ワーホリはこんな人におすすめ!ワーキングホリデーに向いている人の特徴を紹介 | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:ワーキングホリデー

ワーホリはこんな人におすすめ!ワーキングホリデーに向いている人の特徴を紹介

公開:2020/11/11 著者:黒須 千咲 50 Views

こんにちは!シドニーに滞在しながらライターをしているちさきです。

私は現在、学生ビザで滞在していますが、その前はワーホリビザでオーストラリアに1年間滞在していました。(ジャパレスでのバイトも経験しましたよ!)

そんなワーホリでの滞在中には、自分と同じワーホリビザで滞在しているたくさんの日本人と出会いました。

 

「ワーホリ生活楽しい?」とか「日本に帰りたい?」などといった、ワーホリ生にとってはありきたりな会話をする中で、ワーホリ生活を満喫している人とそうでない人がいることに気がついたんです!

そこで、私なりに、「ワーホリでの生活を満喫しているひとの特徴って何だろう?」と考えてみました。この記事では、実際にワーホリ経験者である私が考える、ワーホリに向いている人の特徴を紹介します。

あくまでも私個人の考えではありますが、「ワーホリでの渡航を迷っている…。」という人は参考にしてくださいね。

そもそも「ワーキングホリデー」ってどんな制度?

ワーホリに向いている人の特徴を見ていく前に、まずワーキングホリデーの基本情報について確認しておきましょう。

ワーキングホリデーとは、日本と外国の2国間の協定に基づいて、外国に休暇・就労目的で長期滞在ができる制度のこと。

 

ビザの種類 ワーキングホリデービザ
対象年齢 18~30歳
滞在期間 1年〜2年 ※国によって異なる
就労
就学

 

「18〜30歳」という年齢制限の条件さえ満たしていれば、誰でもこの制度を利用することができます。

ワーキングホリデーで渡航するメリットとしては、以下の3つの点が挙げられます。

 

・フルタイムで就労が可能
・長期の滞在が可能
・ビザ申請費用が比較的安い

 

まとめると、ワーキングホリデーは年齢制限の条件さえ満たせば、誰でも安価で長期間、海外に滞在できるという自由度の高い海外渡航制度です。

「海外に長期間滞在してみたい」「英語の勉強だけでなく、いろいろなことにチャレンジしてみたい!」という人は、ぜひワーキングホリデーの利用を検討してみてくださいね。

 

ワーキングホリデーに向いている人の特徴

 

上記ではワーキングホリデーの基本情報について紹介しました。次に、ワーキングホリデーの利用がおすすめな人の特徴を見ていきましょう!

「こんな人ならワーホリのメリットを最大限に生かせる!」とか「こんな人はワーホリを使ったら、絶対に楽しめる!」など、ワーホリに向いている人の特徴を紹介します。

もちろん、これがすべてという訳ではありませんが、参考までにお役立てください。

 

1. 自立している人、または自立したい人

ワーキングホリデーは、基本的に自分ひとりで行動しなければなりません。

 

・航空券の手続き
・ステイ先の手配
・英文レジュメの作成
・仕事探し
・トラブルの対処
・自炊

 

上記のように、渡航前後の準備や手続きはもちろん、渡航後もトラブルが発生すればすべて自分ひとりで対処する必要があります。

 

時に周りの人の力を借りることも大切ですが、基本的に自分ひとりで行動します。トラブルを対処していく強さがあると、より充実したワーホリ生活を送れると思います。

ただし、「まだ自分はひとりで行動することに自信がない…。」という人でも、1年間のワーホリ生活を通して、自立したいという意欲があれば問題ないでしょう。

親や友だちのもとを離れ、海外で自分ひとりの力で生活することによって、より自立した人に成長することができます。

 

2. 細かいことは気にしない人

ワーホリに限らず、海外での生活は思わぬハプニングがたくさん発生します。

私も実際にオーストラリアで生活していて、「スーパーで買ったフルーツが腐っていた!」とか「店員さんの態度がひどかった」なんてことは日常茶飯事です。

海外で生活をしていると、日本より不便だと感じることは正直多いですし、「なんでこんなに適当なの?」とか「日本でこれやったら白い目で見られるよな…。」などと感じることが本当にたくさんあります。

 

そのため、海外でストレスなく生活を送るためには、「細かいことは気にしない」というマインドセットを持っていることが理想です。

 

日常生活で起こるあらゆることを、いちいち神経質に捉えすぎてしまうと、海外での長期滞在を少し苦痛に感じてしまうかもしれません。

私がワーホリ中に出会った日本人の中でも、いい意味で適当に生きている人がすごくワーホリ生活を満喫している印象を受けました!

 

3. 海外の文化に上手く適応できる人

海外の文化(現地での「当たり前」)に上手く適応できる人は、海外での長期滞在に向いていると思います。

 

と言うのも、海外の生活では「日本での当たり前」が通用しません。

 

例えば、一緒に働くことになった外国人に、日本で理想とされている働き方や立ち振る舞いを求めても、そのように動いてくれる可能性は低いでしょう。

もうひとつ例をあげると、日本では大抵の場合、荷物の配達や書類の手続きが予定通りにスムーズに進みますが、海外では信じられないくらい対応が遅かったり、ミスが発生したりすることがよくあります。

こんな時、「日本だったら〇〇なのに、どうして外国は…。」という風に捉えてしまうと、だんだんと海外での生活をストレスに感じるようになってしまいます。

 

日本で当たり前のことでも、外国ではそうでないことを理解し、現地でのニューノーマルにうまく適応することが大切です。

 

ワーキングホリデーを成功させるために、日本でできる2つのこと

 

ここまでで紹介した「ワーキングホリデーに向いている人の特徴」を読んで、「自分はワーホリにあまり向いていないかもしれない…。」と思った人でも、安心してください!

日本での準備や努力次第で、ワーホリ生活を成功させることは充分に可能です◎

ここでは、将来のワーホリ生活をより充実したものにするために、日本にいるうちにできることを紹介します。

 

1. バイト経験を積んでおく

ワーキングホリデーでは、コネや学歴が通用しない中、仕事を見つける必要があるため、「バイト(職)の経験」がとても重要です。

 

「ワーホリを経験して後悔していることは?」と聞かれたら、私は絶対に「オーストラリアでやりたかった仕事の経験を、日本で積んでおかなかったこと。」と答えます。

 

私は、オーストラリアでバリスタの仕事をしたかったのですが、カフェで働いた経験の無い私を雇ってくれるようなお店はありませんでした…。

ですので、海外での職探しのハードルを下げるために、以下のような経験を積んでおくことをおすすめします。

 

・手に職をつけておく(美容師やネイリストなど)
・カフェでバリスタの経験を積む
・寿司屋さんで巻き寿司の握り方を学んでおく
・レストランでウェイターとして働いておく

 

このように、「〇〇として働いていた」や「〇〇が上手に作れる」などといった経験は、海外での職探しで非常に有利です。

海外でチャレンジしてみたい仕事があるという人は、それに関連した職の経験を日本にいるうちに積んでおきましょう。

 

2. 実践的な英語力を身に付ける

ワーホリでの生活において、英語力は高いに超したことはありません。

もちろん、レストランのキッチンスタッフなど、英語力が低くても就ける仕事もありますが、「外国人の友達をたくさん作りたい!」とか「ローカルジョブをゲットしたい!」など、高い目標を抱えて渡航する人は特に、日本にいるうちに英語の勉強に励みましょう。

学習のポイントとしては、接客英語や出会いのシーンで使えるフレーズなど、ワーホリでの生活でよくあるシーンで使えるような実践的な英語を中心に学習しておくこと。

 

渡航後に自信を持って英語でコミュニケーションが取れるように、学習しておきましょう。

 

終わりに…異文化を受け入れる柔軟性が大切!

 

この記事では、ワーキングホリデーに向いている人の特徴と、成功させるためにできる2つのことを紹介しました。

向いている人の特徴をまとめると、以下の3点にまとめることができます。

 

・自立している人、または自立したい人
・細かいことは気にしない人
・海外の文化にうまく適応できる人

 

何より一番大切なのは「海外でのワーホリ生活にチャレンジしてみたい!」、そして「自分の力で海外生活をしてみたい。」という強い気持ちです。

30歳までという年齢制限があるので、「あの時ワーホリに行っておけばよかった…。」と後悔しないように、ぜひ自分の心の声に沿ってワーホリ利用を検討してみてくださいね!

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(2件)/全投票数(2件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求