2019年のアイルランドのワーキングホリデービザの第1回受付概要が発表! | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:ニュース

2019年のアイルランドのワーキングホリデービザの第1回受付概要が発表!

公開:2018/11/16 著者:中川 友康 537 Views

2018年11月15日、アイルランド大使館より2019年のアイルランドのワーキングホリデービザ(以下、ワーホリ)の受付概要が発表されました。

アイルランドのワーホリには定員数が決まっており、日本国籍の定員は年間400名となっています。1年間の中で2回の応募期間があります。

 

2019年の第1回目の受付は、1月15日(火)~ 31 日(木)の間に申請する必要性があります。2回目の受付は7月下旬を予定しています。(詳細日程は未発表)

 

ワーホリビザの申請が許可されると、最大1年間アイルランドに滞在することができ、就学・就労が可能になります。

以下、アイルランド大使館より発表されたビザ申請内容を抜粋し紹介します。

アイルランドのワーホリビザの申請資格

アイルランドのワーホリビザの申請資格ですが、以下の条件を満たす全ての日本国籍の方が対象となります。

気を付ける部分としては、年齢制限くらいだと思って良いでしょう。

 

1. 現在日本に居住していること。(申請時を含む)
2. 一定期間(最長 1 年)アイルランドで休暇を過ごすことを本来の目的とすること。
3. 申請書受理時点で、年齢が 18 歳以上 30 歳以下であること。
4. 扶養家族(配偶者含む)を同伴しないこと。配偶者に申請資格がある場合は、それぞれ申請することが可能。
5. 有効なパスポートと帰国用航空券、または、それが購入できる充分な資金を保持していること。
6. アイルランド滞在中、生活に必要な資金として 50 万円以上の預金があること。
7. 以前「ワーキング・ホリデープログラム」でアイルランドへ渡航した経験がないこと。
8. 健康かつ、犯罪歴が無いこと。
9. 滞在期間をカバーする医療保険に加入すること。

 

ワーホリビザの申請時期と渡航時期

第1回のワーホリビザの申請時期は、2019年1月15日(火)~ 31 日(木)となってます。

以下でも説明しますが、応募はEメールで行います。

 

ワーホリビザの許可が下りたら、2019年9月30日以前に渡航しなければなりません。

 

2019年10月1日以降の渡航を考えている方は、第2回で応募することになります。

渡航時期が未定の方は、いつ頃出発するのかを目処をつけましょう!

 

ワーホリビザの申請の流れ

まず、アイルランド大使館のホームページから申請書をダウンロードします。その申請書に必要事項を英語で記載し、添付ファイルで指定のEメールアドレスに送信します。

アイルランドのワーホリビザは定員数が決まっているため、定員を超える応募があった場合には抽選が行われます。申請結果は、2019年2月中旬までに Eメールで知らせが来る流れになります。

 

なお、携帯のメールアドレス(docomo/au/Soft Bank/icloud)から申請するのは避けた方が良いです。YahooメールやGmailなどのフリーメールから申請することをお勧めします。

 

携帯のメールアドレスは、スパムフィルターが強力です。携帯会社のメールサーバーの方でメールが自動的に削除される可能性が高く、メールが届かないトラブルが結構あります。

携帯メールは、携帯同士でのやり取りであれば問題ありません。しかし、携帯以外からのメールのやり取りには適さないことを知っておきましょう!

メール不達のトラブルを未然に防ぐためにも、携帯メールアドレスの使用は控えた方が無難です。

 

申請許可メールを受け取った後の手続き

アイルランド大使館からの申請許可メールを受け取ったら、正式なワーホリビザ申請の手続きを進めます。

必要書類を揃えて、書留にて合同会社 VFS サービシズ・ジャパンまで郵送します。以下、提出する必要書類の一覧ですが、より分かりやすくするため、原文を一部修正しています。

 

1)申請許可の E-mail
→ 申請許可の E-mail を印刷したもの
2)申請書と写真 2 枚 (6 ヶ月以内に撮影したもの)
→ メールで送った申請書を印刷し、写真 1 枚は申請書に貼付し、もう1 枚は郵送。
3)パスポート(原本)
→ アイルランドを出国する時点で、有効期間は 6 ヶ月以上必要。(6 ヶ月+滞在期間)
4)パスポートのコピー
→ 顔写真のページとスタンプが押印されているページのコピー
5)履歴書(英文)
→ A4 サイズ1枚程度で簡単な自己経歴を記入
6)卒業証明書(英文原本)
→ 最終学歴校の卒業証明書。現在就学中の方は、在籍証明書でも可。
7)残高証明書(英文原本)
→ 個人資金として 50 万円以上の金額を示す本人名義の残高証明書。
8)医療保険証券又は付保証明(英文原本と A4 コピー1枚)
→ 滞在期間をカバーする医療保険証券、または付保証明
9)航空券(原本と A4 コピー1枚)
→ 片道航空券又は往復航空券。E-チケット、予約確認書でも可。
10)補足申請フォーム、申請料振込控え
→ 申請許可の下りた方のみ、詳細の案内があります。
11)返信用レターパック 510
→ 宛先にご自身の住所、氏名記載のレターパック 510 の封筒(郵便局にて購入)

 

ワーホリビザの申請費用は 7,900 円(60 ユーロ)です。お支払いの手続きは、申請許可が下りた方のみ別途案内が来ます。

 

必要書類送付先:
〒105-0021
東京都港区東新橋 2-3-14 エディフィチオトーコー4F
合同会社 VFS サービシズ・ジャパン
アイルランドワーキング・ホリデープログラム係

 

アイルランドへのワーホリをお考えの方は、お気軽に留学ドットコムまでお問い合わせください。

まずは、どんなワーホリをイメージしているのか、ワーホリでどんなことがしたいのか、気軽に教えて頂けると幸いです。どんな留学プランが最適か、総合的にアドバイスしています。

まずはお気軽にカウンセリングを受けてみましょう!

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
LINEで問い合わせ: 下記バナーをクリック! または @ryugaku.com で検索
問い合わせフォーム
カウンセリングお申し込みフォーム

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(2件)/全投票数(2件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求