気になるところを教えます!フィリピン留学丸わかり ~勉強編2~ | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:学校の選び方

気になるところを教えます!フィリピン留学丸わかり ~勉強編2~

公開:2020/01/14 著者:近藤 菜穂 133 Views

※学校の庭から見たサンセットの空。高い建物が無いからなのか、フィリピンの空は大きく見えて、いつも綺麗でした。

 

あけましておめでとうございます!もうだいぶ遅いかもしれませんが…。(笑)

海外にいると日本のお正月の独特の雰囲気がないので、全く年を越した感じがしません!

私は現在オーストラリアにいるのですが、こちらは、クリスマスに盛り上がってそこから年始まで、なが〜い休暇という感じです!

 

年越しカウントダウンの花火は、めちゃめちゃ綺麗でしたけどね!

 

オーストラリアでの生活についても早くシェアしたいところですが…。

話しはまだまだフィリピン留学の途中なので、カウントダウン花火だけ、チラ見せっ!(笑)

下の写真は、ハーバーブリッジと花火のコラボです!

 

→ 綺麗でしょ!シドニー生活の写真もたくさんあるので、今後を楽しみにしていてください♪

 

今回も引き続きフィリピン留学のお話です。前回より、フィリピン留学の勉強編と言うことで、授業スケジュールをお見せしピックアップしながらお話ししてきました。

授業内容だけでなく、そこから自分に芽生えた新たな気持ちや葛藤など、正直な気持ちをお伝えしようと思うと結構長くなってしまいました。前回は午前の部しかお伝え出来なかったので、後半戦行きますよ~!

今回もプラスα情報ありまくりですが、これこそオリジナルコラムだと思ってます!(笑)前回の「〜勉強編1〜」の記事も参考にしてくださいね。

 

 

→ 前回のおさらいですが、もう一度わかりやすいように、1日の授業スケジュール貼っておきます。

チャーミングティーチャーConversation(会話)の授業!

これは、ネイティブの先生でグループクラス(6人程)でした!

私の先生はカナダ出身、めちゃめちゃおしゃべり大好きな人で、先生の最近身の回りで起きたことや、話したいことを中心に会話が始まり、それに私たち生徒がついていくという感じでした。

教科書のトピックを題材に授業することもありますが…あれあれ?いつの間にか、先生の昔話になってるみたいな…。(笑)

 

教科書はありましたが、ほとんど教科書は使わずアットホームな授業でした♪

 

教科書の中には、もちろん新出単語だったりイディオムだったりがたくさん含まれているので、私は自習用として活用していました!

しかし、ネイティブの発音はもちろん、スラングだったり、違った言い回しだったりを聞ける貴重な授業でしたよ。

先生がチャーミングで人気があったので、このグループクラスでは、あまり生徒の入れ替えもありませんでした。日に日にみんな仲良くなり、先生の話に対してみんなでよくツッコミを入れていました。(笑)

 

→ チャーミングなカナディアンの先生。

 

ちなみに、私はネイティブの先生は1日に一コマでしたが、EG Academy は、ネイティブミックスコースと言って、ネイティブの先生の授業をより多く受けることもできます。

また、ゴルフコース、ビジネス英語コース、IELTSコース などもあるので、途中でコースを変えている方もいらっしゃいました。

どうしても毎日同じスケジュールで勉強していると飽きてくるので、数ヶ月留学予定という方は、途中でコース変更するのもありかなと思います。私の友達も途中から、ネイティブミックスコースにしていましたよ!

 

このような途中でコース変更したり、何か学校内でトラブルが起きたりすることも想定すると、日本人マネージャーの方がいる学校の方がスムーズかもしれませんね。

日本語が通じるマネージャーがいるかどうかは、「学校選びのポイント」でもあります!

EG Academy は、日本人マネージャーや日本人をサポートする学生インターンの方もいらっしゃいました。

 

 

Reading の先生は日本に興味津々!

「日本に行きた〜い!!」と常に言っていたReading の先生。授業中に英語を教えてもらっている時、「日本語でこれは何て言うの?」と言った感じで私が日本語を教えたりもしていました。(笑)

こちらも雰囲気はゆるりとしていますが、基本的な授業内容はしっかりと高校の英語の授業のよう。

教科書にある英文記事や短めの物語などを読んだ後に、内容を理解できているか、4択から解答を選ぶ方式の問題が用意されています。

 

毎回新たなイディオムも出てくるので、それも覚えつつ教科書に沿って授業していきました。

私はReading は得意な方なので、最後の方は難し目の教科書もトライさせてもらいましたよ。

と言いつつ、見慣れない英語の表現には、「何でこの表現なのかわからない!」と先生に何度も聞いて、困らせていたこともしばしば。(笑)

 

私たちが日本の学校で習ってきた英語は、どうしても受験英語なので、文の構成をどれも基本の文法に当てはめがちです。

表現の仕方がたくさんあるのに、ある一部分しか知らないんですね。なので、私も理解に苦しむ英文が当然出てきました。

ですが、先生に言えば説明してくれますし、分からなければ納得できるまで聞けるのも、また個別指導に感謝です。

 

女子会トークも満載のSpeaking !

これも基本的には、先生との会話の授業です。この50分は先生といろいろな話をしました。私よりも若い女性の先生で、本当に素直で明るくて大好きでした。この先生はタピオカドリンクが大好きで、近くのおすすめショップをたくさん教えてもらいました♪

実は私は流行に遅れるタイプなので、第3次タピオカブームと言われている日本で、1度もタピオカミルクティーを飲んだ事がなく、あの黒い見た目が故にそんなにそそられることなく…。(笑)

「ブラックコーヒー派だから、ミルクティーもなぁ…。」なんて私の中の昭和っぽい考えが、飲むのをためらわしてしたのですが…。(バリバリの平成生まれなのに!笑)フィリピンに来て、先生に勧められて、やっと飲みました!(笑)

 

なにこれ!プニプニ、モチモチで美味しい!!びっくり!!(→皆んな知ってるわ!笑)

一度飲んだらクセになってしまい、お昼休みの時にひとりで買いに行ってました。
また、フィリピンでのタピ活について後日シェアさせて下さい〜♪

安いし、種類豊富だし、お腹は満たされるし、ブームになるのも納得しました。(→遅いわ!笑)

 

→ 先生に教えてもらったおすすめ店にてシェアメイトとタピ活♪

 

さて、授業の話に戻ります。

Speaking の授業では、先生にもよりますが、私は流行りの音楽を聞いて、その中から英語の定番フレーズを学んだり、映画を見てその後に内容について先生と話したり、基本的には日常会話から楽しく英語を学ぶというスタンスでした。

そして、毎日の授業の中で先生との距離も自然と縮まり、今までの経験や生活についてお互いに話すようになります。

 

日本とフィリピンでは育ってきた環境が全く違うので、先生と色々な情報をシェアすることがすごく面白かったです!

 

最も印象的だったのは、いつも陽気で明るい先生が、自身の学生時代の話をしてくれました。家族がバラバラになりかけた時に周りの友達にすごく助けられたという、とてもプライベートな内容を涙目になりながら私に話してくれた時のことです。

先生と生徒という関係ではあるけれど、毎日会話していると楽しいことからシリアスな内容まで、本当に様々な話を共有できるんですね。

もっと英語を上手く使いこなせたら、先生にかけてあげられる言葉がたくさんあるのに、「スムーズにコミュニケーションがとれるのになぁ…。」と。悔しい気持ちが何度もこみ上げてきて、「自発的に英語を話せるようになりたい!」と思いました。

 

この気持ちが、英語を勉強する1番のモチベーション維持になります!

 

どんな話をしていても、私にとっては英語に触れられる良い場でした。

あくまで授業なんだけれども、強制的な感じではなく、自然な雰囲気で英語を学べるのは、フィリピンならではなのではないかと思います。

 

最後の砦のWriting !

この授業は、毎日の課題であるDiary (日記)を先生が添削してくれるので、一緒に見直すことから始まります!単純なスペルミスや文法間違いの指摘だけでなく、私が伝えたい内容を表現するには、どの単語を使ったらいいのかなど、一緒に考えてくれます!

また最後に、本日のDiary のお題が出されるのですが、どんな課題を与えられるのか、私はいつもビクビクしていました。だって、難しいんだもん…。(笑)

Diaryはどんな事を書くのか、前回のコラムでシェアしたので、まだ見てない方はぜひ見てみてください!大変だけど、この日々の訓練のお陰で英文を書くことに抵抗がなくなりました。先生に本当に感謝してます!

 

→ 尊敬している先生。 同い年ですごく仲良しに♪

 

授業の進め方としては、教科書に載っている短編の物語や記事を読んで、問題に答えるというやり方です。Reading と異なる点は、解答の仕方が記述形式になっています。

また、授業で読んだものを自分なりに要約したり、その場で短編物語考えて書いたり、なかなかヘビーな内容です。

授業内の時間で終わらないとその日の宿題になるので、毎日このWriting の授業前は気合を入れていました。(笑)

 

フィリピン留学だからこそ濃密な時間が過ごせる!

以上が、授業内容についてです!

英語を学ぶと言っても、授業毎にどこに重点を置くかが違うので、様々な角度から英語学習できる内容になっています。

自分の得意・苦手分野別に、教科書のレベルも変えられる点もGood ポイントです♪

 

これは、全寮制で勉強する時間がたっぷり設けられているフィリピン留学だからこそできる学習スケジュールかなと思います!

 

しかし、正直なところ、先生によっても教え方は違いますし相性もあります!

人間同士なので、どうしても先生と噛み合わないという方は、マネージャーに相談して時間割を変えてもらうこともできます!

が、私は3ヶ月間ずっと同じ先生でした。

 

毎日の授業なので、長いと思うか短いと思うかも人それぞれだと思いますが、自分の成長を一番分かってくれるのは、隣で見てくれている先生です。

なので、最初から最後まで見届けて欲しいと勝手に思っていました!(笑)

先生達とだんだんと仲良くなっていけるのも嬉しくて、3ヶ月はあっという間でしたよ!

 

最後は、本当に別れるのが寂しかったですし、今思い出しても心から感謝の気持ちで一杯です。

 

「またフィリピンに戻りたいなぁ〜。」なんて思ったりもします。オーストラリアに来て、「英語を勉強するにはフィリピンの方が良い!」って本当に思うので。

オーストラリアで通っていた語学学校で出会った日本人の子にもフィリピン留学をすすめて、最近オーストラリアからフィリピンに行った子もいますよ〜!

フィリピン→欧米圏という2カ国留学が主流ですが、逆のパターンもありかなって思います。というか、どんな道筋であっても、留学することで自分の知らない世界に出会えるのは本当に素敵です♪

 

 

次回は、勉強編は終わりにして、私が体験したフィリピン生活でのアクティビティを紹介したいと思います♪

海外ならではの日本で味わえないような、危険だけど面白いアクティビティもやってきたのでお楽しみに!

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(2件)/全投票数(2件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求