【フィリピン留学】私はクラーク留学で正解でした!その理由を徹底解説! | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:学校の選び方

【フィリピン留学】私はクラーク留学で正解でした!その理由を徹底解説!

公開:2020/03/10 著者:近藤 菜穂 65 Views

こんにちは。

フィリピン留学、どこの場所にしようかと悩んでいるそこのあなた!

「フィリピンと言ったらセブ島でしょ!」って思っているあなた!

 

セブ島より北に位置するフィリピンの中で一番大きな島、ルソン島はご存知ですか?

 

「どこよそれ?聞いたことない。」って、方もいらっしゃるかもしれません。私も留学する前は、知りませんでした。

ルソン島には大きく分けて、マニラ、クラーク、バギオの3つの留学地域があります。その中で、私は「クラーク留学」を選びました!

「結果的に、クラーク留学で正解!」と思っている私から、良い点、悪い点、プラスアルファのディープ情報までお伝えしますので、ぜひ参考にしてくださいね!

クラークってどんな場所?

まずはクラークについて、簡単にご説明します。クラークは、ルソン島のちょうど真ん中あたりに位置し、首都マニラから北西へ90km離れた場所です。

1993年より、経済特別区に指定され、その所以は、ピナツボ火山の噴火が起こった1991年までは米軍基地として、アメリカに占領されていたという背景があります。

経済特別区は、出入口に24時間管理されているゲートがあり、このエリアには誰でも入れるわけではありません。

 

そのため、クラークは治安が良いと言われています!

 

 

また、アメリカ軍基地の名残があるため、フィリピンのリトルカルフォルニアと呼ばれるほど、アメリカ人などのネイティブスピーカーが比較的多く住んでおり、インフラや商業施設が整っていると言われています。

さらに近年では、フィリピンの経済発展に伴い、航空便が増えているため、首都マニラ空港だけでは対応しきれない状況です。そのため、マニラ近郊であるクラーク空港をさらに拡張し、その周辺も発展させていこうという動きがあるそうです!

大気汚染や交通渋滞など、マニラが直面している様々な社会問題を緩和させるために、マニラからさほど遠くなく、自然も多く残るクラークエリアが次世代のニュータウンとなるべく、今後さらなる進化が期待される地区なのです!

 

→ クラーク空港周辺の上空写真、きちんと街が整備されています!

 

日本からの渡航も便利!

日本からは、成田空港と関西空港からクラーク空港に直行便があるので便利ですよ!

私の場合、関西空港の直行便を利用し、ジェットスターで約4時間のフライトでした。

では、「実際住んでみでどうだったのか?」について解説していきます。

 

クラークの天候について

フィリピンは、日本のように四季はなく、雨季(6月~11月)と乾季(12月~5月)に分かれていると言われています。

私は5月~8月の3ヶ月間のフィリピン留学でしたので、ちょうど乾季から雨季に移り変わる頃でした。

なので、前半は天気良く、後半は雨がばかりなのかなと思っていました。

 

しかし、雨季も乾季もはっきりと違いが感じられることなく、スコールのような雨が降って、その後晴れになるというパターンが多いように感じました。

 

晴れの日は何日も続くことがありますが、雨季だからといって雨が毎日のように、それも日本のように一日中降り続くということは滅多になかったと思います。

なので、傘を持っていると便利ではあるけれど、どこかで雨宿りをしてやり過ごすことも可能です!

 

服装について

一年を通して温暖な気候と言われるフィリピン。基本的にいつも半袖、半ズボンで問題はないですが、羽織りものは必要です!

場所によっては、クーラーがガンガンにかかっていて寒い場所もありますし、日差しも強いので、薄手の羽織を1枚持っていると役立ちます。

私はユニクロのUV加工のパーカーを良く着ていました。フィリピンでもショッピングモールで買えますよ!

 

→ ユニクロのパーカーは、着すぎてクタクタです。(笑)

 

クラークの治安について

私も初めての海外留学なので、安心して生活できる場所かどうかは留学において重要なポイントでした。なので、フィリピンの治安については懸念していました。

これは、フィリピンという国に対して、全体的にどうしても発展途上というイメージがありますし、ストリートチルドレンがいるという話もよく聞くので仕方ありません。

なので、留学地を決める中で、先述したクラークは経済特区と言うワードに安心感を抱いたのを覚えています!

 

ですが、よくよく調べてみると、語学学校の多くは経済特区外の場所に位置し、私が留学していた語学学校 EG Academy もアンヘレスという経済特区外にありました。

「…ってことは、安心できないじゃん!?」と、思うかもしれませんが、結論から言うと、留学していた3ヶ月は本当に楽しく、身の回りで犯罪が起こったり、何か騒動に巻き込まれたりすることもありませんでした。

 

しかしながら、治安に関しては、当たり前ですが日本の良さと比べてはいけません。

 

海外ですので、留学生活を送る上で身の周りに注意を払うことは必須です。その上で、何か被害にあってしまう危険性がどれくらいあるのか、というお話しになります。

しかし、思わぬ出来事に遭遇した場合、どれだけ自分に耐性ができているのかによっても、治安の良し悪しに対する感じ方は変わってくるのではないかと思います。

なので、これからフィリピン留学に行かれる方に私の実体験を知っていただき、少しでも免疫をつけてもらいたいと思います!

 

学校は24時間、出入口で警備の人が監視していて、しっかりとした門があるので安心です。

 

平日は、朝から夕方まで学校の授業があるので、基本的に一日中校内の敷地で生活しますので、平日は安心して過ごせます。

休日はビーチにも行きたいですし、ショッピングもしたいので毎週のように学校の外に出ていました。

基本的には日中の明るい時間帯は、特段危険と言う感じはありません。さらに友達と一緒に複数名で行動していればより安心でしょう。

 

身の回りで危険なことはなかったと先述しましたが、出先で物乞いをしてくる子供には何人か出会いましたし、赤ちゃんを抱いた大人から、”お金を恵んでください”という意味の白い封筒を渡されたこともありました。

日本では、物乞いをしてくる人達を目の当たりにすることは、ほぼありえないですよね。

「そういう人達を見るのも嫌、怖い。」と思う人にとっては、まだまだフィリピンという国は、どこの場所を切り取っても治安が良いとは言えないかもしれません。

 

→ アンへレス市内にある住宅街の一部。

 

物乞いの子供達に会った時どうすれば良いのでしょうか?答えは簡単。ハッキリと「NO!」 これだけです!

 

私が友達とローカルのショッピングセンターのテラス席でランチをしていると、物乞いの子供達が2人でやってきて、無言で手を差し伸べてきました。私たちがNOと言うと、クルッと背を向けて、今度はすぐ隣の席にいるカップルに同じように手を差し伸べました。

カップルの女性の方は、お金ではなく、自分が食べていたフライドポテトの残り半分を、その子供達にあげていました。子供達はそのポテトを持ってすぐ近くの席でそれを食べ始めました。

あの光景からすると、あの子供達は何か食べないと生きていけないというよりは、おやつをタダで手に入れたっていう感覚かな…と思います。

 

なので、もし物乞いの子供に出会っても、決してあたふたしないで下さい。「何かあげた方が良いのかな。」という中途半端な優しさも見せてはいけません。

 

子供と言えど、物乞いすることに慣れているので、その隙に何か盗られる可能性はあります!

学校外に出たら、生死をさまよう様な人達が道端にたくさんいるとか、そういう事はありません!

一部そういう所はあるのかもしれませんが、自らそういう場所を探していかなければ、簡単に目にすることはありません。

 

勘違いして欲しくないのが、日本と同じようにきれいで、普通に買い物が楽しめるショッピングモールももちろんあります!

 

入り口にセキュリティの方がいて、全員カバンの中をチェックしてから入るので、しぉっピングセンター内の治安面も安心です。

衣料品(ユニクロ、H&M等)、雑貨、レストランに、映画館も併設されており、一日中楽しめます!思った以上に、日本と変わらない休日が過ごせますのでご安心を!

 

アジア圏で有名な歓楽街あり!

ちなみに、アンヘレス地区にはアジアでも有名な歓楽街の「ウォーキングストリート」と呼ばれる場所があります。

クラブなどが立ち並び、明らかに治安が良いという雰囲気ではないのですが。

しかし、せっかくフィリピンにいるのに、その場所を目にしないことももったないないということで、週末に飲みに出かけました!その様子がこちら!

 

→ 見るからにネオン街です。(笑)

 

結果、荷物などすられないように、いつも以上に気をつける必要はあるかと思いますが、お酒を飲んで、踊って、学校の門限までにはGrab(アジア版Uber)でタクシーをつかまえ、無事帰りました!

1人で行くことはおすすめしませんが、友達と大人数で歩けば、必要以上に怖がることはありません。

お店の店員さんは普通に親切ですし、日本にはない異文化の雰囲気を味わい、楽しむことができます!

 

歓楽街に出かける際は、友達と一緒に行動して、ハメを外しすぎないことが大切です!

 

観光スポットが豊富!

クラークやその周辺地域には、観光スポットや息抜きできる場所も豊富にあります。

 

海も山も楽しめちゃう!

これまでも私のコラムの中で、様々な観光スポットをシェアしてきましたが、まだまだあるんです。

以前の記事で観光スポット紹介しているので、ぜひ他のコラムも見てくださいね!!

 

 

クラークは豊かな自然を生かし、ゴルフコースがたくさんあることでも有名です。

私が通っていた語学学校 EG Academy にもゴルフと英語の併用コースがあるくらい、人気なんです!

ちなみに、学校の隣には、ゴルフの打ちっぱなし場が併設されています!生徒割引あり!

 

→ バターンビーチが目と鼻の先にある、インフィニティプール!

 

世界中から人が集めるバルーンフェスティバル!

出典: Facebook

 

有名なイベントで言うと、毎年2月に開催されている、フィリピン国際熱気球祭ですかね。

私は留学時期が重ならず行けなかったのですが、フィリピンの先生に話を聞いたところ、アジア最大級の規模で行われるため、盛り上がりがすごいそうです!写真を見せてもらいましたが、すごく綺麗でしたー!実際に見たかったぁー!

気球に乗れたりもするみたいなので、2月にフィリピンにいる方はぜひ!

 

勉強の息抜きにカフェで一服(Teaspoon Café)

 

さてさて、おしゃれカフェもございます♪私が通った学校近くには、「Teaspoon Café」というおしゃれカフェもあります。

ここでは、美味しいチーズケーキが食べれちゃいます!チーズケーキだけで何種類かあるので、迷いに迷ってこの日は2つ選んでコーヒーと共に。

先生に教えてもらったおすすめカフェですが、大正解でした!EG Academy から徒歩5分で行けるので、学校が終わった後の息抜きにカフェでおしゃべりしていました。

 

→ この日も仲良し4人でティータイム♪

 

 

クラークは地方都市の魅力的な留学地!

どうですか?

とってもバランスの取れた素敵な地区だと思いませんか?

 

セブやマニラほど有名ではないですが、だからこそ自然もあり、異文化も味わえて、今後さらに発展していくであろう、未来都市、クラーク留学、おすすめです!

 

フィリピン留学と言うと、殆どの方はセブに行くと思います。知名度のある地域は必然的に物価も高くなりますし、車の渋滞もすごくて移動も不便ですし、空気も悪くなります。

都市部から大幅に離れる地方都市だと、そこまで行くのに億劫になってしまいますが、クラークは日本からの直行便があるので非常に便利なんです!

是非、穴場のクラーク留学を検討して頂けたらと思います。

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(2件)/全投票数(2件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求