英語ペラペラ、留学で成功するにはどのくらい大変なの?似たような事例を考えてみた! | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

公開:2019/06/10
カテゴリー:現地生活情報

英語ペラペラ、留学で成功するにはどのくらい大変なの?似たような事例を考えてみた!

公開:2019/06/10 著者:中川 友康 165 Views

海外留学やワーキングホリデーを考えている方は、留学するからには英語がペラペラになりたい、留学で成功したいと思わない人はいないはずです!

ただ、「留学で成功する!」って、なかなか定義が難しいですし、人によって満足のラインも変わります。成功するためには、何をどのくらい努力するのかも、人それぞれだと思います。

「英語がペラペラになる!」という部分は、留学で成功するよりも分かりやすいですが、日常会話レベルなのか、ビジネス英会話レベルなのか、スピーチレベルなのかでも変わります。

 

しかし、多くの方が共通する部分としては、留学で成功するにしろ、英語がペラペラになるにしろ、何れにしても高いハードルである。並大抵の努力や気合いでは達成できるものでないと感じる人の方が多いのではないでしょうか?

 

今回は留学で成功する、または英語がペラペラになるという達成を、分かりやすく言葉で伝えるために、他の事例でお伝えしたいと思います。

その前に、一定の達成ラインを引かないと抽象的になってしまいますよね。ですので、以下のように達成ラインを定めた上で、話を進めて行きたいと思います。

留学後に以下の成果を手にできたのであれば、多くの人にとって手応えを感じることができるレベルではないでしょうか?

 

・留学で成功する → 帰国後の職業でキャリアアップ、英語環境の職場に就職
・英語がペラペラになる → 仕事でも使える英語力、TOEIC800点以上

 

これら、自分にできるか不安を感じてる人は多いと思います。

留学中にどの程度気合いを入れて過ごせば良いのか、具体的にどのくらい大変なことなのかを、より分かりやすく表現してみたいと思います。

ダイエットで半年以内に10キロ以上の減量

 

いきなりダイエットと出て来て、「え?」と感じる人もいるかも知れません。しかし、とっても近いんです。多くの方にとって、ダイエットは苦しくて辛いもの、という認識は強いはずです。

ダイエットは1日や2日食事を我慢したり、運動したりする程度では、簡単に体重は落ちませんよね?日々の節制と継続した努力が求められます。

中途半端な気合いでは、半年以内に10キロは相当難しいですし、途中で挫折する人も少なくありません。

 

英語の勉強も半年、1年間、またはそれ以上の継続した努力が求められるワケで、ダイエットしてる時の境遇に似ている部分があります。

 

ただ、身長170センチで、100キロの人が10キロ痩せるのは、そう難しい話ではありません。イメージとしては、男性であれば身長170センチで75キロ、女性であれば身長160センチで65キロから、10キロ以上落とすイメージです。

さて、半年で10キロ以上のダイエット、皆さんは如何でしょうか?できる自信がありますか?

ちなみに、私は実際10キロ以上のダイエット経験がありますし、体重を10キロ落とすことは苦しいですけど、気合いを入れたら問題なくクリアできるハードルです。

 

日常会話ができるレベル、またはTOEIC800点に到達する苦痛の度合いを他のことで表現するなら、10キロ越えのダイエットくらいの苦痛レベルです。

 

でも、元々痩せている体質の人にとっては、ダイエットのイメージが湧きませんよね。

ですので、色々な人に意見を伺って、その他の表現を見つけてきました。以下に紹介するモノの中には、イメージできるものがあるのではないでしょうか?

 

スポーツジムに通って筋肉ムキムキにする

これも簡単にできることではないと誰でもイメージできると思います。

私は筋肉ムキムキなった経験は人生の中で一度もありません。そこに魅力を感じないからですが、「やれ!」と言われたらできる自信はあります。

もちろん、スポーツジムに通い、トレーナーを付けて、プロテイン接種することも全然OKな条件での話です。

 

これを英語学習に例えるなら、語学学校に通って、先生に指導して貰って、適切な宿題や課題をこなすことと同じことです。

 

自分一人で孤独に腕立てや腹筋を続けて、筋肉ムキムキにするのは簡単ではありません。これも1日や2日では無理ですよね!

海外留学もせず、スクールにも通わず、独学でコツコツ勉強してTOEIC800点取ることは、多くの方にとって容易ではありません。

しかし、留学やワーホリ先で語学学校に通い、適切な指導を受ければ、かなり現実的な話になってきます。

 

→ ライザップに代表されるように適切な指導で鍛えれば筋肉も付き易い。

 

元々体育会系の人で、筋トレを継続してやって来た人にとっては、英語の勉強も日々の継続なので、さほど苦痛に感じないはずです。

 

体育会系の人は、日々自分を鍛錬しているせいか、勉強でも成果が出やすい傾向にあります。日々コツコツとルーティンを継続することに慣れている人は、継続学習がカギとなる英語の勉強にかなり向いています。

身体を鍛えている人は留学で成功しやすい傾向は、他の記事にも紹介されてますので、以下の記事も是非ご覧ください。

 

 

毎日15キロのランニングを半年以上継続

筋トレは嫌いだし、イメージし難いと感じる方もいるかも知れません。

特に筋トレは、「男性がやるもの!」というイメージがありますし、女性であれば筋肉が付くと衣装にも影響が出るので、意図的に筋肉をつけたくない人もいると思います。

特に夏場にノースリーブを着る時期になると、「筋トレすると腕が太くなるから嫌!」と言う声を聞いたりします。そんな方には、以下をイメージしてみてください。

 

皆さんは、毎日15キロのランニングを半年間以上続けることはできますか?

 

これも苦しいですよね。1日だったらまだしも、「半年間以上継続できるか?」と問われたら、皆さんどうでしょうか?

それ以外の生活は自由に過ごすことができるなら、可能だと感じる方も少なくないのではないでしょうか?仕事もせずに1日のノルマとして、15キロのランニングをするだけなら、私は全然可能だと思います。

ただ、仕事をしながら継続するのは、かなり難しいかな…という印象です。仕事で夜7時頃に帰宅してから、毎日15キロ走れるでしょうか?皆さんは如何でしょうか?

 

ちなみに、ワーホリで挫折する人が多い理由は、アルバイトをしながら勉強を平行して行うため、時間のコントロールができず途中で心が折れてしまうからです。

 

もちろん、それができる人もいますが少数派です。それができるなら、日本にいる時もコツコツ勉強して、それなりの英語力を手にしてるはずです。

仕事と勉強の両立は、そう簡単では無いという事は理解しておいた方が良いでしょう。

勉強する時は勉強に集中できる環境と、アルバイトしない時期を計算に入れて、留学プランを組むことを強くお勧めします。

 

→ ランニングだけならできるが、仕事と両立となると途端に困難になる。

 

簡単ではないが、やろうと思えばできるハードル

以上、3つ紹介してきましたが、この何れかはイメージできるのではないでしょうか?

この状況をイメージしてみて、この何れも「自分には無理!」だと感じたら、おそらく留学しても成功をつかむことは難しいと思います。

成功するためには、それなりの苦労は伴いますし、そんなに簡単ならば誰でも成功することができてしまいますしね!

 

しかし、多くの方にとっては、「気合いを入れれば、自分にもできるかも!」と思ったのではないでしょうか?

 

はい。正しい手順を踏めば、多くの方は成功できるはずなんです!

ですが、多くの方は、楽しいことばかりに目を向けて、苦しいことには目を向けない。そして、「苦しいことは、きっと何とかなる!」と信じてる人が多いのです。

我々がカウンセリングしている9割以上の方は、最初はこんな感じだったりします。

 

→ 正しい手順を踏めば、しっかり成果を残すことが可能なのです!

 

我々とカウンセリングを重ねて行く中で、苦しいことにも真正面から向き合って、何をすべきなのか検討できる人は成功をつかむ可能性が広がります。

 

カウンセリングを受けても、楽しいことには耳を傾け、苦しい&耳の痛い話には耳を傾けられない人は、留学前にある程度結末が見えてしまいます。

先輩留学生として、「困難な話にこそ、耳を傾けて欲しい!」と強く思います。そして、困難なハードルをどうやったら最短&最速でクリアしていけるのか。そこに真剣に向き合う人が成功をつかむのです。

まずは困難なハードルを乗り越えることを、真剣に考えてください。その先には明るい未来が待ってます。そうすれば、留学中の旅行やアクティビティなども一層楽しく、素敵な思い出になるでしょう!

 

留学ドットコムへのお問合せ方法

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(2件)/全投票数(2件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求