックにかかるまでの期間で最も多いのが「1週間以内」次いで「2週間以内」、「約1ヵ月後」という結果でした。

そして、「3週間後」と答えた人も合わせると、約66.8%の1人暮らし経験者が1ヶ月以内にホームシックにかかったということがわかりました。

「約7割、2人に1人以上ホームシックに掛かる」と考えると、決して特別な事ではなく、誰にでも起こりうるというのがわかりますよね!

 

出典: Cariruno(キャリルーノ)

 

さらに、Cariruno(キャリルーノ)が「そのホームシックがどれくらいの期間続いたか。」について調査すると「1週間以内」が42.5%で大多数を占め、逆に1ヶ月を超えた割合が16.3%と答えました。

 

つまり、ホームシックにかかっても1ヶ月以内に解決するケースがほとんどであるということもわかりました。

 

もし2人に1人以上の確率でホームシックに掛かり、それがずっと治らないのであれば世の中はホームシックな人であふれかえってしまいますよね!?(笑)

誰でも新しい環境に慣れるまでは苦労すると思います…。しかし、人間には環境に慣れる能力も備わっているので、1ヶ月もすれば大体慣れてその環境を楽しめるようになります。

なので、もし留学中にホームシックにかかってしまっても「この気持ちはきっと一時的なもので、誰もが感じる当たり前の感情なのだ。」と思うことで心配や不安が軽減できるという事はぜひ頭の片隅に覚えておきましょう。

 

留学中にホームシックならないための心構え

ここまでホームシックは、「全ての人が持っている不安や寂しさからくる感情」と説明してきましたが、それでもやっぱりできるだけホームシックはかかりたくないものですよね?

 

そこで今回は「留学中にホームシックにならないために日本でやっておくと良いこと」を2点紹介したいと思います。

 

日本にいる時に打ち込める趣味を見つけておく

留学先でも、その趣味を活かしてどこかのコミュニティーに参加することで自分の居場所を見つけることが出来ると思います。

しかも、趣味が同じ人同士なので距離が縮まる早い&英語を使うのでスピーキングの練習にもなり一石二鳥です!なので、日本にいる時に何か好きなことを探してみてはいかがでしょうか?

 

SNSを頻繁に見る習慣をやめること

また、私の個人的なオススメは「SNSを頻繁に見る習慣をやめること」です。特に留学中は日本にいる友人のSNSはなるべく見ないほうが良いかもしれません。

先ほど紹介したように、ホームシックは「故郷や家族から離れている人が、それらを恋しく思って悩む精神状態」です。そのため、SNSで日本にいる友人が自分がいなくても楽しそうにしている写真なんて見たら、より強い孤独と恋しさを感じることになると思います。

実際、私は誰も悪くないのに勝手に仲間はずれ感を感じていました。(笑)

 

私のカナダ留学体験談

私は19歳の時に初めて海外留学をしました。私は両親と実家暮らしなので、これまで長期間両親や地元の友人と離れたことがなく、留学をすることにとても大きな不安を感じていました。

空港から飛行機が飛び立つ瞬間、小さな飛行機の窓から見える両親が手を振る姿を見て「しばらく私は日本に帰って来ることが出来ないんだ…。」と改めて実感し、胸が締め付けられるような感情が全身を駆け巡ったのを今でも覚えています。

しかし、いざ現地の語学学校に通いだすと新しい友人ができたり、毎日新しい人と出会ったり、日本にいたら絶対に体験できないような刺激的な毎日が待っていました!

 

勉強も遊びも忙しいので、寂しさを感じる隙はありませんでした。「とりあえず行動してみると、不安に思っていたことはあまり大したことではなかったと後から気づく。」と思います。

また、私の不安の原因は留学自体や両親や友達と離れることではなく「わからない世界に飛び込む。」ことに対する不安だったのだなと今は思っています。

留学してみると、そのわからなかった世界が知っている世界に変わるので、「留学したいけど、不安の方が大きいからどうしようかな?」と迷っている人もきっと大丈夫だと思います!

 

もしホームシックになってしまっても大丈夫です!(まとめ)

ホームシックの症状である寂しさ、不安、ストレスなどは実は日常でもよく感じている自然な気持ちです。

 

また、ホームシックは海外に限らず日本でもよく起こりうることであり、1人暮らし経験がある20~39歳の女性の2人1人はホームシックを経験しているそうです。

そして、もしホームシックになってしまってもその気持ちは1ヶ月以内には解決してしまっている場合がほとんどです。

さらに、留学先にはあなたと同じように慣れない場所に不安を感じている人や、友達を作りたいと思っている人が大勢います。

 

決してあなた一人じゃないんです!

 

あなたが1人で留学先に勇気を持って飛び込んでいるように、他の留学生も勇気を持って飛び込んでいるんですね。

短期留学であれば「友達と一緒に行く~」という人もいますが…「数ヶ月間の留学へ友達と一緒に出発するというケース」はほとんどありません。

そのため、きっと私と同じように飛行機に乗った時点で孤独を感じるかもしれませんが、その時点では「よくあることだ」と軽く考えておきましょう。(笑)

 

もし友達と一緒に留学できる方でも、友達と一緒に留学することはあまりお勧めしません!その理由は、以下の記事をご覧ください。

 

留学中に「私は必ずホームシックになるかも…。」と心配している人でも、私の体験談のように実際にチャレンジして行動してみると、いつの間にか不安はどこかへ消え去ってしまうと思います。

このコラムを通して、少しでもあなたの留学に対する不安を軽く出来たら幸いです!

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
LINEで問い合わせ: 下記バナーをクリック! または @ryugaku.com で検索
問い合わせフォーム
カウンセリングお申し込みフォーム

88 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(7件)/全投票数(8件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求