費用を抑えてマレーシア短期留学!クアラルンプールにある初心者におすすめの語学学校3選 | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

公開:2019/06/28
カテゴリー:学校の選び方

費用を抑えてマレーシア短期留学!クアラルンプールにある初心者におすすめの語学学校3選

公開:2019/06/28 著者:塩口 真由佳 129 Views

以前、私が「語学学校選びは、言わば…学校との合コンです!」と紹介したことを覚えているでしょうか?

今回は、前回大好評だった語学学校選びコラムのマレーシア語学学校編です。

 

 

「どんな学校が自分に合っているのかわからない…。」

「たくさん種類があって迷ってしまう。」

そんな方は、以下の5点を意識して語学学校を選んでいきましょう!

 

① 語学学校の規模
② 日本人の割合(国際比率)
③ 学校のロケーション
④ 学校の学習環境・カリキュラム
⑤ 費用

 

まだまだ留学先としては、知名度の低いマレーシア。

 

しかし、日本人が住みたい国ランキングでは13年連続第一位。最近は、GACKTの移住先としてもメディアで紹介され、注目を集めています。

 

そんなマレーシアは、インフラが整備され、街も綺麗で住みやすいにも関わらず、物価が安いので、留学生として長期滞在するのに最適な環境なんです!

 

また、講師の大半は、海外から雇われたネイティブスピーカーであること。欧米と同じ教材やカリキュラムにも導入しているにも関わらず、学校の費用も生活費も安い。

 

マレーシア留学には、このような大きな魅力があります。

それでは、まず今回の合コン相手となる語学学校を紹介します!

あなたに、最善なパートナーを一緒に見つけていきましょう!

 

3つのタイプから語学学校を絞り込み!

タイプA
「ある程度知名度があって、歴史もある人気校で学びたい。将来は海外への大学進学も考えている」

 

タイプB
「有名かどうかよりも、クラスの人数が少なくて、発言しやすい環境の方が大切!先生と生徒の距離が近い学校で学びたい」

 

タイプC
「私は、英語で苦手なポイントがあるのでそこを強化したい。自分に合ったコースを取れる学校が良い」

 

タイプA: 大学進学に強い! ~ELS Language Centres~

 

ELS の最大の特徴は、大学進学に特化した語学学校であるという点です。

コース10段階のうちの最上位クラスを修了すると、TOEFLやIELTSスコアを持っていなくても、ELSのコース修了資格だけで大学入学の英語資格を満たす事も可能です。

また、ELSは世界中に200以上のキャンパスを持っているアメリカ系語学学校で、マレーシアには今回ご紹介する3校の中で1番歴史がある、1990年に開校しました。

 

授業・開講コースについて

Certified Intensive English Programme(一般英語)は4週間=1タームという形で授業が組まれているので、短期留学から長期留学まで対応しているコースです。

 

レベル分けが10段階あり細かいので、他の2校よりも、自分のレベルによりあったクラスで学ぶことができます。

 

一般英語コースは、週28レッスン、1クラス55分の5コマ制となっています。

TOEFL / IELTS TEST Preparationコースは4日間の短期集中と1ヶ月の2種類から選ぶことが可能です。

テスト中のタイムマネジメントやテクニックなどを、模擬テストを通して勉強していくのでので、より本番に近い環境でテストに向けて学ぶことができます。

 

学校の規模・日本人の割合

 

ELSは、平均で600名(クアラルンプール校)の生徒がいる、年間を通して非常に人気が高い大規模語学学校です。

また、クアラルンプール校では、アジア50%、中東30%、トルコ等:15%、その他:5%となっており、クラス平均16名、最大20名の制限があります。

大規模校だからこそ、10段階の細かいクラス分けがあるので、自分と同じ英語力を持った仲間と共に学ぶことができます!

 

ロケーションについて

 

クアラルンプール校: クアラルンプールの中心地、有名な観光地ペトロナスツインタワー(クアラルンプールで一番有名な観光名所、452mの超高層ビル。)まで、徒歩10分、水族館やショッピングモールもあります。

 

スバンジャヤ校: 首都クアラルンプールから南西にある、スバンジャヤ校はマレーシアの大学が集まるクアラルンプール校より、落ち着いた環境に位置しています。学校の周りにはSS 15 Courtyardというショッピングモールもあるので、便利かつ、落ち着いた雰囲気の方が好きな方にはこちらの校舎をオススメします。

 

ジョホールバル校: マレーシア南部に位置する、上の2つとは離れた場所にある校舎です。学校のすぐ横がショッピングセンターになっています。また、シンガポールまで車で30分の距離にあるので、気軽に遊びに行くこともできます。

 

タイプB: アットホームでフレンドリーな学校 ~Stratford~

 

Stratford International Language Center(Stratford)の最大の特徴は、学校のアットホームな環境にあります。Stratfordは学校の生徒数が平均100名~120名程度の小規模校です。

 

そのため、授業は1クラス平均8名程度で行われ、大規模校に比べて発言する時間も多く、講師との距離が近いことが特長です。

 

Stratfordの教師の国籍は、アメリカ、イギリス、オーストラリア、イラン、マレーシアなど様々なので、マレーシアらしい多国籍な環境や教師陣から英語を学びたいという方にオススメの学校となっています。

また、講師陣は英語が母国語でない人に英語を教えられる国際資格【TEFLまたはCRELTA】を全員が取得済みなので、欧米圏の語学学校よりも安価にクオリティの高い英語を学ぶことができるのもStratfordの魅力となっています!

 

 

授業・開講コースについて

 

【授業スタイル】
授業は毎日4.5時間行われ、さまざまなスタイルで授業を行っています。教材を使った授業以外にも他生徒とコミュニケーションを取るワークショップやアクティビティ(月1度の有料ツアー等)なども豊富に用意しており、実践的に英語を使用することを通じて、英語のさまざまなスキルを向上させます。

 

【コースの種類】
Stratfordは基礎を勉強する、一般コースのほかに、ビジネス英語コースやIELTS対策コースも開講しています。

一般英語は、ビギナーからアドバンスの計6レベルあり、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングに加え、文法を中心に勉強するので、総合的な英語力を鍛えることができます。

ビジネスコースは、4レベルに分かれており、1ヶ月で16時間分のカリキュラムが組まれています。このコースは主に英語基礎よりも、すでに社会人の方、ビジネスの場で通用する英語を伸ばしたい、自信をつけたいという方向けのコースとなっています。

IELTS対策コースは、1ヶ月の集中強化コースか3ヶ月のレギュラーコースを選ぶことができます。1ヶ月のコースは、IELTSで点数を取るためのテクニックやスキルに焦点を当てた、基礎がすでにある方向けのコースです。一方で、3ヶ月コースでは、テクニックと共に、IELTSで高得点を取得するための総合的な勉強を学べます。

 

学校の規模・日本人の割合

授業は1クラス平均8名程度で行われ、最大でも15名と言う少人数制のため、大変中身の濃い授業が受けられるのが特徴です。

国籍割合は中近東(サウジアラビア、イエメンなど)が最も多い50%、中央アジア(カザフスタン、ロシアなど)出身が30%、その他アジア系(韓国、中国、タイ、インドネシア、日本など)20%と日本人がほぼいない環境なので、英語漬けの毎日を送れること間違いなしです。

 

また、Stratfordでは毎月、各生徒に個人レポート(テストの結果、出席率、講師からのコメントなど)を配布してもらえます。

 

月ごとに、自分の勉強成果を見直す機会があり、講師からのフィードバックも貰えるため、改善点が見つけやすく、モチベーションの維持にも繋がるのではないでしょうか!

ちなみに、私の通っていたカナダの大規模校にはフィードバックなど一切ありませんでした…。

 

アットホームな学校だからこそ、1人1人に目が届く、Stratfordはそんな校風の語学学校です。

 

ロケーションについて

Stratfordは、クアラルンプールの中心部に位置し、最寄りの地下鉄駅まで徒歩約5分、4スターホテルの中にある学校です。

また、ペトロナスツインタワーまで徒歩約10分と便利で観光にも人気なスポットの近くにあります。Stratfordは英語教育機関として2013年に設立され、低価格で高い教育基準を提供しています。

 

→ 中心地であるペトロナスツインタワーまで徒歩約10分と非常に便利!

 

宿泊施設に関しては、学校から35分ほど離れたマンションに学生向けのシェアハウスを提供しています。

そのため、語学学校の多国籍な仲間と一緒に生活することが可能です。最寄りの駅からも徒歩3~4分の範囲には、スーパーやレストランもあります。

 

Stratfordの留学体験談をご紹介

留学ドットコムを利用してこの学校へ通った方からは、以下のフィードバックを頂きました!

 

ミオさん / 10代 / 女性
留学でマレーシアというのは、まだまだマイナーな国でありますが、マレーシは多国籍な国であり、私はこの学校で世界中の友達ができ共に学ぶことができました!
また、他の語学学校と比べ日本人が非常に少なく、クラスに日本人が一人もいない環境であり、常に英語でクラスメイトと会話ができたので自信がつきました!
先生方も優しくとてもフレンドリーでした!マレーシアに行ったら、また絶対に遊びにいきたいです!

 

タイプC: オーストラリアの人気校がマレーシアへ進出! ~ELC~

English Language Company(ELC)は、2003年にオーストラリア・シドニーで創立して以来、南半球屈指の語学学校として世界的に知られています。

今ではシドニーに加え、ロシア、中国やベトナム、インド、そしてマレーシアには2012年に語学学校を開校し、世界規模の語学学校になりました。

 

シドニー校と同じ質、カリキュラムが受けられる学校として、マレーシアで人気の語学学校の1つです。

 

ELCでは、毎週月曜日に確認テストの実施や、遅刻の取り締まりをしているなど、学校のルールもしっかりしているので、英語力を着実に見に着けたいという方にはこの学校をオススメします。

一定以上の基準を満たす学校のみによって構成される教育連盟IALC認定校なので、不安が多い海外留学でもご安心してご滞在頂けます。

 

 

開講クラス・コースについて

 

ELCでは、一般英語コース(最短2週間~)と、一般英語+ビジネス英語コース(最短2週間~)、大学進学希望者向けのIELTS対策アカデミックコース(最短4週間~)の大きく分けて3つのコースがあります。

一般英語コース(1~5段階)は、Readeing / Writing / Speaking / Listening を総合的に学ぶプログラムで、集中英語コース (週 25 時間), パートタイム(週 15 時間), プレミアムコース(週 25 時間、マンツーマン授業含む)授業時間がそれぞれ異なる3種の中から選べます。

 

ビジネス英語コースでは、ELCシドニー校本校により承認済みのシラバスに沿って進められます。

 

一般英語と合わせて、ビジネス英語コースを受講することによって、プレゼンテーション、交渉術、電話マナーなどの実践的なスキルも身につけることができます。

また、短期間で集中的にビジネス英語を学びたいという方のために、マンツーマン個人レッスンを組み合わせた「ビジネス特化プレミアムコース」も選ぶことが可能です。

アカデミックコースはオーストラリア、ヨーロッパなどの大学に進学したい上級者向けにコースを開講しています。大学進学に必要なIELTSのスコアに到達するために、一般英語よりも専門的なReadeing / Writing / Speaking / Listeningを見につける事ができます。クラスは4段階あり、IELTS5.0レベルから~7.0まで対応しています。

 

ELCの最大の特徴は、自分でクラスをカスタマイズして選ぶことができることです。

 

例えば、スピーキングが苦手で、映画鑑賞が趣味なら、【英語の基礎クラス+苦手なスピーキング強化コース+Film English】など苦手な分野+好きなことを組み合わせて学習することができます。

つまり、ELCでは1人1人、英語を勉強する目的も、苦手分野も異なることを理解し、その人が1番必要だと思う最短ルートでの学習環境を与えてくれます!

 

→ 苦手分野と好きな分野を組み合わせて学習できる。

 

学校の規模・日本人の割合

 

学生数は200人程の中規模校です。時期にもよりますが、日本人の割合は平均で10~15%くらいで安定しています。また、その他の国では、中東系30%、アジア系25%、韓国5%程の国籍割合となっています。日本人があまりいない環境で、勉強したいという方にはぜひおすすめしたい学校です。

平均12名の小人数クラスでは、発言の機会が多く取られており、多国籍な学生と意見交換しながら英語力をアップすることができます。

アジアからの学生が多く在籍していますが、北アフリカや中東、ヨーロッパからも学生が集まっており、理想的な英語環境が整っている学校です。

 

ロケーションについて

最寄り駅から約5分の好立地にキャンパスがあるELC周辺には、伊勢丹や大きなショッピングモールが数多くあり、ショッピングやランチ、カフェなどに困ることはありません。

また、ELCのあるブキッ・ビンタン周辺はクアラルンプールの中で最も栄えているショッピング街として知られています。

ELCから徒歩7分程度の所にある、”パビリオン”というショッピングモールの中には、「東京ストーリート」と呼ばれる日本食レストラン街や、地下のフードコートで銀だこ、ビヤード・パパのシュークリームなどの日本人に馴染み深い食べ物がたくさん販売されています。

 

→ ELCからショッピングモール「パビリオン」までは徒歩7分ほど。

 

なので、もし、留学中に「日本食が恋しい…」と感じたら、すぐに食べに行くこともできてしまいます。

また、学校の寮はキャンパスから徒歩10分程の場所に位置しているので、すべてが徒歩圏内に揃った環境で留学生活を安心して過ごすことができることもELCの魅力です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

留学と聞くとカナダ、オーストラリア、最近だとフィリピンが人気ですが、もしあなたが「人とは違った経験をしてみたい。」、「日本人があまりいない環境で、英語力を伸ばしたい。」そう考えているなら、マレーシア留学もぜひ選択肢の1つに入れてみてはどうでしょう?

また、ここまで皆さんのタイプ別にオススメの学校をご紹介していきましたが、最後に忘れてはいけない5大要素の1つが「費用」です!

マレーシア留学の費用の目安は、授業料+宿泊費で約15万円/月くらいです。

 

正確な費用は、学校、コース、入学時期、キャンペーンの有無などによって大幅に変わります。

もし少しでもマレーシア留学が気になってきたという方がいましたら、ぜひお気軽にLINEやホームからお問い合わせくださいね。

この記事が、みなさんのマレーシア留学の語学学校選びの参考になれば幸いです♪

 

 

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(4件)/全投票数(4件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求