留学準備に英会話教室での学習は必要かを検証 | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:留学の準備

留学準備に英会話教室での学習は必要かを検証

公開:2019/02/27 著者:三浦 菜摘 234 Views

英会話教室と言えば、日本国内にいながら英会話を伸ばすために有効な手段の一つです。

しかし、留学を控えている段階で「出発前に少しでも英会話に慣れておこう!」と意気込んで英会話教室に通う必要性は、果たしてあるでしょうか?

 

結論から言うと、留学直前に英会話教室に通う必要性はありません。

 

断言してしまうのも語弊があるのですが、そもそも英会話教室は「留学できない人が通う場所」であると言うことが前提です。

これから留学する予定の方にとっては、英会話の前に必要な勉強があります。その勉強をしていないと、留学してから結局やらなければいけません。

 

英会話の前に必要なことは、基本的に単語と文法のインプット(復習)です。

 

多くの方がすぐに英会話からはじめたくなります。英会話ができるようになりたいのだから当然かも知れませんね…。(笑)でも、単語も文法も理解してないのに、英会話なんて成立しませんよね!

留学先に行けば、英会話は沢山できます。皆さんは、「英会話の前にやるべきことがある!」という事実を知っておいた方が良いです。

今回は、留学前の英会話教室の必要性について掘り下げていきたいと思います。

留学前は中学レベルの文法と単語の定着を!

まず、留学に行く意味を前提に、原点に立ち戻って戻って考えてみましょう。当然ながら、留学の一番の目的は英語を話せるようになることですよね。

日本では英会話を実践する機会がなかなか無いですが、留学先では英語漬けの環境に自らの身を置くことになるので、毎日が英語のトレーニングが可能です。

 

つまり、留学とはアウトプット(リスニングやスピーキング)の実践の場なのです。

 

しかし、ここで注意点があります。

 

一般的に、日常会話に必要な基礎知識は中学英語レベルの文法と言われています。

 

つまり逆に言えばですよ!

 

中学レベルの文法や単語が身に付いていない状態ならば、英会話を伸ばすというステージにすら立てないということなんです。

 

実際、高校を卒業してから英語にほとんど触れていない、あるいは基本が抜けてしまっているという方は非常に多いのではないでしょうか?

英会話教室に通っても、単語や文法の勉強は殆どしませんし、中高のように宿題も出ません。要するに、英会話教室側も基礎的な単語や文法は知ってることを前提に授業を行っているのです。

 

皆さんの周辺には、英会話教室に何年も通っているのに、「全然聞けるようにならない、話せるようにならない…。」とぼやいてる知り合いはいないでしょうか?

 

これは、英会話以前に基礎的な単語や文法の知識が無いから、幾ら英会話教室に通っても手応えが感じられないと言った状況です。

基礎が固まっているなら、英会話教室に通う意義もあるでしょう。しかし、基礎が固まっていない状況なら、まずは基礎を固めるところをやらなければいけませんよね!

 

現地で思いっきり実践的な英会話を行うためには、留学前にその根底となる中学レベルの文法と単語を定着させていることがカギなのです!

 

英会話は留学してから思う存分できます。

多くの方は、基礎知識が抜けていると思います。「中学英語が不安…。」と思ってる方は、コツコツ単語と文法の復習をやっておきましょう。

英会話教室のように通学時間も掛かりませんしお金も掛かりません。文法書と単語帳を購入しても、3,000円程度ではじめられます。

 

留学直前の英会話教室は費用対効果が薄い?!

英会話教室に通うには、お金・時間・通う手間がかかります。

それに対し、英会話レッスンによってそれらに見合った効果が得られるかというと、必ずしもそうとは言えません。上記で説明したことが全てですが、、、

 

どんなにレッスン料の高い英会話教室であっても、マンツーマン授業であっても、優秀な教師であっても、基礎の文法と単語がなっていなければ効果は見込めないからです。

 

しかも、英会話は現地に行ってしまえばいくらでも練習できる環境があるので、わざわざ留学前に高額な金額を支払ってまで英会話教室に通うメリットはありません。

英会話に通う時間を、ひとつでも多くの単語を暗記する時間に充てた方が留学前は断然効果的と言えます。

 

留学前に英会話教室にわざわざ通うくらいならば、そのお金を使って留学先の語学学校を1週間でも長く伸ばした方が費用対効果は高くなります。

 

英会話教室は週1~2回で、1レッスン40分程度です。留学先の語学学校であれば、欧米圏の語学学校であれば1日4~5時間、フィリピン留学なら1日約8時間です。

1日の英語を浴びる時間が全然違います!

留学先で単語や文法の知識が無ければ、自習時間でコツコツ勉強しなければ授業についていけません。そして、その勉強をやらなければ、幾ら長期留学しても英会話はできるようにはなりません!

 

半年以上も留学したのに、TOEIC500点にも満たない方がいます。

 

その理由は、授業に参加してるだけで、コツコツ文法や単語のインプットをしなかった人の典型的な失敗パターンです。

留学して時に身を任せていれば、自然と英会話ができるようになると思い込んでいる人がいたら、今すぐに考えを改めた方が良いでしょう。

どうせ、留学先で文法や単語の勉強をやらないといけないなら、それらの勉強は日本出発前にコツコツやっておいた方が良いと言うことになります。

 

伸ばすべきスキルを明確に!

留学に行って、単語も文法もスピーキングもリスニングも…とあれもこれも足りないところが見つかっていきます。

どこから手をつければいいか分からず混乱し、結局どれも中途半端で終わってしまうという事態になりかねません。

ですから、一度に全て手をつけようとせず、その都度伸ばしたいスキルを絞って勉強することをオススメします。

 

留学前は文法と単語のインプット、留学先ではリスニングとスピーキングの実践とターゲットを明確にしましょう。

 

私は留学前に、以前から使っていた文法書二冊を三回ずつ勉強し直し、単語帳を何度も反復し暗記しました。そのおかげで現地では基礎レベルの文法や単語で困ることがなく、最初からアウトプットの実践に集中することができました。

1年間の留学を振り返ってみて、あの留学前のインプットがカギだったと本当に感じます。最初に基礎が定着していたからこそ、早くにスタートダッシュが切れ、留学期間をめいっぱい活用することができました。

多くの方は、「手っ取り早く英会話教室に!」と思ってしまいます。でも、英会話教室は留学できない人が通う場所だと思うんです。これから留学する人は、「英会話教室以前にやるべきことがある!」と言うことですね。

 

できれば、留学の2~3か月くらい前から勉強を始められると理想です。もちろん、留学の出発時期が半年以上先の方でも、早くにはじめるに越したことはありませんよ!

 

中学レベルの文法や単語に自信のない人は、初級の文法書からコツコツ始めることをオススメします。

昔から慣れ親しんだ参考書でも、新たに自分に合った教材を選ぶのでも良いと思います。とにかく基礎を叩き直しましょう!

以前の私の記事で、お勧めの教材をまとめた記事がありますので、どんな教材を使って勉強して良いのか分からない方は、是非併せて読んでみてくださいね!

 

【参考記事】
留学前の勉強は、何をしたら効果的か検証してみた

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(1件)/全投票数(1件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求