【英語学習アプリ紹介】TOEIC、英会話学習の前に!中、高の基礎単語を固めれるオススメのアプリ ~mikan~ | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

  • 留学ドットコム
  • 留学コラム
  • 【英語学習アプリ紹介】TOEIC、英会話学習の前に!中、高の基礎単語を固めれるオススメのアプリ ~mikan~
公開:2018/06/26
カテゴリー:勉強方法のコツ

【英語学習アプリ紹介】TOEIC、英会話学習の前に!中、高の基礎単語を固めれるオススメのアプリ ~mikan~

公開:2018/06/26 著者:中山 大輔 184 Views

オススメ英語学習アプリの第三弾は、「mikan」です。

第一弾、第二弾のアプリもオススメなので、ぜひ以下の紹介記事も見てみてくださいね。

 

【参考記事】
第一弾:【英語学習アプリ紹介】TOEIC600以下の人はまずはここから!プロの留学カウンセラーが教えるオススメ英語学習アプリ~Duolingo~

第二弾:【英語学習アプリ紹介】転職、就職、就活、留学あらゆるシーンでオススメのTOEIC対策アプリ~TOEIC L&R TEST出る単特急 金のフレーズ2~

 

以前紹介したアプリは一言で説明すると、、、

Duolingoは、「初心者向けでのんびり」

金のフレーズは、「TOEIC対策でとにかく成果が欲しい人」

…という感じです。

 

今回紹介するmikanは、「初心者向けで、特にランキングや競争が好きな人向け」のアプリです。

楽しく参加できるランキングが特徴

mikanは、高校生向けに作られているという事もあって、キャラクター(ひとかわむけお)が可愛く、よりカジュアルな雰囲気でシンプルな学習アプリになっています。

 

→ 特にキャラクターのミカン(ひとかわむけお)が、「よく頑張ってるね!」と機会があるごとに褒めてくれるので、褒め殺しに弱い人には一番モチベーションが上がるかも!?

 

→ このmikanの最大の特徴は、「単語暗記で競えるランキング」があるという部分!

 

ユニークなのは現在高校に通っている現役高校生はもちろん、なんと現在社会人の方も”その高校の卒業生(OB、OG)”としてこのランキングに参加が可能です。

社会人の方は「自分の母校」と「卒業年度」を選んでランキングに参加していきます。

ちなみに、社会人向けのランキングと現役高校生のランキングは別になっています。「英語がバリバリできる社会人に高校生のランキングが荒らされる!」といった事はないのでご安心ください(笑)

 

社会人の方は「母校+年度」で選んでランキングに参加するので、同じ同級生の友達がもしかしたらランキングにひっそりいるかもしれませんね!

 

また、もし同級生や知っている人が自分よりも上のランクにいたら、「あいつには、絶対に負けてられないぞ!」といつもより頑張れる人もいるのではないでしょうか。

ちなみに、「このmikanっていうアプリでランキング一緒にやろうよ!」と招待状もLINEやメール経由でアプリから簡単に送れるようになっています。周囲で興味のありそうな友達は、どんどん誘っても良いと思います。

 

周囲の友達を誘って、一緒に励まし合い競争しながら勉強するのは、勉強のモチベーション維持にも効果的です!

 

→ mikanは、招待状を送る機能が搭載されている!

 

高校生に一番支持されている英単語アプリ

mikanはランキングと高校生密着の英単語アプリという事もあり、現在日本の高校生に一番支持されている英単語学習アプリになっています。mikanを作っているアプリ会社は、「全国高等学校英単語選手権」という賞金も出す大会も開いており、かなり盛り上がっています!

 

高校生の時にこのアプリがあれば、「私もきっと熱中して、同級生と激しいバトルをしたのでは!?」と疑いません。

 

mikanは単語帳を基本としたアプリになっているため、文法などの勉強には残念ながら向いていません。ですが、その分、「単語のみをシンプル」に、かつ「効率的」に覚える事ができます!

早速、mikanの特徴を一つずつ紹介していきますね。

 

30秒で10単語を覚えれる超効率アプリ

mikanは、「30秒で10単語を覚える超効率アプリ」と銘打っています。

 

より短い時間で、より効率良く勉強ができるように工夫がされたアプリなのです!

 

具体的には、「知っている単語は右にスワイプ」、「知らない単語は左にスワイプ」と非常に単純な動作で単語カードを次々めくっていく事ができます。

 

→ 「知ってる単語」と「知らない単語」を直感的にどんどんスワイプしていきます!

 

1つの単語につき3秒ずつ、「知ってる!」または「知らない!」と直感的にスワイプして分類します。30秒で10単語の物凄いペースとテンポで学習が可能なんですね。

「30秒あれば10単語の意味をチェックできる」という事は、どんなスキマ時間でもパパッと学習できるます。

 

つまり、mikanは「復習と反復練習に特化した速習アプリ」と言えます。

 

2つのモードを使い分けて単語を覚えられる

「そんなスワイプだけで、単語をパパッと覚えられたら苦労しないよ…」

…と、思っている方もきっといらっしゃるのではないでしょうか?

実は、mikanは「スピードを重視した上記のスワイプモード(知っている/知らないに分ける)」に加えて、もう一つ「4択問題モード」があるのです。

 

→ こんな形で4択問題モードがあります。

 

mikanオススメの勉強方法(4ステップ)

基本的には、本人がやりやすいように自由にmikanを使って学習していけば良いですが、個人的にmikanのオススメの勉強方法としては、下記のような4ステップがオススメです。

 

ステップ1: 知らない単語を大まかに頭へ入れるため、スワイプモードを利用
→ テスト中に”知らない単語”として左側にスワイプした場合には、一通り単語帳を終えた後に、mikanが「これ覚えてなかったよね?」と教えてくれます。また、2週目、3週目などにもその単語をわざわざ出してくれます(笑)
ステップ2: スワイプモードで一通り意味が覚えたら、4択問題モードを利用
→ 実際、意味をきちんと把握できているか、正しい意味をきちんと選べるかどうか、確認の意味を込めて4択問題モードでチェックしていきます。
ステップ3: 完璧に覚えたら、ランクアップテストを実施
→ ランクアップテストは、次の単元へ進むために必ずクリアしなければいけないテストです。ランクアップテストでは、1問でも間違えるとアウト(不合格)になります。本当に全部覚えられたかの最終確認ができます。(ランクアップテストをクリア=あやふやな単語はゼロの状態に!)
ステップ4: ランクアップテストに合格したら、次の単元へ!
→ 次の単元でも、ステップ1~3を繰り返します。テンポ良く学習を進めていきましょう。

 

mikanオススメの設定や勉強のコツ

mikanでの個人的なオススメ設定やコツも4つご紹介致します!

 

1)学習の設定で、1回に学習する単語数は50以上!(最大100単語まで)

例えば、100単語を覚える時に「10単語 * 10回」よりも、「50単語 * 2回」や「100単語 * 1回」の方が断然効率が良く楽ちんだからです。10単語ずつだと途切れ途切れになってしまい、逆にやりにくいです。

 

→ この画面で単語数だけではなく、「カードめくり学習(スワイプ式)」と「4択問題(テスト)」も設定できます。

 

2)単語のスワイプモードでは、ガンガンスワイプ!

初めの1回で全て覚える必要はないので、思い切ってガンガンスワイプしていきましょう!

1回の学習でできるだけ時間を掛けず、何十回~何百回とスワイプする事に集中します。

一通り終わったところで、「苦手な単語」がピックアップされるので、その数が0になるように繰り返し学習していきます。

 

3)4択問題モードでは、制限時間を3秒に!

4択問題だと消去法で正解を出すことができます。しかし、それは単語を覚えているわけではありませんよね?そのため、4択問題モードでは、制限時間は3秒にして「パッと見てすぐに単語の意味が分かる」状態を目指していきましょう!

最初は大変ですが、「パッと見てすぐに単語の意味が分かる=英会話でもパッとその単語の意味が分かる」ことに繋がります。即座に単語と意味を結び付けられるようになれば、英会話や読解をする時にも必ず役立ちます。

 

→ アプリ左メニューの「その他」>「設定」から変更ができます。

 

4)ランクアップテストは50問や100問で行う!

ランクアップテストの問題数は、「1日に学習する単語数」で調整ができます。上記で説明した通り、ランクアップテストは1つでも間違えると不合格になります。緊張感をもって確実に単語を覚えていくためにも、ランクアップテストも50問や100問でチャレンジしましょう。

 

「99問目に間違えて、テスト不合格になった!」となった時にはものすごい悔しいですが…(笑)その分、緊張感を持って勉強ができます。

 

「本当に覚えてるかな?」と心配症な人でも大丈夫!

スワイプモードを利用している人で、心配症な人や真面目な人ほど…

「全然覚えてないけれども、間違えて右(知ってる)にスワイプしちゃったらどうなるの!?」

という不安や疑問も出てくると思います。

 

でも、安心してください!こうした部分もmikanはしっかり考えられています。

 

mikanは正答率に応じて「完全に覚えた単語、ほぼ覚えた単語、うろ覚えな単語、苦手な単語」の4種類にきちんと仕分けしてくれます。

 

まぐれで1回正解したり、右にスワイプしたりしても「完全に覚えた単語」には分類されないので安心です。

また、回答時間も記録されるため、しばらく悩んだ末に正解やスワイプした単語は、「完全に覚えた単語」として分類されません。

mikanは、「まだこの単語は完璧には覚えていない!」と判断をして、きちんと管理してくれているんですね!

 

あとは反復あるのみ!

mikanが「30秒で10単語を覚える超効率アプリ」として、より短い時間で効率良く勉強ができるように工夫がされていますが、単語を覚える時に一番重要な事もお伝え致します。

 

それは反復練習です!

 

ただただ、「何回も何回も練習する!」の1点に尽きます。脳みその仕組み(脳科学)では、「せっかく覚えた記憶は、1日経てば26%しか覚えていない」という事が科学的に証明されています。(ドイツの心理学者エヘルマン・エビングハウスが提唱した「ビングハウスの忘却曲線」)

具体的には「その日に新しい単語を4つ覚えたとしても、4つ覚えた内、3つは忘れてしまう」のです。

しかし、覚えたことをもう一度覚え直す(繰り返し学習)をする事で、26%しか覚えていなかったものが、50%、70%、90%とどんどん覚えている割合が増えていきます!

 

繰り返し学習をすればするほど、反復練習をすればするほど、単語をより効率良く覚える事ができるんですね。

 

逆に「1日だけ一生懸命頑張って英単語を覚えて、次の日やその週に1回も復習しない」というのは『最高に効率が悪い』方法になります。一夜漬けのような勉強方法は絶対に避けるようにしましょう。

どんなに優秀な人でも脳科学的には、1回で100%全て覚える事はできません。「自分は物覚えが悪いんだ…」と悩むより、1日でも多く、1回でも多くカードをスワイプして反復練習ができると良いですね。

 

mikan

App Storeからダウンロード

 

スキマ時間にスワイプ、スワイプ!4択、4択!というように問題をこなしていければ、あなたの単語力も着実にアップしていきますので、毎日コツコツ頑張っていきましょう!

 

おまけ

 

→ 毎週開かれる全国模試(mikanテスト)も息抜きにチャレンジしてみると面白いかも!?

 

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(3件)/全投票数(3件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求