【格安短期集中留学】airbnbや民泊、観光名所で英語の接客・外国人対応で苦痛を感じている方へ! | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:各種コースの紹介

【格安短期集中留学】airbnbや民泊、観光名所で英語の接客・外国人対応で苦痛を感じている方へ!

公開:2019/11/14 著者:中山 大輔 88 Views

この記事は留学ドットコムのスタッフがairbnbの経営者とお話しをした事がきっかけで生まれた記事です!

民泊や観光業に携わる人は、毎日のように外国人のお客さんと英語の接客対応をしながら、「もっと英語しゃべれたらいいなぁ…。」、「もっと言いたいことをスムーズに言えたら楽しいだろうな…。」と感じているのではないでしょうか!?

そこで、今回このコラムでは留学エージェントの立場から「短期での格安集中プログラム」を作成し、ご紹介をしています。

 

民泊や観光業の方こそ、【限られた時間で成果を出せる短期集中留学】をぜひ検討してみてくださいね。

読みやすい対談形式でコラムを作成していますので、早速気軽に読んでみてください。

今後も英語を使う機会は間違いなく増えていく!

・プログラム紹介者: トム君

・質問者: 留学 花子(りゅうがく はなこ)さん

 

トム君
今回は民泊をはじめ、日本の観光業(ホテル、旅館、お土産屋さんなど)で働いている方に向けての記事になるよ!花子さんよろしく!

花子
は~い。よろしくトム君!私も読者の皆さんが聞きたい事をちゃんと聞けるようにトム君にもドンドン質問をしていくね!

トム君
それじゃあ、まずは「今後も英語を使う機会は間違いなく増えていく!」という所をお話していこう。

花子
うんうん。最近は私でも観光地とかに行く度に「たくさん外国人を見かけるなぁ…」と感じるね~。

トム君
そうだね!例えばあるデータを見てみると、約10年前(2008年)の訪日外国人は835万人。

そして去年の2019年はなんと3,100万人以上になっているんだよ! ※日本政府観光局 発表統計より

花子
え~!そんなにも!!約4倍じゃん!そうなると…10年前と比べて英語で困っている日本人もなんだか4倍くらいに増えてそう。

トム君
うん。日本政府としても「もっともっと外国人は日本へ来てね!」とめちゃくちゃ頑張っているから、今後も外国人への商品販売は間違いなく増えていくだろうね。

花子
なるほど。もし今の仕事で英語がネックになっている人がいたら、1日でも早く英語を身につける方が間違いなく良さそうだね!

もし英語がしゃべれれば、今の仕事がもっと楽になるし楽しく過ごせそう~。

 

 

そもそも留学は、英語を短期集中で学びたい人にベストな手段なのか?

トム君
次は「英語を短期集中で学びたい人は留学がベストな選択かどうか」という所を見ていこう!

留学ドットコムでは、「毎日仕事で英語を使っている観光業界の社会人こそ留学に!」と推進しているんだ。

花子
え?なんで!?働いている社会人だと忙しくて、なかなか留学に行くような時間も取れないんじゃ…?

トム君
うん。普通はそうだよね~。今、周りを見渡すと英語の勉強方法ってたくさん目に付くから…「留学なんかぶっちゃけ必要なくない?」とか「自宅でオンラインの英会話できるじゃん!」と考えてしまう人が多いと思う。

花子
うんうん。オンライン英会話に駅前留学、それに本屋にいけばたくさんの参考書。そして手元のスマホには英語学習アプリにYoutube、それに通販なんかのCD教材!もう本当にたくさんの選択肢があるよね~。

トム君
しかし、ここで改めてみんなにしっかり考えてみて欲しいのは…

「毎日仕事で忙しくしていて、果たして自分は英語の勉強をコツコツ続ける事ができるのか!?」という部分なんだ。

花子
!!!………(花子さんは何か心当たりがある様子)

トム君
「ついついスマホやテレビを見てしまって、気がついたらあっと言う間に寝る時間だ~!」、「帰宅をした時にはヘトヘトだから勉強は明日に…」、「やることいっぱいでそんな時間はないよ!」という人もきっと多いと思うんだ。

花子
………………(花子さんはやはり何か心当たりがある様子)

トム君
…………

花子
……………

トム君
は…花子さん…………(汗) [ しばらく空白の時間が流れる ]

花子
(ハッ!)う…うん!そ…そうだよね!やっぱり会社で一生懸命働いている人ほど、疲れて帰宅しちゃうから、なかなか勉強って難しいよね~あはは。(棒)

トム君

う…うん。特に「英語勉強するぞ!!っていざ思い立ったけど結局挫折しちゃって今は何にもしてない…。」っていう人は、今こそ何か違う方法を取らないといけないんだ!

もしそのまま何もしなければ…きっとこれからもずっとその状態が続いてしまうだろうから。

花子
た…確かに。私も英語話せるようになりたい!と思い立ってから、すでに何年も経ってるような気がするし…。(汗)

トム君

だから、もし「このままだと英語の勉強がうまくいきそうにないな…。」と感じている人は、ぜひ思い切って全く違う事にチャレンジしてみよう!

なぜなら、今までと違う事をやれば、自然も結果が変わってくるから!

花子
そうだね!今のまま何も行動しなければ、何も変わらないのは間違いないもんね。

思い切って環境をガラッと変えれば、それがきっかけになる事も絶対にあるはず!

トム君

その通り!!そして、毎日の仕事で英語の苦労をしている人こそ、留学中もめちゃくちゃ頑張って大きな成果を出す傾向にあるんだよ。

やっぱり「何となく英語しゃべれるようになりたいなぁ…。」という人よりも「仕事で英語を使うから何としてでも上達させたい!」という人の方が断然頑張れるから。

花子
なるほど~。じゃあ、

「このままの生活を続けていて、果たして英語が使えるようになるだろうか…。」

「今の状態だと毎日英語コツコツ勉強するのは厳しそう…。」

「仕事で英語が必要だから絶対に上達させたい!」

と感じている社会人にこそ一番留学が効果的なんだね!

 

 

忙しい社会人がリアルに行ける留学期間は?

トム君
次はさらに現実的な話をしていこう!トピックはズバリ「忙しい社会人の適正な留学期間」だよ。

花子
うんうん。留学が大きなきっかけになることはわかったけど、やっぱり社会人って忙しいもんね。

実際、ほとんどの社会人は頑張っても1週間くらいしかお休み取れないんじゃ…。

トム君
そうだね。勤めている会社や職場によっても状況はかなり違うと思うけど…やっぱり1~2週間が社会人が取れるリアルな長期休みになると思う。

花子
でも、実際たった1、2週間だけでできる留学の成果なんてたかが知れてるんじゃないの?

結局そのお金って無駄にならない!?

 

短期留学でも成果を出せる2つの工夫ポイントをご紹介!

トム君
確かに1、2週間だと物理的に勉強できる時間は限られてくるね。

でも、実は英語を使う観光業界にいる人だけができる「2つの留学工夫ポイント」があるのです!その部分しっかり押さえて留学をできれば、かなり効果的な留学が実現できるんだよ。

花子
えっ!?なにその気になるキーワード!その工夫ポイントって、一体どんな工夫なの?

トム君

それは…ズバリこの二つ!

工夫1)オフピークの時期に留学ができる!

工夫2)自分が学びたい英語をピンポイントで勉強できる!

花子
ふむふむ。まず工夫1の「オフピークの時期に留学できる」ってどういう事?

トム君
順番に解説していくね。まず1つ目の「オフピーク」というのは閑散期。つまり忙しくない時期の事で、実は「観光業界のオフピーク」と「留学のオフピーク」がほぼ同じというのがポイントなんだ。

花子
それって、観光業界の人達は留学が安い時期に留学ができるっていう事?

トム君
その通り!もちろん観光地や働いている業種、それに留学する国によっても変わってくるんだけど、一般的にはこんな感じになるよ。

 

 

トム君
つまり、観光業界や宿泊業界の人だと普通の人よりも安い時期(オフピーク時期)に留学しやすいから結果として費用を安く押さえられるんだ。

花子
なるほど!普通のサラリーマンだと年末年始やゴールデンウィーク、お盆とかが長期の休みになるから、自然と航空券が高くなっちゃうんだね。

トム君
そうなんだ!特に、短期留学だと航空券の費用が留学予算の大きな割合を占めるから、もしオフピークのLCC航空券が買えれば、普通のチケットと比べて1/2くらいになるよ!

花子
え~!そんなに費用が変わるんだ!?つまり、観光業界で働いている人はそれだけ留学がお得になるんだね。

トム君
うん。まずは、自分が働いているホテルや観光地で忙しくない時期を考えてみよう。もしそのタイミングで留学に行ければ、費用をかなり押さえてお得に留学が実現可能なんだ。

それに、会社も忙しくない時期だったら、長期の休みも取りやすいだろうから一石二鳥だね。

花子
でも、お盆やGWなんかは日本のお休みだよね?日本人と外国人の休みってやっぱり違うから、訪日外国人が多い観光地だと一年中ずっと忙しかったりしない?

トム君
良い質問だね!確かに日本人のお休みと外国人のお休みは関係ないけど、観光地には必ずオフピーク(忙しくない時期)があるんだ。

例えば、スキー場が有名な山間部だと夏場はお客さんが減っちゃうし、海で有名な場所だと寒い冬はお客さんが減っちゃうよ。

花子
確かに…365日一年中ず~っと忙しい観光地っていうのはあんまりないかも。

トム君
普通の語学学校であれば1年のどの時期であっても入学はできるから、単純に今働いている職場のオフピークを考えてみて、「この時期なら休めそう。」、「この時期なら航空券も安そうだな。」というタイミングを選べば大丈夫!

花子
なるほど。賢い短期留学をするためには、出発時期の選び方がすごく重要なんだね~。

 

 

自分が学びたい内容をピンポイントで学ぼう!

トム君
そして、次はもう一つのポイントを解説!「自分が学びたい英語をピンポイントで勉強できる!」という部分になるよ。

花子
ん?「自分が学びたい英語を学ぶ。」ってぜんぜん普通の事なんじゃないの?

トム君

ふふふ…。実は、留学のスタイルによっては、自分が学びたい英語をピンポイントで学べないケースもあるんだ~。

今回留学ドットコムでは「airbnbや民泊、観光名所の接客英語や外国人対応で困っている人のために専用の留学プログラムを作った。」って言ったよね?

花子
うんうん。

トム君
実は、そのプログラムはフィリピンでのプログラムなんだ。そして、このフィリピン留学という所がミソなんだよ。

花子
えぇぇ!トム君…私全然わかんないんだけど…。(汗)

トム君
花子さん焦らなくても大丈夫!(笑)順を追って説明していくね!まずフィリピン留学の特徴って何だと思う?

花子
マンツーマン授業と1日中みっちりの授業スタイル!

トム君
その通りだね!じゃあ、マンツーマン授業の良い所って?

花子
自分のペースや自分の要望を先生に伝えながら授業が進められる事。…ハッ!(なにかひらめく花子さん)

トム君
ふふふ…花子さん…どうやら気づいたみたいだね。

普通の欧米留学スタイルだとどうしても「一方通行の講義型」になっちゃうから、自分が聞きたい内容が絶対に聞けるとは限らないんだ。

花子
確かに…講義スタイルの授業だと他の留学生もクラスに12人くらいは絶対にいるから、「先生!私はもうそこは知ってるから飛ばして、これについて教えて!」とは言えないもんね~。

トム君
その通り!でも、フィリピン留学のマンツーマンであれば…。

花子
「先生!私はこれが知りたいから、ここにについて教えてください!」と言える!!

トム君

その通り!そして、特に観光業界で働いている人であれば、先生にリクエストをして職場で使う表現やシーンに絞って授業を受けることもできるんだよ。

・外国人向けの自社商品(お土産など)の説明
・外国人へ伝えたい地元の観光スポットやお店の説明
・外国人の宿泊先での施設の使い方の説明
・民泊利用時の各種注意事項の説明

などなど…

花子
なるほど!マンツーマン授業で先生にリクエストできれば、「こう言ったことが英語でうまく言えなくて仕事で困っているんだよ~。」という切実な相談も出来るよね!(笑)

 

 

現場ではこんな英語表現が必要とされている

トム君

ちなみに、留学ドットコムのスタッフがairbnbの経営者とお話しした時には、「こんな困りごとがあるんだよ~。」という事を伺ったよ。

「英語の書類を見せるだけだと寂しい…。もっといろいろお話ししたい…。」
「家の使い方やルールを英語で簡潔に説明したい!」
「自動湯沸かし器のボタンの英語説明が難しい…。」
「ゴミの分別など細かな所も分かりやすく説明してあげたい。」
「観光名所や美味しいお店なんかも自分の口から教えてあげたい。」

などなど…

花子
そうなんだぁ…やっぱり現場の声はリアルで切実なニーズだね~。

確かに「英語の案内書類を見ておいてね!」というのも一番効率的だけど…せっかくなら一期一会の出会いを大切にしてゲストと楽しく会話や交流したいもんね。

トム君
うん。今はスマホなどの翻訳機能もあるから、「何言っているかわからなくて困った!」というケースは少なくなっているみたいだけど…

翻訳アプリを使う時の微妙な空白時間や待ち時間は、やっぱりものすごく気まずかったりするみたいだよ…。(笑)

花子
確かに…。(笑)あとは私の場合、旅館やホテルのチェックインの時なんかは「必要事項をパパッと聞いて、早く自分の自由時間を満喫したい!」と思うから、スタッフの説明が遅かったり、待たされたりするのは嫌だなぁ。

トム君
うんうん。やっぱり民泊を利用する海外の人も貴重な時間とお金を使って日本に来ているから、「チェックインの時間は極力短くしたい!」、「早く説明を終えて早く自分の時間を自由に使いたい!」という気持ちはすごく強いみたいだよ。

花子
もし、そうした時にわざわざ翻訳アプリを出して「あれ?うまく動かないな。」、「翻訳機使うからちょっと待っててね…。」とモタモタしているとお客さんもきっとイライラしちゃうよね。

トム君
うん。だから、留学生側が「こうした事を英語で説明したい!勉強したい!」とピンポイントで先生に伝えて勉強ができれば、それがものすごく有意義な授業や時間になるんだよ。

花子
つまり、フィリピン留学なら、先生に遠慮なく「シャワーの使い方を説明する英語表現を教えて!」と聞いて勉強できるってわけだね!

トム君
その通り!英会話の内容がピンポイント過ぎるから、何も知らない先生だと最初はびっくりされるかもね。(笑)

花子
あはは。(笑)時間が限られている短期留学だからこそ、トム君が言ってた2つのポイント(オフピーク留学でしっかり節約・勉強したい英語をピンポイントで学ぶ)をきちんと押さえていくのが重要なんだね~。

 

 

留学ドットコムの短期留学プログラムのご紹介!

トム君
コラムの最後では留学ドットコムのairbnbなどの民泊、観光産業の社会人向けの短期留学プログラムを紹介するよ!

早速、例としてまずは2週間での大まかなスケジュールを見ていこう。

 

 

花子
土曜日か日曜日に日本を出て、土曜日か日曜日にまた日本に戻るっていうスケジュールなんだね。

例えば、仕事の都合で平日に出発したい人は、水曜日とかから授業スタートするという事もできるの?

トム君
うん。基本的には土日スタートでの1週間単位の留学になるけど、柔軟に対応してくれる学校もあるから、会社へ出すお休みスケジュールも踏まえてぜひ気軽に相談してね。

花子
ちなみに、もし「留学したい!」と思った時には、どれくらい前に申込みや問い合わせが必要なの?

トム君
短期留学であってもしっかり準備をするために遅くとも2ヶ月前くらいには申込みができると理想だね。

でも、急ぎの申込であってもできる限り希望の日程に間に合うように頑張って手続きは進めるから、日程についても遠慮なく相談してね!

花子
もし出発がギリギリになっちゃった時には何か困る事あるの?

トム君
うん。困っちゃうことは2つ。1つはギリギリの申込だと人気の学校が一杯で申込ができない可能性があるよ。

そして、もう一つは工夫1でもあった「オフピークの安い航空チケットが残っていない。」という可能性も高くなってしまうよ。

花子
そうなんだ~。評判が良い人気の学校に通いたい人やできる限り費用を押さえたい人は、「早めの早めの準備とお手続き」が重要なんだね。

あとは通う学校とかのオススメはあるの?

トム君
うーん。留学する人の希望や好みによって変わっちゃうから一般的な案内は難しいけど、このプログラムの場合には忙しい社会人の短期留学だからいろいろ融通を利かせてくれるどちらかというと小規模な学校が人気だね。フィリピンの学校もめちゃくちゃたくさんあるから、カウンセラーがしっかり希望を伺って提案するからご安心を!

 

 

気になる短期留学プログラムの費用は?

花子
プロにそうやって言ってもらえるとやっぱり心強い!トム君、次は大まかな費用を教えてよ!

トム君
了解!それじゃあ、ここでは1週間~4週間の4タイプで大まかな予算を紹介するね。何人部屋のお部屋に泊まるのかとかによっても変わるけど、「コミコミ1週間で15万円~」というのが大まかな目安だよ。

 

※部屋タイプは2人部屋、コースはマンツーマン6コマでの概算になります。

 

花子
ねぇトム君。1週間と4週間の差額って本当に12万円なの?

期間が4倍になってるのに、費用は2倍未満なんだけど…。

トム君
うん。そうだよ。だから、もし会社を休めるのであれば、長ければ長いほどドンドンはお得、割安になるんだ!

花子
そうなんだ~。じゃあ、頑張って会社に交渉して「少しでも長いお休みください!」ってめちゃくちゃ頑張った方が良さそうだね。(笑)

あとは、これ以外に掛かる費用は何かあるの?

トム君
ううん。必要な費用は全部入れてあるから、あとは単純に「自分のお小遣いだけ」だよ。

花子
全部コミコミの費用表示だとわかりやすくてありがたいね!ちなみに短期留学のお小遣い目安ってどれくらいになるの?

トム君
そうだねぇ。お小遣いの費用は個人差が大きいけど、フィリピンであれば1週間1万円もあればきっと不自由はしないと思うよ。

 

勉強に100%全力投球できる実家スタイルの留学

花子
フィリピン留学のプログラムだと食事や洗濯、掃除なども含まれているからありがたいよね~。

日本で一人暮らしだと自炊や洗濯、掃除で毎日結構時間取られちゃうもん。

トム君
うん、そうだね!このプログラムだと「準備された食事を3食食べながらしっかり勉強して、あと寝るだけ!」っていう生活スタイルになるから、日本での生活よりも気が楽かもね~。

花子
なんだか「食事洗濯掃除を全部やってくれる実家生活」みたいだね。(笑)

トム君
あはは。(笑)もし実家を出て一人暮らしをしている人だと、実家の楽な生活を想像して貰うとわかりやすいかもね~。

花子
「観光業界の社会人ならではの魅力」

「留学スケジュール」

「準備のタイミング」

「費用」…と重要なポイントはこれで全部かな?

トム君
うん。今日は重要なポイントはしっかり案内出来たと思うよ!

あとの具体的な学校の選び方や施設や食事などの写真、細かな見積りなどは個別でカウンセラーがしっかりご案内をしていくからご安心を~。

花子
良かった!トム君、今回は格安短期留学のお話しと情報ありがとう!

あとは、毎日英語を使わなきゃいけない観光業界の人達にこのコラム情報がしっかり届くと良いね。

トム君
おー!!毎日楽しく外国人の方とお話しができるような社会人が一人でも増えるようにボク達も頑張るよ!

興味のある方は、ぜひぜひLINE登録をしてなんでも質問してね!

 

 

LINE登録してお問い合わせください!

いかがでしたでしょうか?

トム君と花子さんの対談を読んだ社会人の方々が、少しでも「私もやってみようかな?」という気持ちになれば幸いです。

そして、今毎日のお仕事をしながら「もっと英語が上手にしゃべれたらいいのに…。」とそう感じているあなたはぜひ今すぐLINEを登録してその疑問をカウンセラーにぶつけてみてください!!

LINE登録や相談は無料ですし、「登録したから申込をしなきゃ…。」いけないわけではありませんので、ぜひぜひ気軽にご登録くださいね。

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(3件)/全投票数(3件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求