【格安留学】節約留学したいなら、早めに留学プランを決めよう! | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

公開:2018/12/26
カテゴリー:学校の選び方

【格安留学】節約留学したいなら、早めに留学プランを決めよう!

公開:2018/12/26 著者:齋藤 朱里 16 Views

留学を考えている人の中には、「資金が十分にない」、「費用はそんなにかけられない」と思う方も多いはずです。

海外留学に行くとなると、語学学校の学費だけでなく、現地での滞在費、航空券、海外旅行保険などが必要であるため、大きな費用がかかります。

 

どこに行くにしても決して安い買い物ではないので、「できる限り費用を抑えて節約留学ができないものか?」と誰もが考えるはずです。

 

ただ、どの国や都市に行っても、留学費用は同じではありません。国や都市によって物価も変わりますので、当然地域差で留学費用も変わります。早めに動いていれば、どこが節約留学に適しているのかも、じっくり見極めることができるでしょう。

早め早めにリサーチ重ねて、計画的に準備を進めて行くことで、留学費用を抑えることが可能になってくるのです!

そこで、今回は、留学費用の節約ポイントをご紹介したいと思います。

留学で掛かる費用は渡航国によって異なる

国毎によって、物価は変わります。何の予備知識が無くても、何となく「アメリカやイギリスは物価が高そう…。」というイメージが湧くはずです。

皆さんの中にも「アメリカよりはカナダの方が安そう。」とか「イギリスよりもオーストラリアの方が安そう。」なイメージがあるのではないでしょうか?

さらには、先進国の留学地よりも、発展途上国であるフィリピンの方が、留学費用を節約できるイメージが湧くのではないでしょうか?

節約留学するためには、まずは国の違いによる留学費用の違いを見てみましょう。

 

国別による平均的な留学費用の目安

留学国 1カ月の費用目安 6カ月費用目安
オーストラリア 45万円 180万円
カナダ 44万円 159万円
フィリピン 28万円 105万円

※授業料、滞在費、生活費、航空券、手続き費用など語学学校に通った場合の平均費用。
※コースや滞在地域などにより費用は異なるため、目安としてご参照ください。

 

留学人気国であるオーストラリア、カナダ、フィリピンの平均費用は上記のようになります。先進国であるオーストラリアとカナダは、さほど留学費用が変わらないことが分かります。

一方、フィリピン留学は圧倒的に安く、留学国にこだわりがない方はフィリピン留学することで節約できることになります。単に安いだけでなく、一日の大半を英語環境に身におけるという点から近年人気を集めています。

フィリピン留学は欧米留学と異なり、マンツーマンレッスン、さらに朝から晩まで授業が受けられます。欧米圏の語学学校に比べても、2倍以上の英語に触れるため、肝心の英語力の方もフィリピン留学の方が伸びる傾向にあります。

 

費用を節約しつつ、さらに英語力も最大限伸ばしたいと思っているなら、渡航国という観点で言えば、フィリピンをベースに考えると良いでしょう。

 

それ以上に「アメリカに住んでみたい!」とか「この都市で〇〇をするのが長年の夢だった!」と言う方にとっては、行きたい場所を優先することになるでしょう。

しかし、自分のやりたいことを優先するプランだと、費用は割高になる傾向にあります。別の国でも似たようなことができるなら、安い方を選ぶのがコツです。

例えば、アメリカとカナダは非常に似ています。本当はアメリカ希望であっても、より割安なカナダに留学(ワーホリ)を選び、カナダ留学中にアメリカに旅行するプランだとトータル費用は抑えられます。

 

節約するために必要な4つのポイント

しかし、やはり先進国で勉強したいと思う方は多いでしょう。オーストラリアやカナダといった欧米圏であっても、いくつかのことを頭に入れておくだけで費用を抑えることが可能です。

フィリピン留学を検討されている方にとっても、さらに節約することができます。今から紹介する4つの節約ポイントを見逃さずにチェックしてください!

 

ポイント1:半年以上前に学校を決めておく

語学学校の授業料の費用を抑えるためには、半年以上前に学校を決めておいた方が良いです。そして、第一希望だけでなく、第二・第三希望くらいまで決めておくとベストです。

語学学校の手続きだけであれば、別に1~2カ月でも手続きができます。それにもかかわらず、なぜ半年以上前から学校を絞っておいた方が良いのか?

その理由は、、、

 

語学学校はキャンペーン(割引)を行うことがあるからです!

 

キャンペーンは様々な理由で行われますが、学校内の国籍バランスを整えたい時、閑散期で学生の数が少なくなっている時、などに1~2カ月期間限定で行います。

 

キャンペーン期間中に申し込みすれば、通常料金の10~20%割引で入学することができるのです!

 

ただし、キャンペーンはいつ行われるかは分かりません。そのために、学校を第三希望くらいまで決めておいて、自分が希望する学校がキャンペーンをやらないかと待ち構えている時間が必要になるのです。

運良くたまたまキャンペーンをやっていれば良いですが、そんなに自分の都合良いタイミングでキャンペーン発表はありません!

費用を抑えたい方は渡航予定の1年前くらいから、資料請求して情報収集を開始し、6カ月以上前にはカウンセリングを通して、語学学校を決定するようにしましょう!

 

ポイント2:キャンペーンを活用して申し込む

上記のポイント1でも触れた部分ですが、キャンペーンを適用すると通常より安く留学できます。

もし自分の第一希望の学校と第二希望の学校の両方がキャンペーンをやっていた場合、より魅力的な条件の学校を選ぶと良いでしょう。

語学学校が提供するキャンペーンは、色々な種類があります。どのようなキャンペーンが実際にあるのか、以下に紹介します。

 

語学学校が行うキャンペーンの種類

キャンベーン内容 詳細説明
入学金無料 文字通り、入学金が無料になるキャンペーンです。入学金は、概ね日本円換算で15,000~25,000円の範囲になります。入学金無料キャンペーンは、他のキャンペーンと併用して行われるケースが多く見受けます。
出発時期限定割引 〇月の出発で最大〇万円引きなど、特にオフシーズン(ゴールデンウィークや夏休み、春休み、年末年始以外)に実施されるキャンペーンです。語学学校内で学生数が少ない時に実施されるキャンペーンです。
週当たりの授業料割引 例えば、本来の授業料が週300ドルで販売されているのに、一定期間内に申込みすれば、週200ドルで入学できるといった内容です。世界中の語学学校で一般的に見られるキャンペーンです。
無料留学期間の付与 一定期間の申込みで、無料留学期間が与えられます。例えば、10週間の申込みで2週間無料といった具合です。つまり、12週間の申込みなのに、実質10週間分の学費で通えます。欧米留学で一番多く行われるキャンペーンです。
長期割引 24週間、36週間、48週間といった長期間で申込みをすると、長期割引が適用されるというものです。例えば、通常週300ドルですが、24週間以上で週280ドル、36週以上で週260ドル、48週以上で週240ドルといった具合です。
学生寮の部屋人数のグレードアップ 申込みした部屋人数の料金で、より少人数の部屋を利用できるキャンペーンです。例えば、4人部屋の料金ですが、2人部屋が利用できるといったもの。学生寮を完備している学校で行われ、フィリピンで良く行われます。
授業の追加 授業を一コマ多く受けられるキャンペーンです。主にフィリピンで良く見られるキャンペーンです。

 

これらのキャンペーンは、常に実施されているワケではありません。年に1回~数回程度しか行われず、キャンペーン期間は1~2カ月程度が一般的です。

 

上記、ポイント1でも触れた通り、キャンペーンを待ち構える時間が必要なのです!

 

ポイント3:航空券は早めの購入がお得!

航空券の料金は、常に一定金額ではありません。

ANAやJALを想像すれば分かると思いますが、早めに航空券購入すれば「早割」で、安く航空券を購入できます。さらに、格安航空会社(LCC)を利用すれば、さらに安い費用で渡航することができます。

国際線チケットは、ただでさえ高いです。フィリピンなどの近隣国は別として、アメリカやイギリスでは、片道10万円以上ということも珍しくありません。

 

多くの留学生は、留学資金に余裕はありません。誰でも安い航空券を購入したいと思っています。つまり、安いチケットから順に売り切れることを知っておきましょう!

 

つまり、出発日が近づくにつれて、航空券の値段も日に日に高くなっていくのです。同じ便でも3カ月前に購入するのと、渡航直前に購入するのとでは、3カ月前に購入した方が断然安いのです。

購入時期によっては同じ便にも関わらず、2倍以上の料金差が出る場合もあります。ゴールデンウィークや夏休み、年末年始、春休み以外のシーズンは、航空券は割高に設定されています。

 

一方、1月、2月、6月、10月、11月の閑散期は、割安の設定になります。

 

渡航費用を安く抑えたい方は、早い段階でLCCの航空券を購入し、閑散期シーズンに渡航日を合わせると良いでしょう。

 

→ 時期の違いによる航空券料金の目安

 

【参考記事】
航空券の買い時っていつがベストなのか検証

 

ポイント4:留学エージェントを賢く利用して特典を受ける

留学手続きをする際は、留学エージェントに手続き依頼すると思いますが、留学エージェントも特典を用意してくれています。

 

自分で手続きするよりも安く手続きできるだけでなく、予定通りに確実に手続きを行ってくれるのですから、留学エージェントのサービスを利用しない手はありません。

 

中には手続き費用として、10~30万円程度の手続き費用をチャージする留学エージェントもありますので、最初に料金体系を確認しておくと良いでしょう。

留学エージェント毎の違いもありますが、一般的に留学エージェントで行われているキャンペーンの種類は以下の通りです。

 

留学エージェントが行うキャンペーンの種類

キャンベーン内容 詳細説明
早割 渡航予定日から半年以上前など、早い時期に申込みをすると、授業料が安くなるといった早期割引です。
長期申し込み割引 語学学校を長期申込みすることで、授業料割引が適用される場合があります。
モニター留学(無料留学) 長期留学の方への特典、またはモニター留学として、1~4週間の授業料が無料になるキャンペーンです。
友達紹介/同時申し込み割引 友達と同じ留学代理店利用や、友達と一緒に留学される場合、キャッシュバックなどのキャンペーン対象となる場合があります。
リピート割引 1度留学を経験しており、再度同じ語学学校に通う方、もしくは同じ留学代理店を利用する方に対し、入学金の免除や料金割引を受けられる場合があります
英会話レッスン 出発前の英会話レッスンです。出発前にオンライン英会話を無料受講できる特典です。
仕事紹介 留学資金を効率良く貯めたい人。留学資金が足りずに一旦帰国して、仕事をして資金を回復させてから、再び渡航したい人などに、アルバイトや派遣の仕事紹介を無料で行ってくれる場合があります。また、留学後に英語を使った仕事をしたい方には、英語環境の就職先の仕事紹介を無料で行ってくれます。

 

この中の1~2つでも利用することで、自分で手続きする場合と比べてプラスアルファで留学費用を節約できます。さらに、単なる留学費用の節約だけでなく、出発前・海外滞在中・帰国後の就職サポートが受けられる付加価値があるのでお得です!

留学エージェントへの相談は、可能な限り時間の余裕を持ってカウンセリングに行くのがオススメです。

資金に余裕が無い場合は、カウンセラーに正直に予算を伝えれば、その範囲内で最大限のプランを組んでくれます。自分で考えた留学プランよりも充実したプランを提案してくれるはずです。

 

節約後の留学費用を検証!

どの国、どの語学学校、どの留学エージェントを利用するかによって、留学費用の節約度は変わってきます。

今回紹介した節約ポイントを活用して留学できれば、結構節約することが分かると思います。(下記テーブル参照)

 

節約後の平均留学費用

留学国 1カ月の費用目安 節約後の費用 差額
オーストラリア 45万円 35万円 10万円
カナダ 44万円 34万円 10万円
フィリピン 25万円 20万円 5万円

 

これまでに紹介してきた節約ポイントを攻略すると、目安になりますが1カ月間で欧米圏では10万円、フィリピンでは5万円の節約も可能になってきます。

 

留学エージェントは、留学生のパートナーです。悩みを相談しても、親身に話を聞いてくれない、営業トークばかりする会社は、候補から外せば良いのです。

 

十分な資金が無いなら、見栄を張らずに「正直に資金が無い」と悩みを打ち明けましょう。その時の反応で、その留学エージェントがどんな会社かすぐに分かります!

 

留学エージェントによっては、留学前の資金作りの段階から、短期間でお金を貯められる仕事紹介をしてくれるエージェントさえあるのです。

 

私がインターンをしているこの留学ドットコムは、就職サポートにも強いエージェントですが、帰国後だけではなく出発前の仕事紹介までしてます。

月10万円以上の貯金ができるので、1年間も働ければ、かなりの貯金ができるはずです。

 

【参考記事】
【必見!】留学資金が貯まらない?留学資金を短期間で貯める方法

 

「留学エージェントは、単に留学手続きを代行するだけではない!」と言うことを、皆さんには知っておいて貰えると良いと思います。

今回は渡航前の節約ポイントをご紹介しましたが、渡航後は自炊したり、洋服は日本から持参したり、外食や寄り道を控えることで現地での生活費も節約できます。

工夫次第で留学費用も変わりますので、賢く節約して留学しましょう!

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
LINEで問い合わせ: 下記バナーをクリック! または @ryugaku.com で検索
問い合わせフォーム
カウンセリングお申し込みフォーム

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(1件)/全投票数(1件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求