【超レアな海外空港インターン】大学生必見!たった4ヶ月の留学で人生が変わる経験してみませんか? | 留学・ワーホリ・海外留学・語学留学は留学ドットコム

カテゴリー:各種コースの紹介

【超レアな海外空港インターン】大学生必見!たった4ヶ月の留学で人生が変わる経験してみませんか?

公開:2019/12/27 著者:塩口 真由佳 471 Views

以下の3つの条件のいずれかに当てはまる人は、この記事がピッタリです!ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

・実践的な英語を身につけたい方
・航空業界を志望している方
・人とは違うレアな経験をしてみたい方

 

そんなみなさんへお伝えしたいのが、【セブのマクタン空港でインターンシップに参加できるプログラム】です!

 

こちらの空港インターンでは、実践的な英語力はもちろん、臨機応変な対応力や自信を手に入れることができます。

また、就職活動を控えた大学生の方にとって、他の人が挑戦していないレアインターンをやり遂げた経験は、就職活動時も大きなアピールポイントになること間違いなしです!

それでは早速このプログラムを紹介している学校やプログラム内容について紹介していきます。

語学学校:ZA Englishとは?

ZA Englishは、ビザヤ大学付設の語学学校で日本人経営の学校です。親子留学やIELTSなどのアカデミックコース、インターンシップまで幅広く対応しています。

そんなZA Englishの魅力を今回は2つご紹介します。

 

ZA Englishの魅力① 生徒想いで細やかな気遣いがある学校!

ZA Englishでは、授業の運営はもちろんですが、生徒さんの生活環境を整えることにもしっかり力を入れてくれている学校です。

その例として、トイレはフィリピンでは非常に珍しい全室ウォッシュレット付きで水洗式にしたり、内装だけでなく学校の周りの道も舗装したりするなど、かなり細かな所まで学校さんの心づかいを感じることが出来きます!

私もフィリピン留学していたのですが、基本的にフィリピンの道路はデコボコで舗装されている方が珍しいくらいなんです。私も何度もコケそうになりました。(涙)

 

しかも、車と歩行者の道がしっかり分けられていないのでやってくる車を気にしながら、デコボコ道を歩くのはとても危険です。ZA Englishでは、少しでも生徒さんが快適に過ごせるように道路の舗装までしているのには、感動しました。

あと、ちなみに私の留学していたフィリピンの学校はトイレにウォッシュレットはもちろんなく、シャワーの水圧もシャワーヘッドにお湯がたれてくるレベルでした。(笑)そういった学校もある中で、ZA Englishさんのようにしっかりとした施設を整えてくれているのは大変魅力的だと感じます。

また、フィリピンでも珍しい屋内プール2つやジム、シネマルーム、親子留学のキッズルームなどもあり、健康維持やストレス発散もできるのもGOODポイントです!

 

ZA Englishの魅力② 選べるコースがバラエティー豊か

ZA Englishでは、以下のコースを開講しています。

 

・ELS(基礎英語コース)
・親子留学・キッズコース
・Executive・シニアコース
・グローバルインターンシップ
・バイリンガルセラピスト育成コース
・ビジネスコース
・TOEIC試験対策コース
・IELTS試験対策コース
・TOEFL試験対策コース

 

ご覧の通り、かなりコースの幅が広いんです!

基礎から勉強したい方~ビジネスやインターンシップコース、海外の大学進学を目指すことが出来るコースまで1つの学校で受けることができます。

また、これらのコースを全てフィリピン価格(通学時間ゼロで食事も3食付き)で受けることができるのはとても魅力的ですよね!

 

グローバルインターンシップ期間・費用・参加条件

今回ご紹介している「マクタン空港」は、ZA Englishが行っているグローバルインターンシッププログラムの提携先企業の1つです。

そのため、いきなり企業インターンに参加するのではなく、まずは12週間しっかりと英語学習をした後にインターンに参加する流れとなります。

 

インターンのモデルスケジュール

 

・ESLコースとは

ESLコースとは、英語を基礎からしっかり学び、外国人とコミュニケーションが取れるようになりたい方や自分の苦手分野(発音やスピーキング力など)を集中的に伸ばしたい方向けのコースです。

ELSコースでは、マンツーマン4コマ、グループレッスン4コマ、スペシャルレッスン2コマの1日最大10コマを受けることができます。

 

・ビジネス英語コースとは

ビジネスコースは、基礎コースよりワンランク上のビジネスでも使用する表現を勉強したい方向けのコースです。

クラス数はESLコースと変わりませんが、授業内容が異なっています。マンツーマンでは、一般ビジネス、専門ビジネス英会話を学び、グループレッスンでは、ビジネスライティングにも挑戦します。

また、大グループレッスンの講師はフィリピン人ではなく、ネイティブ講師からビジネス表現を教えて貰えます。授業内にプレゼンテーションなどがあるのも、ビジネスコースの特徴ですね。

 

プログラムの期間

 

プログラムの最短構成: [ 語学学校3ヶ月 + 空港インターン1ヶ月 ] の計16週間

 

ZA Englishにお申込されるなんと約8割の方がこの期間で申し込みされています。ちなみに、インターン期間は最長1年間まで伸ばす事が可能です。

「グローバルインターンシッププログラム」では、インターンシップ前に語学のコースを合計で最低12週間受ける必要があります。語学に不安がある方は、これよりも長く受講することも可能です。

また、英語の基礎コースだけでなく「ビジネス英語コース」も組み合わせて受講することもできるので、それぞれのレベルや希望に合わせて授業をカスタマイズすることもできます。

 

プログラムの費用(16週間コースの場合)

料金表(学費+宿泊費+インターン参加費)
1人部屋 ¥803,000
2人部屋 ¥711,000
3人部屋 ¥647,000
4人部屋 ¥583,000

 

プログラム参加条件

・対象 : 大学生、または成人学生

・インターンシップ参加資格 : Intermediate Low 以上(推奨)

 

インターン中の職場でのコミュニケーションは当然全て英語なので、意思疎通が出来るレベルの英語力がインターン参加時に求められます。(目安:TOEIC600点程度)

 

しかし、こちらのプログラムは、申し込み時点で英語力に自信がなくても12週間、ESL(基礎英語コース)に参加している過程でレベルまで達していれば、インターンに参加する事ができるんです!

 

なので、今「TOEIC600点もないから参加できそうもない…。」と思った方でもぜひ一度ご相談ください!

また、今まで空港インターンに参加する前の面接やテストで不合格が出た生徒さんはいないとのことです。

なので、きちんと基礎クラスで英語力を身につける事ができれば、空港でのインターンも夢ではありません。安心してくださいね!

 

【空港インターンで活躍できる人物像】
・アルバイトなど、働いた経験を持っている方
・自分から積極的に質問し、考えて動ける能力がある方

 

海外は日本に比べて、丁寧な指導してくれるわけではありません。

私もマレーシアでインターンをしたことがありますが、日本ほど丁寧に教えてくれる国はないなと感じました。

これは海外の人が決して不親切なわけではなく、「聞かないということは大丈夫なんだろう。」という考え方を持っているからです。

 

その代わり、質問したらちゃんと答えてくれるので安心してください!(笑)

この”わからないことをちゃんと聞ける能力”というのは、外国人と仕事をして行くうえで非常に重要で素晴らしい能力です。

そうした能力が認められて外国企業からの内定を掴んだ人も実際にいます。気になる方はぜひこのコラムも見てみてくださいね!

 

 

「待ってたら教えてくれるだろう。」という考え方ではなく、「わからないなら自分から聞きに行こう。」という積極性がある人こそが、海外では大きな活躍ができるのです!

 

プログラムの申し込みについて

通常のコースの場合、渡航日から2~3ヶ月前のお申し込みが推奨されています。しかし、グローバルインターンシッププログラムは、通常3ヶ月前~6ヶ月前に申し込みをされる方が多くなっています。

グローバルインターンプログラムでは、仕事用スーツの準備や履歴書の写真など必要な物が多いのと、同時期に空港が受け入れることができる人数が「4人」と上限数が決まっているので、早めに申し込みすることをオススメします。

 

※最初に一般英語コースで申し込みした留学生も、受け入れ先の状況によっては、フィリピンに到着後にインターンシップコースへ変更する事も可能です。ただ、「絶対にこの企業でインターンしたい!」という強い希望の方は、最初からしっかりこのプログラムでお申込をしていきましょう。

 

マクタン空港インターンの業務内容について

空港インターンシップでは、英語力だけでなく、「何事にも柔軟に対応できる力」や「困難を自分の力で解決できる力」を身につける事ができます!

具体的には、グランドスタッフとして、以下の業務を担当する事ができます。

 

【主な業務】
・日本からのお客さん対応
・チェックイン業務
・スタッフのアシスト
・搭乗アナウンス(英文→日本語へ通訳)
・ボーディングゲートでの最終チェック

 

外国人へ英語での対応~日本人のお客さんとフィリピン人スタッフの仲介役となり、サポートする業務まで幅広く経験することが可能です。

また、勤務時間は、1日4時間と決められています。空いた時間は語学学校で授業に参加したり、友人と遊びに行ったりする時間として自由に使うことができるのも魅力ではないでしょうか?

 

インターン先: マクタン空港について

マクタン・セブ空港は、文字通りセブ島にある、フィリピンで2番目の規模を誇る国際空港です。マクタン空港はフィリピンのハブ空港として海外へ20都市、国内30都市を結んでおり、日本からも、成田、関西、中部から直行便が出ています。

日本からマクタン空港までは、直行便だと約4時間半で行くことができるので便利ですね!

また、2018年7月には国際線の発着専用の第2ターミナルがオープンし、旧ターミナル(第1ターミナル)は国内線専用となっています。

この第2ターミナルのオープンで、空港収容可能数は450万人~1,200万人へと大幅にUPし、どんどん発展を遂げているマクタン空港でのインターンは学びも間違いなく多いですね!

 

インターンプログラムがおすすめの理由

空港インターンシップがオススメの理由は、大きく分けて2つあります。

 

1つ目は、「インプットとアウトプットの場があり、実践的な英語を身につける事ができる。」という点です。

 

留学は「英語を学ぶだけで終わり」ではなく、「英語を実践的に使うところ」までがセットだと思います。

その点、こちらのインターンシッププログラムは、「3ヶ月間学校で勉強 → 空港で実際に働く」ところまでがセットになっていて、ムダなく非常に効率的にインプットとアウトプットが行えます。

また、空港のインターンでは行動を通して、接客に必要な表現などを学べるので、努力次第でどんどんと英語力を伸ばしていくことが可能ですよ。

 

2つ目は、「積極的な行動が、自分自身の大きな自信につながる。」という点です。

 

実践的な英語を身につける事も参加者にとって大きなプラスですが、それ以上に「私は海外でのインターンシップをやり遂げたぞ!」という経験から得られる大きな自信が何よりも大きな財産になるはずです!

インターン中は、当然空港の利用者お客さんはあなたのことを「セブ空港のグランドスタッフ」として思っていますので、空港インターンは責任を伴う大きな挑戦と言えるでしょう。

しかし、こうした大きな挑戦がもし社会人になる前の大学生のうちにできれば、ものすごい財産になると思いませんか?

 

私自身は学生のうちは失うものもない!だからもしミスをしても傷は浅く、回復も早い!と思っています!(笑)

また、先ほども紹介したように海外では、自らが行動しなければ、周りも行動してくれません。受身ではなく常に積極性が求められる状況で、外国人と対等に働いた経験といのは単純に凄いことだと思いませんか?

日本で大学生としてアルバイトをしていても、なかなかこのようなレア経験は出来ないはずです。外国人に囲まれた状況で、空港での責任のある業務をやり遂げた経験はきっとあなたの自信になるでしょう!

 

空港インターン参加者の声

このコラムの最後には、実際にマクタン空港のインターンシップに参加したかすみさん(右から2番目)の体験談をご紹介します。

 

インターンに参加した理由

私は1年間大学を休学しています。初めは、オーストラリアでワーホリをして英語力やお金を貯めて、アフリカのインターンに参加する予定でした。

しかし、ワーホリではあまり英語が伸びない方もいると聞き、もっと実践的な英語が学べる環境を探した結果、出会ったのがマクタン空港でのインターンプログラムでした。

 

業務内容

主に日本人利用者への通訳が主な仕事でした。他にも成田空港との電話でのやり取りやセブ空港での館内放送なども任せてもらえました。

あと、インターン初日からいきなり、チェックインカウンターに入ることになり驚きました!業務はやりながら覚えていきました。(笑)

私の業務では、いかに適切に説明を英語⇔日本語に翻訳するかが重要だったので、1日の中で英語を使う頻度はかなりありました。

 

飛行機の遅延や予約システムのトラブルなどは間に入って対応するのが大変でしたが、すごく良い経験だったと感じています。

日本にいる時は、自分の英語に自信がなくて、ネイティブや自分より英語が出来る人と話すのは苦痛と感じるレベルでした。しかし、インターンの様々な業務を経験して、「英語を話すことをためらう。」などの恥じらいが一切無くなりました。

ピンチの時でも、とにかく「どうにかして伝えよう!」という意識に変わったと思います。

 

インターンを終えて

やはり、働く環境って大事だなと感じました。フィリピン人のスタッフさんは本当に陽気で気さくなので、向こうから距離を縮めてくれる環境だったのはありがたかったです。

質問しやすい環境だったので、仕事中に困ったこともすぐに解決できました。

トラブル対応などの仕事はもちろん大変だったのですが、お客様が「翻訳してくれてありがとう。」と感謝してくれた言葉がとても印象に残っています。

 

空港インターンを検討している方にメッセージ

私もいきなり海外でインターンするとかだったら、きっとためらったと思います。

でも、インターンの前にみっちり3ヶ月間英語を勉強したので、割とスムーズに行動に移せました。

また、今後は空港インターンで得た経験を活かして、アフリカでのインターンに挑戦したいと思っています!

 

【まとめ】 インターンは自信を手に入れるチャンス!

セブ島での空港インターンについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

空港でインターンできるプログラムは本当に貴重で、アメリカ、イギリス、カナダなどの複数のプログラム手配をしている留学ドットコムでも現在はこのプログラムのみとなっています。

私は、このプログラムに参加する最大のメリットは、「自信を手に入れることができる。」ことだと考えます。

 

それは、「めちゃくちゃ困難な状況をなんとか工夫して乗り越えた経験」こそ、今後何か困難に出会った時に「あの時も自分は何とかやり遂げたじゃないか!よし…自分を信じてやってみよう!」と思える唯一の手助けになると思うからです。

「自分じゃとてもできないかも…自信ないや…。」と感じてしまうような困難がやって来るのは5年後かも知れないし、10年後かもしれません。

でも、そうした大きな決断を迫られた時に「でも、あの時も乗り越えられたんだ!今回もきっと大丈夫!」と海外インターンの経験を思い出せれば、その一歩を踏み出せるのではないでしょうか?

 

空港インターンプログラムには、受け入れ人数の制限がありますので、少しでも気になった方はぜひ1日でも早くお問い合わせをしていきましょう!

このコラムがあなたの第一歩を踏み出すきっかけになれば幸いです。

 

留学ドットコムへのお問合せ方法
※資料請求は以下のバナーをクリック!

100 %の人が「役に立つ」と評価! 「参考になった」投票数(5件)/全投票数(5件)
この記事は参考になりましたか?
こちらの記事も人気です
戻る
国名から記事を探す
戻る
カテゴリーから記事を探す
戻る
開始日を指定
戻る
終了日を指定
戻る
タグから記事を探す
個人カウンセリング予約
資料(パンフ)請求