【留学体験談】マルタ留学の現実や評判は実際どうなの!?経験者にぶっちゃけインタビューしてみた(後編) | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

  • 留学ドットコム
  • 留学コラム
  • 【留学体験談】マルタ留学の現実や評判は実際どうなの!?経験者にぶっちゃけインタビューしてみた(後編)

【留学体験談】マルタ留学の現実や評判は実際どうなの!?経験者にぶっちゃけインタビューしてみた(後編)

公開:2018/08/15 著者:塩口 真由佳 4972 Views

前編のインタビューでは、塩脇さんがマルタ留学を選んだ理由、語学学校での苦労話、カルチャーショックなどを取り上げました。

後編では、学校の外、つまりホームステイ先や休日に訪れた観光地などについて特集していきます!

前編をまだ読んでいない方は、以下からどうぞ!

 

【参考記事】
【留学体験談】マルタ留学の現実や評判は実際どうなの!?経験者にぶっちゃけインタビューしてみた(前編)

 

それでは、マルタ留学体験談の後編スタート!!

ホストファミリーとの交流

塩口
シェアハウスではなくホームステイを選んだ理由は何ですか?

塩脇
うーん、シェアハウスだと他の人と気が合うかとか、馴染めなかったらどうしようとかが不安でした。あと現地の人の暮らしを体験してみたいっていう気持ちが強かったです。

塩口
実際に生活してみて、何かギャップを感じた出来事はありましたか?

塩脇
留学前はホームステイってテレビで見るような暖かいイメージを想像していたんです。でも実際は少し違いましたね。(笑)

塩口
というと??

塩脇
まず、留学生だから特別扱いされるとかは一切ありません。(笑)

私のホストファミリーはお母さん、5歳と7歳の子供たちの3人家族でした。お母さんは仕事が忙しいので、どっちかというと放任主義だったかも。その分、自由は多くあったので拘束されたくない人にはあってる環境だと思います。

塩口
なるほど…。それについて不満に思いましたか?

塩脇
いいえ。(笑)

不満というか、「想像と違うぞ!」と戸惑った感じです。(笑)

塩口
期待しすぎには注意ということですね。(笑)

逆に「ホームステイを選んで良かった!」と思ったエピソードもお聞きしたいです!

塩脇
良かったと思うとことは2つあります。

1つ目が、私のホームステイ先に子供達がいたことです。私がリビングにいたら子供達が駆け寄ってきて、「遊ぼう~」って声をかけてくれたんです!大人相手に英語を話すのって少し緊張するんですけど、子供達だと気軽に話せるし家族の一員になったような気持ちになれて嬉しかったです。

塩口
羨ましい。(; ゚ ロ゚) それ、かなり当たりのホームステイ先ですよ!

塩脇
そうなんですか!(笑)

あともう1つの良かったポイントは、ホームステイ先のご飯が美味しかったことです。

塩口
なるほど~。具体的にどんな料理を食べていたんですか?

塩脇
マルタの家庭料理やイタリアン系の料理を出してくれてました。特にラビオリが美味しかったです!

あと特に嬉しかったのが、いつもホストマザーが「デザート食べる?」や「何か食べたいものある?」と積極的に声をかけてくれたことでした。食後は「日本人はすぐに遠慮するんだからデザートも食べなさい!」って言ってくれたので、アイスとかプリンもよく食べましたね。

塩口
え~親切!素敵です!!(とても羨ましい)

私がカナダへ行った時のホストファミリーとは大違いですよ!

塩脇
ははははは(笑)

トム君
ホームステイをする時に心に留めておきたいのは、「思っていることを我慢せず伝える」ということ。知らない人と一緒に生活するから、不満に思うことがあるのは当たり前なんだ。そんな時は落ち着いて困っていることを伝えてみよう!きっと君の想いは伝わるはずだよ!

 

ホームステイ先の生活環境

塩口
滞在先のロケーションはどうでしたか?

塩脇
ホームステイ先が学校から徒歩3分だったのでとても便利でした。

塩口
ちっ近い!!!(笑)Σ(゚口゚;

トム君
ちなみに、Chamber Collegeは徒歩5分圏内に学校寮、国立プール、ジムもあるよ!

塩口
何か逆に滞在先で不便だと感じた事はありましたか?

塩脇
全然不便だと感じた事はありませんでした。ただ、マルタの家が石?とかコンクリートで作られていて、湿気を全く吸収しないんですよ!しいて言えば、それが嫌でした。(-_-;)

塩口
あと、よく外国ではお風呂の時間を制限されると聞きますが実際どうでしたか?

塩脇
私のホームステイ先では特に細かいルールはありませんでした。平均で15分くらいシャワーを使っていたと思います。

塩口
そうなんですね!女性にとって、シャワーを制限されないのは嬉しいですよね!(笑)

トム君
マルタは1年に300日以上が晴れの国なので、水が貴重な資源として考えられているんだ。だからマルタでは、「シャワーを5分や10分で!」と言われる事も珍しくないのです。日本では考えられない事だけど、できる限りマルタの文化や考え方に合わせられると良いね!

 

シェアハウスのメリットとデメリット

塩口
塩脇さんのお友達でシェアハウスを選ばれた方はいましたか?

塩脇
はい、たくさんいましたよ!シェアハウスにも良い面、悪い面があるみたいです。

塩口
なるほど…。例えばどんなことを聞きましたか?

塩脇
私が聞いたのは、コロンビア人の女の子同士の言い争いに巻き込まれた事件ですね。(笑)

塩口
どういうことですかそれ!?!?

塩脇
その子はコロンビア人2人と同じ部屋に振り分けられたんですが、この2人がけんかしてしまったみたいで、日本人のその子が板ばさみになってしまったみたいです。その子は私のホームステイ先によく遊びに来ていました。(笑)

塩口
なるほど…。人数や外国人との交流が多い分、面倒な問題に遭遇することもありえるんですね…。

塩脇
そうみたいです…。でもシェアハウスに対して羨ましいなって思うことの方が多くありました。もしマルタにもう一度行けるなら、シェアハウスがいいなと思っています!

塩口
それはなぜですか??

塩脇
まず、授業後も英語を使える環境は羨ましかったです。私のホームステイ先には日本人のシェアハウスメイトがもう1人いたんですが、そうなるともう帰ってきてからは日本語ばかり使ってしまって…。それにシェアハウスだったら、交友関係が広がりやすいこともメリットだと思います。

塩口
確かに同世代の留学生と多く出会えるのはシェアハウスですよね!

塩脇
そうなんです!私の友達が週末のホームパーティーに招待してくれた時、1つのテーブルを囲んで国籍関係なくみんなでワイワイ楽しんでいて、「羨ましいな~」と思いました。

トム君
シェアハウスにも色々種類があって、1人部屋+リビング、キッチンシェアや3人部屋+各部屋専用バスルームなど条件を選ぶことができるんだ!こうした部分も細かくチェックしていこう!

 

マルタのオススメ観光スポット・アクティビティ

塩口
マルタの観光スポットでどこが好きでしたか?

塩脇
私はバレッタ(首都)などの現代的街並みよりも、イムディーナ(古都)が好きでした。人も少なく、静かで、お土産が豊富でした。

 

→ イムディーナの雰囲気

 

トム君
イムディーナでは中世の面影が色濃く残っているよ!日本でいう京都的な立ち居地なんだ!

塩口
素敵ですね!塩脇さんは何か学校のアクティビティに参加されましたか?

塩脇
ゴゾ島に学校のみんなで行ったアクティビティは、ある意味印象に残っていますね。(笑)

トム君
マルタ共和国はマルタ島、ゴゾ島、コミノ島からできた国で、ゴゾ島にはマルタとはまた違った、豊かな大自然が広がっているんだよ~。

 

→ ゴゾ島のブルーホール

塩口
え!?ゴゾ島のアクティビティが特に印象に残っているのはなぜですか?

塩脇
私たちの学校が船を借りて生徒の貸切状態でゴゾ島へ向かったんですが、その時お酒が飲み放題だったのでみんな飲みまくったんです。そしたら船酔いとお酒にやられて、みんなふらふらでゴゾ島を楽しめないっていう。(笑)

塩口
塩脇さんもですか?(笑)

塩脇
私は船酔いが怖くて、お酒は一切飲みませんでした!

塩口
ナイスです!(笑)

 

→ 貸切の船でゴゾ島へ出発!

 

マルタ郷土料理はうさぎ肉!?

塩口
マルタ郷土料理はうさぎ肉!?マルタの食べ物でこれ美味しかった!って食べ物をお聞きしたいです。

塩脇
シーフードはやっぱり外せないですね!マルサシュロックは港なので美味しいシーフードがたくさんあるんですが、観光客価格なので少し高いなと感じました。

 

→ 獲れたてのタコを使ったマリネ

塩口
そういえば!マルタの郷土料理はうさぎ肉って聞いたんですがそれは本当ですか?

塩脇
はい、レストランのメニューにうさぎ肉料理ありましたね。(笑)

塩口
塩脇さんはうさぎを食べ……

塩脇
…てないんですよ!(笑)私は何か臭いがダメで…。

塩口
そうなんですね!聞くところによると、食感は鶏肉に似ているそうですよ!

トム君
マルタを含めてヨーロッパでは、ウサギは食材として結構メジャーだったりするよ!だから、マルタ以外の国でも伝統料理にウサギが入っている事が結構あって、マルタ以外でも、もしかしたら食べる機会があるかも!?

 

マルタ留学経験者オススメのカフェとは?

塩口
では次に、オススメしたいレストランやカフェがあったら教えて下さい。

塩脇
「ミント」っていうカフェは私のお気に入りです。店員さんが可愛いし、留学生の私達に積極的に話しかけてくれました。あと、ここのチョコレートブラウニーはとっても美味しかったです。(*^-^)

塩脇
あとAmorino Maltaというバレッタにあるジェラート屋さんもオススメです。ここではジェラートをお花の形に盛り付けてくれて、真ん中にマカロンも入れることができます。

塩口
とてもインスタ映えしそうなアイスですね!

塩脇
そうなんです。でも私がピスタチオのアイスを頼んだせいで、配色がとても地味になってしまって…。(笑)

(写真を見せてもらう)

塩口
あ…本当だ…。(気まずい)でも味は…ね!

塩脇
味はもちろん美味しかったです。(*゚v゚*)

塩口
良かったです!(笑)

 

買わなきゃ損!オススメのお土産

塩口
マルタ留学を考えている方へ、オススメのお土産はありますか?

塩脇
あ!ワインが安いし、美味しいなって思いました。友達とホームパーティーの時はみんなワイン買ってきてましたね。(笑)

私もお土産用に8ユーロ(約1,000円)くらいでワインを買ったんですが、ネットで調べたら、日本では4,000円で売られていて驚きました。

塩口
え!ワイン好きにはたまらない国ですね!でも飲みすぎには注意しなきゃですね!

お土産を買うときはどこに行かれてましたか?

塩脇
うーん。もし安く買いたいなら、マルサシュロックの朝市は良いと思います。私はそこで銀細工の指輪を7ユーロくらいで買いました。でも他の場所、例えばイムディーナと比べるとお土産の質は下がるかもしれません…。

 

→ 現地で購入した指輪

 

マルタ留学を振り返って

塩口
塩脇さんのマルタ留学に点数を付けるなら何点ですか?

塩脇
う~ん。70点です!

塩口
厳しめの点数ですね、それはなぜですか?

塩脇
マルタ留学自体は凄く楽しめたし、環境も語学学校にも満足なのですが、自分自身の頑張りについては少し足りなかったと思っています。

塩口
具体的にどの部分についてそう感じますか?

塩脇
最初の1週間は環境に慣れることに精一杯で、他の国の人と積極的にコミュニケーションが取れなかったことです。今思うと、4分の1の時間を上手く活かせなかったことは、凄く勿体なかったと感じます。

あとホストファミリーともっと仲良くなりたかったし、一緒にお出かけとかもしてみたかったです。(笑)

塩口
なるほど~。私は留学中のホストファミリーと気が合わなくてよく揉めていたので、塩脇さんが羨ましいです。(笑)

 

自身の成長を感じたこと

塩口
留学中に何か成長を実感しましたか?

塩脇
1ヶ月という期間しかなかったので、最後の方は日本での私と別人か!ってくらい積極的に英語を使いに行ってましたね。(笑)

塩口
そうなんですか!?でも、留学だからこそ勢いでできちゃう事って意外にありますよね~?例えば、どんなことをしていましたか?

塩脇
バレッタ(首都)などの現地の人が多くいる場所に1人で行って、バスで隣になった人や近くにいる人に「今日もいい天気ですね~。そういればこの辺でなにかオススメのお店ありますか?」とか聞いてましたね。(笑)

塩口
すごいです!;゚ロ゚) それってかなりの勇気が要りますよね!!

塩脇
普段だったら絶対しません。(笑)

私の場合、両親がマルタ留学の費用(航空券や学校、宿泊施設など合計で40万程度)を出してくれたのでそこは頑張ろうと思ってました。(笑)

塩口
語学力についてはどうでしたか?

塩脇
私は元々リスニングが苦手で苦戦していたんですが、日本に帰ってから受けたTOEICでは点数の伸びを実感できて嬉しかったです!ただスピーキング力を上げたいという人だと1ヶ月は短いと感じました。

トム君
スピーキングを集中的に上げたい!という人の場合には、ほぼ1日マンツーマンで英語漬けになれるフィリピン留学もぜひ検討してみよう!

 

これから留学を考えている人へ

塩口
今留学を考えている人に何かアドバイスやメッセージがあれば教えて下さい!

塩脇
特に大学生の人は時間のある今留学に行った方がいいと思います。自分が外国人になる体験は、凄く貴重で就職活動でも役立つと思います。

塩口
うんうん、他の大学生と差別化できる自分にしかないエピソードがあるって強みですよね!

塩脇
そうだと思います!あと、長期留学を考えている人にこそ、春・夏休みの間にマルタへ1ヶ月とか留学すると良いと思います。

塩口
なるほど!確かにマルタ留学は勉強も観光も楽しめるので、まだ留学経験がない人にもハードルが高くないですよね!

インタビューはこれで以上です、貴重なお話ありがとうございました!!

塩脇
私の体験談が少しでも今留学したい人の役に立てばと思います!ありがとうございました。

 

~あとがき~
今回インタビューを行った塩脇さんですが、名前に塩が付くので勝手に親近感(笑)を感じながら楽しくインタビューすることができました。
また、インタビューを通して、塩脇さんは1ヶ月という限られた時間を1日1日、とても大切にされていたと感じました。特に語学学校では日本人とできるだけ関わらずにやっていく取り決めをしたことや、バスなどで隣になった現地の人に積極的に話しかけたというストイックな部分はとても印象的で、私も見習いたいです。
外に出ていくと、日本の自分よりもなんだか積極的になって、いろんな事にチャレンジができる気がしてくるから不思議ですね。
「旅の恥は掛け捨て」ではないけれども、もしこのコラムを読んでいるあなたが海外に行く時には、日本でやらないような事もぜひぜひチャレンジして欲しいと思います。

 

迷っている方でも、まずはご希望の期間のお見積もり、スケジュール、マルタの気になる所など何でも良いのでぜひお気軽にご相談ください!

 

お問合せはコチラからどうぞ!
・LINEで問い合わせ: 下記バナーをクリック! または @ryugaku.com で検索
問い合わせフォーム
カウンセリングお申し込みフォーム

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(19件)/全投票数(19件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求