ワーキングホリデー(ワーホリ)って語学留学よりもイメージ悪いの? | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

公開:2019/11/07
カテゴリー:留学の準備

ワーキングホリデー(ワーホリ)って語学留学よりもイメージ悪いの?

公開:2019/11/07 著者:中川 友康 70 Views

カウンセリングを行っていると良くいただく質問があります。

それは以下のようなものです。

 

ワーホリするか語学留学するか迷ってるんです…。

 

この相談をする時点で、その人の目的は「英語力アップ」が目的なはずです。

その人にとって、英語力アップが重要でないなら、「語学留学」という言葉は出て来ないからです。

この相談をするタイプの方は、話を掘り下げて聞くと帰国後の就職活動のことも心配していて、帰国後に留学成果をしっかりアピールできるような成果を希望しています。

 

私が常々言うのは、留学成果をアピールしたいなら、「TOEICのスコアは必須!」です。

 

帰国後の就職活動に向けて、やるべきことは決まっています。

留学ドットコムは帰国後の就職サポートにも力を入れていますので、多くの企業の求める人材像は十分把握してます。

さ、ワーホリか語学留学(学生ビザ)で迷ってる方は、是非YouTube動画をご覧ください!

ワーホリは語学留学よりイメージが悪い理由

正直、ワーホリは学生ビザで語学留学してきた人よりもイメージが幾分悪いです。

もちろん、アピールできるだけの結果さえあれば、何も気にする必要性はありませんのでご安心を!

ただ、ワーホリと聞くと、なぜか最初の印象をネガティブに捉える企業があるのは事実なのです。

 

それは、ワーキングホリデービザが、自由度の高いビザだから!

 

何をするのも自由ですから、勉強してたのか、遊んでたのか、そのビザからは判断がつきません。

学生ビザであれば勉強メインのビザですし、きちんと語学学校に出席していなければ、強制送還になる場合もあります。

ですから、語学留学の方が目的が1つだけに、何となくしっかりしたイメージ感があります。

 

マイナスイメージを持つ企業があるので、やるべきことをしっかりやって帰国することが重要です!

 

今回のYouTube動画では、その辺のところを詳しく解説しました。

また、ワーホリしたものの、「結果を出せなかった…。」場合はどう対処したら良いのか。ウルトラCの対応策も裏話としてお話しました。

ワーホリすべきか、語学留学すべきか迷ってる方は、是非参考にしてください。

 

 

動画の内容

1.ワーホリは1年間「自由なビザ」というイメージが強い。

2.実際、ワーホリは遊んでるヒトは多い。

3.目に見える結果(履歴書に書ける)が欲しい。

4.ワーホリしたことを武器にしたいなら、TOEIC700点以上は絶対必要!

5.結果を残せなかった場合のウルトラC対策とは!?

 

撮影後記

ワーホリビザを選択する人の理由の1つに、「お金が足りない」ことをがあります。

ワーホリの場合、現地でアルバイトしてお金を稼げますが、アルバイト中心の生活でへとへとになって、「勉強どころじゃない…。」という生活リズムになる方は少なくありません。

多少の生活費をカバーするくらいで余裕を持ったスケジュールでアルバイトしていれば、勉強する時間も取れるだろうし、自分を見つめ直す時間も取れて、心のリフレッシュもできるんだと思います。

 

十分な出発準備ができてないのに、焦って海外に行くことは正直避けた方が良いかな…と思います。

 

お金が貯まらないと悩んでる方は、そこも留学ドットコムにご相談ください。

今皆さんが働いている仕事はどうせ辞めるんですし、今の仕事にこだわる理由はないじゃないですか!留学前により短期間で稼げる仕事をご紹介してますので、まずは相談してみてください。

十分な準備が整ってから出発した人は、ワーホリでも語学留学でも充実した時間が過ごせてますし、成功を手にする確率も格段に上がります!!!

 

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(2件)/全投票数(2件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求