ワーホリで予算50万円からの大逆転プラン!低予算でも成功を手にできる打開策を紹介! | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:ワーキングホリデー

ワーホリで予算50万円からの大逆転プラン!低予算でも成功を手にできる打開策を紹介!

公開:2019/08/03 著者:中川 友康 1527 Views

留学したいけどお金が無いという理由で、ワーキングホリデーを検討している方もおおいのではないでしょうか?

ワーキングホリデーであれば、現地でアルバイトすることもできるので、学生ビザで語学留学するのに比べて、トータルの留学費用が大幅に抑えられるのは事実です。

ワーキングホリデーで100万円以上の予算があれば、ある程度充実したワーホリ生活が送れると思いますが、問題はそれ以下の予算の場合です。留学ドットコムに頂く相談の中には、以下のような相談が定期的に寄せられます。

 

・貯金が全然ないのですが留学できませんか?
・50万円以下の予算で行けますか?
・最低限の予算を教えてください!

 

予算は多ければ多いに越したことはありません。しかし、モノには限界があるのも事実。お金が無い方は、2つの選択肢が考えられると思います。

1つ目は日本で稼いでから出発する。もう一方は、現地に行ってからアルバイトで稼いだお金を生活費に充てる方法です。

「どちらが良いか?」と聞かれたら、私は現地で稼ぐことを考えるよりも、日本国内でお金を稼いでから出発した方が断然良いと答えます。しかし、かなりの割合の人が予算不十分で渡航し、現地でアルバイトして稼ぐ後者を選ぶ傾向にあります。

 

この記事をご覧頂いている方の多くは、ワーホリビザで渡航して現地で何を得るのかが大事なのであって、ただ海外生活をすることが目的ではないはずです!

 

最低限の予算を用意し、ワーホリでオーストラリアやカナダに行き、アルバイトでお金を稼ぎながら1年間生活するだけなら、予算は50万円以下でも行けます。

しかし、ただただ生活費を稼ぐためにアルバイトで一杯一杯になり、英語力が身に着くこともなく、最後に少しだけ観光して帰ってくるような1年になるでしょう…。

今現在、お金に余裕が無い方。何か打開策は無いのでしょうか?選択肢は当然限られますが、低予算でもワーホリで成功するための「大逆転プラン」はあります!その方法を紹介したいと思います。

 

あなたは複数年留学できますか?

お金があれば、そのお金で語学学校に通うことができます。当然ですが、独学で勉強するより短い時間で英語力を身に着けることができます。

お金が無ければ、現地に行ってからお金を稼ぐことが最優先事項となります。日本で頑張って仕事(アルバイト)をして節約生活を心掛ければ、1年で100万円以上の貯金は可能です。それは海外でも同じことです。

私がこれから紹介する大逆転プランは、2~3年間の複数年プランになります。多くのワーホリ希望者は、複数年の海外生活を希望する人が多いので問題ないと思いますが。

 

あなたは、ワーホリの1年目は、朝~晩まで体力の限界までアルバイトをしてお金を稼ぐことに専念する覚悟があるでしょうか?

 

その覚悟があることを前提として話を進めて行きます。

ワーホリの渡航先はオーストラリアがベストです。オーストラリアにはワーホリビザを延長して滞在できるシステムがあるからです。最大3年間ワーホリビザでの滞在が可能です。

50万円程度の予算であれば、最初の1カ月間学校に通えます。この1カ月で英語環境と海外生活に最低限慣れておきます。そして、同時にファーム(農場)の情報を仕入れて、2カ月目にはファーム生活に入ります。

 

ファーム労働は都市部のアルバイトに比べて、野外での肉体労働になるため、時給が良いのが特徴です。

 

そして、2年目(セカンドワーホリ)・3年目(サードワーホリ)のワーホリビザの申請権利を取得するためにも、ファームで働かないといけませんので一石二鳥です。

ちなみに、セカンドワーホリの申請権利を得るためには、1年目のワーホリ期間中に3カ月間以上ファームで働くことが条件です。

また、サードワーホリの申請権利は、セカンドワーホリ期間中に6カ月以上ファームで働く事が条件です。

 

 

→ ファームはお金を貯めるのには最も効率が良い。

 

3カ月間ファームで働けば、2年目のワーホリビザ申請権利はゲットできます。しかし、3カ月間で都市部に帰ってきてはダメです。資金を最大限貯めるためにも、1年目ギリギリ最後までファーム労働を続けてください。

10~11カ月間のファーム生活をすることで、順調に行けば150~200万円の貯金額になっているでしょう。そして、1年目のワーホリ期間終了後、セカンドビザを申請すると思ってませんか?違いますよ!

150~200万円の貯金ができたからといって、その程度の貯金額は一般のワーホリ渡航者の最初の予算に並んだだけに過ぎません。決して、十分過ぎる予算を手にしたワケでは無いのです。では、セカンドワーホリビザを申請せずに、どうするのか!???

 

フィリピンに飛んで、半年間の語学留学をします。そして、マンツーマン授業主体の集中学習を行い、短期間で英語力アップをして頂きます。

 

1年目ではほぼ勉強していませんから、英語力も殆ど身に着いてません。フィリピン留学であれば、一生懸命勉強を頑張れば、半年間でTOEIC700点越えは現実的です。根性があり語学センスがある方であれば、800点越えも可能なのがフィリピン留学です。

フィリピン留学に半年行くと100万円ほど使ってしまうことになりますが、ここでTOEIC800点近いスコアを取得できれば、目先の語学学習は完了です。そして、帰国後の就職活動での英語力アピールも、これでバッチリです!

その後、オーストラリアにセカンドワーホリで戻ります。オーストラリアに戻った時点で、手持ちのお金は再び50万円前後になっているはずです。

 

ローカル(英語環境)の仕事をゲットする!

フィリピン留学で、TOEIC700点以上の英語力を身に着けていたならば、ローカルジョブ(英語環境のアルバイト)も可能になります。カフェとかホテルなどで、完全英語環境で働けます。

せっかく、海外留学・ワーホリに来たのだから、英語力を身に着けた後は、日本人や日本語とは無縁の生活を送りましょう!これが本来のワーホリの姿です。

英語環境に身を置く方法は、語学学校に通うだけではありません。アルバイト先に日本人がいない環境であれば、必然的に英語環境で生活して行くことができます。

 

 

ローカルジョブは英語環境で働くだけではなく、時給も日本食レストランよりも割高になります。そして、完全英語環境で働いた経験は、帰国後の就職活動のアピールにもなります!

 

→ ワーホリしたからには、アルバイトは完全英語環境で!

 

職場も英語環境にしたところで、生活環境も英語オンリーにしましょう。シェアルームも日本人同士ではなく、現地オーストラリア人と一緒にシェアルーム滞在します。それが難しい場合は、外国人だけの環境でシェアルーム滞在しましょう。

オーストラリア人がシェアメイトを募集しているサイトで物件を探します。その際、英語力が無い人は相手にされません。逆の立場になれば分かりますが、コミュニケーションがまともに取れない相手と同じ屋根の下で生活するのは、不安の何物でもありませんよね。

英語力を身に着けた後は、アルバイト先も住まいも完全英語環境の世界に入って行くことが許されます。ココからが本当の留学生活・ワーホリ生活のはじまりです。

 

 

セカンドワーホリ後のプランはどうする?

セカンドワーホリ終了時点で、2年半が経過していることになります。

ここら辺で、海外生活はもうお腹一杯に感じる方もいるでしょう。海外生活はもう十分という人は帰国という選択になります。一方、まだ海外生活を続けたいという方は、サードワーホリを検討するか、別の国にワーホリすることもアリです。

以下ではセカンドワーホリ後の身の振り方について、3パターン紹介します。

 

パターン1: 日本に帰国して社会復帰する

セカンドワーホリ終了時で帰国を検討する方は、その時点での自分の英語力を振り返ってみましょう。TOEIC700点台の人は、就活では「ちょっと頑張った人」という評価に留まります。

それが、TOEIC800点台になると、「努力ができる能力の高い人」という評価に変わります。もしTOEIC900点台を持っていたら…、さらに高い評価であることは言うまでもありません!

そのため、セカンドワーホリを終えて帰国を考えている方は、もうひと頑張りしてみましょう!手持ちの貯金もだいぶ回復して100~150万円、またはそれ以上になっているはずです。

 

日本帰国前にフィリピンに2~3か月寄って、TOEIC対策に強い語学学校で勉強し、800点越えを果たしてから日本に帰国しましょう!

 

TOEIC800点以上という価値は、TOEIC全受験者の上位13%以内と言われます。日本人の英語隔週者のトップ1割付近ですから、それなりに胸を張れる価値ですよね!

ですが、上には上がいます。2~3年の留学経験がある人であれば、私の目から見るとTOEIC800点程度では物足りなく感じます。

2年以上の海外経験をアピールする人であれば、TOEIC900点オーバー欲しいところです。留学ドットコムの利用者の中には、1年で800点オーバーの人は普通にいます。海外生活を複数年したならば、それ以上の成果を期待されるのは当然ですよね。

 

ちなみに、TOEIC900点以上になると、上位2%以内の世界です。良い意味で「英語バカの世界」ですよね!(笑)

 

セカンドワーホリが終了した時点で、TOEIC800点前後ある方はそこで安心しないで、手持ちのお金があるなら900点オーバーを取得してしまいましょう。

そして、900点オーバーのスコアを持っていれば、おそらく周囲の方々はあなたの留学生活・ワーホリ生活に誰も文句をつける人はいなくなるでしょう。

私は過去にTOEIC900点越えの成果を出した人に対し、ネガティブな評価をしたケースはほぼ聞いたことがありません。

 

誰が見ても海外留学の成功者にしか見えません!

 

目に見える結果が伴っていなければ、周囲は「あーだこーだ」とイチャモンを付けてくるものなのです。世間ってそんなものです…。結果が伴ってる人には、ぐうの音も出ない。

 

パターン2: サードワーホリに挑戦する

サードワーホリビザの権利取得のためには、セカンドワーホリ中に半年間ファームで働かないといけません。そのため、セカンドワーホリでのローカルジョブも4~5カ月間程度で切り上げないといけません。

ローカルジョブがやり足りない人は、サードワーホリ取得後の1年間で残り思う存分充実した時間を過ごされると良いでしょう。

サードワーホリ終わり際には、セカンドワーホリ終了時と同様、自分の英語力を振り返るようにしてください。

 

サードワーホリまで経験すると、海外経験が3年以上と長いことから、日本に帰国するとTOEIC800点くらい持っていて当たり前といった温度感で周囲から見られます。要するに、周囲のハードルが上がってしまうのです。

 

よって、2年を越えて海外滞在を希望する方は、日本帰国前にTOEIC800点は最低ライン、900点取得を大前提とした目標設定するようにしてください。

ローカルジョブで働き、ネイティブとシェア滞在するなど自分なりに努力した自負があっても、TOEICのスコアを持っていなければ、大した評価の対象にはなりません。

どんな環境で海外生活を送って来たかはモノサシで測ることができないので、どんなに頑張ったことをアピールしても、あくまで個人の感想に過ぎないので抽象的になりがちです。TOEICのスコアといった「目に見える証明」が何より重要であることを決して忘れないように!

 

パターン3: カナダやニュージーランドといった別国にワーホリ

手持ちのお金も問題なく、英語力もTOEIC800点オーバーを取得できているならば、なにもオーストラリアに居続ける理由はありません。

オーストラリアが気に入ったのであれば、そのままオーストラリアに滞在し続けてもよし。せっかくの機会なので、別の国にワーホリしたいという気持ちがあるなら、カナダでもニュージーランドでも行かれると良いでしょう。

ただし、上記でも触れた通り、海外滞在が長くなればなるほど、周囲の期待値も上がっていきますので、そこは十分肝に銘じてください。

 

3年以上海外生活を続ける場合、「TOEIC900点くらい持っていて当然!」という気持ちで臨まないといけません。

 

別国に1年間ワーホリした場合でも、帰国前にTOEIC試験を受けてみましょう。

みっちり勉強した人でなれば、TEOIC900点オーバーは取れません。試験を受けた時点で800点オーバーをキープしていれば、あと2~3か月もフィリピンでTOEIC対策すれば、900点オーバーは現実的です。

日本帰国前に海外生活の集大成として、フィリピンにTOEIC修行してから帰国の途に着きましょう。

 

日本でお金を貯めてから行くのが王道!

これまで予算50万円からの大逆転プランを紹介してきました。さすがに1年間のワーホリ期間では、資金面もカバーして、英語力も十分身に着けることは不可能です。

2~3年の時間を掛けて、資金の壁を乗り越えた後、英語学習をしっかり行い、完全英語環境でのアルバイトや生活に移行して行くことになります。

このように文字で見ると、簡単そうに見えてしまうかも知れません。1年近くのファーム生活は、それなりにキツイと思います。それは仕事内容と言うより、田舎の何もない地域で生活することの退屈さの方が大きいです。特に田舎暮らしが苦手な人には厳しい時間に感じるかも知れません。

 

どちらにしてもお金を貯めてからでないと、本格的なワーホリ生活はスタートしません。ですから、ワーホリで来て現地でお金を貯めるよりも、日本でお金を貯めてからワーホリする方が断然お勧めです!

 

…とは言え、日本で働いていても、「今の職場じゃ薄給でお金は貯まらないし…。」と嘆いている方も少なくないと思います。

その職場はワーホリに行くことになれば、遅かれ早かれ辞めることになるんですよね? 「だったら、早めに退職しませんか?」よりお金が貯金できる仕事を、留学ドットコムが紹介しますので。

ワーホリでファーム生活を1年間すれば、1年で150~200万円の貯金額になっていることは上記で紹介した通りです。日本国内であっても1年に満たない期間で、200万円近い貯金をすることは可能です。怪しい仕事でも何でもなく、単にあなたが知らないだけなのです。

 

これまで、留学コラム内でも他の著者が紹介していますが、その方法が「リゾートバイト」という選択肢です。

※リゾートバイト以外にも、住み込みのお仕事も取り揃えています!

 

現地に行って慣れない生活環境、そして田舎暮らしのファーム生活は、まさに修行です。そんな生活をするよりも、日本国内で何不自由ない生活環境、温泉に浸かり、観光地巡りもしながら稼ぐ!最高じゃないですか!

あくまでバイトですから、面接で落とされることも余程のことが無い限りありません。地方の観光地は、深刻な人材不足ですので、猫の手も借りたいくらいの状況。さらには、観光地には海外からの観光客も多いので、外国人観光客との接点も多くあります。

留学生の中には、1つの国で留学を終えて、その後にリゾートバイトで資金を再度貯めてから、2国目に留学される方もいます。そして、身に着けた英語力で、外国人観光客に英語で接客している方もいます。

 

 

→ リゾートバイトはお金を稼ぐだけでなく、観光地や温泉も楽しめる!

 

お金が無いなら、まず貯めるところからプランニングして行く必要性があります。留学やワーホリする意思がある方は、お金を貯めてから相談に来るのではなく、お金を貯める前に留学ドットコムに相談してください!

 

ココが大きなポイントです。我々は目標達成の最短ルートをご提案しますので!「今はお金が無いから、こんな状態で相談したら嫌がられそう…。」なんて思わなくて大丈夫ですよ。(笑)

お金のことで留学やワーホリを諦めるのは、今やナンセンスに近いです。今回ご紹介したように、留学・ワーホリで成功する道筋は必ずあります。

是非、留学ドットコムにお気軽にご相談ください!

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(5件)/全投票数(5件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求